ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「広告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

はてなと集英社がWeb漫画の投稿サービス 広告や有料配信でマネタイズ可 収入の65〜80%を作者に還元
はてなと集英社が、Web漫画を投稿・閲覧できるサービス「マンガノ」を始めた。漫画を有料配信する、広告を設定して公開するなど、作者がさまざまな方法で作品をマネタイズできる点が特徴という。(2021/4/21)

Apple、Podcastアプリで有料番組サブスクに対応 デザイン刷新で「チャンネル」も
AppleがPodcastアプリでサブスクリプションに対応する。ユーザーは5月から、月額あるいは年額購読料を支払うことで、広告なしなどの特典付きで番組を聴ける。次のアプリ更新で、番組を紹介する「チャンネル」機能も追加される。(2021/4/21)

PR:全麦が泣いた……ってなんだよ! 「新作映画かと思いきや、第3のビールの広告」が渋谷に出現している話
違和感が無さすぎて、ちらっと見ただけじゃ気づかないやつ。(2021/4/19)

本田雅一の時事想々:
しまむら「テレビCMをゼロへ」 ネット広告との“信頼感の逆転現象”
確かなものといかがわしきもの。ネットとリアルが持つ信頼性へのイメージは、むしろ逆転してきているのかもしれない。(2021/4/17)

まるで巨人の襲来! 本物そっくりな「電柱のミニチュア」写真に頭がバグる
広告まで凝ってる。(2021/4/15)

Amazon Music Unlimitedが3カ月無料のキャンペーン開始 広告なしで7000万曲以上が聴き放題
3カ月利用料2940円分が無料に。(2021/4/14)

広告による新規獲得の効率が悪化している今だからこそ:
EC企業が今、UGCを活用すべき理由
さまざま企業がECへの取り組みを加速させる中、新規顧客の獲得はますます重要になっている。一方で、そのための手段として重要なデジタル広告は、期待されるほどの効果を出しにくくなっている。この困難な状況をどう乗り越えればいいのか。デジタル広告のエキスパートが解説。(2021/4/14)

海外の道路脇でよく見る円筒型の広告にクルマが突っ込む 事故現場の写真が「レッドブルのクルマみたい」と話題に
ケガ人は出ていないとのことです。(2021/4/12)

安全で信頼性の高い広告配信のために:
集英社が主要Web媒体の広告枠をアドベリフィケーション対応に
主要媒体の基本的な純広メニューおよびPMPでのディスプレイ広告につき、あらかじめ広告主のブランドメッセージにそぐわないコンテンツが含まれるページへの配信を除外し、アドベリフィケーション対策済みの在庫のみを販売。(2021/4/8)

サイバーエージェントと協業:
ヤマダデンキ、デジタル広告事業に参入 購買履歴・会員データなどから好みで“狙い撃ち”
ヤマダデンキが、サイバーエージェントと業務提携を結び、デジタル広告の分野に参入する。ヤマダデンキの顧客データなどに基づき、オンライン広告や店舗のサイネージ、公式アプリなどに、メーカーが広告を配信できる仕組みを整える。(2021/4/2)

マイカーに貼って応援 走った分だけ広告収入、チアドライブが劇場版「バンドリ!」キャンペーン
1キロあたり7円。(2021/4/2)

「5G」導入ガイド【前編】
「5G」の誇大広告に流されない 必要性を見極めるポイントは?
企業は「5G」の導入が自社の事業に与える影響について評価を開始している。5Gのメリットを最大限引き出すには何を知っておくべきなのか。まずは5G導入に期待が持てる点を解説する。(2021/4/2)

次世代テレビプランニングを実現:
テレビCM枠を「ターゲット含有率」「購買行動」「ターゲット統合リーチ」の視点で評価・提案 電通がツール開発
3つのツールでテレビ広告枠購入の決め手となる根拠を可視化し、よりマーケティング戦略に沿ったプランニングを提案できるようになる。(2021/4/1)

「日本文化を馬鹿にしている」 ヴァレンティノの広告、着物の帯の上を歩いていると批判 「帯ではない」と釈明し謝罪
当該のコンテンツは「日本の文化に敬意を込めて作成されたもの」と説明しています。(2021/3/31)

勘違いだらけのEC参入【第3回】:
広告のムダ打ちを生むCPA至上主義のわな
ECに関する理想と現実のギャップを埋めるための本連載。最終回の今回はWeb広告領域についての「よくある勘違い」を取り上げる。(2021/3/31)

「ピンを抜くパズルゲーム風広告」モノマネの着眼点がすごい イラッとする失敗ぶりまで本物そっくりで笑うしかない
演技力と遠近法の妙。(2021/3/30)

Amazon Music Unlimited、「新規登録で500ポイント」キャンペーン実施 広告なしで7000万曲以上が聴き放題
500ポイントは登録後1週間以内に付与されます。(2021/3/30)

各種SNS横断施策も:
企業・ブランド向け「TikTok」トータルプランニング サイバー・バズが開始
キャスティング、動画広告運用、ハッシュタグチャレンジ企画までを一気通貫でサポート。(2021/3/22)

「私は本当に幸せ者だと感じます」 IZ*ONE・宮脇咲良、韓国のファンからの“誕生日カフェ”&巨大広告に感動
これからの活動が気になるところ……。(2021/3/20)

YouTube Studio、動画アップロード中に著作権侵害がないかチェックする機能
YouTube Studioに、コンテンツアップロード中に著作権侵害と広告不適合性がないかどうかチェックするステップがオプションで追加された。(2021/3/18)

タクシーの車窓を“広告枠”に 空車の走行時間を活用、S.RIDEが新サービス
S.RIDEが、タクシーの車窓をデジタルサイネージ化し、走行中に広告を映し出すサービス「Canvas」を6月に始めると発表。まずは東京都で100台のタクシーを使って始める。(2021/3/17)

落ち込むラジオの広告収入 ネットが主戦場に
ラジオ局の経営は、広告収入の落ち込みで厳しさを増している。インターネットを舞台とする新興の音声メディアが台頭する中、ネットでの存在感と広告媒体としての魅力という二兎を追う番組が神戸から放送・配信されている。(2021/3/17)

世界で活躍するクリエイティブディレクターに聞く【前編】:
レイ・イナモト氏が語る 「ブランドはストーリーではなくプロダクトやサービスで構築すべき時代へ」
レイ・イナモト氏が率いるI&COが東京オフィスを開設して1年半。この間に世界の広告業界を取り巻く状況は激変した。この変化をイナモト氏はどう捉えているのか。(2021/3/16)

PR:全国から集まった「広島愛」ツイートがポスターに! 広島の観光業を応援する広告が胸にジーンとくる
広島を応援するみんなの声がポスターになって、県内各所に貼り出されます。(2021/3/15)

その広告ブロッカーは本当に広告をブロックしている? Kasperskyが警告
Kaspersky Labが広告ブロッカーアプリに偽装したマルウェアによる攻撃キャンペーンを発見した。一見すると人気のある広告ブロッカーのように見えるが、実行するとシステムのDNSサーバ設定が変更され、仮想通貨のマイニングに使われてしまうようだ。(2021/3/11)

悪質通販を見分ける自衛策 「初回無料」「お試し価格」の文言に要注意! 罰則強化へ法改正議論も
健康食品や化粧品の「初回無料」「お試し価格」とうたうネット広告につられ、高額な定期購入を契約してしまうトラブルが急増している。消費者庁は刑事罰も含めた罰則強化に乗り出している。(2021/3/8)

Chrome「サードパーティーCookie廃止後に別のトラッキング技術は採用しない」
Googleは今回、サードパーティーCookieのサポート廃止後に現在広告業界が取り組みを進めているトラッキング技術を採用することはないと明言した。自社が進めるPrivacy Sandboxが広告業界にもユーザーにとってもメリットがあることを強調する狙いがあるものとみられる。(2021/3/6)

新型コロナワクチンの取引がダークウェブで横行? カスペルスキーが調査
カスペルスキーが、新型コロナウイルスのワクチンが、ダークウェブで取引されているとする調査結果を発表。闇市場で米Pfizer製などのワクチンに関する投稿や広告が見つかったという。(2021/3/5)

「シン・エヴァ」上映館で「特務機関NERV防災アプリ」の動画広告
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の上映前に「特務機関NERV防災アプリ」の防災啓発動画を上映。12日から。(2021/3/5)

Googleのプライバシー保護、日本企業から歓迎と懸念の声
米Googleがプライバシー保護を優先し、広告に個人の閲覧履歴を使用しない方針を示したことは、データ活用の分野で後れを取ってきた日本企業にも影響が及びそうだ。歓迎する声が挙がる一方、データが集めにくくなることへの懸念も広がっている。(2021/3/5)

育毛剤広告に「根拠なし」 消費者庁が通販会社に措置命令
インターネットのアフィリエイト広告で、合理的な根拠なく育毛剤を販売をしていた会社に消費者庁が措置命令を出した。(2021/3/4)

興味関心へのタイムラグを解消:
今ツイートした人に広告配信 電通デジタルと電通が「リアルタイムキーワードターゲティング」を提供開始
広告主が配信対象とするツイートのターゲティング期間を短縮してタイムラグを解消。今まさにツイートしたユーザーを狙ってリアルタイムに広告配信が可能になった。(2021/3/2)

新生Zホールディングスの戦略:
ヤフーとLINEの経営統合でコマース・広告はどう変わるのか
新生Zホールディングスの戦略についてコマースと広告に関わるポイントをまとめました。(2021/3/2)

and factoryがSkyfallと資本業務提携 マンガアプリ事業の拡大を目指す
マンガアプリを運営するand factoryは、広告事業などを手掛けるSkyfallと資本業務提携契約を締結した。マンガアプリ事業の収益拡大と、新規事業の創出を目指す。(2021/2/26)

今日のリサーチ:
電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9年ぶりのマイナス成長で、リーマンショックの影響を受けた2009年に次ぐマイナス幅でした。(2021/2/25)

電通発表:
2020年「日本の総広告費」、9年ぶりのマイナス成長 リーマンショックに次ぐ下げ幅
電通が発表した「2020年 日本の総広告費」は、新型コロナの影響で、6兆1594億円(前年比88.8%)に減少。東日本大震災のあった11年以来、9年ぶりのマイナス成長を記録した。(2021/2/25)

「YouTube Kids」卒業の子供向け監視付きYouTubeアカウントサービス始動
Google傘下のYouTubeが、8〜19歳の子供の保護者向けペアレンタルサービスを発表した。YouTube Kidsアプリは卒業してもまだ監視が必要な子供向けアカウントを親が開設できる。このアカウントでは表示される動画が制限され、ターゲティング広告が表示されない。(2021/2/25)

「癒やされる」「かわいい」 ポケモンのぬいぐるみを使った山手線の車内広告が話題に
ほっこりする。(2021/2/20)

Indeed Japanは事実関係を調査中:
「バイトル」運営会社が「インディード」のCMに注意喚起 YouTube上のCMは取り下げ
求人広告サイト「バイトル」を運営するディップが「IndeedのCMに関する注意喚起」という文書を発表した。これを受け、Indeed JapanはYouTube上で公開していた自社CMを取り下げた。Indeed Japanは現在、社内で事実関係を確認している。(2021/2/19)

アドビとDNP、コンテンツ制作支援サービスを共同開発へ 素材管理、配信、広告の効果測定など
アドビと大日本印刷が、マーケティング用コンテンツの制作を支援するサービスを共同開発すると発表した。(2021/2/19)

ScamClub攻撃とは? 身に覚えのない「当選のお知らせ」広告の裏側
「macOS Big Sur 11.2」に半年前に発見されていたWebKitの脆弱性の修正が盛り込まれた。身に覚えのない「当選のお知らせ」広告をきっかけとした攻撃への対策だ。(2021/2/18)

注目の各種AIサービスを支える仕組みとは?:
PR:サイバーエージェントに聞く、AI活用にKubernetesが不可欠な理由と「データプラットフォームの要件」
広告領域をはじめ、さまざまな業種に向けたAIプロダクトを提供し、企業の支持を獲得しているサイバーエージェント。同社はAIプラットフォームとして「Kubernetes」を活用しているが、それと組み合わせるストレージには一体何を求めたのか。選定基準と率直な評価を聞いた。(2021/2/15)

「みんながエッチなことに真摯だった」──ただのモザイクをエッチな画像に“進化”させるプロジェクト、Googleの広告BANで目標達成 開発者に聞く
「2つのモザイク画像の中からセクシーに感じるものをクリックすると、だんだん画像がエッチになっていく」プロジェクトが話題に。仕組みや制作の経緯を開発者に聞いた。(2021/2/12)

Twitter、過去最高の売上高 「iOS 14」のトラッキング申請の影響は「それほど大きくない」
Twitterの2020年10〜12月期決算は、主力の広告が好調で2桁台の増収増益だった。mDAUは26%増と増加率は鈍化したものの1億9200万人と過去最高を更新した。(2021/2/10)

スマートフォンのモバイル広告IDと位置情報データで個人は特定できる──New York Times
New York Timesが、匿名希望の情報源が持ち込んだスマートフォンの匿名化された位置データを広告IDデータベースと照合することで、簡単に個人を特定できたと報じた。現在、こうした個人の特定を禁じる法律はない。(2021/2/8)

インフルエンサーの化粧品PR投稿、加工フィルターで誇張はダメ 英広告当局
美容商品の広告において、効果を誇張する可能性が高い場合はフィルターを使わないようにと英国広告基準局(ASA)がメーカーとインフルエンサーに言い渡しています。(2021/2/6)

渋谷に巨大な「墾田永年私財法」―― 謎の広告にネット民ざわつく 「気になってこれしか情報が入ってこねえよ!」
墾田永年私財法成立したのかと思った。(2021/2/4)

Alphabet決算、巣ごもり需要で売上高・純利益ともに過去最高
Googleを傘下に持つAlhpabetの2020年10〜12月期決算は、コロナ禍の巣ごもり需要で検索やYouTubeの広告が好調で、売上高、純利益ともに過去最高を更新した。クラウド事業「Google Cloud」を初めて独立セグメントとして扱い、営業損失が12億ドル以上であることを明らかにした。(2021/2/3)

広告代理店アピールする新卒の“あるある”と孤独を描いた漫画に反響 「再現度すごくて笑った」「後半の切なさがリアル」
リアルなあるあると孤独の切なさ。(2021/2/3)

デジタルサイネージを活用した施設の密回避ソリューションセミナー:
NECが3密回避に効く「過入場検知デジタルサイネージ」を開発
NECは、映像や動画の広告宣伝を配信するだけでなく、施設への入場制限や3密を回避できる「過入場検知デジタルサイネージ」を開発した。(2021/2/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。