ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SMS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Short Message Service

関連キーワード

2段階認証すら突破する場合も フィッシング詐欺から身を守るには? NTTドコモに聞く
携帯キャリアや宅配業者を装った、身に覚えのないSMSやメールが届いたことがある、という人は多いだろう。個人情報を盗まれてアカウントを乗っ取られたり、不正なアプリをインスールしたりする恐れがある。こうした「フィッシング詐欺」で被害に遭わないための対策をNTTドコモに聞いた。(2021/11/26)

オーストラリアで一般化した処方箋の完全電子化【後編】
「電子処方箋」が抱えていた「SMS送信」管理問題とは? どう解決したのか
電子処方箋のSMS送信は患者や医師、薬剤師の利便性を高める一方、複数の処方箋を利用する患者にとって管理が煩雑になる課題があった。この問題を解決するために、ベンダーはどう取り組んだのか。(2021/11/4)

「HUAWEI WATCH 3」、アップデートで手洗い検出やSMS返信が可能に
ファーウェイ・ジャパンは、スマートウォッチ「HUAWEI WATCH 3」のアップデートを実施。手洗い検出機能やSMSメッセージ返信機能への対応、有料の文字盤の5分間無料トライアルなどが行えるようになる。(2021/10/28)

オーストラリアで一般化した処方箋の完全電子化【中編】
「電子処方箋」交換サービスがTwilioのAPIを採用した理由 「SMS品質」が鍵に
オーストラリアが電子処方箋制度を開始する際、そのシステムの開発を手掛けたベンダーは、電子処方箋の交換手法としてTwilioのコミュニケーションAPIを採用した。その理由は。(2021/10/28)

ソフトバンク装うSMSに注意 意図しない機種変更のおそれも
ソフトバンク/ワイモバイルを装うSMSが届いたという事例が報告されているとし、ユーザーに注意呼び掛け。意図しない住所変更や機種変更が行われる可能性があるという。(2021/10/4)

ドコモオンラインショップでギフトカードの不正購入 約1億円の被害
NTTドコモは、フィッシングSMSに記載したURLのリンク先から「NTTセキュリティ」などを装った不正なアプリのインストールを促し、悪意のある第三者による決済の発生について注意喚起を行った。(2021/10/4)

ドコモを名乗るSMSで1億円被害、全額補償へ ドコモオンラインショップでiTunesカードなどの販売を一時停止
NTTドコモは、同社の名乗るフィッシングSMSにより詐欺被害が起きたと発表。被害金額は約1億円、被害人数は約1200人。ドコモオンラインショップでの「App Store & iTunesギフトカード」などの不正購入が確認されたという。対象者には全額補償する。(2021/10/4)

「フィッシングサイトの独自ドメインは無料サービスで作成されたものが多い」:
偽SMSを送ってくるドメインの上位は何? デジタルアーツがフィッシングサイトで使われるドメイン名を分析
デジタルアーツは、フィッシングサイトのドメイン名に関するレポートを公開した。2021年上半期に収集した国内外のフィッシングサイトのドメイン名に頻出する文字列で、最も多かったのは「amazon」だった。(2021/9/24)

石野純也のMobile Eye:
MVNOに開放された「+メッセージ」 それでも課題は山積、打倒LINEは遠い?
ドコモ、au、ソフトバンクの大手3キャリアが合同で提供する「+メッセージ」が、UQ mobileとY!mobile、そしてMVNOに提供される。SMSやMMSの進化版として順調に規模を拡大しているが、課題も多い。現状の+メッセージは非常にシンプルなメッセージのやりとりだけとどまっており、コミュニケーションを起点にしたサービスの拡充が遅れている。(2021/9/4)

楽天モバイル、月額1100円の10分通話かけ放題サービスを提供
楽天モバイルは、OS標準アプリを使った1回10分以内の国内通話とSMS送信が使い放題になるオプションサービス「10分(標準)通話かけ放題」を提供開始。利用料金は月額1100円(税込み)。(2021/8/27)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia 1 III」が一番安いキャリアは?/最近フィッシング目的のメールやSMSが多い件
7月9日、ソニー製スマートフォン「Xperia 1 III」がNTTドコモ、au、ソフトバンクから発売されました。ミリ波対応と高性能なカメラを備えるせいか、価格は高め。少しでも安く買いたい場合、どのキャリアがいいのか迷いますよね……。(2021/7/14)

「皆様お気をつけ下さい」シャンプーハットこいで、フィッシング詐欺被害に クレカ停止でからくも対応
SMSには注意。(2021/6/29)

携帯3社、企業向けSMS番号を共通化 個人への案内番号を1本に
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは企業が使うSMS番号を共通化すると発表。個人ユーザーの契約キャリアに関係なく同じ番号で企業に返信や問い合わせができるという。(2021/6/28)

携帯各社、企業のSMS番号を共通化 双方向コミュニケーションが容易に
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクは、個人ユーザーが企業とSMSを送受信するために利用する番号の共通化を発表。6月28日から順次提供し、楽天モバイルも本共通化への参画を検討するという。(2021/6/28)

大阪・寝屋川市、スマホなどのSMSで納税催促
大阪府寝屋川市は6月からSMSを使った納税の催促を始めた。納付期限を過ぎると発信され、督促状を送る前の自主納付を促す。「郵便物は目にするのが遅れる方もおり、気づきやすいSMSで納付をお願いしたい」という。(2021/6/24)

“ニセSMS”にご注意! ワクチン予約を偽る手口、半年で被害5億円超
身に覚えのない荷物の配達や、銀行を装った不審なSMS(ショートメッセージサービス)が携帯電話に届いた経験のある人も少なくないはずだ。最近では新型コロナワクチンの予約を偽るSMSもばらまかれているという。個人情報を流出させるフィッシング詐欺の手口も多く、2020年の半年間だけで5億円超の被害が出ている。(2021/6/18)

メルぺイ、一部加盟店での決済を停止 フィッシングメール急増で不正ログインが発生
メルカリが、モバイル決済サービス「メルペイ」を使った一部加盟店での支払いを停止。同社をかたるフィッシングメールやSMSが急増し、ユーザーのメルペイアカウントにログインされて残高を不正利用される例を確認したことから、被害の拡大を抑えるためとしている。(2021/6/8)

半径300メートルのIT:
ワクチン接種を装った偽のSMSが流行中 “あえてガラケーがいい”という人たちに情報を伝えるには
COVID-19のワクチン接種を装った偽のSMSが出回っています。最新のトレンドをテーマとしたフィッシング詐欺への対策としては、情報共有が非常に重要になってきますが、中高年世代の中には“ガラケー”一筋の方もいます。情報格差を是正するために私たちはどうすればいいのでしょうか。(2021/6/1)

「ワクチン接種予約受付中、アプリインストールして」──正体は偽SMS トレンドマイクロが注意喚起
トレンドマイクロはコロナワクチンの接種予約を装った偽のSMSを確認したとして、自社の公式サイトで注意を呼び掛けた。(2021/5/28)

偽のワクチン接種案内がSMSで トレンドマイクロが注意喚起
トレンドマイクロが、新型コロナウイルスのワクチン接種予約を装う偽のSMSを確認。メッセージ内のURLリンクから不正サイトへ誘導されないよう呼び掛けている。(2021/5/28)

ドコモをかたるフィッシングメールやSMSに注意 「dアカウント」のID・パスワードを窃取
フィッシング対策協議会が、NTTドコモをかたるフィッシングメールやSMSを確認したとして注意を呼び掛けた。電話料金や商品発送の案内を偽り、本文中のリンクから偽サイトに誘導するという。(2021/5/27)

小学校教員がSMSフィッシング被害に 学級名簿などを保存したクラウドストレージの個人アカウントが奪われる
大阪教育大学が、附属小学校の教員1人がスミッシングの被害に遭い、同教員が私的に契約するクラウドストレージ内に保存していた個人情報約3900件が第三者から閲覧可能な状態にあると発表。教員は情報管理のルールを守らず、情報を私的なクラウドストレージに保存していた。(2021/5/24)

半径300メートルのIT:
用意周到になるスミッシング詐欺 企業と利用者はSMSとの付き合い方を考えよう
SMSを悪用したフィッシング詐欺で新たな手法が注目を集めています。市場の動向を取り入れたと思われるこの手口はもはや“ビジネス”と呼べるほど用意周到です。SMSの利用者や、サービスの仕組みにSMSを導入したい企業はどのように対策を講じていけばいいのでしょうか。(2021/5/18)

技術的都合で:
iPhone版「Rakuten Link」アプリが6月15日から仕様変更 アプリを使わない相手との電話やSMSに注意
iPhone(iOS)版の「Rakuten Link」アプリが、6月15日から仕様変更されることになった。同アプリを使っていない電話からの着信やSMSの送受信に、同アプリを利用できなくなる。海外で利用する場合の仕様にも変更がある。(2021/5/13)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
Nokiaが世界を制した時代から中国メーカーの台頭まで 海外のモバイル業界20年を振り返る
今から約20年前、日本人がiモードなど携帯インターネットを活用しはじめていたころ、海外では携帯電話といえば通話とSMSの道具だった。しかしその後すぐに黎明(れいめい)期のスマートフォンが次々と登場。2007年にiPhoneが出てくるとスマートフォンの時代となり、海外の端末メーカーの躍進が始まった。(2021/5/7)

履歴確認はキャリアフリー:
事前登録した地域の災害・避難情報をSMSで通知 ドコモが6月から「どこでも災害・避難情報」を提供
NTTドコモが、エリアメール(災害・避難情報)の配信通知をSMSで行うサービスを開始する。遠隔地での配信を受け取る設定を行うことで、遠くに住む家族や親戚にも災害の発生や避難勧告/命令を伝えられるようになる。(2021/4/27)

半径300メートルのIT:
「SMS認証」の穴を突く“代行サービス”が流行中 問われる利用者のITリテラシー
本人確認の手段として近年採用が進む「SMS認証」ですが、この穴を突く“代行サービス”が流行しています。トラストを前提としたこの認証方法では、利用者のITリテラシーが大きく影響します。私たちは基本的な対策として何から始めればよいのでしょうか。(2021/4/27)

「メール」を顧客応対に生かすヒント【前編】
チャット全盛時代でも「メール」がいまだに使われ続ける理由
チャットやSMSなどコミュニケーション手段は多様化している。一方で顧客からの問い合わせ手段として、コールセンターの間でいまだに広く使われている手段がメールだ。なぜメールが使われるのか。(2021/3/30)

PR:あると便利なSMS、手軽かつ「安全」に実装するには? あるベンダーが出した答え
店舗などでの順番待ちの連絡やユーザー認証といった「手軽に済ませたいけれど、高い機密性も必要」なやりとりの手段としてSMSがある。だが、SMS機能を既存システムに実装しようとすると、意外にハードルが高い。SMS機能の迅速な実装や運用管理負担の軽減には何が必要なのか。(2021/3/30)

詐欺SMSが急増1.7倍に コロナに便乗し宅配便装う
全世界で迷惑電話対策アプリ「Whoscall」を提供するGogolook(台湾)が集めたデータによると、2020年の世界の詐欺電話の件数は過去最高となった。中でも詐欺SMSによる被害が顕著だ。(2021/2/10)

「本人確認」「認証」以外にも役立つ
「電話に出てもらえない」「メールを読んでもらえない」を解決するSMS活用法
顧客や取引相手とのやりとりにおける「電話がつながらない」「メールを読んでもらえない」といった事態は、連絡業務の負荷を大きくする。SMSならこうした課題を解決できる可能性がある。「本人確認」だけではない、SMSの新しい使い道とは。(2021/2/1)

ドコモ、宅配事業者の不在通知や銀行を装ったSMSへ注意喚起
NTTドコモは、宅配事業者の不在通知や銀行などを装ったSMSへ注意喚起。記載されたURLのリンク先で不審なアプリのインストールを促すケースや、個人情報の入力を促されるケースなどが確認されている。(2021/1/26)

宅配業者かたる詐欺SMS出回る 「dアカウント」の偽ログイン画面に誘導 ドコモが注意喚起
宅配業者や銀行をかたる不審なSMSを確認したとして、NTTドコモが注意を呼び掛けた。「dアカウント」のログインページに似た偽サイトに遷移し、個人情報の入力を求められるという。(2021/1/25)

営業のデジタル販促 反応をヒートマップですぐに可視化 富士通の新ツール
富士通は、メールやSMS、メッセージングアプリなどのデジタルチャネルを通じて送付した販促物に対する顧客のコンテンツ閲覧状況を可視化、分析する新サービス「Finplex eXgrow」を提供開始した。顧客の興味を可視化し、デジタルな非対面営業を支援する。(2021/1/19)

半径300メートルのIT:
全てを「見抜く」のも限界…… フィッシング詐欺を防ぐ「正しい怖がり方」
SMSや電話を利用したフィッシング詐欺の手口は、ますます巧妙化しています。こうした詐欺を全て「見抜く」ことが困難になってきたからといって、全てのWebサイトや電話を怪しむ状態は健全とは言い難いでしょう。今回は対策の一つとして「正しく怖がる」ことを提案します。(2021/1/19)

消費者金融や暗号資産事業者を装うフィッシング詐欺が多発 SMSを使い偽サイトに誘導
日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が、消費者金融や暗号資産事業者を装ったフィッシング詐欺や偽サイトが11月以降に確認されているとして注意喚起を促すレポートを公開した。(2016/12/8)

Amazonかたる詐欺SMSに注意 「Amazonがロックされました」「異常ログインの可能性があります」など
Amazonをかたる詐欺SMSが増加しているとして、フィッシング対策協会が注意喚起。Amazonのアカウントに支払いの問題や不正なログインがあると偽り、文中のリンクから偽サイトに誘導するという。(2020/11/27)

ドコモ回線未契約者の「ドコモ口座」「d払い」の利用に携帯電話番号登録を必須化 11月26日から
NTTドコモが、同社の携帯電話回線を契約していない「ドコモ口座」「d払い」ユーザーに対して、連絡先携帯電話番号の登録を必須化する。SMSを受信できる11桁の携帯電話番号を「dアカウント」サイトから登録する必要がある。(2020/11/16)

LINEモバイル、データ容量512MBを最大12カ月間プレゼントするキャンペーン
LINEモバイルは、データ容量512MBを最大12カ月間プレゼントする「データSIM限定約2倍増量キャンペーン」開催。対象はデータSIM(SMS付き)/500MBの「ベーシックプラン」を新規またはプラン変更で契約し、課金開始日を迎えたユーザー。(2020/11/13)

偽のChromeアプリをインストールさせる不審なSMS、ソフトバンクが注意喚起
ソフトバンクが、配送業者などを装った不審なメールやSMSについて注意喚起。本文に記載されているURLへアクセスして表示された指示に従うと偽のChromeアプリがインストールされるという。(2020/10/7)

ニセモノ「Google Chrome」アプリに誘導、配送業者かたる詐欺メールから ソフトバンクが注意喚起
配送業者などを装ったメールやSMSに記載されたURLにアクセスすると、「Google Chrome」の偽アプリがインストールされる事象が発生しているとして、ソフトバンクが注意を呼び掛けている。(2020/10/5)

「ウイルスバスター」最新版が発売 フィッシング・詐欺SMS対策を強化
トレンドマイクロは、総合セキュリティソフト「ウイルスバスター」シリーズの最新版を発売。正規サイトと比較してフィッシングサイトを検知する機能を新搭載し、SMSで受信したメッセージの特徴を解析して詐欺SMSを検知する仕組みも備える。(2020/9/3)

SMSで届く詐欺メッセージ「スミッシング」被害が右肩上がりに その巧妙な手口とは
SMSを使ったフィッシング詐欺「スミッシング」の被害が右肩上がりで増えている。セキュリティ対策がほぼないSMSの弱みとマルウェアなどによる攻撃が組み合わさり、手口が巧妙化しているという。(2020/9/1)

IIJmioがau回線で「従量制プラン」を提供開始 1GB 480円〜、低容量ユーザー向け
IIJが、au回線向けに「従量制プラン」を提供開始した。料金はデータ+SMSの場合、1GBまでが月額480円。3GB以降は1GBあたり200円が加算される。毎月のデータ容量が少ない人や、月によってムラがある人をターゲットとしている。(2020/8/20)

オンライン即売会「pictSQUARE」、スパム送信疑惑を否定 SMS送信代行会社の番号が誤解の種に
pictSQUAREが認証コードの送信に利用していたSMS送信代行会社が、スパム業者にも使われていたことから誤解が生じていました。(2020/8/18)

半径300メートルのIT:
「URLが書いてあったら詐欺だと思え」はニューノーマル時代の新マナーか
接触確認アプリ「COCOA」の利用を促すSMSが届きました。親切に誘導するのであればメッセージにアプリインストールへのURLを記載していそうなところ、案内には「アプリストアで検索してインストールしてください」と書いてあるのみ。しかし、これはセキュリティ対策としては非常にまっとうな対応なのです。(2020/8/4)

PayPay、SMS認証機能を強化 数字+アルファベットの組み合わせで判別
PayPayは、6月24日にSMS認証機能を強化。SMSで送られる4桁の認証コードの前に2文字の無作為のアルファベットが付いており、見比べればフィッシングサイトなどの入力画面かどうか判別できる。(2020/6/24)

PayPay、SMS認証を「アルファベット2文字+数字4ケタ」に 特許出願中
「PayPay」は、SMS認証の認証コードを、アルファベット2文字と数字4ケタの組み合わせに変えた。数字だけの認証コードよりセキュリティを強化でき、SMS認証を悪用した詐欺などの防止につながるとしている。(2020/6/24)

PR:新システムの開発は不要 顧客とのやりとりにSMSやSNS、チャットを“シンプルに”導入できるソリューションとは
企業と消費者とのやりとりが急速にデジタル化している。スマートフォンで受け取れるSMSやチャット、SNSなど、さまざまなチャネルをうまく使い分けて消費者にアプローチするために、企業は何をすればよいのか。(2020/5/28)

スマホだけで事前決済できる「サキペイ」提供開始 初期費用0円キャンペーンも
アルファノートは、4月20日に決済サービス「サキペイ」を提供開始。SMSを活用して事前に支払いを行うため、専用端末やインターネット環境を所有していなくても利用できる。初期費用・月額費用の0円キャンペーンも行う。(2020/4/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。