ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「保険」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!保険→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で保険関連の質問をチェック

関連キーワード

自由か権利か……UberEats配達員のホンネ 「個人事業主だから労災や雇用保険の対象外」で紛糾
大都市圏で展開する飲食宅配代行サービス「UberEats」。配達員はアプリ経由で好きな時間に仕事ができるという最先端の働き方だが、「個人事業主」という立場で契約しているため、労災や雇用保険の対象にならないという問題が浮上している。労働組合結成に向けた動きも出るなか、自由と権利のバランスに揺れる配達員のホンネを聞いてみた。(2019/6/18)

今日のリサーチ:
ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。(2019/6/14)

兄からの性的虐待、がん、退職強要、ブラック企業……不幸を抱え込む相談者に「甘えていい」の言葉が刺さる 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「生保、頼っていいんだよ」のアドバイスがすごい。(2019/6/10)

“また貸し”できる新車リース「SOMPOで乗ーる」登場 維持費を軽減
DeNA SOMPO Carlifeが、カーリースサービス「SOMPOで乗ーる」を始めた。メンテナンス代、税金、保険料を含めた月額料金で新車を貸し出す。利用者は、クルマを“また貸し”して収入を得ることも可能だ。(2019/6/6)

「AIセキュリティ」の光と影【前編】
保険ブローカー企業が「AIセキュリティ」製品を導入 「Emotet」を即座に検出
サイバー攻撃が日々進化する中、その新たな対策としてAI(人工知能)技術を使ったセキュリティ製品が次々と登場している。保健ブローカーによるAIセキュリティ製品の導入経緯と、その実力を探る。(2019/6/5)

なじみがない:
ゴルフの地位凋落 令和の経営者は「運動しない」
住友生命保険が全国の経営者や管理職を対象に行ったアンケートで、経営者・管理職の3割強が何のスポーツにも取り組んでいないことがわかった。目立つのは「ゴルフ」の地位低下で、令和の経営者は平成の経営者と比べて運動になじみがない人が多いようだ。(2019/5/27)

保険適用が決まった白血病新薬「キムリア」、価格「3349万円」の理由は
公的制度によって患者の負担はかなり抑えられます。(2019/5/15)

自動運転技術:
自動運転の需要調査、公道実証にはネガティブな印象、MaaSは高齢者から期待大
損害保険ジャパン日本興亜は2019年4月22日、自動運転車やMaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)に関する意識調査の結果を発表した。2017年に実施した同様の調査と比較して、自動運転機能を利用する意向や、自動運転車の普及に対する期待が高まっていることが分かった。また、MaaSの認知度は低いものの、利用してみたいという回答は半数を占めた。(2019/4/23)

英国では1億超の非課税枠 つみたてNISAの恒久化目指す 金融庁遠藤長官
金融庁主催の投資家向けイベント「つみたてNISAフェスティバル 2019」に登壇した金融庁の遠藤俊英長官が「つみたてNISA」の拡大に意欲。また運用型保険商品の透明性や、決済など機能別規制のあり方について話した。(2019/4/22)

“対話のコツ”を学習したAIが保険金サービスの電話応対をガイド――損保ジャパン日本興亜、NTT Comと共同開発
損保ジャパン日本興亜は、NTTコミュニケーションズのAI技術を活用し、保険金サービス拠点の電話応対を支援する「電話応対ガイドAI」を開発する。対話品質が高いオペレーターの“対話のコツ”を学習したAIが、通話中の顧客の感情をリアルタイムで分析し、次にかけるべき言葉など、適切な対応をガイドする。(2019/4/18)

ニーズは?:
オンライン診療で医師不足を補完 「取締役の7割が医師」の企業の現状と展望
医師不足の一方、医療ニーズが多様化する医療業界。こうした現状を打破する手段の一つとして注目されているのが、医師がスマートフォンなどを使って診療を行う「オンライン診療」だ。2018年度から保険点数がつき、普及が期待されている。そんな中、オンライン診療システム「ポケットドクター」を手掛けるMRT(東京都渋谷区)は取締役の7割が医師という異色の企業だ。「医者経営だからこそ、医者が使いやすいものが分かる」と語る小川智也副社長に現状と展望を聞いた。(2019/4/18)

キャリアニュース:
自動運転で産業規模が拡大する業種は「デジタルメディア」
自動運転ラボが、自動運転が現実となった結果、産業規模が拡大する業種、縮小する業種についての推計を発表した。産業規模が最も拡大する業種は「デジタルメディア」で、縮小するのは「保険」だった。(2019/4/18)

レノボ・ジャパン株式会社提供Webキャスト
働き方改革のセキュリティリスクを解消、動画で分かる「テレワーク保険」の実力
テレワーク導入の障壁の1つである、情報漏えいなどセキュリティ面でのリスク。PC紛失やウイルス感染などによる事故が減らない現状にあって、ますます必要性が高まっているのが、損害賠償金などを補償する「テレワーク保険」だ。(2019/4/11)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
テレワークでの情報漏えいやデータ消失リスクを回避する「保険付きPC」とは?
働き方改革の一環としてテレワークが普及する一方、持ち出しPCのデータ消失や情報漏えいといったセキュリティリスクはいまだ課題として残っている。その回避手段として注目されるのが、「テレワーク保険」が付帯されたノートPCだ。(2019/3/27)

小売・流通アナリストの視点:
GAFAと国家が個人データを巡り激突する時代 国民にその自覚はあるか
日本でも、GAFAをはじめとしたデジタル・プラットフォーマーへの規制が本格的に検討され始めている。一方で、ほぼ同じ時期に、マイナンバーカードを健康保険証として使えるようにすることが閣議決定された。ここから見えてくるものとは……?(2019/3/20)

安全システム:
シートベルトで眠気や体調悪化を検知、損保ジャパン日本興亜とベンチャー
損害保険ジャパン日本興亜とPOSH WELLNESS LABORATORYは2019年3月13日、シートベルトカバー型デバイスを用いてドライバーの眠気や体調を検知するサービスの提供に向けて、実証実験を開始したと発表した。(2019/3/15)

5万の代理店網を活用:
カーシェアに参入するSOMPOの真意とは
SOMPOホールディングスがIT大手のDeNAと2月末に提携し、カーシェアリング事業を運営する新会社を共同で設立すると発表した。自動車保険を主力とする損害保険大手にとって、カーシェアの普及は既存の自動車保険の収益や販売代理店網を浸食しかねない「もろ刃の剣」だ。それでも、あえて突き進むのは、自動車保険の変革に先手を打ち、ビジネスモデルの転換を主導したいという思惑がある。(2019/3/14)

高齢者支援が重荷に:
「見えない増税」に注意! 健保組合の保険料が10年で10万円アップ
日本の医療保険制度を支える健康保険組合の経営悪化が進行している。健康保険組合連合会が昨年末に発表したデータによると、平成29年度は加盟約1400組合のうち4割以上が、支出が収入を上回る赤字状態となった。背景にあるのは高齢者向け医療費の慢性的な増加で、健康保険に加入する現役世代が高齢者の医療費を支える構図が強まっている。こうした中、加入者が負担する保険料はこの10年で10万円も上がり、手取り収入は押し下げられる一方だ。日本経済は緩やかな回復基調が続いているというが、消費者(加入者)の負担感は当面拭えそうにない。(2019/3/13)

「au自動車ほけん」4月上旬に開始、「au助手席ナビ」にドラレコ機能の提供も
KDDI、au損害保険は、4月上旬に「au自動車ほけん」の提供を開始。au携帯電話の利用者は最大1万1000円の割引を受けられるほか、KDDIが提供する「au助手席ナビ」に追加される保険契約者専用機能や一部有料会員向け機能を無料で利用可能となる。ドライブ開始前に起動して一定の条件を達成すると、ソフトドリンクやアイスクリーム引き換え券などの特典も付与される。(2019/3/12)

LINEで贈れるワンコイン地震保険 震度6弱以上で1万円相当のLINE Pay残高を支払い
LINE Financialと損害保険ジャパン日本興亜が、家族や友人に少額の地震保険をスマホで贈れるサービス「贈るほけん 地震のおまもり」を始めた。(2019/3/12)

損保、データサイエンティスト確保に四苦八苦 年収1200万円でも海外より割安
損害保険業界で「データサイエンティスト」の確保が課題となっている。人材の争奪戦は業種、国境を越えて激化している。雇用条件の良い国内外のスタートアップ企業や自動車業界などに人材は流れがちで、損保業界の人材確保の苦労は他業種以上だ。(2019/3/11)

モビリティサービス:
個人間カーシェアの貸し出しユーザーを増やしたい、DeNAと保険会社が新会社
ディー・エヌ・エー(DeNA)とSOMPOホールディングスは2019年2月28日、東京都内で会見を開き、個人間カーシェアリングとマイカーリースに関する新会社を設立すると発表した。(2019/3/1)

負債総額30億円:
韓国の仮想通貨取引所が破産、幹部の横領が原因? 過去には保険金詐欺の疑惑も……
韓国の仮想通貨取引所CoinbinのパクCEOは2月20日、同取引所が2600万ドルを上回る負債を抱え破産したことを発表。破産の一因は同社の複数の幹部による横領だという。CCNが報じた。(2019/2/25)

製造マネジメントニュース:
テレマティクス保険に向け、自動緊急通報の実証実験を実施
SBI損害保険らは、自動緊急通報サービス対応のIoTデバイスを活用し、運転行動データに基づくテレマティクスサービスの提供に向けた実証実験を開始した。データ収集・分析には、ソフトバンク・テクノロジーのIoTプラットフォームを利用する。(2019/2/25)

納税も電子地域通貨「さるぼぼコイン」で 納付書をアプリで読み取るだけ――岐阜・飛弾市で2019年4月から開始
岐阜県飛騨・高山地域の電子地域通貨「さるぼぼコイン」が、2019年4月から公金の納付に対応。飛騨市の市県民税、国民健康保険料、水道料金などを、専用スマホアプリで支払えるようになる。支払いのために市役所窓口やコンビニエンスストア、金融機関に出向く必要がなくなり、市民の利便性が向上する。(2019/2/22)

何のための保険なのか:
マンションの「個人賠償責任保険」って、不思議な商品
あまり一般には馴染みがないが、マンション管理組合が加入する「個人賠償責任保険(または個人賠償責任補償特約)」という保険(または保険特約)がある。近年大幅値上げされているようだが、その商品設計は一種不可思議なものである。(2019/2/21)

ワコム「DTU-1141」は接客をどう変えたのか:
PR:伊予銀行の「デジタル変革」の救世主 保険の窓販業務を“高速”に変えた液晶ペンタブレットとは?
愛媛県に本店を置く大手地方銀行の伊予銀行は、業務効率化を目的に、保険の窓口販売業務を完全電子化している。それに大きく貢献したのが、ワコム製の液晶ペンタブレット「DTU-1141」だ。どんなスペックや操作性を備えており、業務でどう使われているのか。伊予銀行の責任者に話を聞いた。(2019/2/20)

自動運転技術:
自治体が苦労する自動運転実証実験の準備を短期間に、シミュレータ活用で
損害保険ジャパン日本興亜とティアフォー、アイサンテクノロジーは2019年2月15日、東京都内で会見を開き、自動運転車を使ったモビリティサービスの導入支援に関する業務提携を結んだと発表した。一般道で無人運転車が走るサービスの早期実現に向けて、実証実験がスムーズかつ安全に実施できるよう、自治体や交通事業者をサポートする。導入支援のソリューションは2019年後半から試験提供を開始し、2020年後半をめどに全国展開する。(2019/2/18)

経営資源注ぐ:
老人ホーム紹介なども手掛ける 生保が“おまけ”で勝負、その背景にある苦労とは……
生命保険会社が顧客向けに提供する健康支援などのシニア向けサービスの開発に知恵を絞っている。保険商品そのものだけでなく“おまけ”とも言えるサービスに経営資源を注ぐ背景には、商品だけでは差別化しにくい生保ならではの苦労がある。(2019/2/13)

安全システム:
事故の責任割合確定を60日から1週間に短縮、通信ドラレコとAIの自動判定で
損害保険ジャパン日本興亜は2019年2月8日、ドライブレコーダーの映像をAI(人工知能)技術で分析して、自動車事故の責任割合を自動算定するシステムを開発すると発表した。同社とドライブレコーダーの映像解析を得意とするジェネクストとの共同開発で、2019年内のリリースを予定している。2019年8月までに開発を終える計画だ。(2019/2/13)

「スマホ中心」がキーワード:
金融事業に本腰のKDDI、スマホ決済のキャリアフリー化・カブコム出資など発表
KDDIがオンライン金融ビジネスを強化する取り組み「スマートマネー構想」を発表。「au WALLETアプリ」の用途を広げ、預金、送金、決済、ローン、投資、保険の契約などにも対応する。実現に向け、決済サービスのキャリアフリー化と、カブドットコム証券への出資などを行う。(2019/2/12)

つまずいた「3つの課題」も共有:
「RPAで40万時間削減」を掲げた損保ジャパン、導入後1年でどれだけ削減できたのか?
RPAの大規模導入が進む保険業界で、年間40万時間の削減を掲げた損保ジャパン。導入から1年がたち、目標としていた40万時間の削減には成功したのか? 同社が導入プロジェクトの全貌やその成果、そして乗り越えてきた課題について語った。(2019/2/6)

トークンエコノミーで保険加入者の健康増進に貢献:
富士通エフ・アイ・ピー、住友生命に「ValueFrontポイントサービス」を提供
富士通エフ・アイ・ピーは住友生命保険に「FUJITSU リテイルソリューション ValueFrontポイントサービス」を提供開始した。(2019/2/1)

SBI損害保険/SB C&S/Bosch:
後付けeCall用デバイスでデータ収集、テレマティクスサービス開発の実証実験に
SBI損害保険とSB C&Sは、SBIグループ関係者を対象に、自動緊急通報サービス(自動eCall)対応デバイスで収集した運転行動データを分析し、ドライバーの安全なカーライフをサポートする各種テレマティクスサービスの提供に向けた実証実験を、2019年2月から開始する。(2019/2/1)

製造マネジメントニュース:
製造現場データで保険商品を共同開発、日立と東京海上日動
日立製作所と東京海上日動火災保険は、製造現場のデジタル化を推進するサービスと、そこで得られたデータを活用した保険サービスを共同で開発する。(2019/1/31)

「ワークライフバランスが極めて優れている」:
「金融系職種」の残業が少ない企業ランキング、あいおいニッセイや日本生命などを抑え1位になったのは……
金融系職種の残業時間が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、1位はあいおいニッセイ同和損害保険で月25.0時間だった。1位は……(2019/1/23)

知らないといざという時、損をする!:
健康保険の超キホン
複雑な健康保険。ただしある程度理解しないと、無駄な出費となってしまう場合も。健康保険の基礎知識をお送りする。(2019/1/7)

北國銀行、保険窓口販売業務をクラウド化 Azure上の保険販売管理システム「インプラス」を活用
銀行内業務システムのクラウド化を進める北國銀行は、ニッセイ情報テクノロジーの「保険販売管理パッケージ インプラス」をMicrosoft Azure上に構築し、保険窓口販売業務をクラウド化する。多様なサービスに迅速に対応できる態勢を整えるとともに、TCO削減などを目指す。(2018/12/20)

モビリティサービス:
配車サービスで年間走行距離が5倍に、トヨタは作業時間半減のメンテナンスで対応
トヨタ自動車は2018年12月18日、東南アジアの配車サービス大手であるGrab(グラブ)向けに車両のトータルケアサービスを提供すると発表した。通信型ドライブレコーダーを活用して収集した車両の情報をトヨタ自動車とGrabで共有し、フリート管理や自動車保険、事故発生時の対応、メンテナンスまで一貫して行う。(2018/12/19)

女性の方が満足度高めの傾向:
平成最後の今年、あなたの「人生満足度」は? 大坂なおみ、スーパーボランティア、ユーチューバーなどが貢献
2018年の満足度は? プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命保険はこのほど、人生の満足度に関する調査結果を発表。今年1年を振り返り「満足している」と感じている人は4割いた。(2018/12/4)

被害額は非公表:
オリックス生命子会社、元社員が顧客から金銭詐取 架空の商品加入装う
オリックス生命保険の子会社で、元社員計2人が顧客から金銭を搾取していたことが発覚。架空の商品加入手続きなどを装っていたという。被害額は非公表。(2018/11/21)

企業向けサイバーリスク分析診断サービス 対応成熟度やビジネス営業度を評価・分析――AIG損保が開始
AIG損害保険は、企業のサイバーリスクを分析診断する新サービスを2018年12月に開始する。リスク特性に応じた質問に回答することで、企業のサイバーリスクを顕在化し、リスクスコアやビジネスへの影響度、推奨される対策などを評価・分析する。(2018/11/9)

元国税局職員が明かす「サバイバル術」:
2カ月、5万円で会社設立! 「社会保険料の節約」に悪戦苦闘した元公務員の“生存戦略”
3年間迷った挙句、家族の反対を押し切って公務員を辞め、フリーライターになった筆者。意外にも収入水準は前職並みに近づきつつあった一方、難題にぶつかった。それは「国民健康保険」の支払い――。会社員と違って重い負担を要する保険料を節約するために動き出したのだが……。(2018/11/9)

“仮想パッチで攻撃防御×サイバー保険付き”の「サーバ脆弱性対策サービス」――NECが12月から提供開始
NECは、サーバ脆弱性対策にサイバー保険を付帯させた「サーバ脆弱性対策サービス」の提供を開始する。仮想パッチを用いた脆弱性対策をクラウドサービスとして提供するとともに、インシデント対応にかかる費用を補償する。(2018/11/8)

業務を単に自動化するなら、やらない方がマシ:
3年後には138万時間分を自動化、1200トンの紙を削減 あいおいニッセイ同和損保のRPA導入、その勝算は?
「紙の作業が多い」といわれる損保業界。その中で、あいおいニッセイ同和損保が思い切ったRPA導入と業務改革に乗り出した。業務フローを根本から見直し、あくまで“内製”で進めるというその内容とは一体何か。(2018/11/7)

ブロックチェーン活用で、外航貨物保険の支払い手続きが1カ月超から1週間に――東京海上日動とNTTデータが実証
東京海上日動火災保険とNTTデータは、外航貨物海上保険の保険金請求手続きへのブロックチェーン技術の適用を検証。保険証券や事故報告書、貨物の損傷写真といった必要なドキュメントをブロックチェーン上で共有することで、保険金の支払いプロセスを迅速化する。(2018/11/2)

補償額は最大1億円:
統合脅威管理サービスにサイバー保険を自動付帯、ケイ・オプティコムが提供
ケイ・オプティコムは、あいおいニッセイ同和損害保険と提携して、SaaS型の統合脅威管理サービスにサイバー保険を自動付帯した。保険の適用範囲を限定することで、保険料を実質無料とした。(2018/11/2)

モビリティサービス:
トヨタがクルマを売らない新サービス、「気楽に楽しくクルマと付き合って」
トヨタ自動車は2018年11月1日、自動車をサブスクリプション方式で利用できる個人向けサービス「KINTO」を2019年初めから開始すると発表した。税金や自動車保険、車両のメンテナンスといった費用を月極めの定額にし、好きなクルマや乗りたいクルマを好きなだけ利用できるようにする。(2018/11/2)

抑止力になるか:
「あおり運転防止ステッカー」登場 「弁護士に相談する」と車に貼って意思表示
保険会社が「あおり運転防止ステッカー」の配布を始める。黄色い背景に太字で「弁護士保険に加入しています」と書かれたもの。「迷惑行為があればすぐ弁護士に相談する」という意思表示ができ、あおり運転を防止できるという。(2018/10/31)

カーシェアリングやドローンのもたらす新たなリスク
AI時代の保険業界 新しいテクノロジーにどう対処するか
保険会社でAIの活用が進んでいる。AIは社内の業務改善だけでなく、顧客対応や保険請求の処理に利用される。自動運転やサイバーセキュリティなど、AIが新たな損失リスクとなることも考慮しなければならない。(2018/10/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。