ニュース
» 2010年09月16日 18時01分 UPDATE

脅威の社内拡散を防ぐL2スイッチ、ネットワールドとハンドリームが国内展開

ネットワールドはハンドリームネットと総販売代理店契約を結び、セキュリティ脅威の拡散を防ぐ機能を搭載したL2スイッチ製品を国内展開する。

[國谷武史,ITmedia]
sgl2switch.jpg SGシリーズ

 ネットワールドと韓国のハンドリームネットは9月16日、セキュリティ機能を搭載するハンドリームネット製のレイヤ2スイッチ「SGシリーズ」4機種を発売した。ネットワールドが総販売代理店となる。

 SGシリーズは、レイヤ2のスイッチング処理とレイヤ2〜4のパケット解析が可能な独自開発のASICベースのチップを搭載する。チップ内で2つの処理を切り分ける仕組みで、パケット解析をしながらでもフルワイヤスピードの転送を実現した。

 セキュリティ対策では、パケット解析からセキュリティの脅威の特徴(ふるまい)を検知して、不正な通信を遮断する。サービス妨害(DoS)攻撃やワームの拡散、データの盗聴、ネットワークループといった脅威やトラブルを検知できるとしている。

 付属の管理コンソールでは、ポートごとの通信状況を把握でき、異常を検知したポートに関するアラートを表示する。例えばDoS攻撃が発生した場合、スイッチで不正な通信を遮断して被害の拡大を防ぎ、管理コンソールで発生源のコンピュータを容易に特定できる。

 ネットワールドの森田晶一社長によると、不正プログラムによる脅威への対策機能を備えたレイヤ2スイッチ製品はほかには例が少ないという。従来はクライアントPCにインストールしたセキュリティソフトによる対策が中心だったが、本製品を利用すればクライアントPCが万が一不正プログラムに感染しても、脅威の拡散を封じ込めることが可能になる。

 ネットワールドでは、本製品の販売について検討していた最中に、社内ネットワークの一部でワームの拡散が発生したという。発生源のコンピュータでワームを駆除しても、すぐに別のコンピュータから拡散する事態が数日にわたって続いた。試験的に本製品を導入したところ、ワームの拡散がすぐに止まり、管理コンソールで発生源のコンピュータを突き止めてワームを駆除した。この対応にかかった時間はわずか20分程度だった。こうした経緯もあり、本製品の販売を決定したという。

netwhang.jpg 販売提携を結んだネットワールド社長の森田晶一氏とハンドリームネット日本支社長の琴正在氏(左)

 ハンドリームネット日本支社長 琴正在(クム・チョンゼ)氏は、2002年に韓国の大法院(最高裁判所に相当)で発生した不正プログラムによる情報漏えい事件がきっかけになり、レイヤ2スイッチを利用したセキュリティ対策が注目されるようになったと話す。2009年夏には韓国と米国の政府系サイトなどがダウンする大規模なDoS攻撃が発生したが、同社の顧客企業ではDoS攻撃の発生は見られなかった。同社は、韓国のレイヤ2スイッチ市場で30%のシェアを持つ。

 製品ライアンアップは、Fast Ethernet 24ポート搭載の「SG2024」(税別24万8000円)、GbE24ポート搭載の「SG2024G」(同39万8000円)、VoIP・無線LANアクセスポイント対応の「SG2024PoE」(同48万円)、GbE48ポート搭載の「SG2048G」(同66万5000円)。今後、レイヤ3スイッチや8ポート搭載モデルの発売も予定する。

 森田氏は、「レイヤ2スイッチ市場の新しいカテゴリの製品になるとみており、まずは初年度に国内シェアの1%(金額ベース)を確保して、実績を固めたい」と話している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ