ニュース
» 2010年09月30日 21時11分 UPDATE

導入事例:ジェイアール西日本商事、資材調達システムをNECのクラウドで

ジェイアール西日本商事はNECのクラウドを利用し資材調達を行う。約1300の取引先企業がアクセスするという。

[石森将文,ITmedia]

 ジェイアール西日本商事はNECのSaaS型電子資材調達サービス「WEBPSN II」を導入した。JR西日本向けの資材納入業務に利用され、既に8月30日から運用を開始している。9月30日、NECが公表した。

 ジェイアール西日本商事は、スクラッチで構築していた従来の基幹業務システムを見直す中で“資産を持たずに高い安定性とセキュリティ環境を実現でき、カスタマイズも可能であるシステム”を探ったという。その結果として、クラウド型サービスへの移行を決断した。

 WEBPSN IIにより、購買部門が電話やFAX、対面などの手段で行ってきた、見積の依頼・回収・比較・決定という資材調達業務が効率化された。調達品目に応じて、相見積やリバースオークションといった複数の見積もり方式を使い分けられる。なお約1300の取引先企業が、今回のクラウドにアクセスするという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ