ニュース
» 2009年10月07日 12時10分 公開

HDE、中小向けメールセキュリティアプライアンスを投入

HDEは、ウイルス/スパム対策機能を持つ中小企業向けのメールセキュリティアプライアンス「tapirus Mi1000」を発売する。

[ITmedia]

 HDEは10月7日、メール環境にウイルス/スパム対策機能を提供する中小企業向けセキュリティアプライアンスの新製品「tapirus Mi1000」を、26日に発売すると発表した。

 同製品は、1日当たりのメール流量が約5万通規模の環境に最適化した。ウイルス検出エンジンにはエフセキュアを採用し、スパム検出エンジンにはspamassasinを同社が独自にチューニングして実装。SMTP接続時のフィルタリング、ウイルス検出、コンテンツフィルタリングの3段階でスパムメールをブロックする。

tapirus Mi1000

 本体は4分の1Uサイズの省スペース型デザインを採用し、1Uのスペースに最大4基を設置できる。CPUには「Intel Atom プロセッサ330」(1.60GHz)を搭載して低消費電力化を図った。複数ドメインでの運用や冗長化構成、SMTP-AUTHやSSL/TSL接続を利用した運用にも対応する。

 価格は49万8000円(初年度サポート費、定義ファイル更新費込み)で、次年度以降のサポート更新費は1年分パックが18万9000円、3年分パックが56万7000円、5年分パックが94万5000円となる。

 同社では初年度300台の販売を見込んでいる。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

メールセキュリティ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -