ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「新会社」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新会社」に関する情報が集まったページです。

産業機器向けフラッシュメモリ:
PR:ソニーの高品質を産業機器へ、フラッシュメモリ製品の新会社Nextorageの挑戦
産業機器向けのストレージデバイスが、これまでの主流だったHDDから、SDカードやSSDといったフラッシュメモリ製品に移行しつつある。SDカードやSSDの選定時に重視したいのが耐久性や品質、さまざまな要件を持つ各産業機器に適応可能な柔軟性である。ソニーグループのNextorageは、これら産業機器向けのニーズに応えるフラッシュメモリ製品をラインアップしている。(2020/11/26)

医療技術ニュース:
新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社を設立
ペプチドリーム、富士通、みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学の5社は、新型コロナウイルス感染症治療薬を最短で開発するため、共同出資会社「ペプチエイド」を設立した。(2020/11/24)

小売り実店舗のDX推進を支援 楽天が新会社「楽天DXソリューション」を設立
楽天は、小売り実店舗のDX推進を支援する新会社「楽天DXソリューション」を2021年1月に設立する。AIによる需要予測や「レジ無し決済」の導入、オンラインとオフラインの購買データを融合した施策の活用などを支援する。(2020/11/17)

楽天、西友株式の20%を取得 DX加速
楽天は、米投資ファンドのKKRと、米Walmartが保有する西友の株式の85%を共同で取得する。小売店のDX化を支援する新会社「楽天DXソリューション(仮)」も設立。西友のDX化を進める。(2020/11/16)

2022年4月に:
パナソニック、持ち株会社制に移行 「パナソニックホールディングス」傘下に事業会社を設立
パナソニックは2022年4月、持ち株会社制へ移行する。会社分割を実施し、持ち株会社「パナソニックホールディングス」の傘下に複数の事業会社を設立。各事業における責任と権限を明確化し、競争力の強化につなげる。(2020/11/13)

コロナ治療薬開発へ新会社 東大発企業や富士通 スパコン、AI活用
東京大発の医薬品ベンチャー、ペプチドリームが、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を手がける新会社「ぺプチエイド」を設立した。スーパーコンピュータやAIを活用し、治療薬開発に必要な試験を同時並行で進め、開発期間の短縮を図る。(2020/11/13)

富士通らが「デジタルアニーラ」でCOVID-19治療薬の開発へ
治療薬開発の領域もITの進展が貢献する。富士通はペプチドリームなどと共同で、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目指す新会社を設立した。最短で2021年秋の臨床試験を目指す。(2020/11/12)

警視庁初の“Twitterの中の人”が退職→起業 「ファンが増え、炎上しない」企業アカウント運営請負
警視庁初の公式Twitterアカウントを実現し、初代“中の人”としてゆるいつぶやきで人気を集めた「本職」(甲)こと中村健児さんが警視庁を退職し、起業した。新会社では“炎上しない”Twitterアカウントの運営を請け負う。(2020/11/2)

KDDI、MVNO運営の新会社 eSIM活用でオンライン特化 デジタルネイティブ世代に訴求
KDDIが、新たなMVNOサービスを運営する子会社「KDDI Digital Life」を11月2日に設立。端末組み込み型のSIMカード「eSIM」を活用し、手続きをオンライン化することで、デジタルネイティブ世代などに訴求する。(2020/10/30)

KDDI、MVNO新会社を通じてeSIMサービス提供へ
KDDIが、新たに設立するMVNOを通じてeSIMサービスを提供する。オンラインに特化した通信サービスを提供する子会社「KDDI Digital Life」を11月2日に設立する。手続きは完全オンライン型とし、ユーザーが料金プランをカスタマイズできる機能も用意するという。(2020/10/30)

ワンストップサービスを一層強化:
OKI、DMS事業会社2社を2021年4月に経営統合へ
OKIは、DMS(設計・生産受託サービス)事業を展開するOKIグループの2社を経営統合し、2021年4月1日に新会社を設立する。(2020/10/30)

製造マネジメントニュース:
ソフトバンクと日本通運、物流事業者向け配車支援サービス提供開始
ソフトバンクと日本通運が共同設立した物流事業者向け配車支援サービスを提供する新会社「MeeTruck」が、トラック輸送を行う物流事業者向けのクラウド型配車支援サービスの提供を開始した。(2020/10/28)

IBMはなぜインフラサービス部門を分社化するのか? 日米のトップが語ったこと
米IBMがインフラサービス部門を分社化し、2021年末までに新会社を設立すると発表。その理由と日本IBMの方針を、日米の両社長が説明した。(2020/10/27)

マイレージ情報活用:
ANAどうする? 「A380」3号機納入1年延期
ANAホールディングスが27日に発表する事業構造改革の全容が判明した。新型コロナウイルス禍の航空事業を補う新規事業として、約4千万人のマイレージ会員の情報を活用して旅行商品などを販売する新会社を立ち上げる。一方……。(2020/10/25)

製造マネジメントニュース:
高付加価値PCBの国内市場トップを狙うOKI、子会社2社を合併し新会社を設立
OKIは2020年10月19日、プリント配線板関連事業を展開するOKIサーキットテクノロジー(以下、OCT)とOKIプリンテッドサーキットを経営統合して新会社を設立すると発表した。新会社の設立日は2021年4月1日を予定。合併によって、高付加価値プリント配線板の国内市場トップシェアの獲得を狙う。(2020/10/21)

NECが自社従業員専用のキャリア形成、スキル開発支援の新会社を設立
NECは同社の100%子会社としてNECライフキャリアを設立した。新会社の支援により、自社従業員のキャリア形成やスキル開発などの施策を順次強化する。(2020/10/20)

製造マネジメントニュース:
日立AMSとホンダ系3社は「日立アステモ」に、経営統合は2020年度中に完了
日立オートモティブシステムズとケーヒン、ショーワ、日信工業は2020年10月19日、経営統合して2020年度中に発足する新会社の商号を「日立Astemo(アステモ)」とすると発表した。(2020/10/20)

NECライフキャリア:
異動希望者をAIでマッチング、60歳以上のシニア人材活用 NEC、社員のキャリアを支援する子会社設立
NECは10月19日、社員のキャリア形成やスキル開発を支援する100%子会社のNECライフキャリアを設立したと発表した。新会社は、NEC社員向けのキャリア研修や、AIを用いたジョブマッチングのサービス導入、シニア人材の派遣や転職仲介などを実施する。(2020/10/19)

ソフトバンク、日本通運と物流SaaSで新会社 配車やシフト管理を効率化
ソフトバンクが日本通運と共同で物流業界のDXを支援する新会社「MeeTruck」を設立したと発表した。輸送トラックの配車支援サービスをSaaSとして提供する。(2020/10/15)

米IBM、クラウド部門などを分社化し新会社を設立へ 新会社はマネージドインフラに注力
米IBMが、クラウド部門などを分社化すると発表。2021年末までに新会社を設立するという。分社化の目的は、IBMのフォーカスをよりはっきりさせることだとしている。(2020/10/9)

FAニュース:
ファナック、富士通、NTT Comの3社、工作機械業界のDXを加速させる新会社設立
富士通とファナック、NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)の3社は2020年10月7日、工作機械業界をはじめとした製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)用のクラウドサービスを提供する新会社「DUCNET(ディーユーシーネット)」を2020年11月に設立すると発表した。(2020/10/8)

富士通、製造業向けDX支援で新会社 ファナック、NTTコムと共同で
富士通とファナック、NTTコミュニケ―ションズが、新会社「DUCNET」を11月に設立する。製造業向けにDXを支援するクラウドサービスを提供する。(2020/10/7)

オリンパスの映像新会社は「OMデジタルソリューションズ」 来年1月、投資ファンドに譲渡
オリンパスは、映像事業の譲渡に関して、投資ファンドと正式に契約を交わしたと発表した。新会社「OMデジタルソリューションズ」で事業を引き継ぎ、同社代表には、オリンパスの映像担当役員・杉本繁実氏が就く。(2020/10/1)

ユーザーの「オタク性」に最適な広告を 講談社、凸版、CCIがマーケティング新会社
講談社と凸版印刷、サイバー・コミュニケーションズが新会社。「オタク性」というあいまいなセグメントに届ける広告配信最適化ソリューションなどを提供する(2020/9/30)

工場ニュース:
ベトナムに第3の生産拠点を設立し、アルミワイヤハーネスの需要増に対応
古河ASは、ベトナムのヴィンロン省に第3の拠点となる新会社を設立した。同社の技術とコストの優位性からニーズが高まっているアルミワイヤハーネスの生産能力を増強し、需要増に対応する。(2020/9/28)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
バイトダンスとオラクルの説明にズレ〜 TikTokは米中どちらの企業なのか
中国バイトダンスのショート動画アプリ「TikTok」と、米オラクル、米ウォルマートとの技術提携案が今月19日、トランプ大統領の「原則承認」を受けた。しかし、バイトダンス、米企業2社の発表文のニュアンスにずれが生じており、TikTok新会社の立ち位置を巡り、憶測や波乱の芽を生んでいる。(2020/9/24)

TikTok、米国での配信停止を回避へ Oracle・Walmartと提携、新会社「TikTok Global」を設立
配信停止騒動もやっと一段落。(2020/9/21)

TikTokとOracleの提携案、トランプ大統領が暫定的承認 TikTok Globalは米国でIPOへ
トランプ米大統領がTikTokとOracleの取引を暫定的に承認した。TikTokは世界のユーザーにサービスを提供する新会社TikTok Globalを設立し、1年以内に米国で株式公開する計画。(2020/9/20)

製造マネジメントニュース:
トヨタがビジネスモデル変革で電通と協力、2021年に新会社
トヨタ自動車と電通グループは2020年9月16日、マーケティングの変革やモビリティビジネスの創出に向けて2021年1月に新会社を発足すると発表した。これに合わせてトヨタと電通グループ、トヨタ完全子会社のデルフィスは資本業務提携を締結。新体制の発足に向けて、各国の競争法当局の承認などを受けた後で電通グループがデルフィスに出資し、準備を進める。(2020/9/17)

工場ニュース:
ベトナムに自動車用ホース製造会社を設立、競争力のある製品を供給
住友理工は、ベトナムの第3タンロン工業団地内に、自動車用ホース製造、販売の新会社「SumiRiko Vietnam」を2020年12月に設立する。ベトナムでは2つ目の拠点となる。(2020/9/17)

トヨタと電通、DX推進で新会社 マーケティングを変革「広告代理店の枠組みを超える」
トヨタ自動車が、マーケティングの変革や新規事業の立ち上げを目的に、電通グループと新会社を設立する。(2020/9/16)

木材利用の促進:
リフォーム事業の全てが手に入る、ニッカホームとラン・リグが新会社設立
リフォーム事業の全てが安価に手軽に手に入るボランタリーチェーンの提供を謳う新会社「センリョク」が2020年9月1日、ニッカホームとラン・リグの共同出資で設立された。(2020/9/14)

研究開発の最前線:
2つの“解放”で限界突破、NECや大林組など6社が共創型R&D事業会社を設立
NEC、大林組、日本産業パートナーズ、ジャパンインベストメントアドバイザー、伊藤忠テクノソリューションズ、東京大学協創プラットフォーム開発の6社は、事業会社、金融会社、アカデミアの連携による共創型R&Dから新事業を創出する新会社「BIRD INITIATIVE株式会社」を設立すると発表した。(2020/9/11)

三井物産とPFNが新会社 深層学習用スパコンで地下資源を発掘へ
三井物産とPreferred Networksが、ディープラーニングを活用した地下構造解析AIシステムの開発を目指し、共同出資会社を設立。地下構造を正確に推定する技術の開発を目指す。(2020/9/4)

脱「紙書類」でDX:
富士ゼロックスが新会社を設立 ロボットで書類のホチキス外しなどを自動化
富士ゼロックスが米企業と新会社の設立で合意したと発表。9月中に営業を開始し、ロボットでホチキス外しやスキャンを自動化、紙書類のデータ化とクラウド保管をサポートする。脱「紙書類」を通し企業のDXを支援する考えだ。(2020/9/3)

「データ・ワン」:
顧客が好む広告、狙い撃ちで配信 「ファミペイ」「dポイント」などのデータ活用、伊藤忠などが新会社
伊藤忠商事、ファミリーマート、NTTドコモ、サイバーエージェントが、購買データを活用したデジタル広告配信を行う「データ・ワン」を設立すると発表。(2020/9/2)

ファミマとドコモ、広告で新会社 購買データ活用
NTTドコモ、ファミリーマート、伊藤忠商事、サイバーエージェントが、広告事業を手掛ける新会社「データ・ワン」を設立すると発表した。(2020/9/2)

楽天東急プランニング設立:
楽天と東急が新会社設立 双方のオンライン/オフラインデータをマーケティングに活用
共同出資で新会社を設立。(2020/8/31)

楽天市場のノウハウを東急店舗に 楽天と東急が共同出資会社 マーケティングなど強化
楽天と東急が共同出資会社「楽天東急プランニング」を9月1日に設立する。新会社は今後、それぞれが持つオンラインとオフラインの経営資源を組み合わせ、両社の広告やデジタルマーケティングの強化に取り組む。(2020/8/31)

製造マネジメントニュース:
半導体生産拠点の施設管理を請け負う新会社をNECとソニーが共同で設立
NECファシリティーズとソニーセミコンダクタマニュファクチャリングは、新会社「SSNファシリティーズ」を共同で設立する。新会社は、2020年9月1日からソニーセミコンダクタマニュファクチャリングの半導体生産拠点の施設管理を請け負う。(2020/8/25)

日本MSから独立した“元女子高生AI”「りんな」、新会社rinnaで事業スタート
日本マイクロソフトのチャットbot事業を分社化した新会社・rinnaが業務をスタート。“元女子高生AI”をうたうチャットbot「りんな」などの事業を引き継ぎ、日本で要望が多かったカスタマイズのサービスなどを提供する。(2020/8/21)

Go AbekawaのGo Global!〜Kumar Karvepaku編(後):
自分は自分 信念を持つエンジニアの将来は「きっと、うまくいく」
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。インドに会社を設立し、夢をかなえたKumar Karvepaku(クマール・カルベパク)氏。同氏が語る「常に自分は自分である」に込められた思いとは何だろうか。(2020/8/18)

医療機器ニュース:
新型コロナウイルスの唾液PCR検査を高頻度、低価格で提供する新会社を設立
ソフトバンクグループは、新型コロナウイルスの唾液PCR検査を低価格、高頻度で提供することを目指す子会社「新型コロナウイルス検査センター」を設立した。(2020/8/13)

ドコモ、XR手掛ける新会社「複合現実製作所」設立 鉄工業界の課題解決目指す
NTTドコモが、XR技術を活用したサービスの企画や開発を行う新会社「複合現実製作所」を設立した。鉄工業界の課題をXR技術で解決するという。(2020/8/5)

ソフトバンクG、唾液PCR検査で新会社 社員や自治体、法人に「低価格・高頻度で提供」
ソフトバンクグループが、唾液PCR検査を行う新会社を設立。社員やソフトバンクホークスの選手に試験的な検査を実施し、将来は自治体や法人などに対象を拡大する。「低価格・高頻度での提供を目指す」という。(2020/7/30)

産業動向:
三菱地所が建設用木材の生産から販売まで行う総合林業会社を設立
三菱地所は建設用木材の生産から販売まで行う総合林業会社「MEC Industry」設立した。MEC Industryは主に、施工性を高める新建材の開発・販売と、プレファブ工法を用いて、安価な木造の平屋戸建て住宅を供給していく。(2020/7/30)

富士通、新会社「富士通Japan」設立 国内事業を再編、システムエンジニア約400人も合流
富士通が新会社「富士通Japan」を10月1日に設立する。事業部門やグループ会社を段階的に統合する他、システムエンジニア約400人を合流させ、国内事業を強化する。(2020/7/17)

3Dプリンタニュース:
AM技術で新たなモノづくりを実現する新会社「NTTデータ ザムテクノロジーズ」
NTTデータは、3Dプリンタを活用したアディティブマニュファクチャリング事業を専業とする新会社「NTTデータ ザムテクノロジーズ」を2020年5月18日付けで設立し、同年7月1日から事業を開始したことを発表した。(2020/7/7)

製造マネジメントニュース:
日立がABBのパワーグリッド事業買収を完了、グローバル10兆円市場に挑む
日立製作所は、ABBから分社されたパワーグリッド事業会社への80.1%の出資手続を完了した。買収金額は68億5000万米ドル(約7400億円)。新会社は「Hitachi ABB Power Grids Ltd(日立ABBパワーグリッド社)」として発足し、出資手続完了と同時に営業を開始している。(2020/7/2)

製造業がサービス業となる日:
スマホで測定した「幸福度」を基に組織改善を目指す、日立製作所が新会社設立
日立製作所は2020年6月29日、同社の研究成果である幸福度計測技術を用いたスマートフォンアプリ「Happiness Planet」などの事業化を目指す新会社「ハピネスプラネット」を設立すると発表した。当面は、アプリを通じて幸福度を測定することで、組織パフォーマンス改善を目指すアプリ事業を主軸に展開する。(2020/7/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。