ニュース
» 2009年08月26日 13時48分 UPDATE

NSD、社外と大容量ファイルを安全に共有する新製品を発売

日本システムデベロップメントは、社外と大容量のファイルを安全に共有するためのファイル転送システムを発売する。

[ITmedia]

 日本システムデベロップメント(NSD)は8月26日、社外と大容量のファイルを安全に共有するためにセキュリティ機能を強化したファイル転送システム製品「eTransporter」を発表した。9月15日に発売し、価格は1サーバ当たり200万円となる。

 同製品は、自社のDMZ上に専用のWebサーバを構築し、社内に設置する専用データベースサーバにアクセスできるようにファイアウォールの設定を変更して利用できる。

nsd01.jpg 利用イメージ

 ユーザーがWebブラウザに転送したいファイルをドラッグ&ドロップするだけで、サーバがファイルをZIP暗号化して登録する。転送先のグループや個人のメールアドレス、期限、回数、パスワードを指定すると、相手にメールでダウンロード用のURLが通知される(別途パスワードを通知する必要あり)。転送可能なファイルサイズに制限はない。

 管理者権限で事前に指定されている相手にしか転送できない設定や、監査ログの取得も可能で、内部統制に対応するという。同社によれば、従来の製品やサービスでは外部にデータを保管することのコンプライアンス上の問題や、クライアント数に応じて課金されるライセンスの管理が複雑になるなどの課題があった。

nsd02.jpg ユーザーの設定画面

 オプションでPGP暗号も選択できるほか、今後はウイルススキャン機能やアーカイブ機能なども追加する予定。サーバの対応OSは、Windows Server 2003 SP2、SUSE Linux Enterprise Server 11、Red Hat Enterprise Linux 4/5、CentOS 4.x/5.x。また、WebサーバはApache 2.2とTomcat 6.0、データベースサーバはPostgreSQL 8.3に対応する。対応Webブラウザは、Internet Explorer 6/7/8、Firefox 2/3、Chrome、Opera、Safari(Macのみ)となる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

コンプライアンス | 内部統制


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -