ニュース
» 2010年03月25日 17時01分 UPDATE

日本生命、営業用PCの新規導入で保険業務を簡素化へ

日本生命は富士通などが開発したノートPCを導入し、2012年から顧客先での保険業務を大幅に簡素化すると表明した。

[ITmedia]

 日本生命と富士通は3月25日、顧客先での保険業務の簡素化を目的に、約5万台の新たな業務用ノートPCを2012年1月から運用すると発表した。遠隔から端末内のデータを削除できる端末に切り替えることで、情報漏えい対策も強化していくという。

 日本生命が導入する新端末は、富士通やウィルコムらが2009年に共同開発したノートPCの「CLEARSURE」。同製品は紛失や盗難にあった場合に、管理者がインターネットとPHS網を通じて遠隔操作で端末をロックさせたり、暗号化しているデータを復号させなくしたりできる(PHSのサービスエリア内のみ)のが特徴となっている。

nissay00.jpg 万が一の場合に端末を悪用されないようにするイメージ

 日本生命は、保険商品の販売や引受、保険料の収納や保険金の支払い手続きといった業務の簡素化を進めている。新端末を利用することで、営業担当者は顧客先で商品プランを画面上で提案したり、新規契約や保険金支払いの申し込み手続き、顧客情報や契約内容の変更をしたりできる。またIDやパスワードを入力するだけで、プランの確認や必要事項の入力、システムによるチェック、電子的な署名などが利用できるようにする。

 現在は、印鑑証明や戸籍謄本などによる確認、紙文書への捺印や署名を行っており、手続きの不備や契約内容の変更などが生じると、営業担当者が何度も顧客先へ出向き、顧客も必要な書類を取りに自治体の窓口へ出向くなどの手間があるという。

nissay01.jpg 業務簡素化のイメージ(日本生命の資料より抜粋)

 今回の施策により、日本生命はセキュリティを確保しつつ、保険手続きに伴う処理時間の大幅短縮やペーパーレス化などのメリットを顧客に提供できると説明している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -