ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「国税庁」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

国税庁を装ったメールが出回る だまされないための「不審なメールの特徴」がためになる
SNSでは「国税庁を装った詐欺メールが来た」との報告も。(2024/5/25)

インボイス導入で企業の経理部門はどうなった? 「手間が増えた」8割近く 領収書の約4件に1件は不備──LayerX調査
LayerXは5日、インボイス制度の開始から半年を機に、企業の経理担当者420人に実施した領収書回収に関する調査の結果を発表した。領収書の約4件に1件で不備があった。(2024/4/5)

実感涌かず:
日経平均、史上最高値は“まやかし”か? 消費者の懐が暖まらない決定的な理由
日経平均株価は史上最高値を更新した。大きな転換点ではあるが、我々生活者はどう捉えれば良いのか。(2024/3/15)

「脅迫めいたメールもあった」──性的同意サービス「キロク」運営会社の立ち上げが遅れた理由
性交渉に同意した記録を残すWebサービス「キロク」を運営するねお巳(愛知県名古屋市)は3月11日、公式Webサイトを公開し、会社登記の完了を報告した。(2024/3/13)

スマホとマイナンバーカードで確定申告をやってみた メリットと注意点とは?
給与が2000万円以上の人、副業などの収入が20万円を超える人、家族の医療費が10万円を超える人などは、会社員でも確定申告をする必要がある。これまで確定申告したことがない人にとっては、難しく感じるかもしれない。だがスマホとマイナンバーカードで、意外と簡単に申告することができる。(2024/3/12)

「国税庁、さすがにこれは…」 河野太郎氏が確定申告サイトの“仕様”に苦言呈す
18年分の「無駄」が発生。(2024/2/28)

フリーランスになって初めての「確定申告」 やってみて分かった“意外”な落とし穴(後編)
2023年夏に、勤め先であったアイティメディア社を退職してフリーランスとなった筆者。面倒な確定申告を、いかに手間なく簡単に、かつお得になるようにやってみたという趣旨のもと、SaaSを存分に活用した実体験をお届けしたい(後編)(2024/2/28)

フリーランスになって初の「確定申告」やってみた “SaaSで申告”は楽にできるのか?(前編)
確定申告の季節がやってきた。筆者はこれまでも、ふるさと納税や医療費控除などのために毎年確定申告をやってきたが、今回は一味違う。2023年夏に、勤め先であったアイティメディア社を退職してフリーランスとなったからだ。(2024/2/26)

高賃金化:
「大事なのはお金じゃない」 経営者が考えてはいけないこと
経営者であれば「会社の収益をもっと高めて、社員の給与をもっと上げてあげたい」というマインドを持つべき。しかし……。(2024/2/24)

ホワイト企業の特徴「高い有給取得率」超えた1位は? 働くZ世代に聞く
働くZ世代の半数が勤務先を「ホワイト企業」だと実感していることが、Synergy Career(大阪府大阪市)による調査で明らかとなった。Z世代の思うホワイト企業の特徴とは。(2024/2/6)

携帯キャリアの詐欺サイトが増加、Amazonのフィッシングサイトも1.8倍に 「詐欺ウォール」が分析
BBソフトサービスは、1月31日に「インターネット詐欺リポート(2023年12月度)」を公開。携帯キャリアのフィッシング詐欺サイトが急増し、フィッシングサイトブランドランキングではAmazonが1.8倍に増加している。(2024/1/31)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
「確定申告書等作成コーナー」で不具合 Chromeでボタンを押せず/OpenAIが組織や企業向けの新有料プラン「ChatGPT Team」を提供開始
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、1月14日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/1/21)

IT企業が企画:
保護者が会社訪問? イマドキ「親子就活」の実態は
「親子就活」が知られるようになって久しい。東京のIT企業は内定者の保護者を会社に招待しオフィス見学ツアーを開催した。今どきの親子就活の実態とは?(2024/1/22)

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズがフィッシングメール事例を公開:
「利用者識別番号が分からない人はこちら」 年末年始で“人の心理”につけ込むフィッシングメールが増加
チェック・ポイントは、「マイナポータル」や国税庁、通販サイトなどを装う最新のフィッシングメール事例を確認した。一般消費者の心理につけ込むフィッシングメールが多く見られるため、細心の注意が必要だという。(2023/12/25)

企業の交際費平均、22年度は「1万8192円」 支出が多かった業種の1位は?
帝国データバンクが、企業の交際費に関する調査結果を発表した。20〜21年度は落ち込んでいたところ、22年度は復調傾向を見せている。(2023/12/19)

PR:デジタルインボイスの活用で業務改革は進むのか? デジタル経営実践企業とデジタル庁担当者が語るポテンシャル
(2023/12/14)

「大工」がいない 20年で半減、住宅業界はどうなる?
大工の減少が深刻化している。大工数は令和2年時点で約30万人、20年で半減しており、このまま減少が続くと、木造住宅の建設やリフォームなどに大きな影響が出る可能性もある。背景には、大工の高齢化と若者離れがあり、その課題に取り組む企業を取材した。(2023/12/12)

おとなの六法:
弁護士ってどのくらい稼げるの? 所得1億円以上の人数
弁護士ってたくさん稼いでいるイメージがあるけれど、実際はどうなの?(2023/12/7)

会計ソフト「やよい」に“実は確定申告できていなかった”不具合 「再度電子申告してほしい」
クラウド会計ソフト「やよい」シリーズを開発する弥生は、同社開発のソフトで確定申告のデータが正しく送信されない不具合を確認したと発表した。(2023/12/5)

日本のワイン消費数量、40年間で8倍増 メルシャン調査
キリンホールディングス傘下のメルシャンが日本国内のワイン消費数量に関する調査データを発表した。(2023/11/17)

拝観料DX:
「祈る行為に税金はかけられない」――延暦寺から学ぶ、宗教とキャッシュレス化の難しさ
2019年6月、宗教とデジタルの複雑性について考えさせられる出来事があった。約1000の寺院が加盟する京都仏教会が、拝観料などを電子マネーやクレジットカードで支払う「キャッシュレス化」に反対する声明文を出したのだ。他方で、比叡山延暦寺はキャッシュレス化を進めている。そこに取り組む理由とは何か。(2023/10/11)

「ニコ動」収益化、インボイス登録は「強制ではない」 ドワンゴ、案内を訂正
ニコニコ動画の収益化サービス利用者に出した案内が「インボイス番号の取得が必須であると受け取られるものだった」としてドワンゴが訂正・訂正。(2023/10/3)

10月から最低賃金が変わる:
最低賃金アップでも、世帯収入増が期待できないワケ 制度の「ねじれ」を読む
10月から新しい最低賃金が適用され、全国平均で時給1002円になる。最低賃金のアップにより、ここ30年横ばいの世帯収入は増えるのか? 社会保険労務士の筆者は「期待するような世帯収入増にはつながらない」と考えています。その理由と今後の展開を解説。(2023/9/27)

企業内弁護士が監修:
「電子帳簿保存法」の改正内容と、フリーランスがやっておくべきこと
2022年に改正された「電子帳簿保存法」の、「電子取引のデータ保存」の猶予期間が2023年12月で終了します。法改正によりどのような影響があるのか、フリーランスエンジニアはどのように対応したらいいのか、分かりやすく解説します。現在フリーランスで活躍しているエンジニアの皆さん、今後フリーランスになることを視野に入れている皆さん、そしてフリーランスエンジニアとビジネスを行っている皆さん、参考にしてください。(2023/9/11)

電帳法×インボイス制度“最終点検” 紙保存してもいい「相当な理由」って? 袖山税理士に聞く
2022年1月に施行されてから、宥恕(ゆうじょ)措置や保存要件の見直しなど現在まで二転三転してきた電子帳簿保存法(以下、電帳法)。23年10月にはインボイス制度の開始も予定されており、今あらためて対応状況を確認したいタイミングになった。オンラインイベントに登壇した袖山税理士の講演から、電帳法とインボイス制度の最新事情を探る。(2023/8/23)

産業別のトップは:
上場企業で働く人の年収は620万円、1位の会社は?
東京商工リサーチの調査によると、2022年度の上場企業3235社の平均年間給与は620万4000円という結果に。前年度(605万4000円)から15万円ほど増加した。(2023/8/17)

AIチャットbotのPKSHA、14億円の特損 原因は「信託型SO」
AIチャットbotなどを提供するPKSHA Technology(パークシャテクノロジー)が、2023年9月期第3四半期(4〜6月)に14億6654万4000円の特別損失を計上したと発表した。原因は「信託型ストックオプション」(信託型SO)だ。(2023/8/15)

信託型ストックオプション、国税庁の“突然見解”で14億円特損 PKSHA Technology
AIベンチャーのPKSHA Technologyが、第3四半期決算で14億6600万円の特損を計上。国税庁が信託型ストックオプションに関して「給与所得」と見なす見解を発表したことを受け、役職員に代わって追加の源泉所得税を支払うという。(2023/8/15)

好みが分かれるのに:
”スモーキー”なハイボール缶が100万本を突破した、3つの理由
国内発のスモーキーハイボール缶「三郎丸蒸留所のスモーキーハイボール」が、累計販売本数100万本を突破した。これまで市場になかったジャンル、かつ355ml缶で327円と高価格帯。チャレンジングな製品にもかかわらず、なぜ売れているのか。(2023/7/5)

ベンチャー財務やSaaS経営者に衝撃 税処理ひっくり返った「信託型SO」とは何か? 専門家に聞く
国税庁が示した見解により、信託型SOを巡る税処理が大きく変わり、企業の金銭的・事務的負担が増える可能性がある。影響を受けたスタートアップにはどんな負担がかかるのか。(2023/7/4)

鉄道&航空の人気が上昇:
「この企業に勤める人と結婚したい」ランキング、民間1位は?
リスクモンスターは、「この企業に勤める人と結婚したいランキング」の調査結果を発表した。(2023/7/4)

国税庁をかたる「未払い税金」の詐欺メールに注意 被害に遭ったTwitterユーザーが投稿
国税庁のホームページになりすました偽サイトに誘導する詐欺メールです。(2023/7/2)

Googleで「ChatGPT」と検索すると、謎のサイト「ChatGPT 日本サイト」がトップに 運営者は不明
Google検索にて「ChatGPT」と調べると、「ChatGPT 日本サイト」という非公式サイトが検索トップに載っている。同サイトの運営元は不明であるため、検索する際は注意が必要だ。(2023/6/26)

検証不足:
なぜマイナカードでトラブルが起きているのか 原因は5つ
マイナカードに関連するトラブルが頻発している。その多くは、きちんと事前に検証しておけばこんな大事にならなかったのに、と思われる問題ばかりだ。(2023/6/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
信託型ストックオプション「最大55%課税」でスタートアップが悲鳴 抱えていた“2つの欠陥”
スタートアップが優秀な人材獲得の一助にしている「信託型ストックオプション」。国税庁が原則として給与所得と見なすと発表したことで重税が懸念され、スタートアップが悲鳴を上げている。(2023/6/2)

ChatGPTを狙った悪用の手口、フィッシングメール作成やプロンプト漏えいも どう対策する?
マクニカが4月21日、ChatGPTを悪用したサイバーリスクについての説明会を開催した。攻撃者によるChatGPTの悪用の他、ChatGPTを組み込んだシステムに対する攻撃もあり、これらは数カ月もすると対策されるというが、情報漏えいの危険性をはらんでいる。(2023/5/21)

インボイスQ&A:
【インボイス制度の一問一答】適格請求書を受領した際、確認すべきことは?
消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)が令和5年(2023年)10月1日に導入されます。インボイス制度の中身(仕入税額控除編)をQ&A形式で解説します。筆者は税理士の山口拓氏。(2023/5/18)

個人事業主348人に聞く:
確定申告で困ったこと 3位「会計ソフトの使い方」、2位「税法の理解」、1位は?
弁護士ドットコム(東京都港区)は、個人事業主348人を対象に「確定申告に関する調査」を実施した。(2023/5/11)

企業のインボイス登録番号を1クリックで確認できる「インボイスボタン」
企業リスト作成サービス「FUMA」を提供するプレインワークス(東京都港区)は4月21日、全国の有力企業約160万社のインボイス登録番号を1クリックで確認できる「インボイスボタン」の提供を始めた。(2023/4/24)

個人情報保護法、電気通信事業法など:
2023年度、最低限押さえておきたいIT関連の法改正をまとめてチェック
IT業界で働いているなら最低限押さえておきたい2023年度施行予定の法律と、2024年度以降に施行される予定の法律案を紹介する。(2023/4/4)

GMO-PG、給与デジタル払いに参入 ペイロール社と提携
GMOペイメントゲートウェイは3月10日、4月に解禁される給与デジタル払い領域に参入すると発表した。ワンストップでサービスを提供できるよう、各方面のパートナー企業と連携してサービスを提供する。(2023/3/13)

山本典正社長に聞く:
「紀土」を一流ブランドに押し上げた平和酒造 “最適解”でない渋谷で酒イベントを開催する理由
平和酒造は4月8日と9日、日本全国の酒蔵・クラフトサケ醸造所26社が「MIYASHITA PARK」(東京・渋谷)に集結する「SAKE PARK(仮称)」を開催する。(2023/3/10)

純金融資産1億円以上:
日本の富裕層は148.5万世帯、増えている理由は?
野村総合研究所は「2021年の日本における純金融資産保有額別の世帯数と資産規模」の推計結果を発表した。「純金融資産保有額」が5億円以上の「超富裕層」は9.0万世帯で、全体の0.16%であることが分かった。(2023/3/4)

上位企業の特徴:
「男女の年収差が少ない企業」ランキング 1位は?
就職・転職口コミサイトを運営するオープンワークは、「30歳時点で男女の年収差額が少ない企業ランキング」を発表。ランキング1位は……。(2023/2/23)

NEWS Weekly Top10:
確定申告のふるさと納税控除、「マイナポータルなら一瞬」と思いきや……
マイナンバーカードがあれば今年から簡単になることは他にもいくつかあり、国税庁のサイトにまとまっている。「ふるさと納税の寄附金控除額の計算」もその一つだ。(2023/2/20)

今日のリサーチ:
日本の営業活動の「無駄」が前年比約1500億円分増加、残念DXでむしろ状況が悪化?――HubSpot Japan調査
HubSpot Japanによる日本の法人営業に関する定点調査の結果です。(2023/2/17)

ラクすぎて泣いた! 確定申告の医療費計算、マイナポータルなら“一瞬”で終わる
確定申告が今年から楽になる。その1つが、所得控除の対象になる医療費の集計だ。マイナンバーカードとスマートフォンを持っていれば、年間の医療費(保険診療分)を“一瞬”で算出できるようになった。(2023/2/16)

「インボイスはデスゲーム」、税の押し付け合いが始まる 反対署名18万、 “身バレ”問題も未解決
「インボイスはデスゲーム」――STOP!インボイス代表で、フリーの編集者、ライターの小泉なつみさんは、記者会見でこう指摘した。そのココロは……。(2023/2/14)

働き方の「今」を知る:
いくら「お願い」してもニッポンの賃金は上がらない──その3つの原因とは
岸田首相は1月4日の年頭会見で「賃上げを何としても実現する」と宣言した。しかし、いくら「お願い」してもニッポンの賃金は上がらない。筆者が解説する、日本の賃金が上がらない3つの原因とは?(2023/2/8)

【第95回アカデミー賞】:
トム・クルーズ、初のオスカー獲得あるか アカデミー賞候補を徹底解説 変革した部分と変わらないもの
ノミネートの顔ぶれに見る今年の注目ポイント。(2023/2/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。