ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「広告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

Google、アプリストアから約600本のアプリを削除 広告ポリシー違反で
Googleが、悪質な広告を表示するアプリ約600本をGoogle Playストアから削除した。機械学習ベースの悪質広告検出ツールを開発した成果としている。(2020/2/21)

Google、悪質な広告を表示するアプリ600本を削除 不正検出の新技術を開発
ユーザーの意図しないところで電話発信や端末ロックの解除をしたり、地図アプリのナビゲーション機能を使っている最中に全画面広告を表示したりといった手口を「悪質」と判断して削除した。(2020/2/21)

月間5400万人超の幅広いユーザーへのリーチを実現:
LINE広告、「ウォレット」タブでの広告配信を開始
LINEのさまざまなサービスのゲートウェイである「ウォレット」タブ上で運用型広告の配信が可能に。(2020/2/17)

新しい企業とお客の形:
丸井グループ、「売らないお店」支援のD2C新会社発表 リアル店舗出店は“広告出稿の一つ”へ?
丸井グループが子会社「D2C&Co.(ディーツーシーアンドカンパニー株式会社)」の設立を発表した。D2C関連企業へ出資や出店支援をしていくという。丸井グループは「売らないお店」への方針転換を図っており、インターネットによって変化するビジネスモデルの台風の目となりつつある。(2020/2/13)

「未来きたな」「輪るピングドラムが現実に」 電子ペーパーを使った中吊り広告に未来感を感じる
期間限定の「山手線Ver.2020」にて搭載されています。(2020/2/12)

モビリティサービス:
アイシン精機が広告配信の実証実験、移動中のクルマがマーケティング対象
アイシン精機は2020年2月7日、愛知県内において次世代広告システムの実証実験を行うと発表した。知多半島エリアで、2020年3月から開始する。同県常滑市のイオンモール常滑や、愛知道路コンセッションと協力し、移動に着目したマーケティングツールによる新たな顧客関係の構築を目指す。(2020/2/10)

「動画視聴中のCM」「動画を覆う広告」など、Chromeで規制へ
基準を守らない邪魔な広告を繰り返し表示するWebサイトでの広告表示を停止するとしています。(2020/2/7)

Google Chromeも採用へ:
動画再生中の迷惑広告排除へ、業界団体が新基準 “アウト”な広告の3条件とは
Google Chromeでは2020年8月5日以降、こうした迷惑広告が表示されないようにする。(2020/2/6)

Chromeブラウザ、不快な動画広告ブロックを8月5日から開始
Googleが、Chromeブラウザで3種類の動画広告をブロックする計画を発表した。いずれも業界団体の調査でユーザーが不快だとしたもの。8月5日から実施する。(2020/2/6)

今日のリサーチ:
OTT、アドベリフィケーション他 インターネット広告関係者が予測する業界トレンド――IAS調査
IASがまとめた世界8カ国の業界関係者への意識調査「Industry Pulse 2020」の結果です。(2020/2/4)

カメラに写った人の「視線の先」を推定するAI登場 デジタルサイネージの効果測定などに活用
ユーザーローカルが、ディープラーニングを使ったアイトラッキング技術を開発。デジタルサイネージの広告効果測定などでの活用を見込んでいるという。(2020/2/4)

Google親会社Alphabet決算は2桁台の増収増益 YouTube広告とクラウドが好調
Alphabetの10〜12月期の決算は2桁台の増収増益だったが、売上高は予想を下回った。YouTube広告とGoogle Cloudの売り上げを初めて開示した。いずれも2桁台の増収だった。(2020/2/4)

Facebook、広告堅調で予想を上回る増収増益 北米のMAU増加率は鈍化
Facebookの10〜12月期の決算は、主力の広告収入が堅調で、予想を上回る増収増益だった。北米ではMAU増加率が鈍化したものの、世界でのMAUはほぼ25億人になった。(2020/1/30)

LINE、19年通期は最終赤字468億円 スマホ決済などへの投資かさむ
LINEの2019年12月期(19年1〜12月)通期連結決算は、純損益が468億円の赤字(前期は37億円の赤字)だった。広告など主力事業は好調だったが、「LINE Pay」などへの先行投資がかさみ、利益を圧迫した。(2020/1/29)

オフライン購買データからの広告ターゲティング:
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信においてリアル店舗の購買データを活用したターゲティングが実現した。これで何が変わるのか。キーパーソンに聞いた。(2020/1/27)

「広告と検索結果が見分けづらい」Google、批判受けてデスクトップ検索の新デザイン撤回
Googleは既に新しいデザインのテストを開始しています。(2020/1/26)

Google検索結果、デスクトップでもデザイン変更 ファビコン付きに
デスクトップでのGoogle検索結果の表示が変わった。昨年5月にモバイル版で行ったデザイン変更が反映され、URLの表示位置が変わり、ファビコンが表示されるようになった。広告の区別が付きにくくなったという意見もある。(2020/1/24)

組み込み採用事例:
印刷方式有機ELディスプレイを超薄型ガラスサイネージに採用
JOLEDは、同社の有機ELディスプレイが、AGCの超薄型ガラスサイネージ「infoverre Paper like Screen」シリーズに採用されたと発表した。電車やバスの中吊り広告、電車の戸袋など、従来のディスプレイでは設置が難しい場所での利用を見込む。(2020/1/24)

経営統合の真意を聞く:
エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクションであるBIRDMANを子会社化した。両社が描く未来の広告とクリエイティブの在り方について聞いた。(2020/1/24)

「ファッションのビルです」「※時間は日本時間」 カラフルなテプラを駆使した「ラフォーレ原宿」の広告が親切すぎる
情報量すごい。【1月25日14時、18時 追記あり】(2020/1/23)

DOCOMO Open House 2020:
5Gでどんなビジネスが生まれる? 「DOCOMO Open House 2020」で見られるソリューション
「DOCOMO Open House 2020」では、幅広いパートナー企業と「協創」したさまざまな取り組みが数多く紹介されている。ドコモが考えている5G時代の新しいビジネスやサービスの中から一部を紹介しよう。警備、ゴルフ、教育、広告、漁業、医療のソリューションを見てきた。(2020/1/23)

アルバイトの平均時給が過去最高を更新 全国平均は1127円に
「バイトル」に掲載された求人広告データをもとに集計したアルバイトの平均時給は前年同月比で40カ月連続上昇。(2020/1/23)

5Gで自動運転車に動画広告をリアルタイム配信 実証実験が狙う効果は?
サッポロ不動産開発、NTT Comらは、北海道札幌市の「サッポロファクトリー」で、5Gを活用して遠隔運転で動く車両のデジタルサイネージに店舗の動画広告を配信する実証実験を行う。日程は2020年1月22日〜23日。併せて、人流解析ソリューションによる広告効果も測定する。(2020/1/22)

飲食店を科学する:
マクドナルドとモスバーガー 「トマト」の使い方から見えた戦略の“決定的”な違いとは
ハンバーガー業界の2トップ「マクドナルド」と「モスバーガー」。原価率や広告宣伝費から戦略の違いが見えてきた。マクドナルドの圧倒的強さの秘密にも迫る。(2020/1/22)

カズレーザー、戦慄のペストマスク姿で夜の通学路に立つ 「怖い怖い怖い」「ホラー映画の宣伝広告かと」
「不気味かっこいい」という反応も。(2020/1/20)

Googleさん:
Cookie禁止に動くGoogleの秘策「プライバシーの砂場」とは?
Googleが2年以内にサードパーティーCookieをサポートしなくなると発表し、波紋が広がりました。これでターゲティング広告ができなくなるわけではなく、Googleはそれに変わる「プライバシーサンドボックス」を準備中です。(2020/1/20)

「広告と中身が全然違う」「美少女ほとんど出てこない」勘違いを誘発するゲーム広告、景表法違反の可能性も 弁護士や消費者庁に見解聞いた
美少女を合体……できない。(2020/1/24)

ゼクシィ保険ショップ、「スタッフ全員FP資格持ち」と広告掲載するも実際には資格のないスタッフが接客して謝罪
本件による保険契約の有効性への影響はないとのこと。(2020/1/19)

コーエーテクモゲームス、「真・三國無双」「信長の野望」「三國志」等のコンテンツをWeb広告に無断使用した中国企業提訴
コーエー側は「当社ゲームの開発に携わるすべての関係者の努力を踏みにじるもの」とコメント。(2020/1/18)

NBCUniversalの定額動画サービス「Peacock」、広告付き無料プランもありで7月本格始動
Comcast傘下のNBCUniversalがサブスクリプション制動画サービス「Peacock」のプランを発表した。広告付きで無料の「Free」と広告付きで月額5ドルあるいは広告なし出月額10ドルの「Premium」を用意する。Premiumでは東京オリンピックの開閉会式のライブ配信などを予定。(2020/1/17)

スマートリテール:
RFIDを活用した店舗での情報共有システムの実証実験に関する成果報告書を公開
大日本印刷は、ICタグを活用した情報共有システムの実証実験に関する成果報告書を公開した。店舗でのRFID活用によるダイナミックプライシングと広告配信効果、家庭内での新サービスの可能性などを検証した。(2020/1/17)

24時間で5000万人以上のLINEユーザーにリーチ:
LINE、トークリスト最上部に1日1社限定で表示される動画広告「Talk Head View」を提供
LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」のトークリスト最上部に動画広告を配信できる新サービス「Talk Head View」の正式提供を開始した。(2020/1/16)

広告予算を増加予定の企業は4割強 2020年に注力したいテーマは「顧客体験の充実」
コムエクスポジアム・ジャパンが企業の広告・マーケティング担当者を対象に2020年の取り組みに関するアンケートを実施。(2020/1/16)

タクシー運転手「お釣りはいらないよがなくなって寂しい」 キャッシュレス決済の導入で
ミドルシニアお仕事ナビを運営する大成広告社が「タクシー運転手の働きがい」に関する調査を発表。(2020/1/10)

Facebook、政治広告のファクトチェックをしない方針は変えず「透明性を上げる」
TwitterやGoogleが政治広告を規制する中、Facebookは政治広告に関する透明性を高め、表示をコントロールする選択肢をユーザーに提供すると説明した。(2020/1/10)

キャッシュレス決済の導入で「寂しさ感じる」 タクシー運転手の本音は
大成広告社が、タクシー運転手にキャッシュレス決済に関する調査を実施。約4割が「決済が楽になった」と答えたが、約3割は「おつりは要らないよ」と多めに支払ってくれる乗客とのコミュニケーションがなくなったことに寂しさを感じているという。(2020/1/8)

PC版「ニコニコ動画」、音量の自動調整機能を実装へ 「広告の音が大きすぎる」などの課題を解消
ドワンゴが「ニコニコ動画」のPC版に、音量の自動調整機能を導入すると発表。1月29日に実装する。動画本編、動画広告、再生前広告の音量を一定の基準値にそろえることで、ユーザーの満足度を高める。(2020/1/8)

「校閲・校正ができるAI」、みずほ銀が広告制作などに導入 チェック業務を効率化
凸版印刷が「AI校閲・校正支援システム」をみずほ銀行に提供。みずほ銀は同システムを、パンフレット制作時の専門用語のチェック業務などに活用している。実証実験で有用性を検証したため、導入に踏み切ったとしている。(2020/1/8)

「土俵際、もはや絶体絶命」年始早々に絶望的な広告→ひっくり返すと……? 自分らしく戦う人たちにエールを送る西武・そごうの広告、その意図を聞いた
2019年に賛否両論だった「わたしは、私。」を再び唱える理由。(2020/1/6)

今日のリサーチ:
YouTubeを見る5つの動機と記憶に残る広告の条件――グーグル調査
日本のインターネットユーザーがYouTubeを利用する5つの動機とは何か。(2020/1/6)

クトゥルフ神話×おねショタの姉弟愛漫画『姉なるもの』が2020年アニメ化 新宿駅に巨大広告も登場
18禁同人誌から一般向け商業誌に成長したおねショタ漫画がアニメ化。(2020/1/6)

専門家は脆弱性を指摘
TwitterやFacebookがユーザーの電話番号を広告に利用 SMSでの二要素認証に懸念
Twitterは、二要素認証(2FA)用の電話番号を、ユーザーの許諾なしにターゲティング広告に使用していたことを明らかにした。Facebookでも明らかになった電話番号の広告利用。その影響とは。(2019/12/14)

今日のリサーチ:
インターネット広告に関するユーザー意識 8割のユーザーが情報活用に不安――JIAA調査
ユーザーのインターネットメディア・広告への意識、情報取得活用への意識、業界が取り組んでいる各施策への意識、広告への期待について聞いています。(2019/12/13)

国際的アートフェアで「壁にテープで貼られただけのバナナ」が1600万円に バーガーキングが早速パロディー広告を作成
どんな味がするのかな……?(2019/12/13)

ステマ騒動で流れたうわさ「PRを付けるとTwitter社に広告費を払う必要がある」 Twitter社は「事実ではない」
ステマ騒動の中で真偽の怪しい情報が流れていました。(2019/12/12)

今日のリサーチ:
Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当者の側からは「Cookieは広告効果測定に使うには不十分」という声がじわじわと高まっているようです。(2019/12/9)

アルバイト採用支援ツール開発者に聞く:
「an」終了にみるバイト求人の本当の課題 テクノロジーは人材広告業界の不透明性を解消できるか
パーソルグループ傘下のSEEDS COMPANYで、スマートフォンに特化した業界初の採用支援ツール「x:eee(エクシー)」の事業責任者を務める陳シェン氏に話を聞いた。(2019/12/9)

「TikTok Ads Annual Marketing Event 2019」レポート:
「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads」の現状とこれからについて、「TikTok Ads Annual Marketing Event 2019」で明らかになった内容をまとめた。(2019/12/8)

「伝達ミスだった」「ステマではないと認識」 アナ雪2の“ステマ疑惑”にディズニーがコメント
Twitter上で複数の漫画家がディズニー映画「アナと雪の女王2」のレビュー漫画をほぼ同時刻に投稿し、ステルスマーケティングではないかと指摘されている問題で、ウォルト・ディズニー・ジャパンは「伝達ミスがあり、広告表示がなされなかった。意図して起きたものではない」とコメントした。(2019/12/4)

今日のリサーチ:
質の低いコンテンツに広告を出すブランドは「使用を取りやめたい」と考える消費者が65%――IAS調査
Integral Ad Science(IAS)は、コンテンツの品質が広告認知に与える影響に関する調査レポートを発表しました。(2019/11/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。