ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソースコード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソースコード」に関する情報が集まったページです。

Visual Studio Codeで快適Pythonライフ:
VS Codeでソースコード管理:GitLens拡張機能を使ってみよう
VS Code用の拡張機能「GitLens」を使うと、特定の行を誰が書いたのかの確認や、リビジョン間のナビゲーションを簡単に行えます。(2021/11/19)

Visual Studio Codeで快適Pythonライフ:
VS Codeでソースコード管理:issueを作成してみよう
VS CodeのGitHub Pull Requests and issues拡張機能を使って、issueを作成する方法を紹介します。(2021/11/12)

「New Relic CodeStream」を発表:
New Relicがアプリの問題解決で開発者を助ける新機能、「開発者は本来の仕事に集中できる」
New Relicの日本法人が可観測性プラットフォームで新機能「New Relic CodeStream」を発表した。 開発ツールを離れることなくソースコードの問題箇所を特定し、チーム内で情報を共有して迅速に解決できるという。(2021/11/11)

Visual Studio Codeで快適Pythonライフ:
VS Codeでソースコード管理:プルリクエストを作成してみよう
VS Codeの拡張機能「GitHub Pull Requests and Issues」を使って、VS Code内からプルリクエストを作成する方法を紹介します。(2021/11/5)

ソースコードに脆弱性を潜ませられるUnicode悪用攻撃法「Trojan Source」を研究者が発表
英ケンブリッジ大学コンピュータ研究所が、「Trojan Source」と名付けた攻撃法を発表した。Unicodeの脆弱性を悪用するもので、C、C++、C#、JavaScript、Java、Rust、Go、Pythonに対して機能した。「他のほとんどの言語に対しても機能すると思われる」としている。(2021/11/2)

Visual Studio Codeで快適Pythonライフ:
VS Codeでソースコード管理:リポジトリをGitHubに発行してみよう
ローカルリポジトリをVS Codeを使ってサクッとGitHubへ発行したり、リモートリポジトリをローカルな環境にクローンしたりしてみましょう。(2021/10/29)

トランプ前大統領の新SNS、「マストドン」コード無断利用で開始前から存続の危機
ドナルド・トランプ前米大統領が立ち上げた新SNSが「Mastodon」のソースコードを無断で利用しているとしてSoftware Freedom Conservancy(SFC)がライセンスを守るよう警告した。30日以内に従わない場合は「ソフトウェアの権利と許可は自動的かつ永続的に終了する」。(2021/10/23)

Visual Studio Codeで快適Pythonライフ:
VS Codeでソースコード管理:拡張機能でコミット履歴を簡単操作
コミット履歴をグラフィカルに表示したり、そこからさまざまな操作を実行したりできるGit HistoryとGit Graphという拡張機能を紹介。(2021/10/22)

Twitch、大規模漏えいの原因を説明 一部のストリーマーはキーのリセットが必要
Twitchがソースコードなどを含む大量のデータを盗まれた原因を説明した。ストリームキーをリセットしたため、一部のストリーマーはキーの手動リセットが必要だ。(2021/10/7)

Twitchで大規模な情報漏えい 配信者への報酬額、ソースコードなど流出
攻撃者とみられる声明は、今回の漏えいを「Part1」と称しています。(2021/10/7)

Twitchの大量のソースコードやクリエイターへの支払いリストが流出 4chan上に
Amazon傘下のオンライン実況サービスTwithに大規模な攻撃があり、125GB以上のデータが盗まれた。4chanにデータへのリンクが公開され、Twitchは調査中とツイートした。(2021/10/7)

Visual Studio Codeで快適Pythonライフ:
VS Codeでソースコード管理:ブランチを操作してみよう
VS Codeが提供するGitサポート機能を使って、ブランチを作成したり、ブランチをマージしたり、コンフリクトを解決したりする手順を紹介します。(2021/10/1)

Visual Studio Codeで快適Pythonライフ:
VS Codeでソースコード管理、初めの一歩
VS Codeには組み込みでGitサポート機能が含まれています。これを使ってVS Codeでソースコード管理を行う基礎の基礎を何回かに分けて見ていきましょう。(2021/9/17)

経産省、GitHubで民間から意見募集 AI巡る契約書などの見本作りで 「フィードバックを広く受ける」
経産省と特許庁が、AI技術などを巡る契約書の見本を作成するに当たり、ソースコード共有サイト「GitHub」で民間からの意見募集を始めた。「フィードバックを広く受けるため、不特定多数が編集に携わることができるGitHubを選んだ」という。(2021/9/10)

大規模プロジェクトでのコード品質を確保する
「Javaで脱COBOL」に挑む損保ジャパン 成功のために選んだ手段とは
損保ジャパンの基幹システム刷新は、複数ベンダーが携わる大規模な開発プロジェクトだ。開発者の技術レベルが異なり、プログラミング言語が「COBOL」から「Java」へと変わる中、ソースコードの品質をどうやって確保したのか。(2021/8/31)

Processingが20周年、過去に書いたソースコード募集 記念冊子に全て掲載
プログラミング言語「Processing」登場20周年を記念したカタログを作るため、開発者がこれまでに書いたソースコードを募集。規範に沿った内容のものは全てデジタル版に掲載するという。(2021/8/18)

「便利すぎる」──GitHubから直接「Visual Studio Code」を起動できる新機能が話題に
GitHubがソースコード共有サイト「GitHub」上からコードエディタ「Visual Studio Code」のオンライン版を起動できる機能「Codespaces」のβ版を公開した。Twitterでは「便利すぎる」などと話題になっている。(2021/8/12)

文章からプログラムを自動生成する「OpenAI Codex」β版APIが公開 「GitHub Copilot」のエンジン
米AI研究機関のOpenAIが、自然言語からソースコードを自動生成するAIシステム「Codex」のプライベートβ版APIの提供を始めた。PythonやJavaScript、Rubyなど10以上の言語に対応している。(2021/8/11)

Javaで従うべき命名規則【前編】
Javaの「変数」「メソッド」「定数」名の“ひんしゅくを買わない”付け方
「Java」のソースコードを書く上で、標準的な命名規則に従うことは重要だ。変数、メソッド、定数を定義する際に従うべき命名規則をまとめた。(2021/8/7)

仮想空間に“もう一つの東京”? 東京都が「デジタルツイン」の3Dマップを作成、GitHubでソースコードも公開
東京都が都内の建物や交通状況を再現した3Dマップ「デジタルツイン3Dビュワー」を公開。今後はAIを使ったシミュレーションの場として、災害や人口減少などの課題解決にも活用するという。(2021/8/2)

東京五輪とネット:
自分の姿勢を“五輪風ピクトグラム”に エンジニアが個人開発、GitHubでソースコード公開
自分の動きや姿勢を、カメラを通して“五輪風ピクトグラム”にするソフトに注目が集まっている。作者はソースコード共有サイト「GitHub」にコードを公開している。(2021/7/31)

青学初等部が「ぷよぷよ」のプログラミング教材で授業
青山学院初等部は5月14日から6月25日にかけて、対戦アクションパズルゲーム「ぷよぷよ」のソースコードを使ったプログラミング教材「ぷよぷよプログラミング」を活用した授業を行った。セガが開発した小学生向けカリキュラムを活用し、子供たちにゲーム作りを体験してもらったという。(2021/7/14)

「Docker Dev Environments」発表 Dockerコンテナで開発環境のバージョン管理などが可能に
Docker社は、アプリケーションプログラマがソースコードのバージョン管理をGitHubを用いて行うように、Dockerコンテナを用いて開発環境のバージョン管理や共有、再現などを簡単に行える「Docker Dev Environments」のテクニカルプレビューを発表した。(2021/7/2)

ティム・バーナーズ=リー氏のWWWソースコードのNFT、約6億円で落札
“Webの父”と呼ばれるサー・ティム・バーナーズ=リー氏がNFTにかけたWWWのソースコード“原本”は、約6億円で落札された。収益はバーナーズ=リー夫妻が支持するイニシアチブに寄付される見込み。(2021/7/1)

日本MS、災害時の事業継続アプリをGitHubで無償公開 自由にカスタマイズ可能
日本マイクロソフトは、災害時やパンデミックなど緊急時に企業や官公庁が事業継続できるよう支援するクラウドツール「リスクへの備えパッケージ」をソースコード共有サイト「GitHub」で無償公開した。各社が自由にカスタマイズして利用できる。(2021/6/23)

EA、サイバー攻撃で「FIFA 21」やゲームエンジンのソースコード780GBを盗まれる
ゲーム大手のElectronic Arts(EA)は、人気ゲームのソースコードやゲーム作成ツール780GB分を盗まれたことを明らかにした。犯人は「FIFA 21」のソースコードやゲーム制作エンジンなどをフォーラムで販売すると報じられた。個人情報は盗まれていない。(2021/6/11)

Python開発ツールが抱えるセキュリティ問題【前編】
「Python」で“スキャン擦り抜けマルウェア”の開発が容易に? 判明した問題は
「Python」ソースコードを実行可能ファイルに変換する開発ツール「PyInstaller」が、サイバー犯罪者のマルウェア開発を容易にする可能性があると専門家は指摘する。それはどういうことなのか。(2021/6/6)

メルカリ、顧客情報など2万7000件以上流出 外部ツールへの不正アクセスで
メルカリは、同社が利用しているコードカバレッジツール(ソースコードが自動でテストされた割合を計測するツール)「Codecov」が不正アクセスを受け、顧客情報や加盟店情報など合計2万7889件が流出したと発表。(2021/5/21)

メルカリがインシデントを公表、開発プロセス自動化のリスクに注意を
メルカリが保有するソースコードに不正アクセスがあった。結果的に比較的古い時期の実際の顧客情報が流出したという。(2021/5/21)

経済的なCI/CDの実現に役立つ:
AWS、スケーラブルな本番Webアプリケーションのデプロイに適した「AWS App Runner」をリリース
Amazon Web Servicesは、新しいフルマネージドサービスサービス「AWS App Runner」を発表した。ソースコードまたはコンテナイメージから、スケーラブルで安全なコンテナ化されたWebアプリケーションとAPIを簡単かつ経済的にAWSクラウドへ直接デプロイできる。(2021/5/20)

OSSは危険なのか【前編】
AppleやMicrosoftも狙われる? OSS「偽ソースコード」による侵入の手口
セキュリティ研究者が、オープンソースソフトウェアを悪用した侵入の手口を明らかにした。MicrosoftやAppleなどの大手IT企業にも、この手口による侵入のリスクがあるという。どのような手口なのか。(2021/5/18)

「API」に著作権はあるのか【中編】
「API流用」は全て合法なのか? Google対OracleのJava訴訟判決で残る謎
Googleによる「Java」のAPIソースコード引用について、米最高裁は判決で合法との判断を示した。開発者にとっては朗報との見方がある一方、「判決には疑問の余地がある」と考える専門家がいる。どういうことなのか。(2021/5/17)

Microsoftのソースコードエディタ「Visual Studio Code」【中編】
無料エディタ「Visual Studio Code」がMicrosoftファンを増やす“納得の理由”
ソースコードエディタ「Visual Studio Code」が開発者に好まれる理由はさまざまだ。機能面の理由だけではなく、MicrosoftがVisual Studio Codeの開発で示した姿勢も重要な理由になっているとみられる。それは何か。(2021/5/9)

メインフレームからクラウドへ【後編】
COBOLやPL/Iのメインフレームアプリケーションをクラウドサービスで動かすには
ソースコードがあれば、メインフレームアプリケーションのクラウドサービス移行は比較的容易だ。ただしプログラミング言語の種類によって難易度は異なる。「COBOL」「PL/I」で書かれている場合はどうなるのか。(2021/4/22)

人工知能ニュース:
自動並列化深層学習ミドルウェアを開発、オープンソースとして公開
情報通信研究機構と東京大学は、自動並列化深層学習ミドルウェア「RaNNC」を開発し、オープンソースとして公開を開始した。「GitHub」にソースコードを公開しており、商用目的を含めて無償で利用できる。(2021/4/13)

周知のため、2021年4月に一時的に停止する予定:
NICTが時刻配信をNTPに一元化、HTTP/HTTPSによる配信は「2022年3月31日」で終了
NICTは、インターネットを介した日本標準時の配信をNTPに一元化する。HTTPとHTTPSによる時刻配信は「2022年3月31日」で終了する。HTTP/HTTPSを利用して自ら時刻を配信したいというユーザーに向けて、時刻配信用プログラムのソースコードを開示する。(2021/4/2)

年齢や家族構成から備蓄の目安を表示 都が「東京備蓄ナビ」開設 サイトのソースコードはGitHubで公開
東京都が災害時に必要な備蓄品や数量の目安をアドバイスする情報サイト「東京備蓄ナビ」を開設した。3月11日で東日本大震災の発生から10年を迎えることを受け、都民に防災意識を高めてもらい、日常的な備蓄につなげたい考え。(2021/3/5)

組み込み開発ニュース:
自動ソースコードレビューサービスが機能を拡充、重複コードを自動検知し評価
Siderは、自動ソースコードレビューサービス「Sider」の次世代機能として、バグの原因となる重複コードを自動で検知して評価する機能を搭載し、対応プログラミング言語も追加した。(2021/2/25)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(58):
“あの事件”でGitHubを遮断しそうになった全ての企業へ
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、本来非公開のソースコードがGitHubに公開されていた事件を例に、あるべきセキュリティ対策についてお話しします。(2021/2/24)

「GitHub禁止は解決にならない」「過度にリスク面だけ注目しないで」 IT連が声明
日本のIT団体を束ねる日本IT団体連盟は、「GitHub」を通じてソースコードが一部公開された事件について「GitHubなどの禁止は解決にならない」とする声明を発表した。(2021/2/10)

自社製品に長年採用してきた組み込み/ISAMベースのDBエンジン:
Microsoft、「Extensible Storage Engine」(ESE)のソースコードを公開
Microsoftは、自社製品で使用してきたNoSQLデータベースエンジン「Extensible Storage Engine」(ESE)のソースコードをGitHubで公開した。(2021/2/9)

漏えいは嫌いになってもGitHubは禁止にしないで! 技術者らの懇願をCSAJが代弁
CSAJは「ソースコード漏えい事案について〜組織のDXを止めないために〜」を発表した。GitHubで大手金融機関の業務システムの一部ソースコードが公開されていた事案を受けた措置だ。(2021/2/5)

GitHubで公開されたソースコードを巡回監視、指定キーワードで通知 メタエクスが3月提供スタート
GitHubを巡回監視し、ソースコード流出を防止するサービスが3月に始まる。現在、事前登録を受け付けている。(2021/2/3)

三井住友銀のソースコード流出、埼玉県は関係なし 県庁所在地が含まれていただけ 県が調査【追記あり】
SMBCのソースコードの中に埼玉県庁の所在地が含まれていたが、県が運用するシステムには関係ないことが分かった。(2021/2/2)

半径300メートルのIT:
GitHubは悪者か? SMBCのソースコード流出から学ぶ、情報漏えいのリスク
三井住友銀行の管理するシステムのソースコードが、GitHubに公開されていたことが判明しました。GitHubに限らずファイルやWebサイトのURLを外部に送るサービスは少なくありません。こうしたサービスをうまく利用しつつ、情報漏えいを防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。(2021/2/2)

GitHubへのソースコード流出問題、防ぎようはあるのか 専門家に聞く
SMBCから業務委託を受けたSEらしき人物が、GitHubにソースコードを公開したことが話題になった。この情報漏えいはどうすれば防げたのか。専門家に話を聞いた。(2021/2/1)

NECもソースコード流出を確認、GitHubで 三井住友銀、NTTデータに続き
NECが顧客向けに開発したシステムのソースコードがGitHubを通じて流出したと明らかにした。同社は「原因究明と再発防止に努める」としている。(2021/2/1)

三井住友銀行などのソースコードが流出 “年収診断”したさにGitHubに公開か【追記あり】
三井住友銀行(SMBC)が同行のシステムのソースコードが外部のWebサイト上に無断で公開されていたと明らかに。顧客情報の流出やセキュリティに影響はないとしている。(2021/1/29)

「Chrome 88」公開 拡張機能の仕様変更でセキュリティやパフォーマンスを向上
米Googleが「Chrome 88」(バージョン88.0.4324.96)を公開。拡張機能のソースコードについて遠隔提供(リモートホスト)を禁じる他、バックグラウンド動作の仕様変更によるパフォーマンスの改善などを盛り込んだ。(2021/1/20)

SuperGLUEベンチマークランキングで首位に:
Microsoftの自然言語モデル「DeBERTa」、ベンチマークで人間を上回る記録を達成
Microsoftが最近アップデートした自然言語モデル「DeBERTa」が、自然言語理解(NLU)モデルを評価するベンチマーク「SuperGLUE」で、人間を上回る記録を達成した。今後は「Bing」「Microsoft 365」「Dynamics 365」「Azure Cognitive Services」といったMicrosoft製品をサポートする他、DeBERTaのソースコードも公開する。(2021/1/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。