ニュース
» 2011年02月23日 09時34分 UPDATE

Google、タブレット向けOS「Android 3.0」の最終版SDKを公開 製品アプリ開発が可能に

24日のXOOM発売を前に、Android 3.0対応アプリをAndroid Marketに登録できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月22日(現地時間)、タブレット向けに最適化したモバイルOS「Android 3.0(コードネーム:Honeycomb)」の最終版SDKをリリースしたと発表した。SDKADT(Android Development Tools)をそれぞれ開発者向けページからダウンロードできる。

 APIが完成版となり(レベルは11)、開発者はこれらのツールで構築したタブレット向けアプリをAndroid Marketで提供できる。Android 3.0搭載タブレットとしては、米Motorolaの「XOOM」韓国のSamsung製「GALAXY Tab 10.1」などが発表されており、XOOMは24日に米Verizonから発売される予定だ。

 新ADTでは、レイアウトエディタのパレットの刷新やズーム機能の強化など、UIビルダーが改良された。SDKでは、GPUでの高速描画処理用グラフィックスエンジン「RenderScript」のツールが追加された。

 honey レイアウトエディタの新パレット

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -