ニュース
» 2009年10月08日 08時27分 公開

携帯版ワンクリック詐欺? SMSで知らないうちに有償サービスに

SMSを使ってユーザーをだまし、プレミアムレートのサービスに加入させる手口がフィンランドで見つかった。

[ITmedia]

 フィンランドのセキュリティ企業F-Secureは、携帯電話のショートメッセージーサービス(SMS)を使ってユーザーをだまし、プレミアムレートのサービスに加入させる手口が見つかったと伝えた。

 問題のSMSはヘルシンキの研究者に届いたもので、フィンランド語で「ビデオメッセージです」というメッセージに続いてリンクが記載されていた。

 リンクをクリックして表示される画面はYoutube風の「Mobile Tube」というサービスの宣伝になっており、一見すると単純なスパムと思い込んでしまう。しかし画面の一番下までたどっていくと「プレミアムレートサービスを受け入れました」と記した文言があるという。

YouTubeに似せたサイト(左)を見ただけで、有料サービスに加入したと強引に主張する。日本のワンクリック詐欺に似た手口だ(F-Secureより)

 この手口はユーザーがWAPアクセスポイントを有効にしている場合に成立し、ユーザーがリンクをクリックして問題のWebサイトを閲覧しただけで、だます側は必要な情報が取得できてしまうという。

 こうした手口は過去にフィンランド語以外でも報告されており、たとえSMSで身に覚えのないSMSを受け取ったら、リンクをクリックすることなく削除した方がいいとF-Secureは呼び掛けている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -