ニュース
» 2009年09月28日 17時20分 UPDATE

NST、オンサイトによるソースコード診断サービスを開始――Fortify SCAを利用

NSTはFortify SCAを利用したオンサイトによるソースコード診断サービスを開始する。診断環境をインストールしたPCのレンタルも行う。

[ITmedia]

 NSTは9月28日、オンサイトによるソースコード診断サービス「CodeCheck-up LT」を開始すると発表した。本サービスはフォーティファイ・ソフトウェアが販売するソースコード脆弱性分析ソフトウェア「Fortify SCA」を利用する。同時にFortify SCAのレンタルサービスも開始する。

 Fortify SCAは、アプリケーションの開発ライフサイクルにおいてソースコードの脆弱性を分析する製品。世界で500社以上に採用されているという。だがNSTは、特に短期間または小規模な開発プロジェクトで利用する場合に、導入費用およびFortify SCAを活用できる人材の育成について課題があったと指摘する。

 この課題を解決するためNSTでは、CodeCheck-up LTを通じ、診断対象ソースコードが存在する現場に同社スタッフがFortify SCAを持ち込みソースコードセキュリティの分析からレポート生成までを行うという。

 価格および対応言語は次のとおり。いずれも9月28日より申し込みを受け、10月1日より提供開始する。

サービス名 概要 税別価格 対応言語
ソースコード診断サービス「CodeCheck-up LT」 ソースコードをFortifySCAで分析し、レポートをCD-Rで提出 12万5000円/1回 PHP、JAVA
FortifySCAレンタルサービス FortifySCAをインストールしたPCをユーザーに届け5営業日後に回収 12万5000円/5営業日 C/C++、PHP、JAVA、.NET、JavaScript(FortifySCAの仕様に準じる)

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

脆弱性 | ライフサイクル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -