ニュース
» 2010年03月23日 14時35分 UPDATE

iPadの認知度、発売前からAmazon Kindleと同じ――米comScore調べ

4月に発売のApple iPadは、認知度ではAmazon Kindleと同じ65%で、Sony ReaderやBurnes & Nobleのnookを大きく上回った。

[ITmedia]

 米調査会社comScoreは3月22日、米Appleが4月に発売する予定のタブレット「iPad」を含むタブレットPCおよび電子書籍リーダーに関する消費者動向についての調査結果を発表した。発売前にもかかわらず、iPadが米Amazonの人気電子書籍リーダー「Kindle」と同じ認知度を獲得していることが明らかになった。

 この調査は、米国内の2176人のインターネットユーザーを対象に2010年3月12〜16日に実施された。Kindle、iPad、Burnes & Nobleの「nook」、「Sony Reader」、Samsungの「Papyrus」についての調査では、その存在を知っているという回答が最も多かったのはiPadとKindleの65%で、ほかを大きく引き離した。今後の購入を真剣に検討している機種としては、iPadを挙げた人が最も多く15%で、次がKindleの14%だった。

主要電子書籍リーダー5機種の認知度比較
製品名 知っている 検索したことがある 購入した 向こう3カ月以内の購入を検討
Amazon Kindle 65% 69% 6% 14%
Apple iPad 65% 66% 1% 15%
Burnes & Noble nook 28% 63% 2% 10%
Sony Reader 39% 65% 4% 9%
Samsung Papyrus 11% 58% 1% 8%
米国のインターネットユーザー2176人を対象として2010年3月12〜16日に調査(資料:comScore)

 もしiPadを購入したらどんな目的で利用したいかという質問に対しては、インターネット閲覧が50%で最も高く、以下、電子メール(48%)、音楽再生(38%)、読書(37%)、住所録の整理(37%)、ビデオや映画の再生(36%)、写真の保存と閲覧(35%)、新聞や雑誌の閲覧(34%)となった。電子書籍リーダーとしての使い方は必ずしも主目的ではないことが分かった。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -