ニュース
» 2010年03月23日 08時36分 UPDATE

携帯メールで感染する新たなワーム、中国で流通

Symbianの証明書を取得してSMSで感染するワームが中国で出回っているという。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のF-Secureは3月22日のブログで、携帯メールで感染するワームが中国で出回っているのを見つけたと伝えた。

 それによると、このワーム「Trojan:SymbOS/MerogoSMS」は携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)を使い、Symbian Series 60 3rd Edition搭載の携帯電話に感染する。

 問題のSMSは中国語の文面に続いてWebサイトへのリンクが記載されており、リンクをたどるとアプリケーションのインストールを促されてワームに感染し、SMSをばらまくようになる。

warmsms.jpg 問題のサイト(F-Secureより)

 Symbian端末は、デフォルトで証明書のないソフトをインストールできない設定になっている。しかしこのワームのインストールパッケージはSymbianの証明書取得プロセスを通過しているといい、証明書のあるインストールファイルに、証明書のない別のSISXファイルを仕込む手口を利用。これによって、プログラムの実態把握を難しくしているという。

 Symbian Foundationは、既にこのパッケージのパブリッシャーIDを無効にする措置を取ったという。現時点で中国以外の国でこのワームの報告はないとF-Secureは伝えている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -