ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「検索」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「検索」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

OpenAI、リアルタイム検索のRocksetを買収 「検索インフラを強化する」
OpenAIはリアルタイム検索と分析ツールを手掛ける新興企業Rocksetを買収した。Rocksetの技術を統合して製品全体の検索インフラを強化する。(2024/6/22)

改善カード機能を追加:
広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キーワード・検索クエリの最適化が簡単にできるようになった。(2024/6/21)

Google、「ハッシュタグ(#)」検索を可能に 文章検索が面倒な人向けか
Google日本法人は6月19日、「ハッシュタグ(#)」を使った検索が可能になったと発表した。ハッシュタグの後が日本語となっていれば、Google検索サービスで利用できるとしている。例えば、「#チョコレート」の検索結果には、動画やブログ、SNSなどの媒体から得られた情報が表示される。(2024/6/21)

ソフトバンクと提携のPerplexity、「記事を盗用した」とForbesが非難
AI検索の新興企業で先日ソフトバンクとの提携を発表したPerplexityについて、ForbesとWiredが記事を盗用されたとしている。ForbesはCEOに対し、誤解を招く記事を削除するよう求める書簡を送ったと報じられた。(2024/6/20)

LLM×検索エンジンによる真価【後編】
「Google検索より便利」とうわさのPerplexity AIは本当に“使える”か?
Google検索に代わる存在としてAI搭載検索エンジン「Perplexity AI」が注目を集めている。本当にGoogle検索以上に役立つものなのか。筆者が実際に使ってみた。(2024/6/21)

Yahoo!ブラウザーで画像から「クルマ検索」が可能に 約3000車種の詳細や価格が分かる
Androidアプリ「Yahoo!ブラウザー」の「カメラ検索」は、自動車の写真から車種や新車価格、車体寸法、年式を検索できる「クルマ検索」を提供開始。検索できる自動車は約3000車種で、順次拡大していく。(2024/6/19)

Google、日本独自の「ハッシュタグ検索」開始 インスタやXの投稿をカード状に表示
Google日本法人は、日本独自の検索機能「ハッシュタグ検索」を発表した。検索したい言葉の先頭に「#」を付けると、検索結果として関連するX、YouTube、Instagram、ブログなどの投稿がカード状に表示される。(2024/6/19)

Perplexity 創業者CEOインタビュー:
「Google検索を脅かす」Perplexity、他の生成AIチャットbotとどう違うのかを聞いた
AI関連で大きな注目を集め、著名人からの投資を次々に獲得しているPerplexity AI。「Google検索を駆逐する」と表現されることもあるが、何を目指したどんなサービスなのか。来日した創業者CEOに、いろいろと聞いた。(2024/6/20)

AI検索「Perplexity(パープレ)」でできること ChatGPTやGoogle検索とは何が違う?
ソフトバンクは、米国のAIスタートアップであるPerplexityとの戦略的提携を発表した。携帯ユーザーに1年無料でProプランを提供する。将来的にはソフトバンク製LLMの採用も目指す。(2024/6/17)

ソフトバンクユーザーなら、生成AI検索「Perplexity Pro」が1年無料に ワイモバイル、LINEMOも対象
ソフトバンクは6月17日、生成AIスタートアップの米Perplexityとの戦略的提携を発表した。ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMOユーザーであれば、AI検索エンジン「Perplexity」の有料版「Perplexity Pro」を1年無料で使用可能だ。(2024/6/17)

ソフトバンク、AI検索エンジン「Perplexity」と提携、スマホユーザーは1年無料に
ソフトバンクは6月17日、生成AIを活用した検索エンジンPerplexity(パープレキシティ)と戦略的提携を行うと発表した。6月19日より、ソフトバンク、Y!mobile、LINEMOの3ブランドのユーザーを対象に。AI検索エンジンPerplexity Proを1年間無料で提供する。(2024/6/17)

LLM×検索エンジンによる真価【前編】
Google検索とは全然違う? Perplexity AIの「AI検索エンジン」とは
Google検索など従来の検索エンジンに代わる存在として、AI搭載の検索エンジン「Perplexity AI」が注目を集めている。何ができるのか。(2024/6/14)

セキュリティニュースアラート:
Splunkが製品ポートフォリオ全体にAIを搭載 業務の効率化と簡素化に寄与
Splunkは同社の製品ポートフォリオ全体にAIソリューションを導入する。生成AIツール「Splunk AI Assistant」が製品に組み込まれることで自然言語での情報検索やクエリの生成などが可能になる。(2024/6/13)

乗換案内に「AI音声入力」を導入 「今日、渋谷に夕方5時」で経路検索
ジョルダンは、経路検索アプリ「乗換案内」で「AI音声入力 乗換案内」を提供。これまで音声入力は出発地と目的地の入力に対応していたが、日時や利用する交通手段まで一度に入力できるようになった。(2024/6/11)

Social Media Today:
Googleも認める“TikTok検索”のとてつもない影響力
ユーザーが製品を発見するプロセスにおいてTikTokが果たす超強力な役割についてのインサイトが公開された。(2024/6/11)

【事前情報】ものづくり ワールド[東京]2024:
スマートスケープ、類似品を2秒で検索できる3D類似形状検索システムなどを展示
スマートスケープは「第36回 ものづくり ワールド[東京]/第2回 製造業DX展」に出展。類似品を約2秒で検索できる3D類似形状検索システム「SS4M」を中心に、現場業務の効率化やコスト削減に貢献するソリューションを提案する。(2024/6/7)

「Google、えらすぎる」 “雑な検索ワード”から「何を知りたいか」をピンポイントで出してくる様子に感嘆の声
こんな雑な指示でいいのか……。(2024/6/7)

「Yahoo!検索」に商品レビュー要約表示 生成AI活用
「Yahoo!検索」に、ユーザーが投稿した商品レビューを、生成AIが要約して表示する「レビューAI要約」機能を実装。(2024/6/6)

製造ITニュース:
自然言語による図面検索や管理が実現可能 日本語対応LLMによるAIエージェント
AI insideは同社の事業戦略に関する説明会を開催した。「DX Suite」や「Heylix」など同社のプロダクトについての戦略発表を抜粋して紹介する。(2024/6/5)

仕事を奪われる?:
SEO対策は「オワコン」か? 検索エンジンへの生成AI実装、予測される未来は
生成AIの実装によって、果たしてSEO対策はオワコンとなるのか? その真相について解説します。(2024/6/4)

「どの生成AIに課金すべき?」を見極めるためにAI検索サービスに課金するという方法
生成AI各社のアップデートが一通り出そろいました。でも、自分の仕事にどの生成AIが適しているのか、分かりませんよね。そこで提案したいのが、「Perplexity AI」に課金するというやり方です。(2024/5/31)

流出した「Google検索」の社内文書、グーグルが本物と認める
Googleの検索部門内部から大量に漏えいしたとされるAPIドキュメントに関する内容がSEO専門家によって明らかになった件について、米The VergeはGoogleが漏えいした内容が本物であると認めたと報じている。(2024/5/31)

Google、「ピザに接着剤」回答についての対策を説明
Googleは、テスト中の検索機能「AI Overview」(日本では「AIによる概要」)で「ピザに接着剤を投入する」などの誤った回答を表示した件について、原因と対策を公式ブログで説明した。(2024/5/31)

脱炭素:
東急建設が「建材CO2検索システム」を社外に公開、2024年秋から一般向けにも
東急建設は、自社の建設事業で独自に収集/活用してきた低炭素建材のデータベースをクラウド化し、建材CO2検索システム「CMCOS」として社外からの利用を可能にした。まずは建材メーカーを中心に公開して内容を充実させ、2024年度の秋をめどに、一般ユーザーへの公開を予定している。(2024/5/31)

宿泊施設のWi-Fi速度が分かるレビューサイト、GMOが提供開始
GMOインターネットグループは宿泊施設のWi-Fi速度に着目したレビューサイト「ホテルレビューン byGMO」の提供を開始した。各宿泊施設のWi-Fi速度を紹介する他、宿泊施設の検索時には平均速度や利用時間帯で絞り込むことができる。(2024/5/28)

米国のGoogleロゴ、戦没将兵追悼記念日(Memorial Day)で今年も灰色に
Google検索のロゴが5月27日、米国でいつもの4色から灰色に変わった。戦没者追悼記念日(Memorial Day)を記念するものだ。リンク先のMemorial Day検索結果のページには、赤いケシの花が揺れる。(2024/5/28)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。(2024/5/28)

Android版「YouTube Music」にAI鼻歌検索機能
Googleの「YouTube Music」のAndroidアプリで、鼻歌検索が可能になった。Google検索とYouTubeアプリでは既に利用可能な機能だが、プレイリスト登録などで便利だ。(2024/5/26)

Google検索の生成AI「AI Overview」、「ピザに接着剤」「犬がNBAでプレイ」などと回答 Redditとの提携の影響か
Googleが検索結果でプレビューテスト中の生成AI「AI Overbiew」で「ピザのチーズに接着剤を入れる」などのアドバイスが表示され、話題になっている。このアドバイスは10年以上前にRedditに投稿されたジョークを参照しているようだ。(2024/5/24)

MicrosoftのBingやCopilotが一時的にダウン ChatGPT Plusにも影響(ほぼ復旧済み)
MicrosoftのBingやCopilot関連の一連のサービスが数時間アクセスしづらくなっていた。ChatGPTのWeb検索やDuckDuckGOにも影響した。Microsoftは障害を認め、調査中だとポストした。(2024/5/24)

Google、「AI Overview」の上下に広告を表示させるテストを米国で開始へ
Googleはマーケター向け年次イベントで、検索結果上部に表示されるようになるAIによる情報要約「AI Overview」(旧SGE)にも広告を表示させるテストを米国で開始すると発表した。(2024/5/22)

サイトやメール「どこで見たっけ」すぐ分かる AIで履歴検索「回顧」 「Copilot+PCs」に搭載
「Copilot+PCs」には、閲覧中の画面を数秒ごとに保存しておき、後から横断検索できる「回顧」(Recall)機能が、プレビュー版として搭載される。(2024/5/21)

セキュリティニュースアラート:
WinSCPとPuTTYの偽インストーラーに注意 検索エンジンの広告経由で感染を狙う
Rapid7は検索エンジン上の悪意ある広告を介してトロイの木馬化されたWinSCPやPuTTYのインストーラーを配布する進行中のキャンペーンを発見した。Windowsユーザーが誤って偽のダウンロードページに誘導される危険性がある。(2024/5/21)

JSONとリレーショナルを効率的に利用できる仕組みを導入:
Oracle、「Oracle Database 23ai」を発表 AIベクトル検索に対応、SQLでBoolean型を追加
Oracleは、コンバージドデータベースの最新バージョン「Oracle Database 23ai」を発表した。AIベクトル検索が導入されたことに加え、SQLの改善も複数施されている。グラフデータベース機能やRaftプロトコルも実装された。(2024/5/20)

Googleで「Minecraft」を検索すると……
Googleで「Minecraft」や関連ワードを検索すると、画面にスティーブの手が現れて画面を採掘できる。そんな特別演出が始まった。(2024/5/17)

Social Media Today:
「Google I/O 2024」で見えた生成AI時代の検索 Googleからのトラフィックはなくなってしまう?
Googleが年次開発者イベントで発表した生成AI関連の新情報を紹介する。(2024/5/17)

Threads、往年のTweetDeck的なフィード(タイムライン)のテストを開始
MetaはSNS「Threads」のWebアプリで、TweetDeck(現XPro)のようなUIのテストを開始した。「おすすめ」や検索、興味のあるトピックをカラムにして固定できる。(2024/5/17)

Google検索にも生成AIを導入 計画やブレストの手助けに 動画撮影しながら質問も
Googleが、Google検索用に生成AIモデル「Gemini」を導入する。単に調べるだけでなく、計画やブレインストーミングなどに関する質問もできるようになる。動画を撮影しながら検索する機能も提供する。(2024/5/15)

Androidに“Google AI”の新機能 OSにGeminiを統合、「かこって検索」で問題を解く機能など
米Googleが、Android向けに搭載するAI関連の新機能を発表した。特定の部分を丸で囲って検索ができる「かこって検索」を、学習に活用できるようにする。Androidに生成AIモデルの「Gemini」を統合し、アプリ上のオーバーレイ表示から、より簡単にGeminiを利用可能になる。(2024/5/15)

Google フォト、Geminiを活用した「Ask Photos」機能 質問して写真を検索
米Googleが、Google フォトにAIモデル「Gemini」を活用した検索機能「Ask Photos」を発表した。試験的な機能として、今後数カ月にわたって提供する。Google フォトのチャット画面で問いかけることで、特定の思い出を探したり、写真や動画に含まれる情報を探したりできる。(2024/5/15)

リクルート、スポットワークに特化した求人サービスを展開 2024年秋から提供開始へ
リクルートは5月13日、スポットワークに特化した求人サイトサービス「タウンワーク スキマ (仮称)」を2024年秋に開始すると発表した。求職者は日付や時間指定をすることで、スポットワークに特化した求人の閲覧・検索・応募ができる。(2024/5/14)

「Google先生とYahoo!ちゃんの扱いの違いよ!」 西川貴教、検索結果ページの“違い”にツッコミ→「笑いが止まらない」「インパクトあり過ぎ」ファン驚き
フィギュアだったか……。(2024/5/13)

OpenAI、Google I/O前日に何かを発表へ 「GPT-5でも検索でもないよ」とアルトマンCEO
OpenAIは、5月13日午前10時に「ChatGPTとGPT-4に関する更新」についてのライブ配信を行うと発表した。アルトマンCEOは「GPT-5でも検索でもない」と言うが、この日時はGoogleの年次カンファレンス基調講演の24時間前に当たる。(2024/5/11)

AI:
不動産情報サイトで、AIが類似の貸店舗を表示する新機能を搭載
不動産情報サイト「アットホーム」の貸店舗検索ページに、AIがキーワードを解析し類似の物件を表示する新機能が追加された。(2024/5/10)

セキュリティニュースアラート:
Geminiを搭載 Googleが新たな脅威インテリジェンス「Google Threat Intelligence」を発表
Googleは新たな脅威インテリジェンスソリューション「Google Threat Intelligence」を発表した。Mandiantの知見とVirusTotalコミュニティーのサポートなどに加えて、生成AI「Gemini」の搭載によって脅威情報の検索と洞察の迅速化を実現する。(2024/5/9)

NEC、「AIで迅速な犯罪解決」目指す米スタートアップに出資
NEC Xは、警察署間の情報共有システム「BLTN」を提供する米国のスタートアップMultitude Insightsに出資したと発表した。BLTNはAIを活用して関連する犯罪の検索と分析を実施する他、警察署間や他の法執行機関などとの情報共有を円滑化し、迅速な犯罪解決を可能にするという。NEC Xが運営するベンチャースタジオプログラム「Elev X! Boost」の一環として実施する。(2024/5/9)

「Apple Pencil Pro」はひねり検知や紛失時の検索に対応 新しい「iPad Air」「iPad Pro」で利用可能 「Magic Keyboard」にも新型登場
新しいiPad Air/iPad Proの発売に伴い、「Apple Pencil Pro」が登場した。ひねり検知や「Find My」による検索にも対応している。(2024/5/8)

タブレットで“大幅に増加した”用途は? 人気サイズは9型以上 MM総研が調査
MM総研は、タブレットの所有/利用状況に関するアンケート調査結果を発表した。利用している機能/サービスは「インターネット検索/情報収集」が最多だが、過去の調査と比較すると「動画視聴」が大幅に増加している。(2024/5/7)

AI:
住宅営業の成約率が上がる間取りを“3分で提案” 土地形状に応じてAIがプランを検索
スタジオアンビルトは、建設予定地の形状を敷地図や不動産チラシからトレースすると、土地に合う複数の間取りを提案できる注文住宅の営業支援ツール「madreeデータバンク」の新機能を追加した。(2024/5/7)

「Yahoo!乗換案内」が累計6000万ダウンロード突破 検索数が増えた/多い駅ベスト10も発表
LINEヤフーの提供する乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」が累計6000万ダウンロードを突破。2022年に累計5000万ダウンロードを達成してから約2年で達成し、検索数の上昇率が高い駅なども公開している。(2024/5/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。