ニュース
» 2009年10月05日 07時40分 公開

Palm、「webOS 1.2.1」でiTunesとの同期機能を復活

Palmが「webOS 1.2」で断念したかにみえたiTunesとの同期機能を、数日後のマイナーアップデートで復活させた。

[ITmedia]

 米Palmは10月3日、同社製スマートフォンOSの新版「webOS 1.2.1」をリリースしたと発表した。

 この新版で、9月28日にリリースした「webOS 1.2」でのEAS(Exchange ActiveSync)の不具合の修正といったバグフィックスのほか、米Appleが音楽管理ソフト「iTunes 9.0.1」で遮断したiTunesライブラリとの同期機能を復活させた。

 PalmとAppleはwebOSによるiTunesとの同期機能をめぐり、ソフトのアップデートで遮断・復活の攻防を繰り返している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -