ニュース
» 2009年07月21日 18時23分 UPDATE

IDC Japan調べ:不況下でも好調なセキュリティソフト市場

国内における2008年のセキュリティソフトウェア市場の規模は1911億円で、前年に比べて5.5%の成長を見せる。今後も高成長を維持し、2013年には2358億円の市場規模になる見通しだ。

[ITmedia]

 調査会社のIDC Japanは7月21日、国内におけるセキュリティソフトウェア市場の予測を発表した。2008年の同市場の規模は1911億円で、前年に比べて5.5%の成長を見せた。経済環境の悪化が予測される2009年は4.4%の成長率になる見通しだ。

 セキュアコンテンツ/脅威管理ソフトウェアの市場は、日本版SOX法の施行に伴うIT全般、業務統制などのコンプライアンス強化を目的として、継続的に拡大してきた。だがユーザーの権限や役割の見直しなど、ソフトウェア導入の障壁は高い。2008年は同分野の市場は低調だったが、2013年までは年間2.8%の成長率を見せ、市場規模は1247億円に上る。

 セキュリティ/脆弱性管理ソフトウェアは、日本版SOX法やIT内部統制対策の一環として、ログ/ポリシー違反管理関連の製品の導入が進んだ。今後はセキュリティ対策の需要が高くなり、システム統合管理や脆弱性診断など、高度で専門的な技術を要するセキュリティソフトウェア以外のサービスの市場が拡大する。同市場の2008年から2013年の年平均成長率は3.6%で、市場規模は2013年に573億円になる。

 こうした動きを受け、セキュリティソフトウェア市場は2008年から2013年にかけて年間平均成長率4.3%で推移し、2013年には2358億円の市場規模になるとIDC Japanは予測している。

image 国内セキュリティソフトウェア市場 セグメント別売上額予測、2008年〜2013年(出典:IDC Japan)

関連ホワイトペーパー

運用管理 | SOX法


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -