ニュース
» 2009年09月02日 16時09分 公開

トレンドマイクロ、初のWin/Mac両対応のウイルスバスターを発売

トレンドマイクロは、最大3台までのWindows PCもしくはMacにインストールが可能な「ウイルスバスター2010」を発売した。

[國谷武史,ITmedia]

 トレンドマイクロは9月2日、個人向け統合セキュリティ対策ソフトの最新版「ウイルスバスター2010」のダウンロード版を発売した。パッケージ版は9月4日に発売し、最大3台までのWindows PCもしくはMacにインストールできる。

最新版を発表する大三川氏

 同製品は、1シリアルでWindowsとMacに両対応した初のセキュリティ対策製品。Mac環境には「ウイルスバスター for Mac」がインストールされ、ウイルス/スパイウェア/フィッシング詐欺の各対策と有害サイト規制の機能が提供される。

 また、ユーザーがダウンロードしたファイルの安全性について、インターネット経由で同社に照会する「スマートフィードバック」機能を新たに搭載した。同機能は、トレンドマイクロが2005年から構築している電子メールやファイル、Webサイトの脅威情報を収集・分析する「Smart Protection Network(SPN)」の仕組みを活用し、不審なファイルをユーザーがSPNへ送信して、SPNで分析し、安全であるかどうかをユーザーに通知する。これにより、定義ファイルが作成されていない未確認の脅威へ迅速に対応できる。

Smart Protection Networkの仕組み

 このほか、起動プロセスの改良によって起動時間を2009年版よりも3割程度短縮したほか、クイック検査の時間も2割程度短縮したという(クリーンインストールによる同社での検証結果)。システム環境を最適化する「システムチューナー」機能に自動実行機能を追加したほか、アイドル時に定義ファイルの更新やスキャンを実施するようにしたことで、操作パフォーマンスに対するウイルス対策ソフトの影響を縮小したという。

 取締役日本地域担当の大三川彰彦氏は、個人向け製品の展開についてマルチプラットフォーム戦略を推進すると表明。同氏によれば、特にWebを通じた脅威が過去4年間で25倍に増加しており、特にインターネット接続が可能な広範な製品をカバーするとしている。

 これまでiPhoneやWindows Mobile、PSP、PlayStation 3などにWebセキュリティ製品を展開している。近年はMac環境でもマルウェアやフィッシング詐欺などの攻撃が多数見つかっており、同社の調査によれば7割以上のMacユーザーがWindows PCを併用していたことから、今回の製品提供につながったと説明した。

 対応OSは、WindowsがXP SP2/SP3、Vista、7。MacがMac OS X 10.4.11以降および10.5.5以降。Snow Leopardには10月中の対応を予定する。

 価格はオープンだが、同社オンラインショップでの参考価格は1年間ライセンスのダウンロード版が4980円、同パッケージ版が5980円。保険&PCサポート付きでは同ダウンロード版が6980円、パッケージ版が7980円となる。既存ユーザーは無償でバージョンアップする。

 併せてウイルスバスター2010ユーザー向けの追加機能となる「GuardedID Standard」を9月中に無償提供する。同機能はWebブラウザに入力されたIDやパスワード、氏名、住所などの情報を暗号化して保護する。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -