ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「レプリケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レプリケーション」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

バックアップは災害復旧(DR)の要
「クラウドバックアップ」の選定でまず解消すべき“3つの疑問”
クラウドバックアップを軸に災害復旧(DR)を準備したいなら、堅実な計画を立てるべきだ。戦略を考える前に、一般的なバックアップ手法、ツール、レプリケーションに関するよくある疑問を解決しておこう。(2019/5/28)

長過ぎるダウンタイム問題
レプリケーションでは不十分? 多くの企業がダウンタイム短縮に課題
調査の結果、ランサムウェアなどに起因するシステムダウンの復旧に多くの企業が課題を抱えていることが分かった。バックアップと復旧の目的を見失っている可能性がある。(2018/12/4)

製品の違いを見分けるために
バックアップアプライアンス、主要ベンダー8社の製品の特徴を徹底比較
主要なバックアップアプライアンスの多くは、バックアップ、アーカイブ、災害復旧、レプリケーションなど、類似の機能を備えている。主要8社の製品情報をまとめた。(2018/7/31)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(51):
Azure IaaSのリージョン間レプリケーション、一般提供開始
Azure Site Recoveryで、第三の災害復旧オプションである2つのAzureリージョン間でのレプリケーション保護シナリオが正式に利用可能になりました。(2018/6/8)

Cloud SQL for PostgreSQLは99.95%のSLAを保証:
Google、4つのクラウドデータベースサービスの新展開を発表
Googleは、「Cloud Spanner」のコミットタイムスタンプ機能、「Cloud Bigtable」のレプリケーション機能のβ版、「Cloud Memorystore for Redis」のβ版、「Cloud SQL for PostgreSQL」の正式リリースを発表した。(2018/4/27)

SQL Serverトラブルシューティング(70):
セカンダリが停止したらレプリケーションが配信されなくなった(処理遅延)
本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。今回は「セカンダリが停止したらレプリケーションが配信されなくなった」場合の解決方法を解説します。(2018/4/25)

災害対策からデータベース移行、BI活用まで
データベースのリアルタイムレプリケーションがビジネスにもたらすメリット
ビジネスの根幹を担う上で重要なデータベースは、重要であるが故に止められなかったり、もっと活用したいのに負荷を掛けられないジレンマもある。どうすればいいのか。(2017/10/11)

まずはDRの要件を定義しよう
災害対策/災害復旧(DR)に、SDNによるネットワークの自動化が役立つ理由
ソフトウェア定義のネットワーク(SDN)はデータのバックアップやレプリケーションに役立つ。災害対策(DR)プラットフォームでSDNを使用することを検討している場合は、まずDRの要件を定義しよう。(2017/7/3)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(33):
Azure Site Recoveryの注目の新機能、Azure―Azure間で仮想マシンのレプリケーション保護が可能に
オンプレミスの仮想マシンをレプリケーション保護する「Azure Site Recovery」に、クラウドだけで完結する新しい災害復旧(DR)対策シナリオのサポートがパブリックプレビューとして利用可能になりました。(2017/6/8)

NASに保存したファイルを過去のバージョンに自在に復元する方法
家庭内のデータをまとめて保存し、複数のデバイスから利用できるストレージとして注目を集めているのがNASだ。NASに保存したファイルを、過去のバージョンに自在に復元できるSynology NASの新機能、「Snapshot Replication」を紹介しよう。(2017/3/28)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第3回】
基礎から分かるバックアップ、「重複排除」「レプリケーション」「DR」を解説
バックアップツールを用いれば、重複排除やレプリケーション、災害対策(DR)が可能だ。今後は、バックアップデータをビジネスに活用するためのデータの可視化が注目を集める。(2017/3/23)

MySQLの高可用性環境の構築を支援:
スマートスタイル、「MySQL Group Replication」の導入支援サービスを開始
スマートスタイルは、MySQLのマルチマスター型レプリケーション機能「MySQL Group Replication」の導入支援サービスを開始。導入コンサルティング、設計/構築サービス、保守サポートを提供する。(2017/2/27)

SQL Serverトラブルシューティング(29):
「REPLICATION」によってトランザクションログを再利用できなくなった(ファイル管理トラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「トランザクションレプリケーションに由来したトランザクションログ関連トラブルの対処方法」を解説します。(2016/12/2)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第2回】
既存環境を変えない、「ターゲット型バックアップアプライアンス」の製品選定ポイント
重複排除機能、レプリケーション機能を持ったバックアップ保存先ストレージ「ターゲット型バックアップアプライアンス」の製品選定ポイントを解説する。(2016/10/24)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
Yahoo! JAPANがOracle DB基盤バックアップ時間を大幅削減した重複排除技術とは
巨大なシステム基盤を擁するYahoo! JAPANは、Oracle Database基盤のバックアップ、災害対策の遠隔レプリケーションの長時間化に課題を感じ、重複排除技術の検証を実施した。同社の導入事例を基に検証結果を紹介する。(2016/10/17)

対応DBにSAP HANA、Teradata、EnterpriseDB Postgresを追加:
DBレプリケーションツール「SharePlex」に最新版、“Oracleから他社DB”の対応強化
デル・ソフトウェアは、データベースレプリケーションツール「Dell SharePlex」の最新バージョンを提供開始した。対応データベースにSAP HANA、Teradata、EnterpriseDB Postgresが追加された。(2016/5/20)

BCP/DR対策の一環、重複排除・データ圧縮などの機能が有効:
ソリッドファイアー、オールフラッシュストレージを用いた遠隔地レプリケーション実証実験を実施
ソリッドファイアージャパンが通信事業者3者と共同で、オールフラッシュストレージを活用した遠隔地レプリケーションの実証実験を実施。災害発生時の運用に関する知見が得られたという。(2016/4/27)

仮想化とディザスタリカバリ
徹底解説:Hyper-Vの災害復旧(DR)機能
Hyper-Vはバージョンアップを重ねてVMware vSphereとそん色ないレベルになった。バックアップやスナップショット、ライブマイグレーション、VMレプリケーションなど、各種機能を詳しく解説する。(2015/12/25)

ホワイトペーパー:
BCP対策のプロが指摘する、業務継続と災害対策におけるレプリケーションの注意点
「いわば保険である事業継続対策に、高額なコストは掛けられない」。一般的な企業にとって正直な考え方だ。BCPソリューションの多くの実績を持つリコージャパンは、レプリケーションソフトウェアの活用が低コストと確実な事業継続の両立のための重要な要素だと指摘する。(2015/6/30)

製造ITニュース:
3次元CADデータのグローバル分散設計を強化したCADデータ管理システム
富士通は、CADデータ管理システム「FUJITSU Manufacturing Industry Solution PLEMIA Concurrent Design Manager」の新バージョンを発売した。更新ファイルを夜間など、指定した時間にサーバ間で同期するレプリケーション機能を追加した。(2015/2/25)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(3):
Hyper-VからAzureへ、仮想マシンの直接レプリケーションが可能に――Azure Site Recoveryアップデート
Hyper-V仮想マシンのレプリケーション保護サービス「Azure Site Recovery」に、新しい展開オプションが追加されました。スタンドアロンのHyper-Vサーバー上にあるHyper-V仮想マシンを、直接Microsoft Azureにレプリケーションできるようになりました。これまで必須だったVirtual Machine Managerの管理環境を用意しなくてもできるのです。(2014/12/16)

PostgreSQLガイダンス(3):
9.4で盛り込まれる新構文とPostgreSQL本体のレプリケーション機能強化
間もなく正式版のリリースが予定されているPostgreSQL 9.4の新機能のうち、運用は信頼性向上に関わる実装や、将来的な発展を見込んだ機能強化を見ていきます。(2014/11/13)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(2):
クラウドでDR対策の常識が変わる! Microsoft Azure復旧サービスの全機能が正式公開
2014年10月3日、マイクロソフトは「Microsoft Azure Site Recovery」でプレビュー提供していた一部の機能の正式提供を開始しました。正式提供された機能は、オンプレミスのシステムを直接クラウドへレプリケーション/フェイルオーバーする機能になります。(2014/10/14)

仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【第2回】
VMware環境に最適なDR製品の選び方 〜バックアップデータの遠隔地保管編
DR方式は3つに分類でき、各方式を構成するデータレプリケーションとグローバルクラスタにも複数の実装パターンがある。「バックアップデータの遠隔地保管」の実装パターン、製品選定のポイントについて解説する。(2014/9/9)

基礎から分かるActive Directory再入門(4):
ドメインコントローラーの複製とは
今回はドメインコントローラーのデータベースを、他のドメインコントローラーにコピーする役割である「複製」(レプリケーション)について紹介する。(2014/6/10)

導入事例:
コムテック、仮想サーバのバックアップシステムを刷新 所要時間を10分の1に
コムテックが仮想サーバ向けバックアップ/遠隔レプリケーションシステムを「EMC Avamar」で刷新。重複排除によって保存データ量を縮小し、バックアップ所要時間を10分の1に短縮したという。(2014/2/4)

Windows Server 2012 R2/System Center 2012 R2のすべて:
PR:Windows Server 2012 R2によってさらなる進化を遂げる「CA ARCserve」シリーズ
日本CAでは、企業サーバー向けバックアップソフトとして「CA ARCserve」シリーズを展開。簡単なイメージバックアップから高度なレプリケーションまで、あらゆるデータ保護のニーズに応えている。Windows Server 2012 R2にも早急に対応し、Windows Server 2012対応時の機能強化に加えて、さらに手軽で高品質な機能を追加していく予定だ。(2013/11/21)

多数のバグを修正:
「MySQL 5.6.13」が公開
オープンソースデータベース管理システムの更新版となる「MySQL 5.6.13」が2013年7月31日に公開された。重要な変更点として、レプリケーションの変更が挙げられる。(2013/8/2)

もう一度始めたい人のPostgreSQL(2):
PostgreSQL 9系の目玉、「レプリケーション機能」を試す
今回からは、PostgreSQL 9系で実装されたさまざまな新機能を実際に操作する手順を紹介していきます。まずは、PostgreSQL 9系の目玉機能、レプリケーション機能を設定し、その動作を確認してみましょう。(2013/7/5)

事例:
国保中央会が仮想化を使った基幹サーバ集約を実施、データレプリケートにARCserve Replicationを採用
国民健康保険中央会が基幹サーバの仮想化と集約を実施。業務利便性向上と災害対応を兼ね、データレプリケーションの実施を選択した。CA ARCserve Replicationを採用する。(2013/7/2)

導入事例:
国保連合会、中央と地方でファイルを迅速に共有する仕組みを構築
サーバ統合によって中央のデータセンターで管理するデータを、地方のローカル環境でも扱えるように、ファイルベースのレプリケーション環境を導入した。(2013/7/2)

データレプリケーションの最新版、デル・ソフトウェアがリリース
デル・ソフトウェアは、構造化/非構造化データベースに対応したデータレプリケーション製品の最新バージョン「SharePlex 8.0」を発売した。(2013/5/23)

ホワイトペーパー:
仮想化で災害対策をする時に考慮しなければならない10のポイント
サーバ仮想化は災害対策のための有用な手段だが、効率的かつ確実な運用にはノウハウや考慮が必要である。レプリケーション方式は? 動作確認の方法は? リカバリサイトのリソース活用は? 災害対策のために考慮すべき10のポイントを整理した。(2013/2/18)

アイ・オー、同社製NAS“LAN DISK”にレプリケーションソフト付きモデルを追加
アイ・オー・データ機器は、同社製NASにCA Technologies製レプリケーションソフト/バックアップソフトを付属したセットモデル計3製品を発表した。(2013/2/13)

NEWS
CA、クラウド環境の災害対策を支援するレプリケーションソリューションを発表
CA Technologiesがレプリケーションソリューションの最新版を発表。新機能や機能強化によって、災害対策や業務継続に有効なデータ保護環境の構築を支援する。(2012/8/10)

ホワイトペーパー:
Oracleのリアルタイム・レプリケーションを実現する 「SharePlex」とは?
データベースのレプリケーションは、今も昔も頭の痛い問題である。特に「リアルタイム性」が要求されると、ハードルは一気に上がる。本稿ではOracleDBを対象に、その解決方法とレプリケーションによって生まれる新たな価値・活用手法をご紹介する。(2012/5/29)

仮想マシンを相互でレプリケーションする災害対策サービス BSNアイネットと北陸コンピュータ・サービス
クラウド基盤を連携し、データセンターが災害などでダメージを受けても短時間でサービス復旧できるサービスが開始する。(2012/3/5)

ホワイトペーパーレビュー
遠隔レプリケーションを解説した3つのホワイトペーパー
広域災害に対応するデータ保護対策として、遠隔レプリケーションを活用したバックアップ環境を検討する企業が増えている。本稿では遠隔レプリケーションを解説したコンテンツを紹介する。(2011/11/24)

CTCSP災害対策ソリューション「Double-Take」
データ損失とダウンタイムを最小化 事業継続に効くレプリケーションツール
事業継続を支援するソリューションは数多くあるが、コスト面から実際の導入に踏み切れない企業も多い。そんな中、データ損失やダウンタイムの最小化を手軽に実現するツールが注目されている。(2011/6/20)

ホワイトペーパー:
WANに負荷を掛けずに災害対策サイトにデータ複製を行う、重複除外技術のレプリケーション
重複除外と圧縮技術により、データ容量を縮小してデータを転送するData Domain Replicatorを用いて、WANの細い回線を経由しても大容量バックアップデータを確実に遠隔地にコピーするレプリケーションについて解説(提供:EMCジャパン).(2010/10/15)

リアルタイムバックアップソフト「Double-Take Backup」
「バックアップは定期で」を覆すリアルタイムバックアップの効果
複数のサーバの集中バックアップにレプリケーションが使われるようになっている。膨大なデータを短時間にバックアップし、かつ任意の時点の内容で復旧したいという声に応えるソリューションが登場した。(2010/4/26)

NEWS
サイベース、Oracle Database 11gなどに対応した「Sybase Replication Server」の新版を発表
Oracleデータベース対応でSybase ASE/Sybase IQ間の高速データ移動を実現したほか、異種データベース環境でのレプリケーション機能拡張により幅広いデータ移動要求に応える。(2010/2/19)

NEWS
CTCSP、サーバ仮想化・リアルタイム複製に対応したレプリケーションソフトウェアの最新版
CTCSPは、レプリケーションソフトウェアの最新版「新世代Double-Take」を発売した。物理/仮想サーバ移行作業、サーバシステムやデータのリアルタイム複製をサポートする。(2010/2/8)

NEWS
日本クアンタム、ファイル管理とアーカイブ機能を拡張したデータ管理ソフトの新版
日本クアンタム ストレージは、データ管理ソフトウェア「StorNext 4.0」の販売を開始。新機能では、デデュープ機能とレプリケーション機能などを追加し、堅固なデータ保護を可能にした。(2010/2/3)

NEWS
最小限のダウンタイムでマイグレーションを実現する新ソリューション、CTCSP
CTCSPは、レプリケーションソフトウェア「Double-Take」の機能をマイグレーション用途に特化したライセンスモデル「Double-Take Move」を発表。マイグレーションに付き物のシステム停止時間を極小化できるという。(2009/8/28)

キーワードでひもとくバックアップ最新事情【第7回】
“スナップショット”と“レプリケーション”で重い処理はストレージ任せ
加速度的に増加するデータ。放置しておけば、バックアップの処理時間も長くなる一方だ。しかしスナップショットとレプリケーションをうまく使えば、稼働系サーバに負荷を掛けずにバックアップを行うことができる。(2009/6/5)

日本CA、低価格レプリケーションソフトを提供開始
日本CAはデータ損失を防ぐレプリケーションソフトウェア「CA ARCserve Replication r12.5」の廉価版で、ファイルサーバのデータ保護に特化した「CA ARCserve Replication r12.5 for File Server」の販売提供を7月1日から開始する。(2009/6/2)

OpenLDAPで始めるディレクトリサーバ構築(5):
レプリケーションで冗長構成
ユーザー情報や組織情報などを一元的に管理するディレクトリサーバは、企業システムの中で重要な役割を果たしています。この連載ではオープンソースの「OpenLDAP」を用いて、ディレクトリサーバの構築・活用方法を解説します。(編集部)(2009/5/1)

SRA OSS、データレプリケーション型にも対応した高可用性DBシステム
PowerGres on Linux HAの新版は、PostgreSQL 8.3に対応、データレプリケーション型の構成にも対応する。(2009/3/12)

NEWS
HP、VTL新製品と狭帯域レプリケーションによるBCPソリューションを発表
日本HPが仮想テープライブラリの新製品と、「低帯域レプリケーションライセンス」による遠隔データバックアップソリューションを発表。限られた予算でも実現可能な「ディザスタリカバリの第一歩」だという。(2009/3/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。