ニュース
» 2009年10月13日 12時07分 公開

プルーフポイント、誤送信メールの情報漏えい対策を強化した新製品

日本プルーフポイントは、誤送信メールの情報漏えい対策を強化したメールセキュリティ製品の最新版を発表した。

[ITmedia]

 日本プルーフポイントは10月13日、誤送信メールの情報漏えい対策を強化したメールセキュリティソフトの最新版「Proofpoint Protection Server バージョン6」を発表した。11月から出荷する。

 最新版では、メールごとに異なる暗号鍵を生成してオンライン上で管理する「Proofpoint Encryption」機能を搭載した。同機能では、誤って送信したメールの暗号鍵を管理者が削除することでメールを復号できないようにする。

 また、大容量ファイルを専用アプライアンスの「Proofpoint Secure File Transfer」に蓄積して、ダウンロード用URLをメールで通知する機能も搭載。誤送信した場合でもファイルを削除することで、外部の流出するのを防げるようにした。このほか、送信メールの管理者承認機能やTo、Ccに記載されたメールを自動的に秘匿にする機能も用意している。

 新製品はパートナー企業経由で提供する。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

誤送信 | 情報漏洩


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -