ニュース
» 2010年06月08日 07時46分 UPDATE

Apple、モバイル広告ネットワーク「iAd」を7月1日にスタート

Appleは7月1日からiOS 4搭載端末向け広告配信を開始する。2010年下半期に6000万ドルの売り上げを見込んでいる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月7日(現地時間)、サンフランシスコで開催の開発者会議WWDCにおいて、モバイル広告ネットワーク「iAd」のサービスを7月1日に開始すると発表した。6月24日に発売の「iPhone 4」をはじめとする新OS「iOS 4」搭載端末向けに広告を配信する。

 既に日産、AT&T、Best Buy、Chanel、Citi、Walt Disney Studiosなどが広告キャンペーンの展開を決定している。WWDCの基調講演では、日産の電気自動車リーフの広告がデモで披露された。

 Appleは2010年下半期にiAdで6000万ドル以上の売り上げを見込んでいる。これは同時期の米国におけるモバイル広告支出の約半分に相当するという。

 iAdはiOS 4に組み込まれており、アプリ内の広告を閲覧するのにWebブラウザやビデオプレーヤーを別途起動することなくアプリにとどまっていられる。iAdネットワークに参加する開発者はアプリ内に、ビデオ、ゲーム、ダウンロード機能など、さまざまなフォーマットの広告を組み込める。広告の販売と配信はAppleが行い、開発者は売り上げの60%をiTunes Connect経由で受け取る。

 スティーブ・ジョブズCEOは「iAdは、広告主にWebの双方向性と感情に訴えられるテレビCMのようなツールを提供し、ユーザーにはお気に入りのアプリの外に出ずに広告を見る方法を提供する。iAdは何百万人ものiPhoneおよびiPod touchユーザーにリーチし、開発者にとっての新たな収入源となるだろう。これにより、開発者は無料あるいは低価格のアプリを開発し続けることができる」と語った。

 iAdsが稼働する端末は、iPhone 4のほか、OSアップデート後のiPhone 3G、iPhone 3GS、第2世代のiPod touch。今回の発表ではiPadについては触れられていない。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ