ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソースコード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソースコード」に関する情報が集まったページです。

失敗しないセキュアコーディング【前編】
「セキュアコーディング」に取り組んでもセキュアにならない本当の理由
ソフトウェア開発において、ソースコードのセキュリティを確保することは、ソフトウェアのリスクを管理するための複雑なプロセスの一つに過ぎない。真の「セキュア」を実現するには、何をすべきなのか。(2024/3/1)

セキュリティニュースアラート:
過信は禁物 生成AIが書いたソースコードの約3割に脆弱性が見つかる
調査からアプリケーションのソースコードの約7割に脆弱性が含まれていることが明らかになった。また、生成AIが書いたソースコードにも脆弱性が含まれているケースがあるようだ。(2024/2/26)

エンジニア向け日本酒「ソースコード」発売 ラベルには“ソースコード”で隠しメッセージ
オンライン酒屋「クランド」を運営するKURANDは、システムエンジニア向け日本酒「ソースコード」を発売した。(2024/1/23)

法人化の下、技術委員会も発足:
OpenELA、RHEL互換ディストリビューション「Enterprise Linux」のソースコードを一般公開
OpenELAはEnterprise Linux OS構築に必要な全てのパッケージのソースコードを利用可能にすることを発表した。(2023/11/21)

Innovative Tech:
HTMLソースコードから個人情報が筒抜け? Chromeなどのブラウザ拡張機能の多くで脆弱性 米研究者らが発見
米ウィスコンシン大学マディソン校に所属する研究者らは、HTMLソースコードからのパスワード、クレジットカード情報などのユーザーデータを抽出可能なブラウザ拡張機能について、多数の人気Webサイトが脆弱であることを明らかにした研究報告を発表した。(2023/11/16)

一方で「Gitnessを選ぶ理由はないのでは」という声も……:
CI/CDベンダーのHarness、オープンソースのソースコード共有プラットフォーム「Gitness」を立ち上げ
CI/CDパイプラインのベンダーであるHarnessはオープンソースのコード共有&CI/CDプラットフォーム「Gitness」を立ち上げた。同社が買収した「Drone CI」の後継プロジェクトであり、Drone CIは今後数カ月以内にGitnessに統合予定だという。(2023/10/24)

セキュリティニュースアラート:
ランサムウェアHelloKittyのソースコードがハッキングフォーラムに漏えい
ランサムウェアHelloKittyのソースコードがロシア語圏で人気のハッキングフォーラムで公開されていると報じられた。(2023/10/11)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第5回】
商用Linux「RHELの今後」を左右する“SUSEの真意”とは?
LinuxベンダーSUSEは、ソースコードへのアクセスを限定する競合Red Hatに対して、OSSの基本である「誰でも利用できること」を追求している。理想とビジネスをどうやって両立させるのか。(2023/10/6)

セキュリティニュースアラート:
Google、バイナリファイル比較ツール「BinDiff」をOSS化 セキュリティ研究を支援
Googleはバイナリファイル比較ツール「BinDiff」をOSS化し、ソースコードを公開した。これによってセキュリティ研究者らはマルウェア分析などに無償でツールを利用できる。(2023/9/29)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
Javaの「int」は「Integer」の略じゃない? 根本的な違いとは
「Java」で整数を扱う場合、「int」と「Integer」という2つの仕組みを利用できる。両者は何が違うのか。サンプルのソースコードを使いながら、intとIntegerの根本的な違いや使い分け方を解説する。(2023/9/19)

生成AIに“視覚”与える学習ライブラリ、自動運転EVベンチャー公開 最大700億パラメータの学習済みモデルも
自動運転車を開発するTuringは、日本語などの複数言語対応のマルチモーダルな学習ライブラリ「Heron」を公開した。ソースコードは、研究・商用利用が可能。併せて、最大700億パラメータの学習済みモデル群なども公開している。(2023/9/7)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
「駄目なコメント」をソースコードに残さない方法
ソースコードの理解を助けるために残したはずのコメントが、本来の役割を果たさないことがある。悪いコメントの条件とは何か。良いコメントを書くには、何に気を付ければよいのか。実例と共に解説する。(2023/9/1)

Javaの「int」「Integer」を比較【第3回】
Javaの「int」「Integer」をソースコードで比較 「初期化」の違いとは?
「int」「Integer」は、どちらも「Java」で整数を扱うための仕組みだ。「初期化」における両者の違いを、実際のソースコードを交えて解説する。(2023/7/30)

OracleがRed Hatを批判 RHELクローンOSへの非難について「競合を減らして儲けようとしているのでは」
米Red Hatが取ったRed Hat Enterprise Linux(RHEL)のソースコードの一般公開を事実上終了させる措置と、それに伴う声明に対し米Oracleが反論。クローンOSを切り捨てる目的は競合を減らして儲けを増やすためではないのか、と指摘した。(2023/7/12)

プログラマーが知るべき「良いコメント」の条件【第5回】
プログラマーが「駄目なコメント」をソースコードに残さないための5カ条
読んだ人がソースコードを素早く理解しやすくなる「良いコメント」には、幾つかの要件がある。プログラマーが押さえるべき、良いコメントを書くための要件5つを紹介する。(2023/7/9)

プログラマーが知るべき「良いコメント」の条件【第4回】
Pythonソースコードの実例で分かる「本当に良いコメント」の書き方とは?
ソースコードに対する理解を補助するのが、適切なコメントだ。コメントを書くためにプログラマーが理解しておくべき原則を、実例とともに解説する。(2023/7/2)

「RHELクローンOSは、付加価値の乏しい便乗製品」と主張:
「RHEL」のリリース方針変更で業界ざわつく Red Hatは反論
Red Hatが「RHEL」関連のソースコード公開に関する変更を発表したことを受け、同社に怒りや批判が多数寄せられた。これに対し、同社幹部は公式ブログで反論を展開した。(2023/6/30)

組み込み開発ニュース:
TRONプロジェクトがIEEEマイルストーンに認定
トロンフォーラムの「TRONリアルタイムOSファミリー」が、IEEEの「IEEE Milestone」に認定された。オープンイノベーション型プロジェクトとして仕様書やサンプルソースコードを広く提供し、開発者のイノベーションを促進した点などが評価された。(2023/6/29)

製造現場向けAI技術:
外観検査や異物混入検査のAI画像検査ソフトウェアを無償公開、検査装置の開発促進
AIロボティクスは、オープンソースソフトウェアとして、工場での外観検査や異物混入検査を自動化するAI画像検査ソフトウェアの提供を開始した。製造業やシステム開発会社に対し、ソースコードを無償で提供する。(2023/6/27)

顧客やパートナーは従来通りアクセス可能:
Red Hat、RHELのリリース方針を変更 「CentOS Stream」のリポジトリが唯一の公開場所に
Red Hatは、「CentOS Stream」が今後、「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)関連のソースコードを公開する唯一のリポジトリになると発表した。(2023/6/26)

オリジナルCPUでバイナリコード入門(5):
「Tang Nano」にインテル系IDEで開発したオリジナルCPUのソースコードを移植する
オリジナル4ビットCPUを用いてバイナリコードを学ぶ本連載。第5回は、新たな教材「Tang Nano 9K」に、インテル系IDEで開発したオリジナルCPU「DL166」のソースコードを移植する。(2023/6/23)

プログラマーが知るべき「良いコメント」の条件【第2回】
Pythonのソースコードで考える「こんなコメントは無駄なだけで無意味」
「コメント」は、ソースコードを読むだけでは分かりづらい情報を補足するのに役立つ。ただし書き方によっては、コメントはほとんど有益な情報を生み出さなくなってしまう。それはどのようなコメントなのか。(2023/6/18)

ソフトウェア開発にまつわる10個の神話【第6回】
「ChatGPTがエンジニアの職を奪う」わけがない“なるほどの理由”
「ChatGPT」をはじめとする、ソースコードを自動生成するAIツールの台頭は、ソフトウェア開発に携わるエンジニアの職を脅かしかねない――。こうした見方は正しいのか。それとも単なる“神話”にすぎないのか。(2023/6/16)

プログラマーが知るべき「良いコメント」の条件【第1回】
「コメント」の“本当の意味”を誤解していないか?
ソースコードにおいて「コメント」は重要だ。ところが内容や意図が分からないコメントはよくある。書き方によっては、自分が書いたコメントさえ“判読不能”になることも。そもそもコメントとは何のためにあるのか。(2023/6/10)

生成AIでソースコード分析 GoogleのVirusTotal Code Insightが新たに4つのスクリプト言語をサポート
Googleは生成AIベースのソースコード分析機能「VirusTotal Code Insight」のサポート対象のプログラミング言語に新しく4つの言語が追加した。PowerShellに加えてBATやCMDといったスクリプト言語が対象となる。(2023/5/17)

GitHubのCEOが語る未来【第6回】
「GitHub」が“単なるリポジトリ”を超えて開発者に使われるのはなぜ?
アプリケーション開発分野において、「GitHub」はソースコード共有サービスとして一定の地位を築いている。GitHub社が続けてきた機能拡張の根底にある信念を、同社のCEOが語る。(2023/5/2)

「Python」と「Go」の違いを比較【第2回】
「Python」と「Go」のソースコードを比べて分かる「インデント」の違いとは?
プログラミング言語にはそれぞれに異なる文法がある。「Python」と「Go」では、インデント(空白)が持つ意味が大きく異なる。どのような役割を持つのか。(2023/4/29)

話題の逸脱防止、正確な情報源、適切な連携を保証:
ChatGPTに「言っても良いことと悪いこと」を教えるツール NVIDIAがオープンソースコードで公開
NVIDIAは、ジェネレーティブAIの正確性や適切性、安全性の確保を支援するツール「NeMo Guardrails」をオープンソースで公開した。ジェネレーティブAIアプリケーションを指導し、軌道に乗った優れたテキストの応答を作成するのに役立つ。(2023/4/27)

GitHubのCEOが語る未来【第4回】
“ChatGPTみたいなAIツール”で開発はがらっと変わる? あるCEOが想像する未来
「ChatGPT」などAI技術を活用したサービスが急速に普及している。開発分野でも例外ではない。ソースコード自動生成サービス「GitHub Copilot」を例に、開発分野におけるAI技術の展望をGitHub社CEOに聞いた。(2023/4/25)

AWSチートシート:
【初心者向け】「Amazon CodeStar」で今日からできるCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デプロイ)
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回はAWSのCI/CDサービスの一つ「Amazon CodeStar」の概要、クラウド開発環境「AWS Cloud9」を使用したソースコードの修正からデプロイまでを紹介します。(2023/4/20)

「増加し続ける負荷に対応する大規模企業が最も恩恵を受ける」:
ビッグデータの保存、処理に特化したプラットフォーム「YTsaurus」がOSS化
Yandexは、ビッグデータを保存、処理するためのプラットフォーム「YTsaurus」のオープンソースソフトウェア(OSS)化を発表し、ソースコードを公開した。(2023/4/5)

Twitter、「おすすめ」アルゴリズムを含むソースコードをGitHubで公開
Twitterは予告通りプラットフォームのソースコードの一部をGitHubで公開した。「おすすめ」に表示するツイートを選ぶアルゴリズムも含まれる。広告推奨に関するコードやトレーニングデータやモデルの重みは公開していない。(2023/4/1)

Twitterのソースコードの一部がGitHubで漏えい
Twitterのソースコードの一部がGitHub.com経由で漏えいしたことが指摘された。Twitterが米国カリフォルニア州の裁判所に提出した書類がその事実を示しており、特定のユーザーがソースコードを公開した疑いがあることが分かった。(2023/3/29)

Twitterのソースコードの一部がGitHubに流出 DMCA申請で削除済み
Twitterのソースコードの一部がGitHubで無断で公開されていたと複数メディアが報じた。GitHubはTwitterからのDMCA申請に応じ、既にコードを削除した。Twitterはコードを公開した「FreeSpeechEnthusiast」の特定も求めている。(2023/3/27)

ジェネレーティブAIへの心構え【第2回】
プログラマーが「ソースコード生成AI」を手放せなくなる理由はこれだ
GitHubは、AI技術によるソースコード生成サービス「GitHub Copilot」を提供している。同社のCEOは、ジェネレーティブAIが開発者に与える影響をどう考えているのか。(2023/3/23)

車載ソフトウェア:
ECUユニット開発にUbuntuを適用したソリューションを発表
ElektrobitとCanonicalは、ECUユニット開発向けソリューション「EB corbos Linux - built on Ubuntu」を発表した。SDKやツール類、ソースコードを備えたソフトウェアパッケージとなる。(2023/3/20)

オリジナルCPUでバイナリコード入門(2):
HDLソースコードからオリジナルCPU「DL166」の内部動作を理解する
オリジナル4ビットCPUを用いてバイナリコードを学ぶ本連載。第2回はオリジナルCPU「DL166」のHDLソースコードを基に内部動作について解説する。(2023/3/14)

情報セキュリティ企業が“脆弱性だらけのWebアプリ”無償公開 実習用の題材に
EGセキュアソリューションズが、Webアプリケーションの脆弱性について学べる実習用アプリケーション「BadTodo」を無償公開した。同アプリは多くの脆弱性を含んでおり、実際に攻撃したりソースコードを確認して実践的に学習できる。(2023/2/28)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(106):
契約書にも民法にも書かれていませんが、「義務」なので履行してください
担当者の急逝によって所在が分からなくなったソースコードを引き渡せとせまられたベンダー。契約書に記載されていない納品物を渡す義務は果たしてあるのだろうか――。(2023/2/20)

古くて新しい「Python」の脆弱性【中編】
GitHubで見つかった「15年前のPython脆弱性」 その驚きの数とは?
セキュリティベンダーTrellixの調査によると、15年以上前に見つかった「Python」の脆弱性が、いまだにソースコードに入り込んでいる。事態の詳細と、この事態を招いた問題点とは何か。(2023/2/1)

ゲーム「LoL」開発元にサイバー攻撃、ソースコードやアンチチートシステム流出
米Riot Gamesが、サイバー攻撃によりゲームやアンチチートシステムのソースコードが盗まれたと明らかにした。身代金要求には応じないとしている。(2023/1/25)

「C++」の後を継ぐ「Carbon」【前編】
C++の後継言語「Carbon」がRustと“決定的に違う点”はこれだ
Googleはプログラミング言語「Carbon」を「『C++』の後継」だと位置付けている。これが真に意味することは何か。ソースコードの品質管理分野で開発者を支援する有識者の寄稿から探る。(2023/1/20)

システムコールをプロファイリングし脆弱性の優先順位づけを実現:
PR:知りたいのは「本当に対応が必要な脆弱性」 コンテナセキュリティのアラート過多問題にどう対処すべき?
Linuxベースのコンテナは開発者にとって実用的なオプションとしてメインストリームとなった。しかし、セキュリティの観点では日夜さまざまな脆弱性が報告され、運用担当者の不安は収まることがないのが実情だろう。Linuxを始めとするオープンソースソフトウェア(OSS)はソースコードが公開されていることで世界中のエンジニアが改良を行えるという利点はあるものの、攻撃者にとっても弱点を突くことが可能となってしまう。(2023/1/19)

サービス終了したゲーム「Duelyst」がオープンソース化 イラスト、ソースコードなど全て商用利用OKに
サービスを終了したデジタルカードゲーム「Duelyst」がオープンソース化。今後、同ゲームのソースコードやイラストは、営利・非営利を問わず無料で利用できる。(2023/1/13)

Slack、不正アクセスによってソースコードが流出 ユーザーへの影響は?
SlackはGitHubのプライベートリポジトリに不正アクセスが実行され、ソースコードが不正コピーされたと報告した。従業員のトークンが窃取され、このデータを使って不正なアクセスが実行されたと説明している。(2023/1/7)

フィッシング攻撃を受けたDropbox【後編】
“ソースコード流出”のDropboxが強化するフィッシング対策は?
全てのフィッシング詐欺を検知することはほとんど不可能だ。Dropboxへのフィッシング攻撃から学べる教訓とは。(2023/1/6)

フィッシング攻撃を受けたDropbox【前編】
Dropboxのソースコードを「GitHub」で流出させたフィッシング攻撃の手口
オンラインストレージサービスを手掛けるDropboxはフィッシング攻撃を受け、GitHubで管理するソースコードに不正アクセスがあったと発表した。攻撃の手口や影響は。(2022/12/28)

OktaのGitHubリポジトリに不正アクセス ソースコード流出による影響は?
BleepingComputerは、IDaaSベンダーOktaのGitHubリポジトリが不正アクセスを受けて、ソースコードが不正コピーされたと伝えた。(2022/12/23)

COBOLのモダナイゼーションテクニック【第5回】
“脱COBOL”を「自動化ツール」に頼り切ってはいけないのはなぜ?
COBOLプログラムのソースコードを、別のプログラミング言語に自動変換するツールはモダナイゼーションの助けになる。ただし万能ではない。自動化ツールを採用する場合の注意点は何か。(2022/12/14)

ソースコードを書くのは単純作業? GitHub日本法人の記事が物議 発言元のヤマト運輸「誤解を与えてしまった」
「ソースコードを書くのは単純作業」──そんな内容の記事がITエンジニアなどを中心にTwitter上などで話題になっている。ギットハブ・ジャパンが掲載した、ヤマト運輸のGitHub活用事例を紹介する記事の中で、このように発言したとしていた。(2022/11/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。