ニュース
» 2009年10月08日 17時29分 公開

カットオーバー前にWebの脆弱性を検査、SSTが新サービス

セキュアスカイ・テクノロジーは、カットオーバー前のWebサイトを対象に最短2日で脆弱性を診断するサービスを始めた。

[ITmedia]

 セキュアスカイ・テクノロジーは10月8日、カットオーバー前のWebサイトを対象に最短2日で脆弱性を診断するサービス「エクスプレス診断サービス」を始めた。

 同サービスは認証やコマンドの実行、情報公開など6分野22項目について、公開前サイトに脆弱性が存在していないかを検査する。診断結果は報告書で提出し、オプションでオンサイトでの説明会も実施する。

 診断料金は40万円(税別)で、中程度以上と判断した脆弱性の再検査は無料で行う。同社では年間約100サイトの脆弱性診断を実施しており、新サービスは公開前サイトの安全性に確認に役立つと説明している。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

診断 | 脆弱性 | セキュリティ診断


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -