ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「業務効率」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「業務効率」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメントニュース:
千代田化工建設、センシンロボティクスに出資 産業分野の業務効率化を加速
千代田化工建設は、ロボティクス技術やAIなどを活用した業務ソリューションを開発するセンシンロボティクスに出資する。協業により、産業分野における業務効率化と高度化を加速する。(2024/2/20)

物流のスマート化:
富士通とYE DIGITAL、物流センター関連サービスで協業
富士通とYE DIGITALは、両社が保有する物流センター関連サービスを相互提供することで合意した。協業により、顧客の物流センターの自動化や業務効率化を支援する。(2024/2/13)

株式会社NTTネクシア提供ホワイトペーパー:
PR:CX向上も業務効率化も実現、次世代コールセンターに進化する方法とは?
近年のコールセンターは、顧客体験の向上や、従業員の業務負担削減といった、新たな役割を担うことが求められている。そこで注目されるのが、多様な製品を組み合わせ、ヒトとデジタルのハイブリッド運用を実現するソリューションだ。(2024/2/2)

日立が産業プラントにAI活用 「現場拡張メタバース」で業務効率化
日立製作所は現場データの収集技術や先端AI技術を活用し、製造業などの現場で業務を迅速に進める「現場拡張メタバース」を開発した。現場拡張メタバースの全容をレポートする。(2024/1/31)

ライオンが生成AIで業務効率化 情シス、研究開発、広報それぞれの使い方は?
ライオンはグループの国内従業員約5000人に向けて、生成AIを利用した対話生成AI「LION AI Chat」を公開した。情報システム部門や研究開発部門、広報部門などさまざまな職種で業務効率化を図っている。具体例を同社に聞いた。(2024/1/30)

現場管理:
危険度評価も可能なKY活動がスマホだけで完了
MCデータプラスが運営する現場施工管理サービスに「KY(危険予知)支援機能」が追加された。KY活動のデジタル化により、現場の安全対策と業務効率化を支援する。(2024/1/29)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
AWS、放送業界を分かってきたじゃないか…… Inter BEE展示で感じたこと
AWSと言えば米Amazonが提供するクラウドサービスという印象だが、そのAWSが日本の放送業務にも進出しつつある。現場にAIパワーや業務効率化をもたらす同社のクラウド戦略とは。(2024/1/29)

BIM:
船場がBIM活用を強化 専門部署設立で業務効率化、新事業創出を推進
商業施設やオフィスの設計・施工などを手掛ける船場は、BIMの新部門「BIM CONNECT本部」を設立した。BIMデータの全社一元管理による生産性向や、新規事業の創出に向け、BIMを基盤としたデジタルプラットフォームを構築する。(2024/1/22)

製品動向:
インテリア提案業務のDXサービスに、画像検索機能を追加 類似商品や雰囲気に合った家具を提案
リクルートと三井デザインテックが共同で運営するプロ向けのインテリア提案業務支援サービス「MINTERIOR(ミンテリア)」で、ユーザーがアップロードした画像から類似商品を探せる検索機能を追加した。インテリアコーディネーターは業務効率化に加え、精度の高い提案が可能になる。(2024/1/19)

導入事例:
レオパレス21、20万戸超にスマートロック導入 年間約10万時間の業務削減
レオパレス21の管理物件でスマートロック導入件数が20万戸を超えた。入居者の利便性を向上するとともに、同社における鍵関連業務を年間約10万時間削減するなど業務効率化にもつながっている。(2024/1/17)

MONOist 2024年展望:
生成AI×設計の現在と未来を見据えた付き合い方
今注目のテクノロジーといえば「ChatGPT」に代表される生成AIが挙げられるでしょう。社内情報資産を活用した業務効率化などビジネス利用が進む中、製造業におけるデザイン/設計業務においても生成AIの存在感が増しています。今どのような活用が進んでいるのか? 2024年メカ設計フォーラム新年展望では、生成AI×設計の現在と、未来を見据えた付き合い方について考察します。(2024/1/9)

2024年問題「受注調整あるかも」 大和ハウス社長、業務効率化必須
時間外労働に対する上限規制が厳格化され、建設業界が人員不足に陥ると懸念される「2024年問題」が来年の「最大の課題」と指摘。(2023/12/27)

医療機器ニュース:
病院内を安定走行するサービスロボットの新型機種を導入
藤田医科大学、川崎重工業、SEQSENSEは、医療従事者の負担軽減および業務効率化を目指す取り組みとして、サービスロボット「FORRO」の新型機種を、藤田医科大学東京 先端医療センターに導入した。(2023/12/25)

ChatGPTでの業務効率化を“断念”──正答率94%でも「ごみ出し案内」をAIに託せなかったワケ 三豊市と松尾研の半年間
「ごみ出し案内」業務にはChatGPTを“活用しない”と決断──生成AIを使った業務効率化を検証してきた、香川県三豊市がそんな発表をした。実証実験には松尾研も協力したが、思ったような成果が出せなかったという。一体なぜか?(2023/12/15)

生成AI、コスト削減「だけじゃない」活用メリットとは? マーケ担当111人に聞いた
昨今、多くの企業が業務のスムーズな進行を図るために生成AIの導入を進めてる。一方で、業務効率化以外に生成AIを活用するメリットとは。Macbee Planet(東京都渋谷区)が調査を実施した。(2023/12/11)

今日のリサーチ:
生成AI活用の業務効率化以外のメリット、約6割が「コンテンツの多様化」を実感――Macbee Planet調査
生成AIの業務利用では効率化や生産性向上が注目されがちですが、すでに生成AIを導入しているマーケティング担当者は、さまざまな効果を実感しているようです。(2023/12/6)

データセンターは生成AIでどう変わるのか【後編】
生成AIが「賢くも危険でもない」と専門家が語るのはなぜ?
生成AIの導入は、企業に業務効率化といったメリットだけではなく、リスクももたらすという見方がある。企業は生成AIを活用する際、何に気を付ければよいのか。業界関係者の見方を紹介する。(2023/11/30)

2027年度に販売棟数1万棟:
大和ハウス工業、27年度に戸建て7割の木造化目指す VR活用で提案力強化も
大和ハウス工業は規格住宅や分譲住宅の販売を強化し、2027年度に販売棟数1万棟を目指す。また、CO2排出量削減に向けて木造住宅の建設を加速するとともに、提案力向上と業務効率化を目的にデジタル活用も進める。(2023/11/27)

TeamsとSharePointの連携方法【後編】
「Teams」と「SharePoint」を連携させる3大テクニックとは?
「Microsoft Teams」と「Microsoft SharePoint」を連携させることは、コラボレーションやファイル共有などの観点から業務効率化につながる。連携時に利用可能な3つのテクニックを取り上げる。(2023/11/16)

製造マネジメントニュース:
SAP S/4HANAユーザーの輸出管理業務効率化を目指す、日立ソリューションズがコベルコシステムと協業
日立ソリューションズはコベルコシステムと協業し、SAPのERPパッケージ「SAP S/4HANA」を利用する企業向けに、輸出管理業務の効率化やガバナンス強化を支援するソリューションを共同開発する。(2023/11/9)

TeamsとSharePointの連携方法【前編】
「Teams」と「SharePoint」で何ができる? コラボレーションで活躍する機能群
「Microsoft Teams」と「Microsoft SharePoint」は、どちらも「Microsoft 365」のアプリケーションだ。業務効率化に貢献するTeamsとSharePointの機能とは。両者の特徴や、連携機能を説明する。(2023/11/2)

2024年問題に効く業務効率化:
PR:地域に密着した総合建設業の成功例に学ぶ、社員意識も変えるチャットツール活用
建設業界では、現場とのやりとりを間違いなくスムーズに共有できる体制が業務効率化には欠かせない。チャットツールの導入によって情報伝達の問題を解消した地域密着型の総合建設業社の活用術に迫る。(2023/11/1)

プレミアムコンテンツ:
オワコン化する「RPA」は消えてなくなるのか
多彩な技術によって業務効率化が可能になる中、単に反復作業を実行するだけのRPAは、その役割を失う可能性がある。これからRPAはどうなるのか。(2023/10/31)

メカ設計ニュース:
スズキが「CADDi DRAWER」を導入、図面検索時間や作成工数を削減し業務効率化へ
スズキは、キャディが提供する図面データ活用クラウド「CADDi DRAWER」を導入した。類似図面検索機能の活用により、図面検索時間の短縮、新図面を作成する工数の削減などを目指す。(2023/10/31)

ベネッセの生成AI元年【前編】:
ベネッセの次世代コンタクトセンター計画、人とAIが完全共生するには?
ベネッセコーポレーションのコンタクトセンターにおける生成AI活用を活用した業務効率化の取り組みについて紹介する。(2023/10/30)

生成AIでWebサイト制作を8週間→3週間に短縮 ベネッセ、業務効率化でコスト4割減に成功
ベネッセホールディングスは、生成AIとノーコードツールの導入により、Web制作業務の効率化に成功したと発表した。「進研ゼミ 中学講座」のWebサイト制作する際、従来かかったコストが4割減、制作期間は8週間から3週間へ短縮できたという。(2023/10/27)

「成果が出るデジタル化」の前提条件:
PR:デジタル庁に聞く、「自治体窓口DXSaaS」プロジェクトの狙いと真意
デジタル庁は2022年秋から、自治体窓口手続きの利便性向上、業務効率化を目指し「自治体窓口DXSaaS」プロジェクトを開始。現在、採択された4事業者がガバメントクラウド基盤を使ったSaaS開発、提供に乗り出している。“単なるツール提供ではない”真の狙いをデジタル庁に聞いた。(2023/10/19)

CAD:
「ARCHITREND ZERO」の最新バージョンが10月18日発売 2025年の省エネ適合義務化やリノベ需要に対応
福井コンピュータアーキテクトの建築CADソフトウェア「ARCHITREND ZERO」が、新バージョンにアップデートした。Ver.10は、今後のリノベーション需要を見込んだワンストップの業務効率化オプションに加え、省エネやフォトリアルのパース作成といった機能強化も図っている。(2023/10/2)

SaaS導入後の成果 2位「業務効率化・業務精度の向上」を抑えた1位は?
大手企業はどの程度SaaSを導入し、成果を得ているのか。SUPER STUDIO(東京都目黒区)が、法人向けIT製品を扱う企業に勤める会社役員・会社員を対象に調査を実施した。(2023/9/29)

「Hitachi Social Innovation Forum 2023 JAPAN」レポート:
日立は生成AIをどう活用しているか? 「技術継承」「効率向上」の 取り組みを紹介
生成AIを活用する企業が増えている。経営トップの肝いりで生成AIの活用を進めている日立の取り組みの中から、技術継承と業務効率向上の2つのソリューションを紹介する。(2023/10/5)

電子ブックレット(BUILT):
2024年問題の特効薬!ゼネコンの対策事例 東急建設/飛島建設編
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットでは、2024年問題を目前にして、建設業各社にとって参考になる大手ゼネコンの脱ペーパレス化や現場の入退場管理システムなど、業務効率化対策の事例集です。(2023/9/28)

200人に聞いた:
採用担当がAI活用したい理由 「業務効率」上回る1位は?
「採用活動にAIを活用したことがある」という採用担当者が半数以上を占めたことが、Thinkings(東京都中央区)による調査で明らかとなった。(2023/9/28)

Supply Chain Dive:
AIチャットbotが人間の仕事を奪えない5つの理由
チャットbotや取引の自動化は業務効率の向上に役立つが、サプライヤーは交渉や問題解決のために依然として人間との対話を必要としている。(2023/9/28)

NEWS
野村信託銀行がクラウド型の「銀行業務統合システム」を導入 その理由は?
野村ホールディングス子会社の野村信託銀行が、業務効率化や顧客との関係強化に向けてクラウド型の銀行業務統合システムを導入した。システム選定の背景を紹介する。(2023/9/27)

山浦恒央の“くみこみ”な話(169):
業務効率化の道具箱(16)上司の指示が「言語明瞭、意味不明」で困っています
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第16回は、これまで取り上げてこなかった「働き方を工夫する」をテーマに、困った上司の作業指示にどう対応していくかを考える。(2023/9/19)

なぜ日本の論文数は増えないのか? 生成AIが“現状、救世主になれない”理由とは
生成AIの出現によって、業務効率化を図る企業や自治体などが増えつつある。教育・研究機関でも同様に恩恵を受けられそうだが、日本の論文数は横ばいが続いている。テクノロジーは日本の教育・研究機関の救世主にはなり得ないのだろうか。(2023/9/4)

大学CIOが取り組む教育機関のDX【第4回】
教職員のIT利用を“あのツール”で活性化 英大学が取り組んだのは?
大学全体のDXに取り組む英国の大学UEAが、教職員のIT利用の活性化と業務効率化を目指し、ある取り組みを実施している。その内容は。(2023/9/1)

大阪市、生成AI活用に向けAWS・PwCと連携 2024年4月からの利用目指す
大阪市が、生成AIを活用した業務効率化に向け、AWSジャパン・PwCコンサルティングの2社と協定を結んだと発表した。まずは9月から11月下旬にかけて、2社がそれぞれ構築した環境内で生成AIを検証する。(2023/8/31)

「業務効率化や時短につながる」は6割:
プログラミングスクール受講者は生成AIを何に使っている? キラメックス調査
キラメックスは、生成AIの活用に関する調査の結果を発表した。プログラミングスクール受講者100人の6割が「業務で生成AIを活用して業務効率化や作業時間の短縮につながった」と回答。何に使っているのかも明らかになった。(2023/8/21)

山浦恒央の“くみこみ”な話(168):
業務効率化の道具箱(15)ツールを作るより難しい「業務改善の進め方」
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第15回は、10人程度の小さな小売店で行った「自分でツールを作る」による業務効率化のケーススタディーを紹介する。(2023/8/17)

「電帳法スキャナ保存」導入で9割が業務効率化を実現 PFUがアンケート調査結果を発表
PFUは、同社製スキャナー「ScanSnap」を利用している企業/個人事業主を対象としたスキャナー活用実態についてのアンケートの調査結果を発表した。(2023/8/1)

JAL、業務効率化に量子コンピュータ活用へ 整備計画の最適化に
日本航空が、量子コンピューティング技術を活用した運航整備計画の最適化システムを開発する。さまざまな要素を加味する必要がある運航整備計画の策定に量子コンピューティング技術を適用して効率化を図る。(2023/7/31)

売上増と給与増はセットに:
GMO副社長「新卒年収710万円やってよかった」 生成AI時代に“先手”打てたワケ
GMOインターネットグループではAIを活用したさらなる業務効率化も模索中だ。同社の副社長で、グループ人財開発統括に携わる西山裕之さんに聞いた。(2023/7/26)

JTは法務部門をどう変えたのか リーガルテック導入の先駆者が語る「攻めの法務」になる秘訣
規制の厳しいたばこ製品を世界各地で展開しているJT。同社の“要”といえるのが法務部門だろう。同社ではDX推進が叫ばれる何年も前からリーガルテックを導入し、業務効率化を図ってきた(2023/7/25)

レガシー産業とDX:
長野の老舗葬儀屋は、なぜ社長交代でDXに成功したのか
DXが後れているといわれるレガシー産業でも、トップが現状に危機感を持つ企業は業務効率化や働き方改善を積極的に推進している。長野の老舗葬儀屋の例を紹介しよう。(2023/7/21)

山浦恒央の“くみこみ”な話(167):
業務効率化の道具箱(14)続・便利なツールと裏腹の「地雷」を踏まないために
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第14回は、前回に続き、ツールの導入/運用時にありがちな「地雷」をケーススタディー形式で紹介する。(2023/7/20)

オープンハウス、生成AIがオススメ物件を提案 7月から実証開始
オープンハウスグループは、不動産事業において生成AIを活用する実証実験を7月から開始したと発表した。物件提案を自動生成するなどし、業務効率化と顧客満足度の向上を目指す。(2023/7/12)

特選プレミアムコンテンツガイド
AIOpsツールを使ってみたくなる用途はこれだ
「AIOps」ツールはシステムの運用や開発における業務効率化に役立つ。どのようなメリットがあり、どのように活用できるのか。似た言葉である「MLOps」と共に紹介する。(2023/7/4)

日本企業に「ゲームチェンジ」を:
松尾豊教授×深津貴之氏が対談 生成AIが変える“ビジネスの未来”とは?
労働力不足が深刻化する日本企業にはもとより、働き方改革や業務効率化による生産性向上が強く求められてきた。半ば強制されたリモートワークの浸透によって、デジタルを生かし仕事をするためのインフラは整ったものの、DX実現にはほど遠い場所にいる企業は決して少なくない。では、どうすればいいのか?(2023/7/3)

ChatGPTで保育士の業務効率化 おたより作成、簡単に 連絡帳アプリ「ルクミー」で
保育園向け連絡帳アプリ「ルクミー」に、ChatGPTを活用した保育者向けの入力補助機能。(2023/6/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。