ニュース
» 2010年07月09日 15時14分 UPDATE

Google、Gmailにリッチテキスト署名機能を追加

メールの署名に画像やWebサイトへのリンクを追加できるようになった。また、アカウント別に異なる署名を用意できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月9日(現地時間)、Gmailにリッチテキストの署名機能を追加したと発表した。会社のロゴなどの画像やWebサイトへのリンクを署名に埋め込むことができる。

 Gmailの「設定」の「全般」タブにある署名作成欄がリッチテキスト対応になり、フォントを指定したり、画像やリンクを挿入できる。画像はあらかじめオンラインにアップロードしておき、一意なURLを持たせる必要があるようだ。

 gmail

 メールを受信した相手がプレーンテキスト設定にしている場合は、画像やURLの部分が「*」に置き換えられて表示される。

 また、複数のアカウントをインポートしている場合、各アカウントで署名を使い分けられるようになった。署名作成欄のアカウント名の部分がプルダウンできるようになっており、ここでアカウントごとの署名を作成できる。

 従来、Gmailでリッチテキスト署名を使うには、Greasemonkeyのスクリプトやプラグインを使う必要があった。Googleによると、リッチテキスト署名はユーザーからのリクエストが最も多い機能の1つだったという。同機能は現在、デスクトップ版Gmailでのみ利用できる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -