ニュース
» 2010年03月01日 07時24分 UPDATE

Google、英語版検索ツールに地域情報絞込み機能「Nearby」を追加

「Nearby」オプションをつけて検索すると、検索語として「レストラン」や「郵便局」などと入力しただけで、検索結果が現在地の近くにある該当施設に絞り込まれる。

[ITmedia]

 米Googleは2月26日、英語版Google検索(Google.com)の検索結果のカスタマイズ機能「options」(日本語版では「検索ツール」)に、検索結果を地域情報に絞り込む機能「Nearby」を追加したと発表した。

 検索ページの左上にある「Show options」をクリックすると表示される一連のoptionにNearby(近所)が加わった。例えば「Apple Store」と入力してNearbyをクリックすると、GoogleがPCのIPアドレスから推定した位置情報を基に、近くのApple Storeに関する検索結果を表示する。対象とする範囲は「City」「Reasion」「State」から選択できる。また、「Custom Location」で地域を指定することで、現在地以外の検索も可能だ。

nearby 「Custom Location」でNew Yorkと入力し、範囲を「City」としてみた

 検索枠に「Apple Store」、Custom Locationに「New York」と入力して範囲を「City」にした場合の検索結果は4万9900件と、検索枠に「"Apple Store" "New York"」と入力した場合(123万件)より結果が絞り込まれた。

 Google Mapsでは既にこうした地域情報検索が可能なほか、iPhoneおよびAndroid搭載機のモバイル版Google.comでは、GPSのデータを利用した「Near me now」機能が利用できる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

検索 | Google | 地域情報検索 | 新機能


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -