ニュース
» 2010年02月24日 14時33分 UPDATE

国内ITサービス市場、2年連続でマイナス成長に

IDC Japanによると、2010年の国内ITサービス市場の規模は前年比1.0%減の4兆9777億円に。景気後退が響き、2年連続でマイナス成長になる見通しだ。

[ITmedia]

 IDC Japanは2月24日、国内のITサービス市場の予測を発表した。2010年の市場規模は前年比1.0%減の4兆9777億円となる見通しで、2年連続でマイナス成長。2009年の景気後退によるIT投資縮小の影響を受ける格好だ。

 2009年は景気後退により、システムインテグレーション案件の中止や延期が相次いだ。その結果2009年の市場は同3.8%減の5兆257億円にとどまった。新興国を中心に外需の持ち直しが起こり、グローバルに事業を展開する製造業の業績は好転し始めている。だが企業は新規のシステム構築に慎重になっており、2010年もマイナス成長になる見通しだ。

 IDCは2009年に起こったIT基盤の統合化や最適化、クラウドサービスの利用などが今後の国内のITサービスの支出に影響を与えるとみる。少ない投資で効果を得ようとする企業が増え、ITサービス市場は景気後退前よりも低い伸び率で推移。2009年から2014年までの同市場の年間平均成長率は1.8%になる見込みだ。

国内ITサービス市場の投資額実績と予測 出典:IDC Japan

関連キーワード

IDC | ITサービス | 不況




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -