ニュース
» 2010年02月12日 18時15分 UPDATE

YouTube、動画再生速度をチェックできるダッシュボードを公開

IPv6対応やHTML5版のテストなど、高速化を進めているYouTubeが、ユーザーに動画速度を意識してもらうためのサービス「動画速度の履歴」を発表した。

[ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは2月11日、ユーザーが自分の環境での動画再生速度をほかと比較できるサービス「Video Speed Dashboard」(日本でのサービス名は「YouTube 動画速度の履歴」)を公開した。

 ユーザーが自分のPCで再生する動画の速度は、接続環境や利用しているISP(インターネットプロバイダー)、ビデオのサーバからの物理的な距離などさまざまな要因の影響を受ける。ユーザーはこのダッシュボードで、自分の動画再生速度と、同じISPを使っているほかのユーザー、同じ都市、国、世界の平均的な再生スピードをグラフで比較できる。この数値は、ユーザーが過去30日間同じWebブラウザとIPアドレスで再生したYouTubeビデオがWebブラウザに届くまでの速度の平均値という。

youtube

 ユーザーはこのデータを見ることで、自分の使っているISPがほかのISPより遅いとか、同じISPを使っていてもほかの要因で遅いといった現状を把握できる。YouTubeはこのサービスの提供を、Googleが取り組んでいる“Web高速化”の一環としている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -