ニュース
» 2010年04月19日 11時26分 UPDATE

IDC Japan、データセンター向けITシステム市場の将来性を評価

2009年の国内データセンター向けITシステムの出荷金額は1250億4600万円で、前年比マイナス6.7%だったが、今後5年間のCAGRはプラス3.1%で、2014年には1455億2900万円に達する有望市場であるとIDC Japanがリポートした。

[ITmedia]

 IDC Japanは4月19日、国内データセンター向けITシステム市場における2009年の出荷実績と、2014年までの予測を発表した。

 同社が定義するデータセンター向けITシステムとは、サービス事業者が外部サービス用に購入するサーバ、ストレージ、ネットワーク機器を指す。

 同社によると、2009年の国内データセンター向けITシステムの出荷金額は1250億4600万円で、前年比マイナス6.7%。2010年以降はプラス成長に転じ、2009年から2014年の年間平均成長率(CAGR)はプラス3.1%、2014年の市場規模は1455億2900万円になると予測している。国内サーバ市場全体は同時期マイナス成長が予想されており、それと比べると高成長が期待できる市場だと同社はリポートしている。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -