ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「F-Secure」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「F-Secure」に関する情報が集まったページです。

80個のWebサイトをAWS移行 創業100年超、森永乳業が進める“4つのセキュリティ対策”
約80のWebサイトをAWSに移行する森永乳業。その中で取り組んできたセキュリティの問題にはどのように取り組んでいるのか。(2020/11/19)

製造業IoT:
プラズマクラスター空気清浄機とも連携!? シャープのスマートオフィスサービス
シャープは、同社のデジタル基盤「AIoTプラットフォーム」を用いたスマートオフィスサービス「COCORO OFFICE」の提供を開始する。オフィス向け新製品であるデジタルフルカラー複合機やNASなどのCOCORO OFFICE対応機器の導入と併せて、COCORO OFFICEを5年間利用できるIDをライセンスする方針だ。(2020/7/28)

シャープがスマートオフィスサービス「COCORO OFFICE」を8月3日開始 AIoTを活用して業務効率化支援
シャープがAIとIoT(AIoT)を活用したスマートオフィスサービスを開始する。最初は同社の複合機とNASに付帯する形で販売を開始し、付帯できる製品を順次拡大していく。(2020/7/27)

国によって動作が異なるスマホ
同機種でも国ごとにセキュリティが異なるAndroid、危険な国はやはり……
Huawei、Samsung、Xiaomiのスマートフォンは、同機種でも国によってセキュリティレベルが変化するという。ある国で安全だった端末を某国に持っていくと侵害される可能性が生じる。ここでもあの国の名前が挙がった。(2020/7/17)

Computer Weekly日本語版
国によって違うAndroidのセキュリティ強度
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/7/15)

SMBやTelnet、SSHプロトコルの利用が目立つ:
攻撃トラフィックが急増 エフセキュアが2019年下半期の攻撃トラフィックを調査
エフセキュアは、2019年下半期の攻撃トラフィックに関する調査レポートを発表した。2019年に発生した攻撃イベントは、2018年から大幅に増えた。SMBやTelnet、SSHプロトコルを利用した攻撃が目立った。(2020/3/13)

IoTセキュリティ:
IoTデバイスに迫る「Mirai」の脅威、「攻撃者が脆弱性に目を付けている」
エフセキュアは2019年下半期におけるサイバー攻撃の世界的動向についての調査レポートを公表した。IoTデバイスを標的としたサイバー攻撃が多数観察された。(2020/3/13)

IoTセキュリティ:
IoTデバイスのセキュリティアプリのテストに適したシングルボードコンピュータ
F-Secureは、シングルボードコンピュータ「USB Armory Mk II」をリリースした。IoTデバイス向けのテスト用に、さまざまなセキュリティアプリケーションの実行と開発ができるプラットフォームとして機能する。(2020/2/21)

IoTセキュリティ:
セキュリティが完璧に機能しても「攻撃側は成功し続ける」、エフセキュアの戦略は
エフセキュアは2020年2月18日、東京都内で事業説明会を開いた。同社 アジアパシフィック地域バイスプレジデントのキース・マーティン氏は2020年のセキュリティ市場について「巧妙化する攻撃や、トリクルダウン効果による高度なサイバー攻撃ツールの“普及”への対応が求められるため、拡大する見通しだ」と述べた。(2020/2/20)

「House(家)」は買えても「Home(家庭)」は買えない:
レッドチーム演習から見えてきた、セキュリティ対策「3つの間違い」
F-Secureは、2019年10月2〜3日開催の「Cyber Security Nordic」に合わせて開催したプレスカンファレンスにおいて「レッドチーム演習」サービスの中身を紹介して、企業のセキュリティ対策における3つの間違いを指摘した。(2019/11/1)

期待の「イノベーション」は未来の「ITアスベスト」になるのでは?:
まるで核兵器が犯罪者の手に渡るような状態がサイバー空間で起きている――脅威の変化を踏まえ「検知、対応」へのマインドシフトを
F-Secureは、2019年10月2〜3日開催の「Cyber Security Nordic」に合わせて開催したプレスカンファレンスにおいて「防御」から「検知、対応」へのマインドシフトが必要だと強調した。(2019/10/18)

どんな情報が収集されているのか
「無料Webサービス」に売り渡した個人情報の可視化ツール
無料のWebサービスを使うと、どのような個人情報が収集されるのか。F-Secureがこれを簡単に確認できるツールを公開した。このツールを使って一度確認してみることをお勧めする。(2019/9/6)

Computer Weekly日本語版
実はタダじゃない「無料Webサービス」に支払っている代価
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/9/4)

自動車セキュリティ:
PR:「つながるクルマ」はなぜ危ないのか、セキュリティを確保するために必要なもの
自動車のコネクテッド化が進む中で、重要性が増しているのがセキュリティである。「つながるクルマ」を守るためには、製品開発段階でどういう取り組みが必要になるのか。MONOist主催のセミナー「『つながるクルマ』が変えるモビリティの未来〜MONOist Future Mobility Forum〜」におけるエフセキュアの講演内容をお伝えする。(2019/8/29)

調査対象の8カ国のうち51%が被害に:
「日本は実際の被害は少ないが、危機意識は諸外国より高い」 F-Secure意識調査
F-Secureの個人情報保護に関する意識調査によると、家族の誰かが何らかサイバー犯罪の被害を受けたことがあると回答した割合は51%、自分がサイバー犯罪などの被害に遭うのではないかと感じていると回答した割合は71%だった。(2019/7/11)

セキュリティソリューションマップ2019――新しい環境に適した新しいセキュリティ製品の在り方とは
サイバー攻撃の拡大はとどまるところを知りません。働き方改革の広がりを支える「モバイルデバイス」や「Wi-Fi」は、デスクトップPCや有線ネットワークと比べて、セキュリティ対策が甘い場合も少なくありません。本特集では、企業のセキュリティ担当者やシステム管理者の方々に向け、モバイルを中心としたさまざまな「セキュリティソリューション」の最新動向を紹介します。(2019/3/6)

ITりてらしぃのすゝめ:
Tカード情報の“令状なし提供”、本当に監視すべき相手は?
「Tカード」会員の情報が、令状なしで捜査機関に提供されていることが話題になった。この問題から、私たちはどんなことに気を付ければいいのだろうか。(2019/1/30)

米司法省、国際広告詐欺グループを摘発 民間の協力でbotネット解体
デジタル広告の仕組みを悪用して多額をだまし取っていたとされるグループが摘発され、犯行に使われていたbotネットが解体された。(2018/11/29)

@IT脆弱性対応セミナー2018:
サイバーセキュリティは防御、検知、対応、予測の“プロセス”――エフセキュア
@ITは、2018年9月11日、東京で「@IT脆弱性対応セミナー」を開催した。本稿では、エフセキュアの講演「攻撃者にとって、いくつもの脆弱性は必要ありません。1つあれば十分です。」の内容をお伝えする。(2018/11/16)

ゲストアカウントから攻撃できる場合も:
「パスワードマネージャー」に脆弱性、プロセス間通信を悪用される恐れ
パスワードマネージャーなど、コンピュータセキュリティにとって重要な10以上のアプリケーションに、プロセス間通信を横取りする攻撃に対する脆弱(ぜいじゃく)性があることが分かった。(2018/8/20)

@ITセキュリティセミナー2018.6-7:
セキュリティ対策のパラダイムシフト“予防”+“検知”が必要――エフセキュア
@ITは、2018年6月22日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、エフセキュアの講演「サイバー攻撃の被害を最小化する、エフセキュアの「人+マシン融合」アプローチとは?―今考えるべき対策と人工知能と機械学習の役割―」の内容をお伝えする。(2018/8/7)

クリック率が上昇:
マルウェア最大の感染源は「スパムメール」、F-Secureが調査
F-Secureの調査によると、「スパムメール」が依然としてマルウェアの最大の感染源であるという。最近のスパムメールでは受信者の心理を利用した戦術が適用されている。このため、クリック率が2017年後半の13.4%から、2018年には14.2%へと上昇した。(2018/8/3)

ホテルの電子ロックをハッキング、どの部屋も開錠できるマスターキーの作成に成功
使用期限が切れた古い電子キーの情報を使って、同じビル内の全ての部屋を開錠できるマスターキーを作成できたという。(2018/4/26)

SOCが見逃す侵入後の脅威に備えるには:
PR:20億件のイベントデータを不審な25件にまで絞り込み、被害を最小化するエフセキュア
ヨーロッパで確固たる実績と信頼を持つエフセキュアは、侵入検知に特化したサービス「RDS」(Rapid Detection Service)に加え、防御だけでなく検知、対応も含めたセキュリティプロセス全体をカバーする「EDR」(Endpoint Detection and Response)を提供する。なぜ「EDR」が必要なのか、同社のキース・マーティン氏に聞いた。(2018/4/16)

IntelのPC管理機能AMTにセキュリティ問題、簡単に悪用可能
F-Secureによると、今回見つかったAMTのセキュリティ問題は、極めて簡単に悪用でき、ローカルの攻撃者が短時間でバックドアを仕込むことができてしまうという。(2018/1/15)

「エフセキュア ビジネス スイート」 Mac OS対応のクライアントセキュリティを提供
法人向けのセキュリティソリューション「エフセキュア ビジネス スイート」に、「エフセキュア クライアントセキュリティMac」が加わった。これまでの料金体系で利用可能だ。(2017/2/22)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
ビジネスを守るサイバーセキュリティに強い会社の作り方
企業・組織の事業継続にとってサイバーのリスクは大きな課題となっている。これからのセキュリティ対策はどうあるべきか――ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは官民を挙げた新時代のセキュリティが提示された。(2016/12/19)

「Twitter」や「GitHub」など有名Webサービスがダウン
IoTマルウェア「Mirai」の大規模DDoS攻撃の黒幕は? 専門家が指摘する多くの疑惑
DynへのDDoS攻撃の影響で、大手サイトが長時間利用できなくなる障害が発生した。マルウェアに感染したIoTデバイスのボットネットが攻撃に使われたとみられているが、全容究明には多くの問題の考察が必要だ。(2016/11/2)

エフセキュア、脆弱性の自動スキャン・管理ツールをリリース
ITシステムやネットワーク接続機器などの資産の把握と脆弱性の評価などを行える。(2016/10/19)

セキュリティ・アディッショナルタイム(4):
脅威情報の共有をめぐり激論? 沖縄で初の国際会議
2015年11月7日、8日の両日にわたって沖縄県名護市で開催された「Cyber3 Conference Okinawa 2015」には、複数の閣僚や企業トップが参加。「サイバーコネクション」「サイバーセキュリティ」「サイバークライム」という三つのトラックに分かれ、議論を交わした。(2015/11/20)

F-Secure、元社員の情報流出疑惑で調査報告を公開
元社員(事案発覚後に退職)によるSNSでの情報流出について、同社内の情報やシステムなどの悪用はないと説明し、ネット上などで指摘された疑問に回答した。(2015/11/13)

エフセキュア、元社員の“ソーシャルメディア不適切利用疑惑”について最終調査結果を公表 「弊社システムの悪用は一切ない」
今後、警察などのしかるべき機関の協力要請があれば全面的に協力をするという。(2015/11/13)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
セキュリティ会社元社員の個人情報流出事件の疑問点
F-Secureの元社員がネット上で多くの個人情報を流出させたと騒ぎになった。セキュリティの専門家としてこの出来事で疑問に感じた点を挙げてみたい。(2015/11/13)

セキュリティ会社社員がTwitterで「個人情報ばら撒き」? エフセキュアは一切の関与を否定
当該の人物が在籍していたことは認めましたが……。(2015/11/7)

社員がTwitterで他人の個人情報公開か エフセキュア「調査中」
セキュリティソフトベンダーのエフセキュアの社員が、Twitterで他人の個人情報をさらしたと話題になっている件について、同社は「社内調査を進めている」とのコメントを発表した。(2015/11/5)

Twitterで大量の「個人情報晒し」、セキュリティ会社社員が関与か 会社は「現在社内調査を進めております」
400人以上の個人情報を「はすみとしこ氏に賛同した」として晒していました。(2015/11/4)

毎年恒例、9月18日に日本を狙うサイバー攻撃は起きるのか?
例年9月18日には日本を標的にしたWebサイト改ざんなどのサイバー攻撃が発生している。2014年もやっぱり攻撃は行われるのだろうか――。(2014/9/17)

PCの最多脅威は6年前のマルウェア、XP終了でも効果なし――エフセキュア
2014年上半期はユーザーのデータを人質に金銭を要求する「ランサムウェア」の脅威がモバイルにも広がった。(2014/9/9)

エネルギー業界を狙う攻撃、電力供給網に妨害工作の恐れも
電力会社や石油パイプライン運営企業、エネルギー業界向けの産業機器メーカーが標的とされ、多数の組織が不正侵入されているという。(2014/7/1)

Linux管理者が求めるのは「安定稼働よりセキュリティ」
エフセキュアによれば、Linuxを利用するIT管理者はセキュリティを重視しながら、十分な対策に取り組んでいるケースは少なかった。(2014/6/26)

産業制御システムベンダーのWebサイトが改ざん、インストーラにマルウェア
攻撃者はICSベンダーのWebサイトを改ざんし、正規のソフトウェアインストーラをトロイの木馬に置き換えて、顧客にダウンロードさせていたとみられる。(2014/6/25)

身代金要求型マルウェアなどを操る犯罪組織、各国連携で摘発される
ボットネット型マルウェア「Gameover Zeus」と身代金要求型マルウェア「Cryptolocker」を操っていた組織が米英の当局や警察庁などの連携で摘発された。(2014/6/3)

「ウイルス対策ソフトは死んだ」発言の真意は?
Symantec幹部が発言したという衝撃的なコメントに、競合各社も反応した。そこにはどんな意味が込められているのだろうか。(2014/5/14)

「Heartbleed」の脆弱性問題、Web管理者とユーザーの対策ポイント
OpenSSLで見つかった「Heartbleed」脆弱性への対策ポイントをセキュリティ各社が紹介している。シマンテックは、サイト利用者のためのツールも公開した。(2014/4/11)

「ウイルス対策ソフトはサポート切れのXPを守れません!」 業界を挙げて移行を訴求
Windows XPのサポート終了まで残り55日。マイクロソフトやセキュリティソフト各社が集結し、XPユーザーに対して改めて移行を呼び掛けた。(2014/2/13)

世界の人々がコンテンツを頻繁にアップするクラウド、1位は?
世界のネットユーザーが最も頻繁にコンテンツをアップロードしているのはFacebookだった。(2014/2/5)

可用性も向上:
AWS互換のクラウド基盤ソフトウェア「Eucalyptus 3.4」公開
米Eucalyptus Systemsは、Amazon Web Services互換のクラウド基盤ソフトウェア最新版となる「Eucalyptus 3.4」をリリースした。Eucalyptus 3.4では開発・テストワークロードのプライベートクラウドへの移行を支援するため、Amazon Machine ImagesをEucalyptus Machine Imagesに変換するユーティリティを提供した。(2013/10/31)

半径300メートルのIT:
“無保険で84歳”のWindows XP、そろそろ引退させてあげませんか?
2014年4月9日、Windows XPのメーカーサポートが終了します。即日、起動できなくなるわけではありませんが、ネットにつないで使うのは危険過ぎるかもしれません。(2013/10/30)

Javaの脆弱性を狙う攻撃がさらに増加――F-Secure報告書
Javaの脆弱性を突く攻撃が占める割合は、前年同期の3分の1から、今年上半期にはほぼ半分に増えたという。(2013/9/25)

複数のWeb改ざんやSQLインジェクションを確認するも、深刻な被害には至らず:
9月18日は若干の被害を確認、引き続き対策の徹底を呼び掛け
中国から日本の組織や企業をターゲットにしたサイバー攻撃が増加すると見られていた9月18日、複数のセキュリティ企業が、いくつかのWeb改ざんやDoS攻撃の増加を確認したことを公表した。(2013/9/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。