ニュース
» 2009年11月25日 13時58分 UPDATE

マイクロソフト、SQL Server 2008 R2プレビュー版の提供を開始

新日鉄ソリューションズ、NEC、日本ユニシス、富士通の4社と共同で品質向上プロジェクトを設立することを併せて明らかにした。

[ITmedia]

 マイクロソフトは11月25日、データベースの次期版「SQL Server 2008 R2 」の日本語プレビュー版で、製品版に搭載される全機能を事前に検証できる「SQL Server 2008 R2 Community Technology Preview(CTP)11月版」の無償ダウンロード提供を同日から開始したと発表した。

 SQL Server 2008 R2をシナリオベースで評価し、品質向上を図るプロジェクト「Center of Quality Innovation」を新日鉄ソリューションズ、NEC、日本ユニシス、富士通の4社と共同で運営することも併せて明らかにしている。

 SQL Server 2008 R2の特徴は、大規模環境に対応していること。大規模並列処理機能を生かし、数十テラバイトから数百テラバイトまでのデータを高速に処理できるデータウェアハウス(DWH)専用エディション「SQL Server 2008 R2 Parallel Data Warehouse エディション」と、最大256の論理プロセッサ、無制限のメモリに対応した「SQL Server 2008 R2 Datacenter エディション」を追加する。

 プライベートクラウド機能も提供する。SQL Server 2008 R2には、マイクロソフトがSQL Azureの開発で蓄積したクラウドコンピューティング向け技術を、自社運用環境でも活用するためにプライベートクラウド機能を搭載している。例えば、複数のデータベースサーバを1つの仮想アプリケーション空間とみなせるようになるため、開発者はアプリケーションがどのサーバで稼働するかを意識したプログラミングをしなくて済む。管理者は、複数サーバを一元管理できるようになる。

 SQL Server 2008 R2製品版の提供開始は、2010年上半期を予定している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -