ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NetBackup」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NetBackup」に関する情報が集まったページです。

VMのスナップショットとバックアップの違い【後編】
仮想マシンを守る「バックアップ」の基礎 スナップショットとの違いは?
VMの停止時に復元できるようにする仕組みがバックアップだ。バックアップが適した用途と注意点、スナップショットとの違いを説明する。(2021/7/8)

防御策を破られたときの対応、考えていますか?:
PR:高度化するランサムウェア 適切な投資で被害を最小限に抑えるには
国内外でランサムウェア被害が急増している。ランサムウェア感染が原因で数日間から週単位で業務を停止してしまったケースもある。“標的型ランサムウェア”や“二重の脅迫”などの高度化する手口に対応するにはどうすればいいのだろうか。(2021/4/28)

効率的な情報資産管理で、DXをバランスよく推進:
PR:データ資産の保護は万全ですか? クラウド時代に成功する、3つのポイント
企業のクラウドサービス利用は大幅に促進したが、「万全なデータ保護ができていない」という以前からの課題は一層深刻化している。企業が効率的にデータを保護し、「DXギャップ」を埋めるためにはどうすればよいのだろうか。(2021/4/5)

自治体システムを支えるバックアップの仕組み:
PR:コロナ禍や自然災害から、確実に事業を守る方法とは?
コロナ禍においてITシステムは事業インフラそのものとなり、確実な継続性確保と維持は一層重要な課題となった。地域社会を支える自治体システムには、自然災害を含むいかなる事業継続阻害要因にも対処できる体制が求められる。複数のミッションクリティカルシステムを持つ組織が、どのようにして確実なバックアップ体制を手に入れたか、事例を探る。(2020/10/12)

多拠点に散在するデータを保護し、リスク化するダークデータを管理する:
PR:データ保護対策がカギ ニューノーマルの向こうに見える「DXの次」とは
感染症を発端に企業の変革が急加速し、「DXの次」を目の前にデータ保護の問題は深刻化している。エッジで激増するデータやサイバー攻撃の高度化、セキュリティリスクにつながるダークデータなど、多角的に広がる課題にどう対処するべきか。(2020/7/14)

PR:中小企業や遠隔拠点のデータをどう守る? 妥協できないバックアップソリューションの最適解を探る
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、企業や組織の中で事業継続の在り方の見直しが進む。いまやビジネスの血液とも言われる「データ」をどう守るかがますます重要になる。人の移動が制限される一方で、大量のデータは拠点間、企業間を移動する。事業継続における重要度が上がったデータを、突発的な災害やサイバー攻撃からどう保護するのか。解決策の一つとして注目されるのが、コンパクトなアプライアンス型のバックアップだ。(2020/7/8)

データプラットフォームの機能強化を発表:
ランサムウェア対策に必要なサイクルとは?――ベリタステクノロジーズ高井氏が語る
ベリタステクノロジーズはファイルのメタデータを可視化しコントロールする製品「Information Studio」にランサムウェア対策のための機能強化を行ったことを発表した。(2020/3/24)

ブームではなく、通過点として:
PR:「DXの次」を見据えたデータガバナンス 長期的な戦略に基づいた保護・管理とは
日本企業のDXへの取り組みは遅れがちで、このままでは世界経済から取り残されてしまう――そのような警鐘は「見慣れたもの」になりつつある。だがDXは目的ではなく手段であり、通過点にすぎない。DXを目的化せず「その先」に起きることを見据えれば、採るべき手段も見えてくる。(2020/3/18)

驚きの導入効果
テープをHDD&SSDにリプレースして激変したバックアップ体制
英レディング大学は、手間と時間がかかり過ぎるテープバックアップインフラをHDD&SSDアプライアンスにリプレース。その効果は絶大だった。同大学が得た導入効果とは?(2019/9/4)

データ管理の「抽象化」とは:
PR:企業データ、アプリケーションのレイヤー安定化がDX成功のカギ ベリタスのプラットフォーム・アプローチに迫る
デジタルトランスフォーメーションが進み、データの重要性に注目が集まる中、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドの普及でインフラ環境は複雑化、その重要なデータの保護について難易度が上がっている。ベリタスは、データとアプリケーションのレイヤーを安定化させることがビジネスの安定化につながるとして、データ管理全般のサービスのプラットフォーム化を打ち出した。業界リーダーの新たなアプローチは、また世界を変えるのか。その詳細に迫る。(2019/8/29)

重要な3つの視点:
PR:「正しいクラウド時代のデータ保護」実現に向け、情シスがとるべき道筋とは?
多くの企業でクラウドが使われるようになった一方で、管理すべき環境は複雑さを増している。日々重要になるデータを守る責務を負う情報システム部門は、どんな道筋をたどって未来へ向かえばいいのだろう。(2019/8/8)

製品の違いを見分けるために
バックアップアプライアンス、主要ベンダー8社の製品の特徴を徹底比較
主要なバックアップアプライアンスの多くは、バックアップ、アーカイブ、災害復旧、レプリケーションなど、類似の機能を備えている。主要8社の製品情報をまとめた。(2018/7/31)

バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【最終回】
どれを買う? クラウドを活用したバックアップ/DRに役立つ製品を一挙紹介
オンプレミスのデータやシステムをクラウドへバックアップ/DRする場合、どのような製品を利用すればいいのだろうか。バックアップ/DR方式別に、製品の組み合わせを解説する。(2018/5/21)

「簡単・シンプル」は本当か?:
PR:富士通に聞く、ハイパーコンバージドインフラの「本当の話」
広告などでは「簡単・シンプル」とうたわれることが多いハイパーコンバージドインフラ(HCI)だが、実際に導入・運用する視点に立つと、まだまだ情報が十分とは言えない。そこで本稿では、HCI製品「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for VMware vSAN」の企業導入が急速に進展しているという富士通に、HCIのありがちな疑問や不安を導入・運用担当者の視点でインタビュー。HCIの「本当の話」を聞いた。(2018/2/28)

デジタル変革で増え続けるデータを「付加価値」に:
PR:判断材料をどう作る? IoT時代に必要なデータ管理の要素は“可視化”
クラウドサービスが普及してきたこの数年で、企業が活用するアプリケーションは高度化し、それに伴って使用するデータの量も爆発的に増加した。デジタルトランスフォーメーションが浸透しIoTやビッグデータを活用する時代が本格化すれば、その傾向はさらに加速する。その中でインフラ事業者が提案できる、最適なデータ管理の在り方とは?(2017/11/21)

データ管理の「真実」と「誤解」:
PR:「取りあえずデータを蓄積」は誤り――ビジネスの拡大を実現する「360度データ管理」とは
データは保護から管理する時代へ。2017年9月に米国ラスベガスで開催された「Veritas Vision 2017」では、デジタル変革へ向かう次世代データ管理の方向性が示された。2017年12月1日開催の「Veritas Vision Solution Day - Tokyo」では、新しいソリューションがより詳しく紹介される。注目のイベントの見どころを聞いた。(2017/11/13)

Veritas Vision 2017 レポート:
PR:データ管理の未来は目の前に。Veritas Vision 2017 テクニカル・イベントレポート
2017年9月18日から米ラスベガスで3日間行われたベリタステクノロジーズの年次イベント「Veritas Vision 2017」。デジタルトランスフォーメーションのトレンドが進展し、データ活用の在り方を見直す企業が大幅に増えている中、課題解決のあらゆる手立てが紹介された。本稿では、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の製品/技術担当である木島亮氏が、イベントの模様とポイントを徹底レポートする。(2017/10/25)

ホワイトペーパー:
【比較表】主要統合型バックアップアプライアンス、機能比較
Arcserve、Avamar、Barracuda、NetBackup、Rubrikといった5つの主要な統合型バックアップアプライアンス製品の機能を1枚の表にまとめた。(2017/7/19)

製品選定のための「データ管理/保護」コラム【第1回】
「フルバックアップが終わらない」を解決する2つの方法
バックアップ容量が増え続ける中、手動運用でカバーするには無理がある。そこで検討したいのがフルバックアップを不要にする2つのバックアップ方法だ。データ種類別のバックアップ方法のベストプラクティスも紹介。(2017/6/28)

GDPR順守に最低100万ドルの投資計画
EU「一般データ保護規則」(GDPR)対応、先手を打つ米国企業の思惑とは
ある調査によると、米国企業は一般データ保護規則(General Data Protection Regulation)の順守を、少なくともEU内の企業と同じくらい深刻に受け止めているという。(2017/5/23)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第5回】
【徹底比較】統合型バックアップアプライアンスを比較、主要5製品の特徴は?
ArcserveやDell EMC、Barracuda、Veritasといった主要ベンダーの統合型バックアップアプライアンスを比較し、それぞれのメリット/デメリットを解説した。比較表は無料でダウンロードできる。(2017/3/13)

情報管理/ガバナンス基盤のクラウド対応を支援:
ベリタスとマイクロソフト、Azureへのデータ移行とハイブリッドバックアップ体制を強化
ベリタステクノロジーズとマイクロソフトがクラウドでのデータ管理で協業を強化。情報管理/ガバナンス基盤である「Veritas Enterprise Vault.cloud」をAzureで運用できるよう支援し、既存のデータをAzureへスムーズに移行させるツールを共同で販売する。(2017/2/24)

運用管理者は「システムのお守り役」ではなく「サービス提供者」:
PR:バックアップ運用自動化で、攻めと守り、両方に寄与する方法
デジタルトランスフォーメーションも進展し、ビジネスに一層のスピードと効率が求められている中、それを支えるインフラ運用にも変革が求められている。特に今、多くの企業が取り組んでいるのが運用自動化だ。中でも運用効率向上、コスト/管理負荷低減といった自動化の成果を獲得しやすい領域として「バックアップ運用」の自動化が注目されている。では運用自動化で成果を獲得するためには何がポイントになるのだろうか。数多くの自動化案件を手掛ける伊藤忠テクノソリューションズに話を聞いた。(2017/2/28)

デジタルトランスフォーメーションで変わる「データ管理」の中身:
PR:企業、SIer、ベンダー――3者の視点で考える、「データを価値に変える」ために必要なこと
IoT、X-Techトレンドも高まる中で、データをどう活用するか、どうビジネス価値に変えるかが企業の競争力を左右する状況となっている。これに伴い、「守る」ことが主体だった企業のデータ管理にも変革が求められている。では具体的に、どのような変革が必要なのか? 実際にデジタルトランスフォーメーションを推進している企業、支援するSIer、ベンダーという三者の視点で、“今必要なデータ管理”のポイントを明確化した。(2017/2/10)

ベリタス、AWS対応のシステム復旧支援ソフトを発売
異機種混在環境のデータセンターで稼働するシステムがダウンした際に、待機系システムを用いた迅速な復旧作業を支援するという。(2017/2/10)

2017年ストレージベンダーの現状と展望【前編】
変化に対応した企業にチャンス、Dell EMC、Nutanixなど主要ベンダーはどう動く?
主要なエンタープライズストレージベンダーは、2017年にどのような課題と機会に直面するのか。包括的な予測をお届けする。(2017/1/12)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第4回】
【徹底比較】ターゲット型アプライアンス主要製品を比較、バックアップソフトとの接続性も
4つの主要なターゲット型バックアップアプライアンス製品を徹底比較。重複排除の範囲や接続プロトコル、価格などに着目した。連係するバックアップソフトとの相性など、製品選定時の注意点も解説。比較表は無料でダウンロードできる。(2016/12/22)

360度データ管理とは:
ベリタスがバックアップツールをバージョンアップ、仮想化やクラウド対応機能を強化
ベリタステクノロジーズは、バックアップ製品の最新版「Veritas NetBackup 8.0」を提供開始した。Windows Server 2016とVMware vSphere 2016に対応し、Microsoft AzureやOpenStackなどクラウドストレージへの互換性を強化した。(2016/12/7)

最新のバックアップ手法を一気に解説
消えかけていたバックアップ技術がにわかに脚光を浴び始めた理由
サーバ仮想化の増加により、データバックアップテクノロジーが進化している。その進化には、継続的データ保護(CDP)インスタントリカバリー、フラットバックアップ、バックアップアプライアンスが貢献している。(2016/11/28)

バックアップなどにパブリッククラウドを使う? ベリタスが手の内明かす
多くの企業が何らかの形でクラウドを導入しているが、データやシステムのバックアップ、災害対策にはオンプレミスを好む傾向が強いという。ベリタスが予定している取り組みを説明した。(2016/7/21)

新生ベリタスが事業戦略発表、バックアップの“先”も展開
シマンテックから分社・独立したベリタスが国内事業を本格始動させた。従来のバックアップの中核にしつつ、「情報管理」ソリューションを展開する。(2016/2/15)

SSD、オールフラッシュ技術の獲得が相次ぐ
ストレージ業界を変えた2015年の大型買収、DellのEMC買収は序章にすぎない
2015年のストレージ業界では企業買収が盛んに行われたが、米Dellによる670億ドルでの米EMC買収を前にしては他のどの案件もかすむ。米SanDiskや米Veritasが買収されたことさえもだ。(2016/1/8)

アンケートから見たバックアップ課題
こういうのが欲しかった、仮想環境でバックアップとDRを劇的にシンプルにする方法
仮想環境やプライベートクラウド環境を運用する際、複雑になりがちなバックアップやDR(災害対策)。これらを劇的にシンプルにする手段を紹介する。(2015/12/4)

理想的なクラウド基盤を構築する方法【第4回】
ハイブリッドクラウド環境での理想的なDR方式と製品選定ポイント
ハイブリッドクラウドを実現する際に考えておきたいのがDR(事業継続)だ。DRを構成する4つの技術要素とともに、可用性を高める仕組み、バックアップ/DRソリューション選定のポイントを解説する。(2015/10/26)

NEC、データバックアップを高速化する新ストレージ発売
最新モデルでは従来機比で性能と容量が2倍近くにアップした。(2015/9/17)

シマンテック、ベリタス分割後の基幹製品群を発表
NetBackupシリーズのほか、データ管理を支援する複数の新製品を投入する。(2015/7/10)

Computer Weekly製品導入ガイド
仮想化とクラウド対応が進むバックアップ製品、モバイル対応には遅れ
エンタープライズ向けのバックアップ製品5種類について、仮想化のトレンドやクラウドのサポート強化、モバイル対応が遅れている現状について解説する。(2015/2/26)

@IT主催セミナー「なぜバックアップがうまくいかないのか」リポート:
PR:トップアーキテクトが語るバックアップ/リストア設計・運用のポイント
(2015/1/6)

仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【最終回】
【徹底比較】VMware環境でシンプルなDRを実現するには? 主要製品の違いを見る
VMware環境でDR(災害対策)を実現するための最適な推奨構成とは。主要各社のバックアップソフト、重複排除ストレージ、統合バックアップアプライアンスの「機能」を徹底比較した。(2014/12/18)

NEC、SDN対応仮想化&クラウドサービス基盤の新製品
NECが、SDNに対応した仮想化・クラウドサービス基盤の新製品「Cloud Platform Suite R4.1」を発売する。(2014/10/28)

@IT主催セミナー「誰も教えてくれなかったバックアップの極意」リポート:
PR:知らないと後に悔やまれる「バックアップ」の課題、方法、特長、使いどころ
(2014/7/16)

シマンテック、大規模システム環境向けのバックアップアプライアンスを発表
バックアップソフト「NetBackup」の最新版と14〜76テラバイトのバックアップ容量を備えたストレージやサーバがオールインワンとなっている。(2014/3/28)

現役の情シスマンが突撃取材:
PR:導入・運用は簡単に? バックアップの最新事情と気になるポイント
IT部門にとってシステムやデータのバックアップは、重要度が極めて高いながらも、非常に手間のかかる業務だろう。バックアップソフト大手のシマンテックは、アプライアンスを活用した新製品をはじめとして、課題解決に向けた注目のソリューションを提供している。これは企業の情シスマンたちにとって、どれほど朗報なのか? アイティメディアのIT環境を支える現役の情シスマン・ひろゆきがシマンテックに聞いた。(2014/3/5)

ホワイトペーパー:
従来比100分の1の時間でフルバックアップが実現できる最新技術を検証
大量のデータのフルバックアップを従来の1/100の時間でできるということを信じられるか。事実確認のため米国調査会社ESG社がSymantec NetBackup7.5を使用しテストを行った。高速バックアップが可能な理由は?(2014/2/13)

ホワイトペーパー:
「かんたん」「手軽」にバックアップデータを遠隔地へ保管
「コスト」を押さえて「効率的」にデータを保護する方法とは!? 既存システムを活かしたままデータの遠隔地保管を実現。(2013/9/25)

日本HP、オールフラッシュストレージを投入
大容量データの高速処理ニーズに対応するというHP 3PARストレージの新モデル「HP 3PAR StoreServ 7450」と、データ重複排除ソフトウェアの「HP StoreOnce VSA」を発表した。(2013/7/12)

仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント【最終回】
【徹底比較】コストを詳細分析、VMware環境の主要バックアップ4製品
VMware環境をバックアップすると、どれくらいのコストが掛かるのか? 小規模/中規模/大規模環境を想定し、主要バックアップ製品を用いたバックアップシステムのコストを比較する。(2013/7/9)

仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント【第4回】
【徹底比較】VMware環境に最適なバックアップ製品の機能を大解剖
VMwareの仮想環境におけるバックアップ製品選定のポイントとともに、主要なバックアップ製品の機能を比較。CA、EMC、NetApp、Quest、Symantec、日立など主要なベンダー製品の機能比較表付き。(2013/5/23)

製品選択のポイントは?
著名企業が導入、仮想環境バックアップの最新事例
企業の新たな課題になっている仮想環境のバックアップ。特に物理環境が混在する状況ではその難しさが増す。どう対応すればいいのか? 先進的な企業が取り組む仮想環境のバックアップ事例を紹介する。(2013/2/4)

クラウドバックアップ環境を提供する重複排除実装ストレージアプライアンス
インライン重複排除機能を搭載したストレージアプライアンスの最新版が登場。クアンタムストレージが自社で提供するクラウド環境へのバックアップ機能を提供する。(2013/1/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。