ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「国税庁」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ITワード365:
【ITワード365】エッジコンピューティング/インシュアテック/Markdown/クラウドソーシング/WBS/電子帳簿保存法/負荷分散
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/5/26)

バクラク請求書、「適格請求書発行事業者」かを自動判定 インボイス制度対応機能第1弾
 LayerX(東京都中央区)は5月17日、提供する請求書受領ソフト「バクラク請求書」のインボイス制度対応機能の第1弾を公開した。(2022/5/18)

6月30日まで適用:
4月に「雇用調整助成金」制度がリニューアル 助成額の増額など3つの変更点を解説
コロナ禍で認知が広がった「雇用調整助成金」。コロナ禍という特殊な環境下において、失業回避への取り組みの重要性が増したため「緊急対応期間」を定め、提出書類の簡素化、申請ルールの緩和、助成額の増額などの措置を講じ、2022年4月にリニューアルした。今までどう違うのか? 3つのポイントにまとめて解説していく。(2022/5/12)

ワークフロー総研:
インボイス制度とは? 基礎知識や制度開始による変更点、対応のポイントを解説!
「インボイス制度ってなに?」「制度開始で具体的になにが変わるの?」「インボイス制度に対応する方法は?」 そんな疑問に対し、インボイス制度の基礎知識や変更点、対応のポイントを分かりやすくご紹介します。(2022/4/27)

法改正でどう変わる?:
インボイス制度対応で必須! 「適格請求書発行事業者」に登録する方法と注意点
令和5年から導入される適格請求書等保存方式(通称、インボイス制度)では、仕入税額控除を受けるために、適格請求書発行事業者の登録番号が記載された請求書が必要になります。適格請求書発行事業者になるためには、どうすればよいのでしょうか。(2022/4/20)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
全くシステムを導入しなくてもOK? 電子帳簿保存法「電子取引」の対応法を解説
2022年1月から大幅に改正された電子帳簿保存法。2年間は「やむを得ない理由」がある場合、宥恕措置が適用されます。23年の年末までに、何をどこまで対応すればよいのか。最低限の対応から、推奨される対応まで解説します。(2022/4/11)

3つの課題:
リモートワーク手当を続けるのは危険?──制度の“当たり前”を疑え!
在宅での勤務環境の整備のため、「リモートワーク手当」を設ける企業は多い。しかし、この手当には「3つの課題」があるという。どんな課題なのか? 解決のために、何ができるのか? リモートワーク手当を見直したというREADYFORの担当者に話を聞いた。(2022/3/28)

e-Tax接続障害、利用者増でシステムに過負荷 延長申請の期限は4月15日に
国税庁はe-Taxで発生していた接続障害について、アクセスの集中によりデータベースサーバでの処理に大きな負荷がかかったことが原因だったと明らかにした。(2022/3/18)

酒税改正を見据えて:
キリンビールの「本麒麟」が好調 敏腕マーケターに聞く「売れ続ける理由」
キリンビールのビール類の販売量が減っている中、気を吐いているのが新ジャンル(第3のビール)の「本麒麟」だ。マーケティング本部の松村孝弘ブランドマネージャーに開発コンセプトを聞いた。(2022/3/18)

日本企業の電子化を阻む障壁と回避法
元国税庁の専門官が語る、改正電帳法対応の勘所と障壁の乗り越え方
2022年1月に改正電子帳簿保存法が施行されたが、一部の規定は宥恕(ゆうじょ)措置が設けられた。この期間にDXを見据えて紙業務の電子化を進めるコツを、国税庁で電子帳簿保存法の専門官を務めた人物が解説した。(2022/3/28)

著作権法、プロパイダ責任制限法など:
2022年、最低限押さえておきたいIT関連の法改正をまとめてチェック
IT業界で働いているなら最低限押さえておきたい2022年施行予定の法律を紹介する。(2022/3/17)

freee会計、e-Tax障害で確定申告が遅れた人向け機能を追加
freeeは、国税庁が運用する申告ツール「e-Tax」で14日から接続障害が発生している件を受け、障害の影響で期限までに確定申告を完了できなかった人向けの機能を「freee会計」に追加した。(2022/3/16)

e-Taxの接続障害、サービス状況は“遅滞無し”に 原因は未解明
国税庁は、申告システム「e-Tax」で14日昼ごろから発生している接続障害について、16日午後2時ごろの時点で「e-Taxによる受信(接続)は遅滞なく行われている」と発表した。接続障害の原因は未解明という。(2022/3/16)

e-Taxの接続障害、改善するも完全復旧ならず 申告難しければ書面対応か延長申請を
国税庁は「e-Tax」で14日昼ごろから発生している接続障害について、15日午前7時ごろまでにつながりづらい状況が改善したと発表した。障害の原因は未解明として「早期の復旧を目指す」としている。期日までの確定申告が困難な場合は書面での提出か延長申請が必要。(2022/3/15)

【追記あり】e-Taxで接続障害 確定申告締め切り前日に
確定申告どうしよう……。(2022/3/14)

e-Taxで接続障害 確定申告の締め切り前日にダウン
国税庁が運用する申告システム「e-Tax」で、3月14日午後0時20分から接続障害が発生している。原因は不明で、復旧めどは立っていない。(2022/3/14)

PR:電子帳簿保存法対応「あと2年間ある」は間違い 宥恕措置に惑わされず“今すぐ”準備を進めるべきこれだけの理由
2021年12月、施行まで1カ月を切ったタイミングで新たに盛り込まれた、電子帳簿保存法「電子取引」に関する2年間の宥恕(ゆうじょ)措置。「よかった、あと2年間も猶予ができた」と安心している人もいるかもしれないが――実はそう悠長なことはいっていられないという。なぜか?(2022/2/28)

インボイスQ&A:
【一問一答】インボイスとは? 交付の条件は? 様式(フォーム)は決まっている?
消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)が令和5年(2023年)10月1月に導入されます。どんな制度なのか、様式(フォーム)は決まっているのか、交付は誰でもできるのか──など、インボイスの概要をQ&A形式で解説します。筆者は税理士の山口拓氏。(2022/3/2)

国税庁、確定申告はオンライン推奨 e-Taxは源泉徴収票の自動読み込みなど便利機能追加
所得税などの確定申告が2月16日から始まった。国税庁は「感染対策のためにも、自宅でのe-Taxを利用を検討してほしい」とし、スマホ・PCの利用を推奨している。(2022/2/16)

今年も所得税の確定申告受付が始まりました スマホで源泉徴収票やマイナンバーカードを読み取ってくれるシステムなど去年と変わった主な3点
原則、期限は3月15日までです(個別申告で延長可)(2022/2/16)

連載「情報戦を制す人事」:
2022年の税制改正、人事業務への影響は 住宅ローン控除の改正で、年末調整が変わる?
2022(令和4)年の税制改正は、人事業務にどのように影響するのでしょうか。住宅ローン控除と電子帳簿保存法にポイントを絞り、解説します。(2022/2/15)

確定申告のデジタル化、青色申告者の4割がe-Tax利用意向
 弥生(東京都千代田区)は、確定申告予定者を対象に「確定申告のデジタル化に関する意識調査」を実施した。その結果、令和3年分(2021年)分確定申告の青色申告者の39.3%が、e-Taxの利用意向があることが分かった。(2022/2/8)

半径300メートルのIT:
マイナンバーカードを使いこなせ! 確定申告に導入された新たな認証方式を学ぶ
確定申告時にマイナンバーカードとスマホを活用した新たな認証方式が導入されました。面倒な作業を簡略化してよりセキュリティを強化したこの仕組みを詳しく解説していきます。(2022/2/8)

女性は1.6倍差:
TOEIC 735点以上は高収入? 50代男性は1.3倍の年収差
「Daijob.com」を展開するヒューマングローバルタレントは、英語力が年収に与える影響について調査した。年代および男女別に英語力と年収を比較した結果……。(2022/1/31)

小銭貯金どうすれば:
ゆうちょ銀行の有料化に波紋 森永卓郎氏「『庶民は来るな』と言っているに等しい」
ゆうちょ銀行で、硬貨を入金などする際、枚数に応じて手数料がかかるようになり、小銭の処理方法に困惑する人が続出しているようだ。(2022/1/29)

電帳法の電子保存義務「2年猶予」で、企業の4割が対応延期
電子データで受け取った請求書などを電子の形で保存しなくてはいけないという電子保存義務を定めた改正電子帳簿保存法。施行直前の12月になって「罰則を2年間猶予する」ことが発表されたが、これにより企業の電帳法対応はどうなったのだろうか?(2022/1/19)

直前になって2年間猶予の電子帳簿保存法、企業はどう対応すべきか? 専門家が語る
大改正となった電子帳簿保存法。電帳法自体の目指す趣旨は大事なことであり、今回の法改正はそれに向けた大きな第一歩だ。一方で、特に電子保存義務については、拙速が過ぎ、影響範囲が大きいこともあり、混乱が生じた。二転三転した流れを振り返ると共に、現場の状況も理解している立場から、小野智博弁護士と、公認会計士の柴野亮氏が語る。(2022/1/19)

Q&Aもおさらい:
電子帳簿保存法、電子保存「2年猶予」の条件は? 対応のポイントまとめ
電子帳簿保存法の施行により、2022年1月1日から電子取引データの電子保存が義務化されるとアナウンスされていましたが、21年11月、国税庁は方針を一転。対応には2年間の猶予が設けられました。猶予期間の間、どのような対応を取れば良いのでしょうか。(2021/12/28)

実質的な「最低賃金割れ」も多発:
最低賃金はどこまで上がるか? 「安すぎる日本」の行方
2021年10月、最低値賃金が全国平均で28円アップして話題になった。政府はさらに引き上げていく方針を示している。反発する経営団体もあるが、日本の最低賃金はどこまで上がるだろうか? また、最低賃金を上げるのは何のためか? 人事コンサルタントが解説する。(2021/12/20)

帳票ベンダー大手に聞いた!:
2年の猶予ができた今こそ、電帳法はインボイスを見据えて準備を進めるべきワケ
2021年12月11日、来年1月1日より施行される電子帳簿保存法(以下、電帳法)の「電子取引」義務化に2年の猶予が設けられることが正式に発表され、話題になっている。思いがけず対応スケジュールにゆとりが出てきた今こそ、あらためて考えたい、電帳法×インボイス制度対応へのベストプラクティスとは?(2021/12/17)

二転三転の電子帳簿保存法、紙で保存可能な「やむを得ない事情」とは?
電子受領データの電子保存を義務化する、電子帳簿保存法の改正について、2年間電子保存義務を猶予する内容が盛り込まれた。しかしその条件とされている、「やむを得ない事情」とは何か。(2021/12/16)

電子帳簿保存法、電子受領データ保存に2年の猶予確定 広がる混乱
2022年1月に施行される改正電子帳簿保存法において、新たに始まる「電子データで受け取った書類の電子保存義務」が2年間猶予される。22年度税制改正に盛り込まれた。年内に省令改正を行う。(2021/12/10)

連載「情報戦を制す人事」:
年末調整の電子化は「サービス導入で解決」ではない 「中途半端な電子化・効率化」に潜むリスク
2020年から年末調整申告において、新たに各種証明書類の電子データ提出が可能になりました。年末調整業務で控除証明書の電子提出を開始するには、大きく次の2つの課題があります。(2021/12/9)

電子帳簿保存法、電子保存に2年の猶予 施行1カ月前の省令改正
2022年1月に施行される電子帳簿保存法の改正で、電子データで受け取った請求書などの保存に関して、電子的保存の義務化を2年間猶予される。日経新聞が、政府・与党の動きとして報じた。(2021/12/6)

紙で保存しなくてもOK 電子帳簿保存法対応の無料書類保管サービス続々
2022年1月に施行される改正電子帳簿保存法。この法改正によって、波紋を呼んでいるのが同時に実施される「電子取引の紙保存禁止」だ。こうした状況の中、複数社が、受け取った電子取引書類を、国税が求める検索要件に従って保存できる無料サービスの提供を始めた。(2021/12/6)

対談で学ぶ電帳法とインボイス:
【後編】分からないことだらけの「インボイス制度」で経理業務はどう変わる? Peppolの基本も含めて徹底解説
TOMAコンサルタンツグループの持木健太氏とSansanの柴野亮氏の対談企画、後編テーマは、2023年10月に導入を控える「インボイス制度」。そもそもインボイス制度とは何なのか、なぜ導入されることになったのかといった基本に加えて、対応するために準備すべきことまで広く話を聞いた。(2021/11/29)

間に合わなくなる前に今から始める
マンガで解説:何が変わる? 「インボイス制度」とは
2023年10月に始まる「インボイス制度」は、業種や規模を問わず企業に大きな影響を与える。いつまでに誰が何をすべきなのか。事前に検討、確認しておきたいさまざまな事項を、マンガを交えて解説する。(2021/11/29)

SheepDog調べ:
「インボイス制度」の認知度 300人調査の結果は?
SheepDog(東京都品川区)は、全国の20〜30代の自営業者に「インボイス制度に関するアンケート」を行った。インボイス制度について「知らない」と答えた人は半数を超えた。(2021/11/18)

やっぱり紙で保存も可能に? 電子帳簿保存法、国税庁が懸念解消
2022年1月から施行される電子帳簿保存法。国税関係の書類の電子化を進めるための法律だが、その中の電子データで受け取った領収書については、紙で保存ではなく電子データのまま保存しなくてはいけないという項目が波紋を呼んでいる。単にデータとして保存するだけではなく、国税庁が求める検索要件などに対応しなくてはいけないからだ。(2021/11/18)

国税庁、年末調整控除申告書作成アプリの「2021年版」リリース Mac、iPhone、iPadに対応
国税庁の「年末調整控除申告書作成用ソフトウェア」が最新版に更新された。(2021/11/9)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
PDFがあるのに、紙の請求書は捨てちゃダメ? 電子帳簿保存法Q&A【追記あり】
電子メールで請求書のPDFが送られてきましたが、その後で紙の請求書も郵便で送られてきました。先に入手した請求書のPDFを正として電子的に保管し、紙の請求書は捨ててもいいでしょうか? 実は……(2021/11/8)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
賃金減少、日本の家計に世界的なインフレが直撃、「悪い円安」も追い討ち?
世界的なインフレの影響が、日本の家計に大きな打撃を与える可能性がある。需要によらない供給側の要因で起こる物価上昇は「コストプッシュインフレ」、通称「悪いインフレ」と呼ばれている。(2021/10/29)

「年末調整の電子化」を進める手順は? 改正ポイントも紹介【令和3年版】
ことしの税制改正では、昨年に引き続き年末調整の電子化に関する要件緩和が進められました。そこで、年末調整の電子化の手順を確認するとともに、ことしの改正ポイントを解説します。(2021/10/27)

紙で保存ができなくなる 改正電子帳簿保存法がもたらす、意外な落とし穴
2022年1月に、改正電子帳簿保存法が施行される。これは、これまで紙で保存されることが義務付けられていた税金関係の書類を、電子化して保存するための条件を緩和するものだ。DX花盛りの昨今、ペーパーレスを法律面からも後押しすることを狙っている。ところが、確かにペーパーレスが可能になる一方で、電子データの保存ルールには意外な落とし穴がある。(2021/10/27)

スピン経済の歩き方:
賃金は本当に上がるのか? 安いニッポンから抜け出せない、これだけの理由
選挙戦が盛り上がってきたが、ビジネスパーソンが気になるのは、やはり「賃上げ」だ。賃上げを達成するために、各政党は目玉政策を打ち出しているが、その中でひときわ目を引く「謎の政策」がある。それは……。(2021/10/26)

副業の容認は朗報か:
ビジネスマンの給料の減少が止まらない。副業に走るしかないのか?
先日、国税庁から2020年の給与所得の統計が公表されたが、2年連続のマイナスだという。ビジネスマンの給料の減少が止まらない。(2021/10/25)

自社だけでなく:
取引先の請求書を電子化させる交渉テクニック
自社でいくらペーパーレス化を進めても、取引先が対応していなければ、それに合わせて紙での対応を余儀なくされます。取引先の請求書を電子化させる交渉方法について考えます。(2021/10/20)

2年連続で減少:
民間の平均給与は433万円、コロナ禍で給料が上がった業種は?
国税庁が発表した「2020年分 民間給与実態統計調査結果」によると、ビジネスパーソンの平均給与額は433万円。業種別で見ると……。(2021/10/14)

「ITエンジニア年収実態調査2021」:
日本で「iOSエンジニアの年収が高い理由」とは initがITエンジニアの年収に関する調査結果を発表
initは「ITエンジニア年収実態調査2021」を発表した。iOSエンジニアが高い年収を得ている傾向があり、initは「iOSエンジニアはキャリアが浅くても稼ぎやすい職種だ」と分析する。(2021/10/12)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
立民「年収1000万円以下所得税ゼロ」 1番トクするのは高収入の独身ビジネスマン?
衆院選マニフェストの中でも目を引くのが、立憲民主党の掲げる「年収1000万円未満世帯の所得税免除措置」だ。立憲民主党の枝野代表は「経済を良くするには、分厚い中間層を取り戻し、あすの不安を小さくすることが大事」と発言しており、実現すれば家計の負担が減少すると巷でも歓迎する意見も散見される。(2021/10/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。