ソフトバンク、AI検索エンジン「Perplexity」と提携、スマホユーザーは1年無料に

» 2024年06月17日 11時12分 公開
[石井徹ITmedia]

ソフトバンクは6月17日、生成AIを活用した検索エンジンPerplexity(パープレキシティ)と戦略的提携を行うと発表した。

Perplexity Pro Perplexity Pro

 6月19日から、ソフトバンク、Y!mobile、LINEMOの3ブランドのユーザーを対象に、AI検索エンジンPerplexity Proを1年間無料で提供する。

 Perplexityは、ChatGPTのように質問できる検索エンジンだ。検索したい内容を文章で入力すると、AIが検索を代行して、検索結果を文章による要約として表示できる。回答の根拠となる情報源が標示されるため、信頼高い回答が得られる。

 Google検索との違いは、結果の表示が分かりやすいことだ。その言葉と似た言葉を含めて検索するため、精度の高い結果を出力できる。

 さらに、検索の精度を高めるAIが組み込まれている。ユーザーが打ち込んだ情報を複数の検索キーワードとして解釈し、検索を複数回試行して関連情報をまとめて表示する仕組みになっているためだ。

Perplexity Pro Perplexity Pro

 PerplexityのPro版は、GPT-4oやClaude 3 Sonnetなどの複数の大規模言語モデル(LLM)を回答エンジンとして選択できる。通常価格は月額20ドルだが、ソフトバンクの携帯電話ユーザーには1年間無料のトライアルとして提供する。

 ソフトバンクの寺尾洋幸専務は「AIをより多くのお客さま、若い方だけでなく、お年寄りの方、全ての方にお届けしたい」と企画の意図を説明。パープレキシティという日本語で発音しづらい名称は「パープレ」と略して普及させていく方針を示した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー