ニュース
» 2010年02月05日 11時14分 UPDATE

Linuxカーネル開発者、LinuxカーネルからAndroidコード削除について説明

LinuxカーネルからAndroid OSのドライバコードが削除されたのは、「誰も気にしていないため」だが、Googleは自分たちのコードをメインラインにマージしないため、ドライバを作成する企業もLinuxカーネルコミュニティーに貢献できないことも問題だ。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 Linuxカーネル開発者は2月2日、Linuxカーネルから米Googleの「Android OS」のドライバコードを削除した理由について、ブログで説明した。AndroidがLinuxのメインのカーネルツリーから分岐する可能性がありそうだ。

 Android向けドライバコードは、2009年12月にLinuxのソースツリーから削除され、Linuxカーネル2.6.33には含まれない。米Novellに籍を置きLinuxドライバのメンテナンスを担当するカーネル開発者、グレッグ・クローハートマン氏によると、サブディレクトリ「drivers/staging/android」をコードベースから削除した理由は、「誰も気にしていないため」という。ステージングツリーにあるコードはメインカーネルツリーにマージするか、そうでなければ削除するというポリシーがあり、それに沿っての対応と説明している。

 クローハートマン氏によると、Googleは新しいブランチを作っており、Android向けのドライバが動作するにはGoogleが独自開発したセキュリティモデルのサポートなどが必要となる。Googleは自分たちのコードをメインラインにマージしないため、ドライバを作成する企業もLinuxカーネルコミュニティーに貢献できないという。

 Linuxカーネルコミュニティーではセキュリティなどの理由からもコードをマージするよう奨励しているが、Androidプラットフォームやドライバに関係する企業は貢献できず、開発/メンテナンスサイクルが大きくなっていると指摘している。

 クローハートマン氏はまた、Googleは自分たちのコードをクリーンナップしてアップストリームにする兆候を示していないとも記している。

関連キーワード

Linux | カーネル | Android | Google | 開発者




Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -