ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「楽天」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

最も満足度が高いQRコード決済 2位の「PayPay」を抑えて1位になったサービスは? MMD調査
MMD研究所が「2022年1月スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」を発表。1位は楽天ペイが獲得した。(2022/1/27)

QRコード決済の満足度調査、PayPayを抑えて楽天ペイがトップに
MMD研究所は、1月27日に「2022年1月スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」の結果を発表。利用頻度が最も高いのは「PayPay」で、総合満足度は「楽天ペイ」がトップとなった。(2022/1/27)

楽天カード、発行枚数2500万枚突破 取扱高は前年同期比25%増
楽天カードは1月27日、カード発行枚数が2021年12月に2500万枚を超えたと発表した。日本クレジット協会によると、国内で発行されているクレジットカードは2億9531万枚。楽天カードは全体の1割近い枚数だ。(2022/1/27)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
厳しい戦いを強いられるTポイント 競争激しい共通ポイントの今を決済ジャーナリストにいろいろ聞いた
大手企業の「Tポイント離れ」が起こっている一方で、「楽天ポイント」や「dポイント」が活発な共通ポイント業界。現状について決済ジャーナリストの鈴木淳也さんに聞いた。(2022/1/27)

苦境が続く:
楽天モバイル、3カ月無料キャンペーンを2月8日に終了
楽天グループ傘下の楽天モバイルは25日、契約から3カ月間料金を無料にするキャンペーンを2月8日に終了すると発表した。オンラインでの申し込みは午後11時59分まで受け付け、実店舗では閉店時間で終了とする。(2022/1/26)

スマホの非接触決済、利用トップは「モバイルSuica」 MMDの調査より
MMD研究所は、1月25日に「2022年1月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を発表。利用サービスの上位は「モバイルSuica」「iD」「楽天Edy」で、それぞれ約2割となる。(2022/1/25)

マネーフォワード「楽天銀行との連携終了しない」 freeeの発表で問い合わせ増加?
マネーフォワードは楽天銀行とのAPI接続について終了の予定はないと発表した。同社宛に、楽天銀行とのAPI接続による口座明細の自動取り込みついての問い合わせが増えていたという。(2022/1/24)

freee会計、楽天銀行とのAPI接続停止 契約更新できず
freeeは1月24日、楽天銀行との間で行っていたAPI連携を2月24日夕方をもって停止すると発表した。これにより、freee会計において楽天銀行の口座明細の自動取り込みが行えなくなる。(2022/1/24)

freee、楽天銀行との連携を2月に終了へ 口座の利用明細の自動取り込みが停止に
freeeは、クラウド会計ソフト「freee会計」をはじめとした同社の全サービスと、楽天銀行との連携を2月24日で終了する。これに伴い、楽天銀行の法人口座や個人ビジネス、個人口座の利用明細の自動取り込みを同日に停止する。(2022/1/24)

利用しているコード決済、「PayPay」が大差でトップ MMD研究所の調査
MMD研究所は、1月21日に「2022年1月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」の結果を発表。QRコード決済の認知は94.5%となり、利用しているサービス上位は「PayPay」「d払い」「楽天ペイ」となった。(2022/1/21)

楽天「Rakuten NFT」でアニメ「ULTRAMAN」のNFT販売
 楽天グループは1月19日、「Rakuten NFT」で提供する初めてのコンテンツを、アニメ「ULTRAMAN」のCGアセットを使用したNFTに決定したと発表した。2月25日のサービス開始とともに、特別にCG制作されたプレミアムデジタルアートが販売となる。(2022/1/20)

楽天モバイルが「AQUOS wish」を発売 2万9800円
シャープは、1月21日から5G対応スマホ「AQUOS wish」を楽天モバイルで販売開始。植物などの自然をモチーフとしたシンプルなデザインに仕上げ、防水/防塵(じん)や耐衝撃もサポートする。(2022/1/19)

楽天、自社スマホ大幅値引き 「Rakuten Hand」は1万2980円に 「販売戦略の一環」
楽天モバイルがオリジナルのスマートフォン「Rakuten Hand」「Rakuten BIG S」の価格を改定。Rakuten Handは2万円から1万2980円に、Rakuten BIG Sは5万980円から3万9980円へ値下げする。(2022/1/14)

楽天モバイル、「Rakuten Hand」「Rakuten BIG s」を値下げ Handは実質0円に
楽天モバイルのオリジナルスマホが値下げ。「Rakuten Hand」は2万円から1万2980円(税込み、以下同)、「Rakuten BIG s」は5万980円から3万9980円に改定する。(2022/1/14)

JP楽天ロジスティクスが国内初の実証実験 超高層マンションにドローンでオンデマンド配送
JP楽天ロジスティクスは、ドローンによる超高層マンションに向けたオンデマンド配送の実証実験を実施した。片道約12キロを飛行し、超高層マンション屋上のヘリポートに物資を配送した。(2022/1/13)

楽天カード、2枚目カードでキャンペーン ツイートで当選人数が倍に
 楽天カードは1月11日より、2枚目の「楽天カード」で5万円以上利用した人を対象に抽選で500人に1000ポイントが当たるキャンペーンを実施すると発表した。(2022/1/12)

「楽天全国スーパー」提供開始、まずはベイシアが出店 楽天ポイントにも対応
楽天グループは、ネットスーパーのプラットフォーム「楽天全国スーパー」を提供開始。第1弾として群馬県を拠点に1都14県で展開するスーパーマーケット「ベイシア」が出店する。(2022/1/11)

楽天証券、7月に米国株信用取引を開始
楽天証券は7月に、米国株の信用取引に対応する。1月8日に行ったオンライン講演会で、楠雄治社長が明かした。(2022/1/8)

Mobile Weekly Top10:
「2021年を代表するスマホ」は何? ライター陣の視点に注目!/「楽天モバイル×iPhone」の問題が解決
その年を代表するスマートフォンを選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」が2021年も開催されました。審査員が推薦する端末から本戦に進むものを選ぶのですが、今回は数年ぶりにiPhoneが“選外”となりました。(2022/1/7)

住信SBIネット銀行も預金残高7兆円到達 楽天銀行とデッドヒート
住信SBIネット銀行は1月4日に、預金残高が7兆円を突破したと発表した。2020年11月に6兆円に到達しており、1年2カ月で1兆円増加した。(2022/1/6)

ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天の年頭所感 コロナ禍が続く中、5G普及に向けてどう動く?
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天の社長が2022年の年頭所感を発表した。2021年は新型コロナウイルス感染症の流行が続き、デジタル化(DX)やリモートワーク、テレワークの推進にモバイル回線が利用されることもあり、DXを担うとうたった5Gの普及に課題も見えてきていた。(2022/1/5)

楽天銀行、預金残高7兆円を超える
楽天銀行は、2021年12月末に預金残高が7兆円を超えたことを発表した。6月末に6兆円を超えてから、半年で1兆円を積み増した。ネット銀行の中では、口座数は最多となる1100万を超えている。(2022/1/5)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(10月編):楽天モバイルが「ローミング終了」に本腰?/iPhone SE(第2世代)を「一括10円」で売るからくりとは?
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。2021年10月は、スマートフォン決済のキャンペーンをまとめた記事の他、楽天モバイルが国内におけるローミングの終了を加速することを伝えた記事や、iPhone SE(第2世代)が一括10円で販売される「からくり」を解説した記事などが読まれました。(2021/12/31)

石野純也のMobile Eye:
一人勝ちのahamo、楽天モバイルの逆襲 2021年の“携帯料金競争”を振り返る
2021年の携帯料金競争で話題を集めたのが、ドコモ、au、ソフトバンクのオンライン専用プランだった。ユーザー獲得ではKDDIのUQ mobileや、ソフトバンクのY!mobileが健闘した。楽天モバイルも料金を改定して、0円からの「Rakuten UN-LIMIT VI」で支持を集めた。(2021/12/31)

楽天銀行と楽天証券のマネーブリッジ、優遇金利を0.04%に縮小
楽天銀行は、楽天証券との口座連携サービス「マネーブリッジ」において、従来一律0.1%としていた普通預金金利を、2022年4月から引き下げる。300万円を超える残高について、0.04%に縮小する。(2021/12/29)

楽天カードが「マイナポイント第2弾」に参加 最大5000ポイント還元
楽天カードは、2022年1月1日からスタートする「マイナポイント第2弾」にキャッシュレス決済事業者として参加。条件を満たすと最大5000円相当の楽天ポイントを付与する。(2021/12/28)

「5G基地局の整備加速を」 総務省が携帯4社に要請
総務省が、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルなど携帯キャリアに5G通信の人口カバー率を向上させるため5G基地局の整備を加速するよう要請した。(2021/12/28)

楽天モバイルのiPhoneの着信不具合、ネットワーク側のアップデートで対応完了
楽天モバイルは、一部のiPhone利用者の間で着信できない不具合について、ネットワークのソフトウェアアップデートによる対応が完了したと発表した。同社は「ご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げます」と謝罪した。(2021/12/28)

「楽天モバイル回線のiPhoneが着信できない」問題、設備側の対応を完了 端末を再起動しても解消しない場合は問い合わせを
SNSなどで報告が相次いだ「楽天モバイル回線のiPhoneが着信できない」問題について、楽天モバイルがネットワーク側の対応を完了した。問題が発生したユーザーは、端末の電源を入れ直すか機内モードのオン→オフをしてから正常に着信できるかどうか試してみてほしい。問題が継続する場合は、電話窓口に問い合わせよう。(2021/12/28)

楽天証券、投信に付与するポイントを改悪 毎月付与を中止
楽天証券は2022年4月から、保有する投資信託に対するポイント付与の方法を変更する。従来は、残高10万円ごとに3〜10ポイントを毎月還元していたが、4月からは残高が一定の額に達した際にポイントを付与する形に切り替える。(2021/12/28)

楽天モバイルのiPhone着信不具合、年内に解消へ
金子恭之総務大臣が、12月24日の閣議後記者会見で、楽天モバイルのiPhone着信不具合について言及した。楽天モバイルのiPhoneにて、電話を受けても着信できない不具合が起きている。総務省には、年内に解消する見込みとの報告があったという。(2021/12/24)

淡輪ゆき、第1子出産を“幸せの手”ショットで報告 夫の楽天・浅村栄斗に感謝も「重圧の中、いつも優しく」
淡輪さん「今までの人生では感じたことのない幸せ」(2021/12/24)

金子総務相が見通し:
楽天モバイルの不具合は年内解消へ
金子恭之総務相は24日、楽天モバイルで米アップルのスマートフォン「iPhone」を使っている利用者の間で着信ができない不具合が発生している問題について、楽天から年内には問題が解消する見込みだと報告を受けたと明かした。金子氏は「適切に解消されるか注視する」と述べた。(2021/12/24)

楽天モバイル、年末年始にキャリア決済で最大20%還元
楽天モバイルは、キャリア決済の利用で最大20%ポイント還元キャンペーンを開催。エントリーし、Google Play ストアやAndroidアプリ内での課金を初めて利用したユーザーが対象となる。期間は12月24日〜2022年1月31日9時59分。(2021/12/24)

楽天銀行、第一生命グループ顧客にインターネットバンキングサービス提供
楽天銀行は12月23日、第一生命保険のグループの顧客にインターネットバンキングサービスを提供する検討を開始したと発表した。第一生命グループの顧客がスマートフォンアプリからデジタルでの体験を提供することを目指す。(2021/12/23)

楽天、iPhoneで着信ができない不具合を正式公表 原因はいまだ調査中
楽天モバイルでiPhoneを使っている利用者の間で着信ができない不具合が発生している問題で、楽天モバイルは12月22日までに、不具合について正式に公表し、謝罪した。電気通信事業法の重大事故にはあたらないとみられるが、総務省が原因究明を求めている。(2021/12/23)

楽天モバイル、ポイント還元キャンペーンに「Xperia 10 III Lite」「Rakuten BIG s」を追加 最大2万5000ポイント還元
楽天モバイルは、料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」と対象製品購入で楽天ポイントを還元するキャンペーンに「Xperia 10 III Lite」「Rakuten BIG s」を追加。それぞれ最大2万5000ポイント還元される。(2021/12/22)

楽天モバイル、iPhone着信の不具合について正式に案内
楽天モバイルが、iPhoneの着信に関する不具合について、正式に案内した。楽天モバイルの回線でiPhoneを利用すると、電話を受けても着信できない事象が発生している。主にパートナー回線エリアでこの不具合を確認できているという。(2021/12/22)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(4月編):「ながら充電」が改めて注目/楽天モバイルが「iPhone」を販売開始
ITmedia Mobileのアクセスランキングをチェックしながら2021年のトピックを振り返る企画。4月の1位は、スマホ決済キャンペーンのまとめ記事でした。ソニーとシャープの新製品告知に関する記事もよく読まれました。(2021/12/21)

「楽天回線のiPhoneで着信ができない」問題 現状を楽天モバイルに確認した
「楽天モバイルのiPhoneで着信ができない」との声が増えている。楽天モバイルの回線でiPhoneを利用すると、相手が電話をかけても着信が表示されない、留守番電話に切り替わるという状態になるという。楽天モバイルのiPhoneで何が起きているのか。同社広報に確認した。(2021/12/20)

楽天銀行と楽天証券の口座連携「マネーブリッジ」、預金残高4兆円を突破 1年4カ月で倍増
 楽天銀行と楽天証券は12月17日、両社の口座を連携して利用できる「マネーブリッジ」の預金残高が4兆円を突破したと発表した。3兆円到達後、過去最短と同期間の8カ月で1兆円増、2兆円到達からは約1年4カ月で2倍となった。(2021/12/20)

楽天モバイル、iPhone利用者に不具合 総務省が原因究明を要請
楽天モバイルでiPhoneを使っている利用者の間で着信ができない不具合が発生している問題で、総務省が早期の原因究明と解消を求めたことが分かった。楽天側は事態を把握しており、総務省にも利用者から苦情が寄せられている。(2021/12/20)

楽天トラベルが調査:
星空が人気の宿ランキング 1位は?
旅行予約サービス「楽天トラベル」は国内旅行の宿泊人泊数をもとに、「星空が人気の宿ランキング」を発表した。その結果……。(2021/12/19)

総務省が原因究明を要請:
楽天モバイルはどう向き合うのか、iPhone利用者に不具合
楽天モバイルで米アップルのスマートフォン「iPhone」を使っている利用者の間で着信ができない不具合が発生している問題で、総務省が早期の原因究明と解消を求めたことが17日、分かった。(2021/12/18)

携帯市場、ケータイ1台の購入でもう1台無料になるキャンペーン
携帯市場は、12月17日〜12月29日に「ガラケー備蓄キャンペーン」を開催。「N-01G/SH-03E」を1台購入すると、もう1台「SH-03E」が無料となる。取り扱いは携帯市場の楽天市場店のみで限定50セット販売する。(2021/12/17)

楽天モバイル、Rakuten UN-LIMIT VIとiPhone 13シリーズのセット購入キャンペーンを開催最大2万ポイントを還元
楽天モバイルが、Rakuten UN-LIMIT VIとiPhone 13シリーズをセットで購入すると「楽天ポイント」を最大2万ポイント還元するキャンペーンを開催する。ポイント還元には一定の条件があるので、よくチェックしよう。(2021/12/17)

楽天証券、米株積立サービス開始 ポイントでの米株買付も
楽天証券は12月15日、米国株取引サービスを拡充し、12月26日から米株積立を開始する。併せて、「ポイント投資」を拡充し、米国株も楽天ポイントで購入できるようにする。(2021/12/15)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
Amazonの領収書を「プリントアウトして保存」はNG? 電子帳簿保存法Q&A
業務用の文房具やコーヒーを、Amazon.co.jpや楽天などで購入しています。領収書はWebサイトからダウンロードし、最終的にはプリントアウトして保存しています。このような場合にも、紙とは別に電子的に保存する義務があるのでしょうか。(2021/12/15)

購入商品の総額は?:
ブラックフライデーの購入先 Amazonや楽天を抑えた1位の店は?
ソフトブレーン・フィールドが、3009人を対象に「ブラックフライデーセールの利用状況」についてアンケートを実施した。(2021/12/14)

楽天モバイル公式 楽天市場店、iPhoneとセット購入で最大7000ポイント還元キャンペーン
楽天モバイルが楽天市場に開設している公式ショップが、iPhoneを始めとするApple製品と「Rakuten UN-LIMIT VI」のセット購入で最大7000ポイントを還元するキャンペーンを開催している。期間は12月27日9時59分までとなる。(2021/12/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。