ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SQL Server 2008 R2」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

開発コードネームはKilimanjaro

-こちらもご覧ください-
質問!SQL Server→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSQL Server関連の質問をチェック

SQL Server 2008 EOSにも対応できる!:
SQL Serverマイグレーションの歩き方[後編]――マイグレーションに活用できるツール
2019年7月のSQL Server 2008/2008 R2の延長サポート終了に伴い、EOS対応としてアップグレードやマイグレーションを準備/実施している方も多いでしょう。「後編」となる今回は、SQL Serverのマイグレーションを効果的に実施するための情報とツールを紹介します。(2019/3/15)

SQL Server 2008 EOSにも対応できる!:
SQL Serverマイグレーションの歩き方[前編]――マイグレーションの作業ステップ
2019年7月のSQL Server 2008/2008 R2の延長サポート終了に伴い、EOS対応としてアップグレードやマイグレーションを準備/実施している方も多いでしょう。「前編」となる今回は、SQL Serverのマイグレーションに必要な作業ステップについて解説します。(2019/3/1)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(26):
【トレースフラグ 1260】──スケジューラモニターのダンプ生成を抑制する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ1260の詳細と使い方」を解説します。(2018/5/11)

Windows Server 2008のサポート終了に備えよ(3):
サーバの役割別に見るWindows Server 2016への移行方法
前回は、Windows Server 2008/2008 R2の延長サポート終了を見据え、Windows Server 2016へ移行することのメリットを説明した。今回は、既存の環境からWindows Server 2016へ移行するためのステップについて、サーバの役割別に解説する。(2018/4/2)

2年を切った! 移行までのタイムリミット:
PR:Windows Server 2008 R2のサポート終了で対応を急がなければならない3つの理由
「2020年1月14日」のWindows Server 2008/2008 R2の延長サポート終了まで、残り2年を切った。それまでに新たな環境へ移行を完了しなければ、多くのリスクを抱えることになるため、今から対応を進めることが重要となる。では、なぜ移行を急がなければならないのか、その理由とは。(2018/3/28)

ブラウザで操作できるWebアプリ型を追加:
イースト、Windows対応データベース検索ツール「SkyLink Ver.12 for Web」をリリース
イーストがデータベース検索ツールの最新版「SkyLink Ver.12 for Web」をリリース。Webブラウザがあれば機能を利用できるWebアプリケーション型を採用した。(2017/3/2)

当事者が語る2年半の成果
“風通しの良い”企業はDevOpsにMicrosoft製品をどう使うのか
DevOps業務にMicrosoft製品をどのように採用しているのか。米国の自閉症・関連障害センターで最高技術責任者(CTO)を務めるアルバ・パウエル氏に話を聞いた。(2016/3/24)

Tech TIPS:
一目で分かる、SQL Server 2005〜2014とService Packのサポート終了時期
2016年4月にサポートが終わるSQL Server 2005。だが、それより新しいSQL ServerでもService Packレベルによってはすでにサポートが終了していることも。一目で分かる図で終了時期を明らかにする。(2015/12/4)

特集:フレッシュマン企画:
無料で入手できるドキュメント/電子書籍で勉強しよう
インターネット上で無料で公開されているドキュメントや電子書籍を使って、自分のスキルや知識を向上させよう!(2015/5/22)

Tech TIPS:
各Windows OSで利用できるSQL Serverのバージョンを知る
数年おきに新バージョンがリリースされるWindows OSとSQL Server。どの組み合わせならインストールできるのか、一目で分かるように整理してみた。(2014/9/5)

スペシャリスト対談が浮き彫りにする解決方法
延長サポート終了になるWindows Server 2003上の「SQL Server」をどう移行する?
2015年7月に延長サポートも終了を迎える Windows Server 2003。その上で稼働するケースが多い SQL Server 2005 も2016年5月には延長サポートが終了を迎える。新バージョンへの移行はどう考えればいいのか。スペシャリストが対談で明らかにする。(2014/6/13)

【徹底解剖】System Center 2012 R2(3):
Virtual Machine Managerによるシステム展開
「System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager」(SCVMM)で仮想化基盤を構築後は、この上に仮想マシンを展開して本格的にシステムを構築していくことになる。SCVMMでは仮想マシンの展開だけでなく、サービスやホストのベアメタル展開もサポートしている。(2014/1/21)

進化を続けるマイクロソフトのクラウド:
Windows Azureの“いま”を知る
マイクロソフトが展開するパブリッククラウド「Windows Azure」は、常に最新のテクノロジが惜しみなく投入され、日々進化を続けているクラウドサービスだ。多くの企業がクラウドの導入を進めている現在、Windows Azureはそうした企業のビジネス成長を加速させるプラットフォームとして、日々その存在感を増している。(2014/1/14)

Windows Server 2012 R2登場(3):
“ファイルサーバ”はストレージ基盤へ
ファイルサーバは、現在でも共同作業や業務データ保管の中心的な存在である。年々ファイルの種類・総数は増加し続けており、エンドユーザーは容量に加えアクセス性能も求めてきた。このような課題に対応するべくWindows Server 2012では、ファイルサービスの性能と可用性を向上させるさまざまな新機能が追加されている。(2013/11/29)

導入事例:
三菱自動車、車両生産計画シミュレーションのデータベースをSQL Serverで刷新
三菱自動車工業は、車両生産計画シミュレーションを行うデータベースに、「Microsoft SQL Server 2008 R2」を採用した。(2013/7/4)

製造ITニュース:
処理時間が16分の1に――三菱自動車、「生産計画シミュレーター」にMicrosoft SQL Serverを導入
三菱自動車は、自動車生産での部品管理および生産計画の立案を行うシステム「生産計画シミュレーター」のデータベース(DB)として「Microsoft SQL Server 2008 R2」を導入した。(2013/7/4)

「半年も待てない!」 分析データの提供を迅速化した沖縄国保連合会
各市町村の保険者からさまざまなデータ提供の要望が寄せられる中、既存システムでの運用に沖縄国保連合会は限界を感じていた……。(2013/6/18)

事務処理の効率化を図る:
沖縄国保連合会、マイクロソフトのBIソリューションを採用
沖縄国保連合会は、「国保連合会ポータルサイト」の構築にあたり、「Microsoft SharePoint Server 2010」と「Microsoft SQL Server 2008 R2」を採用した。(2013/5/17)

導入事例:
沖縄国保連合会のポータルサイト、マイクロソフトのBIソリューションを採用
4000万件のレセプトデータから保険者が要望するデータを抽出できるシステムを実現した。(2013/5/17)

導入事例:
第一生命、保険金・給付金支払査定ワークフローシステムを全面刷新
第一生命は顧客対応の向上やコスト削減などを目的に、保険金・給付金支払査定ワークフローシステムを刷新した。新システムにはマイクロソフト製品が全面的に用いられている。(2013/3/29)

ホワイトペーパー:
Microsoft SQL Server 2008 R2 データベースをホストする最新サーバDell PowerEdge R720xdのスケーラビリティ
本書では業界標準ベンチマークを通して、デルの最新サーバR720xdがいかにストレージとCPU の効率的なスケールアップをサポートし、SQL Server データベースの高速導入に最適な選択となるか、詳しく説明する。(2013/3/27)

CTC、経営情報分析システム基盤にSQL Server 2008を採用
データベース製品「Microsoft SQL Server 2008 R2」によって分析システムを刷新したCTCは、業務データ抽出のスピードアップなどを実現した。(2013/1/9)

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化【最終回】
【コスト分析】シナリオで算出する、中小企業のサーバ仮想化コスト
中小企業がサーバ仮想化を導入した場合、どれくらいのコストが掛かるのだろうか。具体的なシナリオとともに2つのモデルケースでコストを算出した。果たして、費用に見合うのか?(2012/12/20)

System Center 2012を試そう(5):
「サービステンプレート」でクラウド環境にSharePointサーバを一気に展開してみよう
「サービステンプレート」では何ができる? どう便利になる? 活用例を基に便利な機能、注意点を紹介する。(2012/11/12)

System Center 2012を試そう(3):
SCVMM 2012における仮想マシンの作成とテンプレートの利用
米マイクロソフトはSystem Center 2012を2012年4月に正式リリースした。日本でもこの製品の本格展開が始まり、ユーザーに向けた評価版ダウンロード提供も、5月11日に開始されている。本記事では、System Center 2012が最終的にどのような製品になっているのか、同製品のサーバ/データセンター管理機能の概要を紹介し、評価版をダウンロードして構成する手順についても示す(2012/8/13)

導入事例:
セイコー、国内外のデータベース環境をSQL Serverで統合
セイコーウオッチが国内外の拠点のデータベース環境を仮想化してSQL Serverで統合。仮想化に適したライセンス体系になっていることなどを評価したという。(2012/7/19)

System Center 2012を試そう(2):
System Center 2012のインストール詳細
米マイクロソフトはSystem Center 2012を2012年4月に正式リリースした。日本でもこの製品の本格展開が始まり、ユーザーに向けた評価版ダウンロード提供も、5月11日に開始されている。本記事では、System Center 2012が最終的にどのような製品になっているのか、同製品のサーバ/データセンター管理機能の概要を紹介し、評価版をダウンロードして構成する手順についても示す(2012/6/19)

COMPUTEX TAIPEI 2012:
南港展示場の注目PCパーツを総ざらい
南港展示場には、これから登場すると思われるPCパーツ新モデルが集結した。その中から「煙を吐いて走る蒸気機関車」などの注目パーツを紹介しよう。(2012/6/12)

BIのROIは高められるか
BIを全社利用するために「セルフサービスBI」に足りないもの
特定部門にしか使われなかったBIツールの全社利用を促進するために、BIベンダーは「セルフサービスBI」を主張している。しかし真の全社利用を実現するにはまだ幾つかの課題がある。(2012/6/6)

Oracle Database vs. Microsoft SQL Server【後編】
SQL ServerはOracle DBよりも安価でシンプル
Oracle DatabaseとMicrosoft SQL Serverを比較。後編では主にコストを比較した。Microsoft SQL ServerがOracle Databaseよりも安価でシンプルであることを解説する。(2012/5/24)

SMBにも超高速分析を
SAPが準備中の「中堅・中小企業向けSAP HANA」は受け入れられるか
SAPはインメモリデータベース「SAP HANA」を「SAP Business One」ユーザー企業の中堅・中小企業(SMB)向けに提供予定だ。その狙いは何か、そしてSMBにニーズはあるのか?(2012/4/3)

ビッグデータに対応したSQL Server最新版を来月提供 マイクロソフト
日本マイクロソフトは、データベース製品「Microsoft SQL Server 2012」を4月1日から提供開始する。(2012/3/23)

BI製品紹介:DTS
国産BI「データスタジオ@WEB」が現場業務のための機能に特化するわけ
「データスタジオ@WEB」は、「第3世代」といわれる最新BI製品を象徴するように簡単操作・安心運用を開発コンセプトとしている。国内約400サイト、約5万数千人のユーザーが活用するBIツールの中身を見ていこう。(2012/3/1)

SQL Serverミニマム管理Q&A:
第1回 SQL Serverのインストールをチェックする
SQL Serverの管理をまかされたけれど、SQL Serverって難しそうで何だかよく分からない。そんなビギナー管理者に贈るQA連載開始! まずはSQL Serverがインストールされているかどうか確認するところから始めよう。(2012/2/23)

ホワイトペーパー:
SQL Server対Oracle DBのランニングコストを徹底比較
Oracle DBの年間サポート費がに大幅にアップしていることにお気づきですか? その理由は? そしてSQL Server 2008 R2の場合は? 市場を二分するRDBMSのランニングコストを、4つのケースを想定して具体的な金額を挙げて徹底比較。(2012/2/21)

2012 International CES:
OCZ、「Storage Visions 2012」でハイエンドSSDを多数公開
OCZ Technologyが、第3世代のPCI Expressに対応したSSD「Z-Drive R5」と、Thunderboltを採用した外付けSSD「Lightfoot」を公開した。(2012/1/11)

押さえておきたいSQL ServerとHadoop連係の注意点【後編】
SQL ServerユーザーのためのHadoopコネクタ実装手順
SQL ServerとHadoopを接続するためのコネクタの実装手順を解説。SQL ServerとHadoop環境を組み合わせれば、大量の非構造化データを処理し、リポーティング、分析、BIなどをサポートする構造化環境に統合できる。(2012/1/6)

押さえておきたいSQL ServerとHadoop連係の注意点【前編】
SQL ServerユーザーのためのHadoop連係入門
SQL ServerとHadoopの連係でビッグデータ分野に乗り出したMicrosoft。しかしSQL Server用のHadoopコネクタは、SQL Serverのユーザーには取っつきにくいかもしれない。(2011/12/26)

Microsoftのデータベーススペシャリストを直撃
Microsoftのビッグデータ戦略は顧客に何をもたらすか?
米TechTargetはMicrosoftのデータベースプラットフォームスペシャリストに、同社のビッグデータ事業の抱負と、拡大を続ける同市場での戦略について話を聞いた。(2011/12/20)

クラウドベースのビッグデータ分析、主権を握るのは?
Google、Oracle、Microsoft、IBMのビッグデータ対応アプローチ
いち早くクラウドベースのHadoopアプリケーションをリリースしたAmazon。それに続き、Google、Oracle、Microsoft、IBMがビッグデータ分析のためのHadoop対応を進めている。各社のアプローチを見ていこう。(2011/12/19)

無償ツールでWindows 7の大量導入を大幅に省力化:
MDT 2010でWindows 7を無人インストールする(前編)
XPの代わりにWin 7 PCを大量導入せよ。もちろんデバドラや社内アプリも全部インストールすること。さてどうする? まさか1台ずつ手作業するつもり?(2011/12/1)

ビッグデータは内部と外部の使い分けが重要
マイクロソフトのビッグデータ対応、明かされたSQL Server 2012の新機能
2012年上半期に提供を開始する「SQL Server 2012」。マイクロソフトのビッグデータ対応戦略とともに、SQL Server 2012の新機能を紹介する。(2011/12/1)

Windows Insider用語解説:
SQL Server 2012
高可用性を実現するAlwaysOn、高速化を実現するカラムストアインデックス、高機能なセルフサービスBI、変更される課金方法など、次期SQL Serverを解説。(2011/11/21)

Office 2010導入の問題とその解決方法【第5回】
Excel 2010、Word 2010、OneNote 2010の便利な機能
これまでの連載ではOffice 2010のUIに関する問題点や、改善が必要な未解決の問題について指摘してきたが、それでも筆者はOffice 2010を利用している。今回は筆者が便利だと感じるOffice 2010の機能を紹介する。(2011/11/21)

Office 2010導入の問題とその解決方法【第4回】
Office 2010への移行に十分な検討とテスト時間が必要なわけ
これまでの連載では、Office 2010における主にユーザーインタフェースの変更で不便になったと感じられる点を挙げてきた。今回は視点を変えて、ユーザートレーニングや導入上の問題を見ていこう。(2011/11/7)

Office 2010導入の問題とその解決方法【第2回】
Office 2010への移行におけるExcel 2010、Word 2010の注意点
Microsoft Officeは、当然だがバージョンアップごとにさまざまな機能追加、変更がなされている。しかし、「あれば便利な」機能と「必要な」機能を混同しないようにしたい。(2011/10/31)

BI製品紹介:アシスト
「WebFOCUS」が目指す理想のBI「カスタマーダイレクトBI」とは
一部の専門家だけでなく、社員の誰もが必要な情報をリアルタイムに活用するオペレーショナルBI。それをいち早く提唱したのが「WebFOCUS」だ。そして、その理想はカスタマーダイレクトBIに向けられている。(2011/10/26)

次世代SQL Server“Denali”の姿に迫る(2):
簡単な操作で可用性を高める“AlwaysOn”
Microsoft SQL Serverとして第4世代目の製品となる“Denali”。前回はDenaliに入る新機能の概要をご覧頂いたが、今回は可用性を高める「SQL Server AlwaysOn」に焦点を当てて解説する。(2011/10/20)

2011年上半期ホワイトペーパーランキング
2011年上半期、最も読まれたデータセンター関連のホワイトペーパーは?
2011年上半期、仮想化製品の性能比較やネットワーク仮想化に関するホワイトペーパーが多く読まれた。ダウンロードランキングトップ10から、ユーザー企業の関心事項を探る。(2011/8/12)

BI製品紹介:日本オラクル
Oracle BIが実現する「3つのリアルタイム」と「BI標準化」とは
2011年6月に新バージョンの出荷が開始された「Oracle BI」。モバイル対応や基幹システム連携、導入早期化のための仕組みを実装・強化することで、「BI標準化の実現」を訴求する。(2011/8/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。