ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「国税庁」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
4月1日から違法「税別表記」、ahamoは値下げで“2000円代”死守
スーパーでもよく見かける「298円(+税)」といった値札は、4月1日から違法となった。このような税々表示は、そもそも安倍政権下で実行された二度の消費税増税の際、増税するごとに必要な、値札の貼り替えやシステムを改修する事業者負担を軽減するための措置だ。その特例措置が、3月31日をもって期限を迎えたため、4月1日から税別表記は違法となる。(2021/4/1)

非正規雇用をめぐる現状【前編】:
「同一労働同一賃金」は何を目指すのか? “均衡”と“均等”を理解せよ
「同一労働同一賃金」関連法を読み解くために必要なキーワード、“均衡”と“均等”とは? 労働人口の約4割を占める、非正規労働者をめぐる現状を解説する。(2021/4/1)

スピン経済の歩き方:
えっ、まだ? なぜ日本企業の意思決定は「遅い」のか
欧米企業の意思決定は速いのに、なぜ日本企業は遅いのか。こうした言葉を聞いたことがあると思うが、本当にそうなのか。(2021/3/23)

申告漏れ174億円 シェアリングエコノミー 国税庁が初の重点調査
シェアリングエコノミーを対象に国税庁が初めて重点調査したところ、2020年6月末までの1年間で、全国で約174億円の申告漏れが発覚し、約39億円を追徴課税していたことが分かった。(2021/2/19)

「ほしい物リスト」のプレゼント、贈与税の申告と納税が必要となる場合があるって知ってましたか?
1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません。(2021/2/18)

M1 MacとBig Sur対応で確定申告ができるICカードリーダーライター エレコムが非接触式・接触式2タイプ
国税庁が注意喚起していたM1 Macの問題をクリアしたICカードリーダーライターがエレコムから。(2021/2/9)

税務署に行かなくても確定申告できるなら、その方が楽ですしリスクも減るという話
緊急事態宣言の延長を受け確定申告の期限が1カ月ほど延長されました。(2021/2/3)

ポイントは“おまけ”か“資産”か? 2兆円超える市場が活性化
年々拡大するポイント市場はすでに2兆円を超えたと見られる。このポイント市場で次の波になってきているのが、ポイントを投資に使う「ポイント投資」や「ポイント運用」と呼ばれるものだ。(2021/1/20)

国税庁、リモートワークの光熱費や通信費を給与課税対象外に
国税庁は「在宅勤務に係る費用負担等に関するFAQ(源泉所得税関係)」を公開し、リモートワークなどで必要となった光熱費や通信費などについて、給与として課税する必要がないという見解を明らかにした。(2021/1/19)

確定申告をスマホで完結 freeeが「電子申告アプリ」無償公開
freeeが、スマートフォンでの確定申告の電子申告に対応する「電子申告アプリ」を無償公開した。同社のアプリ「会計freee」と組み合わせて使うと、書類の作成から提出までがスマホで完結する。(2021/1/18)

freeeがスマホ用e-Taxアプリをリリース、「おうちで確定申告」を推進するワケ
クラウド会計ソフトを提供するfreeeは1月18日、電子申告専用のスマホアプリの提供を開始した。同社の会計ソフト「会計freee」を使用しているユーザーなら無料で利用できる。2月16日から確定申告の受け付けが始まるが、コロナ禍の中、人が押し寄せる会場に行くことなく確定申告を済ませたいというニーズに応える。(2021/1/18)

国税庁、M1搭載Macでの電子申告に注意喚起 一部のICカードリーダーが正常に動作しない
ID・パスワード方式の届出は可能。(2021/1/7)

確定申告ではApple M1搭載Macに注意。マイナンバーカードが認識されない場合も
国税庁はM1 Macで所得税の確定申告時にICカードリーダーライターを使おうとすると不具合が起きるケースがあることを告知した。(2021/1/7)

国税庁、M1 Macでの確定申告書類提出に注意喚起
ICカードリーダーライターやプリンタが正常に動作しない場合があるという。(2021/1/6)

国税庁、確定申告の入場整理券を公式LINEで配布 会場の“密”防ぐ
国税庁が公式LINEアカウントを開設。確定申告の入場整理券を公式LINEで事前配布する。チャットbotが税務相談に乗るサービスも始める。(2020/12/16)

融資取引をペーパーレス化、印鑑レス、非対面で 日立が電子契約ソリューションを開始
日立は、金融機関の契約業務を電子化し、従来の対面による紙中心の事務手続きをWeb上で完結できる「金融機関向け電子契ソリューション」の販売を開始した。契約事務のペーパーレス化、印鑑レス化とともに、契約手続きに要する負荷軽減や業務効率化を支援する。(2020/12/15)

コロナ助成金は課税対象?確定申告前に疑問続々…AIが回答も
 新型コロナウイルスの感染拡大は、来年2月に始まる税の確定申告にも影響を及ぼしている。個人や事業主などに支給された助成金や給付金が、種類によって課税対象かどうかが異なるという。さらに国税庁では確定申告に関する疑問にネット上のAI(人工知能)が応じる仕組みを整備するとしており、活用が広がれば感染リスクの回避も期待できそうだ。(森西勇太)(2020/11/27)

国税庁、年末調整控除申告書作成アプリをiPhoneとMac向けに公開
国税庁がApp Storeで公開するアプリは2つ目。(2020/11/19)

離職は「最大のロス」:
星野リゾート星野佳路代表が“倒産確率”を公表した理由 「組織を強くするマネジメント」とは?
星野リゾートの星野佳路代表は、5月より予約や財務の状況など、幾つかの変数をもとに計算した「倒産確率」を社員向けに発表している。コロナ禍という危機の中では、経営の内容を正直に伝えることが大切で、社員一人一人が経営の動きを知ることが「会社を強くする」という星野代表の考えから取った施策だという。狙いを聞いた。(2020/11/12)

マネーフォワードMEから確定申告可能に スマホだけでe-Tax完結、需要取り込む
マネーフォワード(東京都港区)は11月12日、家計簿ソフト「マネーフォワードME」から確定申告を可能にすると発表した。同社の「マネーフォワード クラウド確定申告」(MFクラウド確定申告)とデータを連携し、個人事業主や副業の確定申告が行える。2021年2月にはe-Tax機能をリリースし、2月からの確定申告に対応する。(2020/11/12)

オンワード樫山、ワークフローの電子化で申請/承認フローを9割効率化
アパレル製造小売などを手掛けるオンワード樫山は、SBテクノロジーのクラウド型のワークフローサービス「Flow」を導入し、申請/承認業務の効率化を図った。従来日数を要していた申請処理が最短10分で完了するようになり、申請/決裁処理の業務負荷が8〜9割軽減された。(2020/10/26)

預貯金などを電子データで照会 国税庁が金融業務のペーパレス化に向け実証実験
NTTデータは、国税庁による預貯金などの照会業務のデジタル化に向けた実証実験に「pipitLINQ」サービスを提供する。東邦銀行、横浜銀行、福島銀行、ゆうちょ銀行が協力し、業務効率化の効果やデジタル化に対応した事務フローの環境テストなどを検証する。(2020/9/28)

片岡愛之助、「半沢直樹」黒崎×半沢の“共闘展開”にノリノリ 「直樹に頼まれたちゃったから来ちゃったわよ〜〜」
最終回も出てくれないかな……。(2020/9/21)

「半沢直樹」半沢&大和田、ついに魔合体 “土下座拒否”のつもりが完全にオンブバッタになってしまう
カマキリ先生出てきちゃダメだって……!(2020/9/20)

きなこもちに合う:
チロルチョコ×日本酒 老舗の酒造メーカー、予想外な組み合わせに商機見いだす
福岡県の酒造メーカーいそのさわが「チロルチョコきなこもちに合う日本酒」を9月16日に発売する。前回販売した「チロルチョコミルクに合う日本酒」が好調だったことを受け、第2弾を展開する。日本酒の国内消費が年々減少する中、話題性を高めて日本酒の需要を拡大させる狙い(2020/9/9)

Windowsフロントライン:
Microsoft 365のIE11対応とEdge Legacy サポート終了の意味を改めて考える
Internet Explorer 11と旧Microsoft Edge(Edge Legacy)のサポートに関する話題が注目を集めている。その動向を追った。(2020/9/2)

“いま”が分かるビジネス塾:
持ち家がもはや「冗談抜きで困難な夢」になったこれだけの理由
いまだに根強いとされる日本人の持ち家志向。しかし筆者は「冗談抜きで困難」になったと指摘。印象論でなくデータから導き出される実態とは?(2020/8/18)

「年末調整書類を電子化したい」人事、総務が7割以上 ペーパーロジック調査
ペーパーロジックは「年末調整書類の電子化」に関する調査結果を発表した。調査によると、81.6%が「年末調整業務に負担を感じている」と回答した。(2020/8/17)

女性が結婚相手に求める年収、最低ラインは「400〜499万円」
「好きな人なら収入があるだけでいい」という意見も。(2020/8/12)

Twitterアカウント大規模乗っ取り犯逮捕 主犯は米在住の17歳
Twitterでビル・ゲイツ氏などの著名人アカウントが大量に乗っ取られ、ビットコイン詐欺ツイートをして10万ドル以上の被害の出た事件の犯人が逮捕、起訴された。主犯は米在住の17歳の未成年で、他に英国在住の19歳、米在住の22歳も共犯として逮捕、起訴された。(2020/8/1)

税金を納めないとどうなるの? 脱税と申告漏れの違いって? 意外と知らない「納税」をしなかった時のペナルティ
元国税局員が解説します。(2020/7/29)

国税職員ってどんな人? 税理士とは違うの? 国民の三大義務「納税」にまつわるお仕事の話
税金って身近なはずなのによく知らない。(2020/7/15)

AIエンジニアの年収はどれくらい? 求人情報を分析した結果は……
専門的なスキルを持つAIエンジニアの給料はどれくらい? 理系人材向け求人サービスを運営するアスタミューゼが調査結果を発表。年収レンジは下限が平均495.6万円、上限が平均914.3万円だった。(2020/7/3)

期間限定:
サイゼリヤが一部店舗でボトルワインの持ち帰り販売を開始 1人1本まで
サイゼリヤが一部店舗でボトルワインのテークアウト販売を開始。コロナ禍の救済措置として国税庁が打ち出した「期限付酒類小売業免許」を取得した。(2020/6/8)

スピン経済の歩き方:
コロナ不況に「がんばれ日本!」が、まるっきり逆効果になってしまうワケ
新型コロナの感染拡大を受けて、自粛生活が長引いている。そんな中で、「がんばれ!」という言葉をよく耳にするようになった。「がんばれ、もう少しの辛抱だ」「気を緩めてはダメ、がんばれ」といった文言が多いが、こうした傾向に対して、筆者の窪田氏は警鐘を鳴らしている。どういうことかというと……。(2020/5/19)

「あくまでもお酒」から「飲用不可」へ 酒造所の高濃度アルコール製品に変化
アルコール消毒液の代替品として、酒造会社が相次いで高濃度アルコール製品を発売する中、そのラベルにちょっとした変化が起きている。理由は酒税だ。(2020/5/12)

専門家のイロメガネ:
経営者必見 新型コロナ対策で税金が「戻ってくる・少なくなる・待ってもらえる」
新型コロナの感染拡大、緊急事態宣言による外出自粛などの影響を少しでも緩和するため、打ち出された緊急経済対策の中には、税制の特例も含まれている。税金の制度は、経営者として事業を守るため積極的に使っていくべきだが、名称からして分かりにくいものが多い。自身が対象となるか分からない事業者も多いだろう。そこで事業者向けに新型コロナ緊急経済対策の税制について簡単に紹介したい。(2020/5/12)

Tech TIPS:
【Microsoft Edge】古いの? 新しいの? Microsoft Edgeのバージョンを確認する
Google Chromeと同じChromiumをベースとした「Microsoft Edge」の提供が開始された。自動更新により、既存のMicrosoft Edgeと置き換えられる予定だ。当面、両方ともサポートされるため、障害が発生した場合にはバージョンのチェックが必要になる。そこで、Microsoft Edgeのバージョンを確認する方法を紹介する。(2020/5/8)

どうする「新型コロナ緊急事態」:
新型コロナ「国民1人当たり10万円給付」以外でも知っておきたい、万が一のときに使える各種支援制度とは
新型コロナで大きな影響を受ける企業活動。全国に「緊急事態宣言」が発出された今、身を守るために知っておくべき各種支援制度とは? 新田龍氏が解説する。(2020/4/22)

本当に効率を上げるためのSaaS:
日本の生産性を押し下げる「経費精算」が無くならない根本理由
多くの会社員にとって、最も身近な事務処理、経費精算。しかし社員、経理担当者の双方にとって経費精算処理の難しさは、領収書などの原本回収が必須になることだ。電子帳簿保存法の改正はあったが、現時点でも導入企業はたったの2000社弱。中小企業にとってはむしろ導入コストや運用コストが増えるだけで、ほとんどメリットがないのが電子帳簿保存法だ。(2020/4/22)

「消毒用の酒」を高額転売、酒税法違反では? 国税庁に取材「罰金の納付を求める可能性も」
アルコール度数の高いお酒がフリーマーケットアプリに高額で出品されていました。(2020/4/21)

東京都、遊興施設などへの休止要請 休業要請に協力の中小事業者に50万円
(2020/4/10)

令和元年分の確定申告、コロナで実質無期限延長に 感染拡大による申告困難者に猶予制度
感染リスク防止のため、申告は原則事前予約制に。(2020/4/6)

資金繰りの苦悩:
コロナショックで悲鳴上げる中小企業とフリーランス 弁護士が語る「経営者が使うべき政府の支援策」
新型コロナで影響を受ける中小企業の経営者向けに政府などが打ち出している支援策について弁護士が解説する。大きく(1)資金繰り支援(2)雇用維持支援(3)設備投資・販路開拓支援(4)税・保険料の支援という4つの支援がなされている。風評被害によってさらなる業績悪化も考えられる。(2020/3/31)

確定申告4月16日まで延長か 新型コロナウイルス対策で 国税庁「事実かどうか含めコメントする立場にない」
一部メディアが報じています。【追記あり】(2020/2/27)

元国税専門官が教える『確定申告、得なのはどっち?』(3):
元国税専門官が教える確定申告の“裏技” 納税資金が用意できない場合の対処法
今年も確定申告の時期が到来した。税金の仕組みは複雑で、「どっちが正解?」と迷うことが少なくない。だが1つ判断を間違うと、税金が高くなってしまうこともある。東京国税局に勤務していた元国税専門官が、こうした確定申告にまつわる迷いやすいポイントを3回に分けて解説していく。3回目は納税に関する “裏技”をお伝えする。(2020/2/24)

「確定申告をするべき?」「したほうがお得?」 質問に答えるだけで確定申告の必要性が分かるチャートが便利
2020年の確定申告期間は2月17日から3月16日まで。(2020/2/17)

Windowsフロントライン:
Windows 7の延長サポート終了を迎えてのあれこれ
2020年1月14日に延長サポートが終了したWindows 7だが、その前後でさまざまな話題を集めている。それらの中から、興味深いものを見ていこう。(2020/2/3)

国会中継を見て「デジタル遺品」の専門家が身構えてしまったワケ 国には期待できず……私たちができること
国会でデジタル遺品に関する質疑が初めて行われた。10分間のやりとりを通しで見た率直な感想は、「デジタル遺品はまだちょっと普通の遺品より面倒な存在だな」だった。死生とデジタルを追うライター・古田雄介氏がこの質疑の本質を解く。(2020/1/30)

Windows 10 The Latest:
IEレガシーWeb救済の決定版!? 最新Microsoft Edge「IEモード」の実力検証
2020年1月16日に提供が開始されたChromiumベースの「Microsoft Edge」は、Internet Explorerとの互換性を実現する「IEモード」をサポートしている。このIEモードを有効にする方法を解説する。(2020/1/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。