ニュース
» 2010年05月26日 20時48分 UPDATE

EMC、デデュープを分散処理しスループットを2倍にするソフトウェアを発表

EMCの重複除外バックアップストレージ「Data Domain」用ソフトウェアである「Data Domain Boost」を利用すると、重複除外のフローをバックアップサーバとターゲットストレージに分散でき、パフォーマンスが向上するという。

[石森将文,ITmedia]

 EMCジャパンは5月26日、ストレージデータを重複除外する際のパフォーマンス向上を目的としたソフトウェア「EMC Data Domain Boost(以下、DD Boost)」を発表した。これは、同時発表したストレージ「Data Domain」の最新OS「DD OS 4.8」の、ソフトウェアオプションと位置付けられる。

 従来、一般的な重複除外システムは、データを送るソース側、あるいはデータを受け取るターゲット側のどちらかで重複除外を行っていた。どちらにせよ重複するデータがネットワーク上に転送されることになり、オーバーヘッドとなっていた。このため一般的に、重複除外はバックアップ時に行うケースが多かった。

 だがDD Boostを導入すると、重複除外のフローをバックアップサーバとターゲットストレージに分散させられる。そのためEMCジャパンでは、ネットワークの使用率を約80〜99%、既存のバックアップサーバのリソース使用率も20〜40%軽減できるとしている。アプリケーションレベルのリンクフェイルオーバーやロードバランシングにも対応する。これらを総合すると、例えばData Domainのスループットは最大で約2倍高速になるという。

 DD Boostは「Symantec NetBackup」および「Symantec Backup Exec」でサポートされる。将来的には「EMC NetWorker」でもサポートする予定。

 価格はDD Boostが税込み12万円から、Data Domainが税込み440万円から。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ