ニュース
» 2010年01月27日 17時09分 UPDATE

楽天とBaidu、EC事業の合弁会社を中国に設立

楽天は、中国で検索事業を手掛けるBaiduと組み、EC事業を展開する合弁会社を設立すると発表した。

[ITmedia]

 楽天は1月27日、検索事業を手掛けるBaidu(百度)と組み、中国でEC(電子商取引)事業を展開する合弁会社を設立すると発表した。合弁会社には3年間で約43億円を出資する。出資比率は楽天が51%、百度が49%の予定。代表者は楽天から派遣するとしている。

 2社は新会社を通じて、2010年の後半にEC関連のサービスを中国で開始する。楽天が運営する「楽天市場」のプラットフォームとショッピングモールの運営ノウハウ、百度が持つ中国内の集客力とマーケティングの実績を生かし、中国の出店店舗から集めた商品をECサイトで販売していく。

 今後は日本の楽天市場と組み、日本の商品も販売していく見通し。

関連キーワード

中国 | 合弁事業 | 楽天 | Baidu(百度) | 新会社


関連ホワイトペーパー

検索 | マーケティング




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -