ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SMS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Short Message Service

日本通信とドコモが音声相互接続で合意 MVNOが「ネオキャリア」になって実現することは?
日本通信とNTTドコモが2月13日、音声通信網とSMS網の相互接続で合意した。これにより、MVNOである日本通信と、そのユーザーがどのような恩恵を受けられるのか。翌14日の会見で、代表取締役会長の三田聖二氏と、代表取締役社長の福田尚久氏が説明した。(2024/2/14)

日本通信、ドコモと音声相互接続で合意 2026年5月に新サービス提供へ
日本通信が2月13日、NTTドコモと音声通信網とSMS網の相互接続について合意したことを発表した。同社は2022年6月、ドコモに対して音声通信網との相互接続を申し入れていた。ドコモとの音声通信網とSMS網の相互接続に基づく新サービスを、2026年5月24日に提供開始予定。(2024/2/14)

「お客様の口座が凍結されました」ゆうちょ銀行かたるフィッシングメールに注意
「ゆうちょダイレクト」をかたり、口座番号やログインパスワードなどを入力させようとするフィッシングメールやSMSが流通していると注意喚起。(2024/2/7)

メルカリ、全ログインにパスワードレスの生体認証「パスキー」導入
メルカリは、フリマサービス「メルカリ」へのログイン時にパスワードレスの生体認証機能「パスキー」を導入。電話番号認証と比べてSMSを待たなくていい、入力の手間がないため失敗しにくいなどのメリットがある。(2024/1/29)

天国の愛猫からスマホに「またな」とメッセージ 悲しみに暮れる飼い主に届いた愛のSMSに心あたたまる
「ペットロスとの寄り添い方」第23回は猫・にゃ〜子ちゃんです。(2023/12/22)

KDDIの通信障害が楽天モバイルにも影響 西日本エリアの一部でデータ通信と通話が利用できないか、しづらい状況に【回復済み】
楽天モバイルが、KDDI携帯電話サービスの通信障害の影響を受けている。西日本エリアのパートナーエリア(au 4G LTEエリア)にローミングしているMNO回線サービスと、au回線を利用するMVNOサービスでデータ通信や通話/SMSが利用できないか、しづらい状況だ。【更新】(2023/12/11)

【復旧】KDDI、西日本で大規模障害 通話やデータ通信困難に au、UQ、povoなど
KDDIは11日朝、西日本エリアで、携帯電話の音声通話やデータ通信、SMSなどが利用できなかったり、利用しづらい状況になっていると発表した。約3時間で復旧した。(2023/12/11)

トビラシステムズ、特殊詐欺/フィッシング詐欺の独自調査レポートを公開 宅配事業者をかたるSMS文面が約9割に
トビラシステムズが、特殊詐欺/フィッシング詐欺に関する独自調査レポートを公開した。国際電話番号を利用した特殊詐欺が増加し、フィッシング詐欺のSMSは宅配事業者をかたる手口が89.1%を占めたという。(2023/11/29)

Apple、“次世代SMS”こと「RCS」に対応へ 24年後半に 「iMessage」は並行して提供
米Appleが、ショートメッセージサービス(SMS)の後継規格とされている「RCS」(Rich Communication Services)をサポートすると発表したと、米9to5Macなどが報じた。(2023/11/20)

Apple、iPhoneで2024年にRCSをサポートへ(iMessageは存続)
Appleは2024年にRCSをサポートすると米メディア9to5Macに語った。iPhoneのSMSとMMSがRCSになれば、Androidユーザーとのメッセージングで既読や入力インジケータなどの機能が可能になる。(2023/11/17)

SMSでChatGPTが利用可能に 「AIチャットくん」がソフトバンクやY!mobile向けに提供
piconは、ChatGPTのAPIを利用したLINE bot「AIチャットくん」のSMS版を提供開始。電話番号「255000」にSMSを送信すれば利用でき、サービス対象はソフトバンク、Y!mobile、LINEMOのユーザー。(2023/11/14)

海で使うIT:
auスマホとStarlinkとの“直接通信”は使い物になる? 海上での「緊急通報」を考える
提携先のSpaceXが「Starlink」用に打ち上げる低軌道人工衛星を活用して、KDDIが4G LTE携帯電話との“直接通信”サービスを2024年から提供する。まずSMSの送受信から開始されるのだが、遭難時(特に海上での遭難時)の緊急通報で使う際に考えられる課題について考察してみたい。(2023/10/25)

セキュリティニュースアラート:
「SMSは40年前の時代遅れの技術」 Googleがセキュリティを問題視
GoogleはSMSを40年前の時代遅れの技術でセキュリティ的に問題があると指摘し、より安全なリッチコミュニケーションサービス(RCS)への移行を提案している。(2023/10/2)

ドコモ、衛星電話サービス「ワイドスターIII」10月11日から提供 月額1万450円から
NTTドコモは、10月11日から衛星電話サービス「ワイドスターIII」を提供開始。タイプMプランは無料通話/SMS分2200円を含む月額基本使用料1万450円(税込み)から利用できる。(2023/9/20)

「放射性物質を治療する新薬開発中」 不審なSMS出回る 処理水放出に便乗か
福島第一原発の処理水放出に便乗した不審なショートメッセージを確認したとして、トビラシステムズ注意を呼び掛けた。製薬企業をかたって「核放射線の予防」(原文ママ)に効果があるとうたう薬品の購入サイトのようなページに誘導。個人情報の入力などを促すという。(2023/9/7)

石野純也のMobile Eye:
実現が見えてきた“スマホと衛星の直接通信” 国内最速はKDDIか楽天モバイルか?
KDDIがSpaceXのStarlinkを活用し、2024年内に衛星とスマートフォンの「直接通信」を開始することを宣言した。当初はSMSなどのメッセージングサービスに対応し、その後、時期は未定だが音声通話やデータ通信も利用可能になる。国内外のキャリア各社は衛星通信の採用に積極的だが、真価を発揮するには1年以上は時間がかかる。(2023/9/2)

auスマホとStarlinkの直接通信、なぜSMSから? UQ mobileやpovoも対象?
KDDIは8月30日、米スペースXと提携し、auで「スマホと衛星の直接通信サービス」を2024年内に提供すると発表した。発表会終了後、KDDI松田浩路氏とスペースXのTom Ochinero氏が囲み取材に応えた。直接通信はなぜSMSからスタートするのか。(2023/8/30)

KDDIの法人向けSMS配信用共通番号に楽天モバイルを追加 迷惑SMS対策を強化
KDDIとSupershipは、共同運営する法人向けメッセージ配信サービス「KDDI Message Cast」のSMS送信用共通番号へ楽天モバイルを追加。今後、SMS受信用共通番号にも追加となる予定だ。(2023/8/8)

Innovative Tech:
SMSを送って相手の位置を特定するサイバー攻撃 スマホ持つ全ユーザーに到達可能 米研究者らが開発
米ノースイースタン大学などに所属する研究者らは、SMS(Short Message Service)を送ることで相手のスマートフォンの位置を特定するサイドチャネル攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/8/7)

楽天モバイルユーザーなら、PCで通話・SMS送受信できるように 「Rakuten Link」にデスクトップ版
楽天モバイルの通話・SMS送受信アプリ「Rakuten Link」に、デスクトップアプリのβ版が登場した。モバイルプラン「Rakuten最強プラン」ユーザーであれば、音声通話やSMSの送受信がPCから利用できる。(2023/8/2)

発表から約3年弱で:
PCから国内通話やSMS送受信を行える「Rakuten Link デスクトップ版」がついに登場 ただしβ版
楽天モバイルは、PCから「Rakuten Link」を利用できるアプリの提供を開始した。WindowsとmacOSの両方に対応しているが、現時点ではあくまでも「β版」としての提供で、同サービスを利用できる楽天モバイル回線の契約が必要だ。(2023/8/2)

povo2.0、海外ローミングに対応へ 提供は160カ国以上 Wi-Fiなしでも現地でトッピングが買える
KDDIは、オンライン専用プラン「povo2.0」において、海外ローミングを20日から始める。160以上の国・地域で、音声通話/SMS/データ通信(8月1日提供)が利用できるという。なお、ユーザーには順次提供としており、8月9日までに全ユーザーに開放する。(2023/7/19)

povo2.0が海外ローミングに対応 0.5GBで640円(24時間)から
KDDIと沖縄セルラー電話は7月20日から順次、povo2.0で「海外ローミング」を提供する。これにより音声通話とSMSを200以上の国と地域で、データ通信を160以上の国と地域で利用可能になる。(2023/7/19)

Rakuten Linkで発信ができなくなる? 楽天モバイルがアプリのアップデートを呼びかけ
楽天モバイルは通話アプリ「Rakuten Link」のユーザーに対して、アプリのアップデートを呼びかけている。アプリのバージョンが古いと、発信ができなくなるという。Rakuten LinkはRakuten Link同士での通話やSMSなどが無料で利用できるアプリだ。(2023/7/15)

NUROモバイル、ドコモ回線でeSIMを提供 音声SIMのMNPは後日
モバイル通信サービス「NUROモバイル」がeSIMを提供開始。NTTドコモ回線の音声通話付きSIM(新規)、データ通信+SMS SIM、データ通信専用SIMで対応し、音声通話付きSIMのMNPは今後対応となる予定だ。(2023/6/29)

Tech TIPS:
Windows 11の「スマートフォン連携」で仕事中はPCに全集中
PCの作業に集中していると、スマートフォンに届いたSMSやかかってきた電話に気付かないことがある。また、SMSの確認や通話のためにスマートフォンを取り出すのが面倒なことも多い。このような場合、Windows 11の「スマートフォン連携」を設定していると、Windows 11上でSMSや通話の送受信が可能になり便利だ。「スマートフォン連携」の設定方法を紹介しよう。(2023/6/16)

PayPay、認証用QRコードで“安全なアカウント引き継ぎ”が可能に
PayPayは、旧端末に表示される認証用のQRコードを新端末で読み込むとアカウントを引き継ぎできる新たな認証機能を提供開始。機種変更時はSMSで送られてくるURLをタップすると認証が完了する。(2023/6/6)

Whoscall、不審なURLの危険度を判別する「URLスキャン」機能を提供
迷惑電話/SMS対策アプリ「Whoscall」は、不審なURLの危険度を判別してフィッシング詐欺被害を防ぐ「URLスキャン」機能を提供開始。不審なURLを入力すると「危険」「疑わしい」「安全」などリスクレベル別に結果が判定される。(2023/5/29)

携帯電話に届く迷惑SMS、未然に防ぐには? 4キャリア/MVNOでの対策方法
携帯電話に届く迷惑SMS、皆さんはどう対処しているだろうか。キャリアやMVNOで拒否する方法はあるのか。ない場合はどうすべきか、対処法をまとめた。(2023/5/20)

小学館の取締役、フィッシング詐欺に遭い個人情報を漏えい
小学館の取締役が使用する会社貸与スマートフォンから個人情報が漏えいした。取締役がSMSフィッシング詐欺に遭ったためとみられる。(2023/4/28)

小学館で情報漏えいか 取締役が偽不在通知SMSにだまされパスワード入力
小学館が、同社取締役の社用スマートフォンから302人分の個人情報が漏えいした可能性があるとして謝罪した。宅配業者からの不在通知を装ったSMSメッセージを本物だと思い、アカウント情報を入力したところ、スマホ内の情報に不正アクセスされたとしている。(2023/4/26)

「MVNOへの電話番号割り当て」で何が変わる? 格安SIMの機能拡張につながるが、課題も
1月20日に、MVNOへの電話番号割り当てを可能にする「電気通信事業法施行規則」などの一部改正が決まった。一方で、現状でも、MVNOで音声通話やSMSなどのやりとりに、電話番号は利用できる。MVNO自身に割り当てられることで、どのような変化があるのか、MVNO委員会に聞いた。(2023/4/13)

総務省をかたるフィッシング詐欺に注意 不正アプリインストールなどの恐れ
総務省は「住民税等お支払いサイト」といったフィッシングサイトへ誘導するSMSへ注意喚起。個人情報を入力せず、各都道府県警察に設けている「フィッシング110番」から、フィッシング報告専用窓口に通報するよう呼び掛けている。(2023/4/7)

総務省かたるフィッシング詐欺 SMSで督促状送りVプリカで支払い求める
総務省をかたるフィッシング詐欺事案が見つかった。SMSで「住民税等お支払いサイト」に誘導し、支払いを求める手口だが、総務省ではそのようなサイトを設置していない。(2023/4/5)

Twitterの「SMS認証」3月19日に終了 まだ解除してない無料ユーザーは早めの変更を
米Twitterが2月に発表した、SMSを使った2要素認証をサブスクリプションサービス「Twitter Blue」ユーザー限定にする措置。同社は無料ユーザーに対し設定を削除するようにアプリ内で案内していたが、その期限が迫っている。(2023/3/19)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「SMS送信サービスによる書類送付業務」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/3/8)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「法人向けSMS送信サービスを活用した書類送付業務のDX化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/3/8)

エキサイトモバイル、段階制「Fitプラン」の3GBプランを690円に値下げ
格安SIMサービス「エキサイトモバイル」は、Fitプランの料金を改定。3GBまで音声通話、SMS、データいずれも月額料金を690円(税込み)とする。これに合わせて、2つの新規申込キャンペーンも開催する。(2023/3/3)

半径300メートルのIT:
Twitterが二要素認証の仕様を変更 これって「アリ」か「ナシ」か?
Twitterは二要素認証の仕様を変更し、SMSを利用した二要素認証を有料ユーザーの「Twitter Blue」だけが利用可能にする旨をアナウンスしました。この変更の「アリ」な部分と「ナシ」な部分を考えてみましょう。(2023/2/21)

Twitter、SMSによる2FAはBlueユーザーのみに変更 非Blueユーザーは3月20日に無効に
Twitterは、SMSによる2要素認証を有料サービス「Twitter Blue」の特権機能に変更した。非Blue会員は新規に設定できなくなっている。SMSを利用している非Blue会員は3月20日から使えなくなる。(2023/2/18)

楽天モバイル、法人プラン登場 国内通話かけ放題+30GBで月3058円のプランも
楽天モバイルが法人向けモバイル通信サービス「楽天モバイル法人プラン」の提供を開始した。専用アプリを使えば、国内通話かけ放題、SMSが無料で利用可能になる。海外でも、国内への通話とSMSが無料だ。料金は月額2178円から。(2023/1/30)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
生誕30年のSMS(ショートメッセージ)、今どれだけ使われている? 
SMS(ショートメッセージサービス)、皆さんは使っていますか。今回は、ショートメッセージの送信数の歴史を、データとともに振り返ります。(2023/1/13)

PayPayカード、生体認証でクレジットカード番号やセキュリティコードを確認可能に
PayPayカードは、クレジットカード番号やセキュリティコードなどの確認に生体認証(Face ID/Touch ID)を導入。従来行っていたミニアプリ「PayPayあと払い」を開き、都度のSMS認証が不要となる。(2023/1/12)

楽天モバイル、企業のSMS送信番号の共通化に参画 キャリア4社が対応
楽天モバイルは、1月10日に個人ユーザーと企業のSMS送受信番号の共通化へ参画。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクに続きキャリア4社が対応する。(2023/1/10)

ヤマト運輸装う偽の不在通知に注意 「SMSでの不在連絡は行っていない」
ヤマト運輸を装う迷惑メールやSMSなどが出回っているとし、Twitterなどで同社が改めて注意を呼び掛けている。(2023/1/5)

トビラシステムズ調べ:
SMSフィッシング詐欺手口、2位は「通信事業者を装う」 1位は?
トビラシステムズは、独自の迷惑情報データベースをもとに集計した2022年のスミッシングトレンドワードと、手口のランキングを発表した。スミッシングとは「SMS」と「フィッシング」を組み合わせた造語で、SMSを用いたフィッシング詐欺を指す。スミッシング件数は前年比の約2倍になり、通信事業者や国税庁を装う手口が増加している。(2023/1/6)

IIJ、KDDI回線の個人/法人サービスで「迷惑SMSブロック」機能を2023年2月に追加
インターネットイニシアティブは12月20日、KDDI回線を利用したMVNOサービスにて「迷惑SMSブロック」機能を追加すると発表した。提供開始時期は2023年2月。申し込みは不要で、利用料金は無料となる。(2022/12/20)

KDDI、不審なSMSを受信前に防ぐ「迷惑SMSブロック」2023年2月に提供予定
KDDIは、不審なSMSを自動で検知してユーザーの受信前に自動ブロックする「迷惑SMSブロック」を2023年2月に提供予定。au、UQ mobile、povoのユーザーが対象で、自動で本機能が適用される。(2022/11/29)

迷惑SMSを専用フォルダへ自動振り分け ドコモが「あんしんセキュリティ(迷惑SMS対策)」提供
NTTドコモは、10月27日に「あんしんセキュリティ(迷惑SMS対策)」を提供開始。フィッシング詐欺などの可能性がある迷惑SMSを専用フォルダへ自動で振り分ける。利用料金は月額220円(税込み)で、初回60日間は無料で利用可能だ。(2022/10/27)

警察庁かたる偽SMS 「マルウェア検出」と嘘の表示、偽アプリ「警察庁セキュリティ無料版」DLさせる
警察庁をかたる偽SMSが出回っているとして注意を呼び掛けた。国税庁を装うフィッシングサイトや、「警察庁セキュリティ無料版」と称する偽アプリのインストールさせるサイトに誘導される。(2022/10/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。