ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「楽天」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

石野純也のMobile Eye:
楽天モバイルの弱点を突く「UQ mobile」の新料金プラン “サブブランド化”も意識
UQ mobileが6月1日に月額2980円の新料金プラン「スマホプランR」を導入する。あわせて、夏モデルとなるミドルレンジスマートフォンを3機種発表した。新料金と新端末を投入する、UQ mobileの狙いを読み解いていきたい。(2020/5/30)

楽天モバイル、「Rakuten Mini」を1円で販売するキャンペーン Rakuten UN-LIMITの申し込みで
楽天モバイルは5月27日、Androidスマートフォン「Rakuten Mini」を1円で販売するキャンペーンを始めた。キャンペーン期間は5月27日9時〜6月17日8時59分とし、ショップは6月16日の閉店まで。特典の適用は1人1回限りとし、Rakuten UN-LIMITとRakuten Miniをセットで申し込む必要がある。(2020/5/27)

楽天モバイル、スマホ「Rakuten Mini」を1円で販売 容量無制限回線の1年間無料も継続中 “バラマキ”キャンペーンに踏み切った理由
楽天モバイルは、同社のオリジナルスマートフォン「Rakuten Mini」を1円で販売するキャンペーンを始めた。同社のMNO回線「Rakuten UN-LIMIT」を契約することが条件だが、同回線の1年間無料キャンペーンも継続。バラマキともいえるキャンペーンを始めた理由は。(2020/5/27)

楽天ペイを初めて使うと5%還元キャンペーン 6月30日まで
楽天ペイメントは、5月25日にキャンペーン「初めての楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元」を開催。スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を初めて利用するユーザーが対象で、対象店舗はテークアウトも含む導入全店舗。(2020/5/25)

楽天銀行と楽天証券の口座連携「マネーブリッジ」が150万口座突破
約1年で連携を50万口座積み上げ。銀行と証券間で、自動で入出金が行われ、楽天銀行の普通預金金利が0.10%となる特典がある。(2020/5/25)

発表から1年弱:
楽天ペイ(アプリ決済)が「Suica」機能を実装 Android版のみ
楽天ペイ(アプリ決済)にSuica機能を追加する――発表から1年近くたって、ようやく実現した。現時点ではAndroid版アプリ限定となる。(2020/5/25)

楽天ペイとSuicaが連携開始 楽天カードからチャージも可能
楽天ペイメントとJR東日本は5月25日、楽天ペイ内でSuica機能を利用できる連携を開始した。(2020/5/25)

UQ mobile、“楽天モバイル対抗”の新料金プラン「スマホプランR」を提供 月間10GB+低速時は1Mbps
UQコミュニケーションズが5月25日、MVNOサービス「UQ mobile」の新料金プラン「スマホプランR」を6月1日から提供する。月額2980円(税別)で10GBの高速データ通信を利用できる。10GBの超過後、または高速通信をオフにした際に1Mbpsの速度となるのも特徴だ。(2020/5/25)

1枚21円で横ばいだった:
マスクの価格が1枚20円台を割り込む 通販の最安値が更新
Amazonや楽天市場などの通販サイトの在庫から最安値を探せる「在庫速報.com」によると、マスク1枚あたりの最安値が更新されたことが分かった。(2020/5/22)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
見せてもらおうか 楽天モバイル「容量無制限」の実力とやらを
急きょ引っ越しが決まった筆者。固定インターネット回線の工事が間に合わないことから、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」回線を代わりに使うことにしました。果たして、代役は務まったのでしょうか……?(2020/5/20)

石野純也のMobile Eye:
KDDIはなぜUQ mobileを統合するのか ターゲットはY!mobileと楽天モバイル?
KDDIは、10月1日に傘下のUQコミュニケーションズが運営する「UQ mobile」を統合することを発表した。UQ mobileの統合は、サブブランドを強化するのが目的だ。今の市場環境やUQ mobileの歴史的経緯を踏まえつつ、KDDIの狙いを読み解いていきたい。(2020/5/16)

楽天モバイルショップ、5月15日に順次営業再開へ
楽天モバイルが、新型コロナウイルス感染拡大防止のために臨時休業していた全国の楽天モバイルショップの営業を順次再開する。店内での混雑を避けるため、店舗紹介ページで事前予約した上での来店を呼び掛けている。(2020/5/15)

楽天モバイル、5G参入を延期 新型コロナで準備に遅れ
楽天モバイルは、6月に予定していた5G通信サービスの提供について、3カ月をめどに延期すると発表した。新型コロナの世界的な流行により準備が遅れているのが原因としている。(2020/5/15)

楽天モバイル、5Gサービスの開始を延期 新型コロナの影響で
楽天モバイルが、5G通信サービスの開始を延期する。5Gネットワークに関連するグローバルでのサプライチェーンの一部が影響を受けたためだとしている。当初は2020年6月を予定していたが、約3カ月をめどに延長する。(2020/5/15)

「楽天の通信量アップは寝耳に水」「競合として対抗」 KDDI高橋社長、楽天へのライバル意識あらわに
KDDIが決算会見を開催。高橋誠社長が登壇し、ローミングで支援する楽天の動きについて「(通信量アップは)寝耳に水」などとコメントした。今後は「UQ mobile」事業を運営子会社から取得し、体制を強化する。(2020/5/14)

UQ mobile統合の目的は? 楽天モバイルの5GBは「寝耳に水」――KDDI高橋社長一問一答(2020年5月編)
KDDIが2019年度の通期決算を発表した。この記事では、報道関係者向けの決算説明会で行われた質疑応答のうち、UQ mobile統合と楽天モバイルに関する部分をまとめる。(2020/5/14)

5Gビジネスの神髄に迫る:
5G時代に大きく変わるMVNO カギを握る「VMNO」とは?
キャリアのネットワークに依存する部分が多く自由度が低いことから、サービスの差異化が難しいことが課題とされてきたMVNO。楽天モバイルはMVNOの自由度の低さに業を煮やし、自らインフラを持つキャリアへと転身を図った。5GではMVNOの形が大きく変わる可能性がある。(2020/5/14)

楽天、トラベル事業など大打撃 1〜3月期の最終赤字353億円
 楽天は13日、令和2年1〜3月期連結最終損益が353億円の赤字(前年同期は1049億円の黒字)だったと発表した。4月に本格参入した携帯電話事業への先行投資が重荷になっている。新型コロナウイルスの感染拡大がもたらす苦境にも直面しており、「楽天トラベル」やスポーツ事業が大打撃を受けているほか、携帯やインターネット通販など中核事業にも影を落とし、収益改善の道のりは険しくなっている。(2020/5/14)

「楽天モバイル」の課題は“認知不足”? 三木谷氏がサービス開始後の1カ月を振り返る
楽天の三木谷浩史会長兼社長は、4月8日に本格サービス開始した「楽天モバイル」について「順調な門出をした」と評価した。契約獲得の進展は想定通りだという。2021年3月までに楽天エリアの人口カバー率70%を目指す。(2020/5/13)

楽天モバイルが米Innoeye(イノアイ)を買収へ 「Rakuten Communications Platform」の開発体制強化を目指す
楽天モバイルが米Innoeye(イノアイ)とInnoeye Technologiesを買収したと発表した。これにより、5Gネットワーク用の完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークプラットフォームの開発体制強化を目指す。(2020/5/13)

楽天の第1四半期決算、241億円の赤字 MNO事業の投資が負担に “送料込みライン”は8割が導入
楽天が2020年第1四半期の連結業績を発表した。売上高は前年同期比で20%近く成長したものの、楽天モバイルへの投資がかさみ、営業損益は241億円の赤字となった。(2020/5/13)

楽天、新型コロナの影響拡大に伴う支払い期限を7月末日まで延長
楽天モバイルと楽天コミュニケーションズは、新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う利用料金の支払いを期限を変更。5月25日以降についても、利用者から申し出があった場合は7月末日まで延長する。(2020/5/12)

「楽天モバイルショップ」が一部営業再開へ 時短営業で
新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から臨時休業していた楽天モバイルショップが、「特定警戒都道府県」以外で順次営業を再開する。営業時間は原則として「午前10時から午後4時まで」だが、テナント出店している店舗は異なる場合がある。(2020/5/11)

PCR検査キットで迷走する楽天、識者は「三木谷氏のスピード感に周囲が付いていけていない」
楽天は4月、新型コロナウイルスのPCR検査キットを販売するとしていたが、30日には一転して販売見合わせを発表した。迷走の背景には試行錯誤を続ける三木谷氏と、そのスピード感についていけない周囲の温度差がある。(2020/5/11)

スマホ決済5月のキャンペーンまとめ 3キャリア陣営だけでなく楽天やLINEも参戦
5月のスマホ決済キャンペーンも、「d払い」「PayPay」「au PAY」の3キャリア陣営によるものが多い。新型コロナウイルスの感染拡大によって、街中での決済利用を促進するキャンペーンは以前よりも減っている。5月から「LINEポイントクラブ」が始まった他、「楽天ペイ」もゴールデンウイーク総額100万ポイント山分けキャンペーンを行っている。(2020/5/9)

楽天どうした? PCR検査キット販売取りやめ 識者「三木谷氏のスピード感に周囲が付いていけていない」
新型コロナウイルスのPCR検査キットの法人向け販売開始で物議を醸していた楽天が、一転して一時的に販売代理を見合わせると発表した。(2020/5/9)

世界初?
Nokiaが楽天モバイルの5Gネットワークバックボーン構築に貢献
フィンランドのNokiaは最近、2つの大プロジェクトを抱えていた。アイルランド航空局のネットワークアップグレードと楽天モバイルのバックボーンとなる光ネットワークの構築だ。(2020/5/8)

携帯料金 A to Z:
“無制限プラン”はauと楽天が提供 4キャリアのLTE向け大容量プランまとめ
現行のiPhoneなど、5G未対応モデルを使用している場合には、まだしばらくLTE向けのプランを利用する必要がある。今回は、楽天モバイルを含めた4キャリアのLTE向け大容量通信プランの料金を比較した。一部注釈は付くが、無制限プランを提供しているのはauと楽天モバイル。(2020/5/4)

まずは都内から:
「楽天リアルタイムテイクアウト」5月7日開始 楽天ポイント10倍の特典も
楽天が、飲食店のテークアウト支援サービス「楽天リアルタイムテイクアウト」を5月7日から提供する。先行導入店舗として、東京都渋谷駅と五反田駅の周辺地域にある飲食店187店舗から導入する。5月1日から飲食店のサービス申し込みを受け付けている。(2020/5/1)

楽天モバイルのキャリアサービスで通信障害 無料サポータープログラムから「UN-LIMIT」に移行したユーザーの一部が対象【復旧】
楽天モバイルのキャリア(MNO)サービスで通信障害が発生している。現在は復旧作業を進めつつ、障害の具体的な原因や範囲を調査している。【追記】(2020/5/1)

楽天モバイルで通信障害 「無料サポーター」からのプラン変更者が対象 原因はソフトウェアの不具合
楽天モバイルで通信障害が発生。無料サポーターから「UN-LIMIT」に移行すると通信しづらい状況になる。原因は、同社のネットワーク設備の一部ソフトウェアに不具合が生じたため。(2020/5/1)

新型コロナウイルス対策で「在宅勤務」は2割増、約半数が今後の普及に前向き――楽天インサイト調べ
7都府県対象の緊急事態宣言(2020年4月7日)直後の調査によると、勤務先に在宅勤務制度が導入されている人は全国で34.3%で、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で在宅勤務をしている人は2割を超えた。また、5割近くの人が、今後の在宅勤務の導入・普及に前向きであることが分かった。(2020/5/1)

格安スマホを利用しない理由、約半数が「現在のサービスに満足している」 マイボイスコムの調査
マイボイスコムは、4月30日に「格安スマホ」に関する調査結果を発表。利用者は約25%と過去調査と比べて増加傾向にあり、主に利用しているサービスは「楽天モバイル」が24.4%でトップ。利用していない理由は「現在利用しているもので満足している」が最も多い。(2020/4/30)

楽天、PCR検査キットの販売見合わせ 製造元の経営体制変更で
楽天は、新型コロナウイルスを検出できるPCR検査キットの販売を見合わせると発表した。製造元のジェネシスヘルスケアが経営体制を変更したためとしている。(2020/4/30)

楽天PCR検査キット、一時販売見合わせを決定 製造会社の体制変更で
28日には週刊文春が代表の経歴詐称疑惑について報道していました。(2020/4/30)

楽天、PCR検査キットの販売見合わせ 急遽方針転換
 楽天は30日、今月20日に法人向けに販売を開始した新型コロナウイルスを検出できるPCR検査キットについて、「一時的に販売代理を見合わせる」と発表した。楽天のPCR検査キットをめぐっては、正しく診断できずに感染を拡大させる危険性があることなどから、医療関係者の団体や専門家から懸念の声が相次いでいた。(2020/4/30)

楽天モバイルがメーカーごとの対応状況を公開 iPhoneは?
楽天モバイルが、同社の通信サービスを利用できるかどうかについて、メーカー(ブランド)ごとの対応状況をWebサイトで公開している。楽天モバイルが販売している端末以外のスマートフォンについては動作保証対象外だが、利用できるものもある。iPhoneは一部のモデルが利用可能となっている。(2020/4/27)

楽天、PCR検査キット“販売拡充”の言い分
楽天が法人向けに販売を開始した新型コロナウイルスのPCR検査キットに批判が集まっている。日本医師会は「この検査に頼りすぎるのは非常に危険だ」と警鐘を鳴らし、危機管理の専門家も「市中感染を広げる恐れがある」として販売を中止すべきだとするが、楽天は販売を拡充する意向だという。(2020/4/27)

新「iPhone SE」で楽天モバイルのSIMは使える?
楽天モバイルのMNOサービスでは、iPhoneは取り扱っていないが、SIMカードを入れ替えると使える場合がある。「iPhone SE(第2世代)」では、楽天SIMは使えるのだろうか。早速、無料サポータープログラムで使用している楽天モバイルのSIMを試してみた。(2020/4/24)

楽天のPCR検査キットが物議、専門医も「個人での使用控えて」 楽天は「在宅勤務ができないケースでの判断材料に」
出社を促すものではないようです。(2020/4/23)

楽天、PCR検査キットを法人向けに販売 感染の判定はできない
楽天は、新型コロナウイルスを検出できるPCR検査キットを法人向けに発売する。医療行為には当らず、感染の有無を確定させる診断には使えない。(2020/4/21)

「Rakuten Mini」の新色クリムゾンレッド、4月17日発売
楽天モバイルは、eSIMに対応したオリジナル端末「Rakuten Mini」に新色クリムゾンレッドを追加。「Rakuten UN-LIMIT」とセット契約すると「楽天ポイント」を5000ポイントをプレゼントする(2020/4/17)

4キャリアの大容量プランは固定回線代わりに使えそう? 速度・容量制限の違いは?
在宅生活で重要になるのが通信環境だ。モバイル通信を固定回線代わりに使っている、または使うことを検討している人も多いだろう。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリアが提供している大容量系プランの特徴や、容量・速度制限について整理した。(2020/4/17)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天モバイルがサービス開始日にローミングを5GB、超過時1Mbpsに改定――「赤字覚悟で捨て身の作戦か」業界から相次ぐ心配の声
楽天モバイルが、キャリア(MNO)サービス当日に料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」の提供条件を一部変更した。これによりユーザーの利便性は高まるが、サービスを提供する側に立つと「これで大丈夫か?」と不安になるのも事実だ。(2020/4/17)

「iPhone SE(第2世代)」、楽天モバイルの取り扱いは?
ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアが「iPhone SE(第2世代)」を取り扱うが、楽天モバイルからは登場するのか? 確認したところ、「(iPhone SEについて)新たにお知らせすることはありません」とのこと。SIMを入れ替えて使えるかどうかも現時点では不明。(2020/4/16)

吉野家で「楽天ポイントカード」が利用可能に 並盛1杯分相当の387ポイントが抽選で当たる
吉野家は、4月15日から共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」に対応。これを記念し、抽選で100人に1人牛丼並盛1杯分相当の387ポイントが当たるキャンペーンを実施する。(2020/4/15)

楽天モバイルがauとの「S10接続」を開始 両社ネットワークの切り替えが迅速化
楽天モバイルのキャリア(MNO)回線がau(KDDIと沖縄セルラー電話)のネットワークにローミングする際の接続方法に、基地局制御装置(MME)同士を直結する「S10インタフェース」が導入された。ネットワークの切り替えが高速化することで、特に通話時の強制切断が大幅に少なくなる。(2020/4/14)

「楽天モバイル」のSIMはiPhoneでも利用できる? 実際に試してみた
楽天モバイルは、同社が扱っていないスマートフォンに向けてAPN情報を公開している。特に気になるのがiPhoneの利用だ。iPhoneにSIMを入れ替えて利用できるのだろうか。早速、手持ちの「iPhone 11 Pro Max」で試してみた。(2020/4/14)

楽天モバイルがAPN情報を公開 他社端末は動作保証外
楽天モバイルが、他社製品で同社回線を利用するユーザー向けにAPN情報を公開している。iPhoneや、楽天モバイルが販売していないAndroidスマートフォンを利用する場合、手動でAPN設定をする必要がある。ただし楽天モバイルが取り扱わない端末は動作保証対象外となる。(2020/4/14)

Mobile Weekly Top10:
楽天モバイルがキャリアとしての正式サービスを開始/携帯電話を通販で買う「落とし穴」
楽天モバイルが、キャリア(MNO)としてのサービスを正式にスタートしました。その当日にプランの内容が改定され、より使いやすくなりましたが、今後はエリアの拡大が焦点です。(2020/4/13)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。