ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「楽天」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」は魅力的? MMDが調査
MMD研究所は、4月3日に「MNO楽天モバイルの発表プランに関する意識調査」の結果を発表。新プラン「Rakuten UN-LIMIT」を魅力的に感じる人は46.9%で、半年以内に「乗り換えを検討者している」人の6割以上が魅力的に感じていることが分かった。(2020/4/3)

楽天モバイル、4月2日から一部ショップを臨時休業 新型コロナ対策で
楽天モバイルが、4月2日から首都圏など一部地域の店舗を臨時休業する。対象は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県内の店舗。詳細は公式サイトで随時告知する。(2020/4/1)

新型コロナウイルス対策:
8都府県の「楽天モバイルショップ」が臨時休業へ 4月2日から順次
楽天モバイルが、東京都をはじめとする8都府県に所在する「楽天モバイルショップ」を順次臨時休業する。新型コロナウイルス対策の一環で、臨時休業の開始日などの詳細は、Webサイトの店舗個別ページで確認できる。(2020/4/1)

グッズショップの営業時間も変更:
東北楽天ゴールデンイーグルスの球団事務所が一時閉鎖 新型コロナの感染拡大防止対策を強化
東北楽天ゴールデンイーグルスの球団事務所が一時閉鎖。新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を強化するため。グッズショップの営業にも影響が。(2020/3/31)

楽天モバイル、学校に無償で光回線提供 基地局を敷地内に設置が条件
楽天モバイルは「GIGAスクール構想支援プラン」の受付を始めた。敷地内に楽天モバイルの基地局を設置した学校を対象に、学校までの光回線を無償提供する。学校の通信環境構築を支援し、同時に自社基地局の整備を押し進める。(2020/3/30)

楽天モバイル、学校向けの「GIGAスクール構想支援プラン」を発表
楽天モバイルは、全国の学校を対象としたネットワーク支援プラン「GIGAスクール構想支援プラン」の発表を行った。(2020/3/30)

利用者保護の観点から:
「Rakuten UN-LIMIT」の国際データローミング提供エリアが変更 66の国・地域に絞り込み
楽天モバイルが4月7日から提供する「Rakuten UN-LIMIT」の国際データローミングエリアが、月間2GBの対象国/地域に絞り込まれることになった。これに伴い、対象外の国/地域での通話やSMS利用にWi-Fi接続が必須となる。(2020/3/27)

3月26日に楽天モバイルで通信障害 現在は回復
楽天モバイルのMNOサービスで、3月26日に通信障害が発生していた。26日の夕方〜夜間にかけて、東京都の大阪府の一部ユーザーが、データ通信を利用しにくい、または利用できない状況だった。現在は回復している。(2020/3/27)

ドスパラ、楽天PAY決済でポイントが倍になる“ポイント2倍キャンペーン” 3月31日まで
ドスパラは、楽天PAY決済利用者を対象とした「エントリー&楽天ペイ支払いでポイント2倍キャンペーン」を開始した。(2020/3/26)

楽天モバイルはどう? Xiaomiスマホをなぜ採用? 「au 5G発表会」質疑応答まとめ
auが3月26日に5G通信サービスを開始する。OPPO(オッポ)やXiaomi(シャオミ)のスマートフォンが注目を集めがちだが、見るべきポイントは他にもある。この記事では、報道関係者向けに行われた発表内容に関する質疑応答をまとめる。(2020/3/24)

ヤフー親会社、打倒アマゾン・楽天に“次の一手” ヤマトと組んでEC事業を強化 川邊社長「ナンバーワンになる」
Zホールディングスが、ヤマトホールディングスと業務提携する。「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」で、出店者の受注から出荷までの業務をヤマトHDが代行するサービスを6月30日に始める。出店者の負担を軽減して出品・販売のサイクルを加速し、先行するアマゾンジャパンや楽天に対する競争力を高める。(2020/3/24)

J.D.パワーのコード決済満足度調査 PayPayは1位を維持、au PAYが2位に躍進
J.D.パワーは、3月19日に「2020年前期 QRコード・バーコード決済サービス顧客満足度調査」の結果を発表。1位は2回連続で「PayPay」、2位は「au PAY」、3位は「楽天ペイ」となった。(2020/3/20)

出店者支援策はわずか1週間で決定:
楽天、スケジュール通りに送料込みラインを導入できたが…… Amazon追撃へ、まだまだ続く“綱渡り”
楽天が18日、楽天市場において税込3980円以上(一部商品・地域は対象外)の買い物をすると送料が無料となる、送料込みラインを導入した。公正取引委員会や一部出店者ら、数々の反対があったが、方針を変えながらなんとかこぎ着けた形。Amazon追撃のためには今後も“綱渡り”は続きそうだ。(2020/3/18)

楽天の“送料無料化”、予定通り一部店舗でスタート
楽天は、ECサイト「楽天市場」で一定額を注文した顧客の送料を無料にする施策を一部店舗で始めた。当初は全店舗一律で送料を無料化する予定だったが、出店者から反発の声が上がったため、対象を「準備が整った一部店舗」に変更していた。(2020/3/18)

メインで利用している格安SIMは「楽天モバイル」が最多 MMDの調査
MMD研究所は、3月17日に「2020年3月格安SIMサービスの利用動向調査」の結果を発表した。メイン利用のMVNOシェアは、2019年3月の12.3%から2020年は14.0%に。MVNOとY!mobileを合わせると、格安SIMメイン利用シェアは20.4%となった。(2020/3/17)

楽天証券400万口座到達 SBI証券の2倍のペースで増加
楽天証券は3月16日、証券総合口座数が400万口座に到達したと発表した。300万口座達成から15カ月で100万口座を積み増した。(2020/3/17)

対象スマホの購入で最大1万4500ポイントを還元 楽天モバイルが無制限プラン「Rakuten UN-LIMIT」契約キャンペーンを開催
楽天モバイルが、キャリア(MNO)サービスのデータ通信無制限プラン「Rakuten UN-LIMIT」を契約した上で対象端末を購入すると、最大で1万4500ポイントを還元するキャンペーンを開催する。既に条件を満たしているユーザーも、さかのぼってキャンペーンを適用できる。(2020/3/13)

楽天モバイル、“無制限プラン”契約者に最大2万ポイント還元 スマホ購入や「Rakuten Link」利用が条件
楽天モバイルが、無制限プラン「UN-LIMIT」契約者に、最大で約2万の「楽天ポイント」を還元するキャンペーンを開始。特定のスマホの購入と、コミュニケーションアプリ「Rakuten Link」の利用などが条件。「楽天経済圏」をさらに活性化する狙いがあるとみられる。(2020/3/13)

楽天証券、スマホアプリで米株取引可能に
楽天証券のスマホアプリ「iSPEED」が、米国株に対応。3月28日から。(2020/3/13)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天モバイルが月額2980円で自前網限定「使い放題」を提供――安さの理由は「完全仮想化」よりも「4400局」なのではないか
楽天モバイルがMNO(携帯通信キャリア)としての正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」を発表した。月額2980円という衝撃的な価格を実現しているが、その安さの秘密は「自社網限定」という所にありそうだ。(2020/3/13)

楽天モバイル、MVNOユーザーは「Rakuten UN-LIMIT」以外のプランも選択可能
MVNOの楽天モバイルユーザーは、現在利用しているプランをMNOサービスに引き継ぐこともできる。つまりRakuten UN-LIMITを選択せずに、MVNOのプランを使い続けられる。ただし移行できる時期は未定で、詳細は夏以降に案内する予定。(2020/3/12)

約7割が「5Gで月額料金が上がるとスマホは購入しない」 MM総研の調査
MM総研は、3月12日に「2019年10月の電気通信事業法改正に伴う料金プランの変更」「楽天MNO参入」「5Gスマートフォン」に関するユーザー意識調査の結果を発表した。5G商用サービスの違いに関する認知度は32%で、言葉のみの認知度は88%となった。(2020/3/12)

「楽天モバイルパートナープログラム」始動 5GやIoTを活用したサービスの創出を目指す
楽天モバイルは3月12日、5GやIoTを活用した新たなサービスを企業や自治体と共に創出する「楽天モバイルパートナープログラム」を発表。同日に参加企業や自治体の募集を始めた。6月以降は法人と自治体を対象に「プロジェクトデザインパートナー」の募集を開始する予定。(2020/3/12)

楽天モバイルの先行申し込み、MVNOやMNPのユーザーも対象に
楽天モバイルのMVNOユーザーや、MNP契約のユーザーも、楽天モバイルのMNOサービスに先行申し込みが3月12日から可能になる。多くのユーザーから要望があったという。Rakuten UN-LIMITは、楽天エリア内ならデータ通信が使い放題となり、au回線では2GBまで利用できる。(2020/3/12)

楽天、5G・IoTで協業企業・自治体を募集 スポーツ観戦やドローン配送など、新サービス創出へ
楽天モバイルは、5GやIoTを活用した新サービスを共同開発する「楽天モバイルパートナープログラム」に参加する法人・自治体の募集を始めた。(2020/3/12)

公正取引委員会が楽天への緊急停止命令を取り下げ 出店者の選択制導入で緊急性が薄れたため
楽天は2月10日に公正取引委員会の立ち入り検査を受けていました。(2020/3/11)

緊急停止命令の申し立てを取り下げ:
楽天と公取委、ひとまず“休戦” 「送料込みライン」問題、第2ラウンドは起こり得る?
楽天の「送料込みライン」問題に関して、公取委が緊急停止命令の申し立てを取り下げたと発表した。楽天が新型コロナウイルスの影響を受けて、3月18日の一斉導入を取りやめたことが原因とみられる。ひとまず“休戦”の形だが、理論武装を進める楽天。第2ラウンドが起こる可能性もある。(2020/3/11)

楽天市場の送料無料化に反発する「楽天ユニオン」、またも怒りの記者会見 三木谷社長との直談判を要望
楽天市場の送料無料化に反発する出店者団体「楽天ユニオン」が記者会見を開催。楽天が同サイトへの送料無料化の一律導入を延期した件について納得できない点があると批判した。楽天の三木谷浩史社長兼会長に直接抗議すべく、対談も申し入れたという。(2020/3/10)

楽天の“送料無料化”、公取委が緊急停止命令の申し立てを取り下げ 一律導入を延期で「緊急性薄れた」
公取委が、楽天市場の送料無料化を巡り、東京地方裁判所に申し立てていた緊急停止命令を取り下げると発表した。楽天が6日に送料無料化の一律導入を延期したため、「緊急性が薄れた」としている。独占禁止法違反(優越的地位の濫用)に対する調査は継続する。(2020/3/10)

10〜50%の還元フィーバー続く スマホ決済3月のキャンペーンまとめ
3月のコード決済キャンペーンは、相変わらず3キャリア陣営の「PayPay」「d払い」「au PAY」が中心。3月はこれらに加えて「メルペイ」も指定店舗に限り最大50%を還元するキャンペーンを展開。ファミペイも、楽天ポイントを10倍付与するキャンペーンを実施している。(2020/3/9)

楽天証券でログインできない障害発生 復旧済み、原因は調査中
楽天証券で3月9日午前10時50分から11時18分にかけて、サービスにログインできないなどの障害が発生した。(2020/3/9)

楽天、“送料無料化”一律実施を撤回 「新型コロナウイルスの影響」
あくまで「新型コロナウイルスの影響」です。(2020/3/6)

“送料の一律無料化”延期の楽天、方針転換の理由はあくまで「コロナ」 緊急停止命令の影響は明言せず
楽天が、送料無料化の一律導入を延期すると発表した。楽天の幹部は会見で、方針転換の理由を「新型コロナウイルスの影響」と説明。公取委や地裁の動きに配慮したか否かは明言しなかった。有識者による第三者的な見解として、「当局の介入に慎重であるべき」との声も紹介した。(2020/3/6)

公取委の影響はあったのか:
「新型コロナウイルスの影響」一点張り 楽天が「送料込みライン一律導入」見送りを発表
楽天が「送料込みライン」に関して記者会見を開催。3月18日に予定していた一斉導入を見送ると発表した。楽天ユニオンらの反発や公取委の影響も取り沙汰されるが、判断の理由については「新型コロナウイルス」の一点張りだった。(2020/3/6)

楽天、“送料無料化”の一律スタートを断念 新型コロナの感染拡大で
楽天は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、楽天市場で18日に一律で始める予定だった送料無料化施策について、まずは準備が整った店舗のみで始めると発表した。(2020/3/6)

今日のリサーチ:
「Tポイント」を「楽天スーパーポイント」「LINEポイント」他が猛追――ネットエイジアがポイント利用実態調査
20〜49歳の男女2000人を対象に実施した「日本人のポイント活用に関する調査2020」の結果です。(2020/3/5)

ソフトバンク、商用5Gサービスを3月27日に開始 榛葉副社長が楽天との差を強調 「当社の基地局は23万局。4000局というレベルではない」
ソフトバンクが5G通信の商用サービス「SoftBank 5G」を3月27日に始めると発表。5G対応スマートフォン4機種も同日以降に順次発売する。同社の榛葉淳副社長は記者発表会で、新たな競合となる楽天との通信インフラの差を強調した。(2020/3/5)

楽天証券、2月の口座開設数が業界最多の10万超 新規が加速
楽天証券の新規口座開設数が加速している。19年の新規口座開設数は約75万。20年2月は単月で10万を越えた。楽天経済圏の強みを生かした。(2020/3/4)

「無料サポータープログラム」ユーザーが「楽天モバイル」正式プランにいち早く申し込むには? 1年無料は確実?
楽天モバイルの正式プランでは、楽天エリア内なら無制限でデータ通信が使い放題、しかも300万人を対象に、1年間は基本料金を無料にする。3月3日から新規契約者を対象とした先行申し込みを受け付けているが、無料サポータープログラムのユーザーが申し込めるのは4月8日以降。では、万が一先行申し込みだけで300万に達したらどうなるのか?(2020/3/4)

楽天モバイルの「無料サポータープログラム」、5月31日まで延期
楽天モバイルが、MNO向けサービス「無料サポータープログラム」を、2020年5月31日まで延期する。当初は2020年3月31日に終了する予定だった。「100GB無料プラン」は5月31日まで利用できるが、6月1日0時以降は使えなくなる。(2020/3/4)

携帯3社も楽天参入で値下げ必至 寡占市場に風穴、新たな局面に
楽天が4月に始めるMNOサービスの料金プランを発表をした。既存の他社サービスの半額以下の価格設定のため、3大キャリアは対応を迫られそうだ。3社の寡占状態が崩れ、今後の価格競争が活発化するとみられる。(2020/3/4)

楽天モバイル、地方は実質“月額2980円で2GB” 今後のエリア拡大計画は
楽天モバイルは、自社回線のエリア内なら月額約3000円でデータ通信無制限のプランを発表したが、地方には楽天回線が整備されておらず、実質的には月間2GBの上限がある。楽天はエリア拡大に積極的な姿勢を見せており、人工衛星を使った通信システムも視野に準備を進める。(2020/3/3)

4眼カメラや8GBメモリ搭載の「HUAWEI nova 5T」、楽天モバイルで取扱開始
ファーウェイの「HUAWEI nova 5T」が、3月3日から楽天モバイルで取扱開始。Google関連のサービスを利用でき、4眼カメラやKirin 980、8GBメモリなどを搭載している。(2020/3/3)

楽天モバイル、「UN-LIMIT」以外の楽天回線プランも存在? 一部ユーザー向けに夏ごろ案内
楽天モバイルのMVNOを契約しているユーザーの一部は、同社のMNOプランである「UN-LIMIT」以外のプランを今後選べるようになることが分かった。(2020/3/3)

楽天モバイル、4月7日をもってMVNOサービスの新規受け付けを終了 完全終息は未定
4月8日のキャリア(MNO)サービス開始に伴い、楽天モバイルがMVNOサービスの新規申し込みの受け付けを終了する。4月7日までに契約した分については、当面の間はそのまま利用できるが、最終的にはMNOサービスへの移行を迫られることになる。(2020/3/3)

ベールを脱いだ「楽天モバイル」の本格サービス 料金プランや戦略を整理する
4月8日に本格サービスを開始する「楽天モバイル」の料金プランが、ついにベールを脱いだ。プランは「Rakuten UN-LIMIT」と銘打った1種類のみで、月額2980円で楽天エリアでデータ通信し放題、KDDIのローミングエリアは2GBまで利用できる。スマートフォンは11機種が対応しているが、他の機種にも拡大していく。(2020/3/3)

4月8日から楽天モバイル始動 プランは「月2980円でデータ無制限・かけ放題」の1択 300万人に1年無料キャンペーンも
ちょっと使ってみたい。(2020/3/3)

楽天モバイルのキャリアサービス、2021年3月末に全国エリアへ “宇宙”からのエリア化も視野に
楽天モバイルが、2021年3月までにキャリア(MNO)サービスにおける自前基地局の設置を全国に広げることを示唆した。親会社の楽天は、宇宙から携帯電話ネットワークを構築する人工衛星の開発を進める米国企業に出資。実用化されれば、楽天モバイルのエリアカバーに有利に働く可能性がある。(2020/3/3)

サービス開始は4月8日:
「つながりづらい!」にはどう対処? 楽天モバイル、「月額2980円、容量無制限」以外にも“大盤振る舞い”
楽天モバイルが通信プランの全貌を発表した。あわせて、サービス開始日も4月8日と告知。“大盤振る舞い”のキャンペーンが目立つが、「送料無料化問題」が波紋を広げる中、モバイル事業の失敗は許されない。(2020/3/3)

楽天モバイル、MVNOサービスは4月7日に新規受け付け終了 正式キャリアサービス開始に伴い
楽天モバイルは、4月7日にMVNOサービスの新規受け付けを終了する。MVNOユーザーのMNOへの移行を促していく。(2020/3/3)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。