ニュース
» 2010年02月03日 17時11分 UPDATE

Gmail内で検索し、結果をメールにペーストできる機能が日本語に対応

Gmail Labsの「Google 検索」機能を使うと、メール作成画面上にポップアップする検索結果から、説明テキストやURLをメール本文にペーストできる。

[ITmedia]

 メールに待ち合わせ場所の説明を入れようと検索しているうちにメールを書いていることを忘れてしまった――。そんな経験はないだろうか。米Googleが2009年4月にGmail Labsで公開した「Google 検索」機能は、そんな失敗を防いでくれる機能だ。この機能が2月2日、日本語を含む多国語に対応した。

 「Google 検索」をインストールすると、Gmailサイトの左欄に「ウェブ検索」枠が追加される。ここで検索した結果はページ上にポップアップウィンドウとして表示され、マウスを置くと表示される矢印をクリックすることで結果をメールにペーストできる。このほか、リッチテキスト形式での新規メール作成画面のツールバーにGoogle 検索のアイコンが追加された。

gmail

 レストランやショップなどの検索結果に地図を表示する機能も数週間のうちに追加する計画としている。

 この機能を使うには、Gmailの画面右上のLabsアイコン(緑のフラスコ)をクリックし、Labsタブの「Google 検索」を有効にする。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

検索 | Gmail | Google | Google Labs/Gmail Labs


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -