ニュース
» 2009年08月04日 15時19分 UPDATE

Windows Mobile 6.5に対応:「Microsoft Office Communicator Mobile 2007 R2」がアップデート

社外からのオンライン会議参加が簡単になったほか、この秋リリース予定のWindows Mobile 6.5のホームスクリーン向けのプラグインが追加された。

[ITmedia]

 米Microsoftは8月3日、Windows Phone(Windows Mobile搭載端末)向けユニファイドコミュニケーション(UC)ソフト「Microsoft Office Communicator Mobile 2007 R2」をアップデートしたと発表した。

 Office Communicator Mobileは、Windows Phone向けOffice Communications Serverのクライアントソフト。企業のネットワークに遠隔からアクセスし、プレゼンス情報やインスタントメッセージング(IM)など、ユーザー間のコミュニケーションを可能にする機能を持つ。

 今回のアップデートでは、オンライン会議への参加手続きが簡易化されたほか、Windows Phoneユーザーがローミング中の場合は会議への参加を拒否してコスト削減に役立てる機能などが追加された。またこの秋リリース予定の次期OS「Windows Mobile 6.5」向けに、プレゼンスや進行中の会話を表示するホームスクリーン用のプラグインを用意した。

Office Communicator Mobile Windows Mobile 6.5向けプラグイン

 Communicator Mobile 2007 R2のアップデート版は、Windows Phoneで直接ダウンロードできるほか、Microsoftのダウンロードセンターからも入手できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -