ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「検索」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「検索」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

第1回 AI・人工知能EXPO【秋】:
「あの書類、どこやった?」AIが10万の書類から候補を提案 企業向け検索ツールが登場
AIを活用し、膨大な書類から関連性の高い書類を発掘できるサービスが「第1回 AI・人工知能EXPO【秋】」に登場。開発元に仕組みを聞いた。(2020/10/29)

タッチパネルでほしい商品を検索すると……:
“ロボット案内人”登場 目的の売り場まで誘導、カインズの新店舗
ホームセンターのカインズが、買い物客を案内するロボットを試験的に導入する。11月3日にオープンする「カインズ朝霞店」に設置。買い物客がタッチパネルで商品を検索して選ぶと、ロボットがその商品の並ぶ棚や通路の前まで動いて案内する。(2020/10/29)

モバイル版Google検索で猫や犬をAR表示する機能のハロウィーン版(たぶん期間限定)
モバイル版Google検索で動物や恐竜を検索するとAR表示できる機能のハロウィーン版が登場。猫は魔女の帽子をかぶった黒猫として表示される他、踊る骸骨やかぼちゃのランタンなど、6種類を表示できる。(2020/10/29)

Apple、Google検索に代わる独自検索エンジンを開発中か──Financial Times報道
「iOS 14」のホーム画面での検索では、Googleエンジンを介さずに検索結果が表示されることなどから、Appleが独自検索エンジンを開発中だとFinancial Timesが報じた。(2020/10/29)

AI・機械学習のデータセット辞典:
画像データをキーワード検索で効率的に収集する方法(Python「icrawler」のBing検索)
Bingキーワード検索による画像データの収集を、Pythonライブラリのicrawlerを使って簡単に行う方法を紹介する。たった3行のコードで非常にシンプル。(2020/10/28)

Twitter、米国ユーザーのタイムライントップに大統領選に関する注意喚起を表示
コロナ禍で郵便投票を選ぶ有権者が多く、開票で混乱する可能性のある米大統領選を約1週間後に控え、Twitterが米国ユーザーのタイムラインと検索ページに選挙関連の正しい情報につながる注意喚起を表示し始めた。(2020/10/27)

Googleさん:
「Google検索は競争を阻害している」のか? 米司法省とGoogleの言い分を整理してみた
米司法省がGoogleを独禁法違反で提訴しました。これから長くなりそうなので、訴訟の要旨をまとめてみました。(2020/10/25)

米司法省、Googleを独禁法違反で提訴 Googleは「ユーザーがわれわれを選んでいる」
米司法省がGoogleを独禁法違反で提訴した。検索および検索広告市場を不法に維持していると指摘。Googleは、この訴訟は「ひどい欠陥」があるとし、「ユーザーは強制されてではなく、自らGoogleを選んでいる」と主張する。(2020/10/21)

Google、ハミングや口笛での楽曲検索を発表 Android版は日本語含む20カ国語で提供開始
曲の雰囲気だけで検索できます。(2020/10/20)

人もデータもナレッジも、全てが分散する時代:
PR:ニューノーマル時代のビジネスを支えるシステム横断型データ検索とは
テレワークとSaaSの普及によって組織のデータは複数の場所に分散している。これまで以上に、最適な情報を素早く取得して活用する技術の重要性が増すはずだ。ニューノーマル時代に必要なデータ検索の仕組みとは。(2020/10/20)

Google、「この曲何?」→ハミングで曲名検索 機械学習で
スマートフォンのGoogleアシスタントに「この曲何?」と言った後ハミングすると、曲名とその曲の動画リンクを表示するようになった。曲の旋律を指紋代わりに使って検索する。(2020/10/16)

Android版Googleマップでもナビアイコンをかわいい車に変えられるように
Android版Googleマップの経路検索で、車のナビで表示される青い矢印を車のアイコンに変えられるようになった。iOS版では2018年から可能だった機能だ。(2020/10/13)

「Yahoo!きっず」に子ども向け画像検索機能が追加 小学生に大人気「鬼滅の刃」で検索してみると?
小学校での調べ学習を想定。(2020/10/8)

Yahoo!きっずに“安全な画像検索”機能 フィルタリングで不適切画像をブロック
ヤフーが「Yahoo!きっず」に画像検索機能を追加した。不適切なコンテンツがヒットしないようフィルタリングした上で提供する。(2020/10/8)

Google、アシスタントの”シークレットモード”追加や「セキュリティ通知」改善
Googleが、同社サービスのセキュリティとプライバシーに関する新機能を発表した。「セキュリティ通知」がこれまでより気づきやすくなり、「Googleアシスタント」にも検索やマップにあるようなシークレットモードが追加される。(2020/10/8)

辞書サイトで「schadenfreude(他人の不幸を喜ぶ)」の検索が3万%増 トランプ大統領感染に関連して
日本語で言うと「人の不幸は蜜の味」のような言葉。(2020/10/4)

米司法省、Google提訴へ 検索エンジン巡り独禁法違反 GAFA包囲網狭まる
米司法省が、検索サービスで優越的な地位を利用し、市場競争を阻害しているとして、米Googleを提訴する見通しだ。提訴すれば1990年代後半の米Microsoftに対する訴訟以来の、巨大企業の独禁法違反を問う大型法廷闘争となる。(2020/9/30)

Tech TIPS:
「Google日本語入力」を統合する「Gboard」で単語をユーザー登録する方法
スマートフォン/タブレットの日本語入力システム(IME)では、会社名や人名などが一発で検索できないことがよくある。そんな場合は、IMEの辞書に単語を登録すればよい。Android向けの「Gboard」で単語を登録する手順を解説。(2020/9/30)

AIで「類似アイテム検索」、コーデ画像から欲しいアイテム発見 ZOZO「WEAR」に実装
ZOZOのコーデアプリ 「WEAR」に、気になるアイテムと似た商品を自動でピックアップできる「類似アイテム検索」が実装。子会社のZOZOテクノロジーズが技術開発した。(2020/9/28)

Googleマップ、日本で「自転車ルート」に対応 10都道府県で
東京、神奈川、大阪、愛知、埼玉、千葉、兵庫、北海道、福岡、静岡の10都道府県で自転車ルートを検索できるようになる。(2020/9/18)

Twitter、「話題を検索」に「米選挙」タブ追加 正しい情報提供で投票を支援
Twitterが、11月3日の米大統領選に向けて、関連する正しい情報を提供するために、米国の公式アプリの「話題を検索」タブに「米選挙」タブを追加した。(2020/9/16)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:あなたの知らない検索の世界
特集は特殊用途特化型検索サービスと「NVMe over TCP」、NoSQLデータベース&インメモリデータベースの3本。他に5Gプロトコルの脆弱性、Slackの最新動向、TensorFlow Liteを搭載し、JavaScriptで独自アプリも作れるスマートウォッチなどの記事をお届けする。(2020/9/13)

Google、米大統領選に向けて検索オートコンプリートで誤解を招く候補は非表示に
Googleが、米大統領選保護の一環として、検索フレーズのオートコンプリートに、選挙の候補や政党、選挙の安全性に関する主張の可能性のある候補を表示しないようにした。(2020/9/11)

コンテナイメージへの匿名アクセスも可能に:
GitHubでパッケージを公開できるサービス「GitHub Container Registry」のパブリックβ版を公開
ギットハブ・ジャパンは「GitHub Container Registry」のパブリックβ版を公開した。GitHub Packagesの新機能でDockerイメージの公開や共有、検索ができる。(2020/9/11)

「LINE」で完結するオンライン診療、11月スタート
LINEヘルスケアは、病院の検索から予約、診察、決済までLINEのみで完結するオンライン診療サービス「LINEドクター」を11月に開始する。(2020/9/10)

料理の絵をAIが認識、テークアウトできる店を検索 ホットペッパーで新サービス
スマートフォンで食べ物の絵を撮るとAIが認識し、テークアウトできる飲食店を自動で検索するサービスが登場。名称は「おえかきテイクアウト」。親子などに向けて「ホットペッパーグルメ」の特設サイトで提供する。(2020/9/10)

“プロのレシピだけ”探せる検索サイト「レシピけんさく」が便利と話題 「これを待ってた!」「実に見やすい」
調理時間や塩分量といった条件で絞り込みもできます。(2020/9/10)

トランプ大統領の息子「“モブ(暴徒)”の検索結果が操作されている!」→モブ君だらけの画面で「モブサイコ100」が世界でバズる
まさかのトレンドイン。(2020/9/10)

マスクやアルコール除菌商品の価格が約9割下落、一部ゲーム機は上昇 在庫速報.com調べ
通販サイトの在庫から最安値を検索できる「在庫速報.com」が、最新価格トレンドを発表。マスク全体や除菌ジェル・除菌スプレーの平均価格は最大9割下落するも「日本製マスク」「夏用マスク」はまだ高い水準で推移。ゲーム機はPlayStation 4が8%上昇している。(2020/9/10)

Amazon Fire TV、「ライブ」機能を日本で追加 ライブ配信コンテンツを検索、視聴可能に
Amazon Fire TVに「ライブ」タブが日本で追加。ライブ配信されるコンテンツをFire TVのメニュー画面から素早く検索し、視聴できるようになる。(2020/9/10)

クックパッドは除外、「プロのレシピだけ」検索できる「レシピけんさく」
プロのレシピだけを検索できる「レシピけんさく」が登場。クックパッドなどユーザー投稿型サービスは検索対象外だ。(2020/9/9)

Googleマップ、DeepMindとの提携で東京などでの到着予定時刻の精度が大幅アップ
Googleマップの経路検索の到着予定時刻の精度が、DeepMindと提携して開発したGNN採用ツールで大幅に向上した。(2020/9/4)

若年層の利用拡大狙う:
カラオケ機能も搭載 LINE MUSIC大幅刷新
LINE MUSICは運営する音楽配信アプリを大幅に刷新した。利用者の視聴傾向から好みの楽曲を提案する機能のほか、カラオケ機能や、流れている楽曲を検索する機能などを搭載した。ユーザーの約7割が10〜20代。複数の機能を追加し利用者の増加を狙う(2020/9/2)

Google、検索結果画像に「ライセンス可能」バッジ表示で購入支援
Googleの画像の検索結果で、著作権があって購入して使うことができるものには「ライセンス可能」バッジが表示されるようになった。サムネイルの詳細のリンク先でライセンスを購入することも可能だ。(2020/9/1)

東京メトロ、経路検索からタクシーとシェアサイクルを予約できる新アプリ
東京メトロがタクシー配車やシェアサイクルなど複数の交通手段を組み合わせた経路検索に対応するスマホアプリの提供を始めた。鉄道・バスの経路検索やメトロの列車・駅の混雑度を表示する機能を備える。(2020/8/27)

多彩な経路検索や混雑見える化に対応した新アプリ「東京メトロmy!アプリ」リリース
東京メトロは「my! 東京MaaS」の一環として、MaaS機能を実装した新アプリ「東京メトロmy!アプリ」をリリース。リアルタイムの運行情報や多彩な経路検索に対応し、列車や改札口の混雑も確認できるようになる。(2020/8/27)

文化財など2100万件以上のデジタルデータを横断検索 「ジャパンサーチ」正式公開
内閣府が、文化財など国内のコンテンツのデジタルデータを、保管場所を横断して検索できるポータルサイトを公開。国立国会図書館など46機関が持つデータベースから2100万件以上のデータを閲覧できる。(2020/8/25)

Googleマップ、都バスのリアルタイム位置情報に対応 経路検索時に表示
公共交通オープンデータ協議会が8月18日から、東京都交通局の運行する都営バスの走行情報データをGoogleへ提供開始。Googleマップの経路検索画面に都営バスの現在位置が表示されるようになった。(2020/8/19)

池袋・高田馬場駅にスマートコインロッカー スマホでの予約、鍵の共有、キャッシュレス決済に対応
西武鉄道が池袋駅と高田馬場駅にスマートコインロッカー「SPACER」を導入した。スマホと専用アプリで、ロッカーの検索や予約、荷物の受け渡し、利用料のキャッシュレス決済などができる。(2020/8/18)

働き方改革時代の「ゼロトラスト」セキュリティ(5):
「ゼロトラストとは」で検索してもよく分からない?――米国政府による定義「SP 800-207」を読み解く
デジタルトラストを実現するための新たな情報セキュリティの在り方についてお届けする連載。今回は、米国政府が考えるゼロトラストの定義と実践の姿について。(2020/8/18)

マスク1枚あたりの最低価格が6円/枚に 在庫速報.comが発表
通販サイトの在庫から最安値を検索できる「在庫速報.com」は、マスク1枚あたりの最低価格が6円/枚になったと発表。記録を開始してから最高価格だっら4月24日時点の57円と比較し、7週間で約9割下落している。(2020/8/14)

noteユーザーのIPアドレスが漏えい、運営会社が謝罪 有名人のIPアドレスと一致する5ちゃんねる投稿が検索される事態に
コンテンツ配信サービス「note」を運営するnote社は、記事投稿者のIPアドレスが第三者から確認できてしまう不具合があったとして謝罪した。(2020/8/14)

産総研の地理研究チーム、Webブラウザ上で3Dデータを地図に重ねて表示する「3DDB Viewer」公開
産総研の地理研究チームが、3次元データをWebブラウザ上で検索して表示、ダウンロードできるツールを無償公開した。(2020/8/13)

名刺SNS「Eight」で情報機関員などの本名が閲覧できる状態に 非公開にする方法は
治安や防衛、情報収集活動に関わる人物の中でも、Sansanの名刺SNS「Eight」を利用している人の一部の所属と本名がGoogle検索で誰でも見られる状態だった。Eightの設定で外部に公開しないよう変更できるため、自分自身の情報を慎重に扱うべきユーザーはいま一度設定を見直すべきだろう。(2020/8/12)

Google、Android端末利用のグローバルな地震検知ネットワークを構築
Googleが、Android端末の加速度計を活用するグローバルな地震検知ネットワークの構築を発表した。Google検索結果に最寄りで発生した地震を表示する他、将来的にはこのネットワークに基づく緊急地震警報を表示する計画だ。(2020/8/12)

「Googleの検索順位に大変動」と騒然 変更ではなくバグ、Googleは「修正中」
「スパムだらけになった」といった報告も寄せられていました。(2020/8/11)

半径300メートルのIT:
「URLが書いてあったら詐欺だと思え」はニューノーマル時代の新マナーか
接触確認アプリ「COCOA」の利用を促すSMSが届きました。親切に誘導するのであればメッセージにアプリインストールへのURLを記載していそうなところ、案内には「アプリストアで検索してインストールしてください」と書いてあるのみ。しかし、これはセキュリティ対策としては非常にまっとうな対応なのです。(2020/8/4)

Tech TIPS:
【Chromium版Edgeトラブル】デフォルト検索エンジンをGoogleに変更できない
Windows 10の新しい標準WebブラウザとなるChromiumベースの「Microsoft Edge」は、Google Chromeと使い勝手が似ており、同じ拡張機能も利用できる。ただ、デフォルトの検索エンジンが「Bing」であることから違和感を持つ人もいるようだ。そこで、アドレスバーなどで利用される検索エンジンを変更する方法を紹介しよう。(2020/7/31)

「NAVITIME」、「トータルナビ」を無料開放
ナビタイムジャパンが「NAVITIME」トップページのデザインをリニューアル。従来は有料だったルート検索サービス「トータルナビ」を無料開放した。(2020/7/30)

ソフトバンク、オンライン健康医療相談サービス「HELPO」を提供
ソフトバンクのグループ会社であるヘルスケアテクノロジーズは、7月29日にオンライン健康医療相談サービス「HELPO」を提供開始。アプリなどを通してオンライン健康医療相談や病院検索、一般用医薬品などの購入がワンストップで行える。(2020/7/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。