ニュース
» 2010年06月14日 13時43分 UPDATE

IT市場、いまだ回復軌道に乗らず――CAGRはマイナス0.1%

IDC Japanがまとめた2010〜2014年のIT市場規模予測は年間平均成長率でマイナス0.1%と厳しい数値が並んでいる。

[西尾泰三,ITmedia]

 IDC Japanは6月14日、2010〜2014年のIT市場規模予測を産業分野別に発表した。2010年の国内IT市場規模は前年比マイナス2.4%の11兆2168億円。2009年〜2014年の年間平均成長率はマイナス0.1%で、2014年のIT市場規模を11兆4256億円としている。

 世界経済危機後、日本市場の自律回復の兆しは見えてこず、景気の停滞感は強まっている。2010年もIT投資の抑制が各産業分野で続き、ほぼすべての産業でマイナス成長になると指摘。製造、金融、官公庁といった分野のIT投資は抑制が続くとする一方、医療分野では一足先にプラス成長に転じるとされており、医療関連のITに注目が集まる。

tnfig1.jpg 国内IT市場、主要産業の成長率推移予測(出典:IDC Japan)

 2011年になると、国内IT市場は、プラス0.8%ながらようやくプラス成長に転じる見込み。凍結されていたシステム刷新案件などが成長をけん引するとみられている。ただし、その成長は低水準なものにとどまる見込み。その理由は、クラウドコンピューティングなどを主導しているのが海外企業であり、それらを用いるということは、海外企業へのIT投資となり、国内市場を潤すことが少ないため。ただし、クラウドの利用によって生じる管理の複雑性などの観点から、システム連携/統制強化の重要性は増していくと考えられ、クラウド環境下あるいはグローバルなIT統制の支援に市場拡大の期待が掛かると結んでいる。

関連キーワード

IDC | 市場規模 | 成長率 | IT投資


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -