ニュース
» 2009年09月29日 08時18分 UPDATE

米国税庁を名乗る詐欺メール、添付やリンク先にマルウェア

米国税庁を名乗るメールのリンクをクリックしたり添付ファイルを開いたりするとマルウェアに感染する。

[ITmedia]

 米国税庁(IRS)からの通知を装ってマルウェアに感染させようとするスパムメールが出回っているとして、US-CERTなどが注意を呼び掛けている。

 US-CERTによると、問題のメールは「Notice of Underreported Income」(所得の過少申告通知)などの件名で届き、本文に記載されたリンクをクリックしたり添付ファイルを開いたりすると、「Zeus」というトロイの木馬などのマルウェアに感染する。

 この手の詐欺メールは過去にも繰り返し出回っており、IRSはサイトに掲載した情報で「IRSがメールで個人情報の提供を求めることはない」と強調。IRSを名乗るメールを受け取っても、返信したり添付ファイルを開いたりリンクをクリックしたりしてはいけないと忠告している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -