ニュース
» 2009年09月09日 14時37分 公開

三菱総研DCS、短期間で解析するソースコード診断サービス

三菱総研DCSは、最短で3営業日以内にソースコードの脆弱性を診断する「DCSソースコード診断サービス」を始めた。

[ITmedia]

 三菱総研DCSは9月9日、最短で3営業日以内にソースコードの脆弱性を診断する「DCSソースコード診断サービス」を開始した。利用料金は28万円(税別)から。

 サービスメニューは、3営業日以内に結果を通知する「クイック・サービス」と、6営業日程度で行う「スタンダード・サービス」、7営業日程度で行う「アドバンスド・サービス」の3種類。解析ソフト「Fortify Source Code Analysis Suite」を使用し、クイック・サービスとスタンダード・サービスでは、ユーザー企業がソースコードを同社に送付して同社が診断を行う。

 クイック・サービスはFortify Source Code Analysis Suiteのスキャンリポートをユーザー企業へ提供するが、スタンダード・サービスでは同社の専門家による分析結果を含んだ診断報告書を提供する。アドバンスド・サービスは、ユーザー企業の環境で同社がスキャンを実施し、専門家による分析結果を含む診断報告書の提供と、報告会の開催までを行う。

 利用料金は、クイック・サービスが28万円(税別)から、スタンダード・サービスが58万円(同)から、アドバンスド・サービスが120万円(同)から。対象言語は、Java1.3〜1.6(JSP含む)、.NET(C#、VB.NET、ASP.NET)、PHP5.0、旧VBおよびASPとなっている。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -