ニュース
» 2011年03月02日 07時06分 UPDATE

Google Chrome安定版のアップデートが公開、深刻な脆弱性に対処

更新版の「Chrome 9.0.597.107」では全部で19件の脆弱性に対処した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米GoogleはWebブラウザ「Chrome 9」の安定版を更新し、多数の深刻な脆弱性に対処した。

 同社のブログによると、更新版の「Chrome 9.0.597.107」では全部で19件の脆弱性に対処した。このうち16件が危険度「高」の深刻な脆弱性に分類され、残る3件は「中」程度の危険があるとされる。

 脆弱性の詳細は公表されていないが、米セキュリティ機関US-CERTによれば、これら脆弱性を悪用された場合、任意のコードを実行されたり、サービス妨害(DoS)状態を誘発されたりする恐れがある。

 Googleはそれぞれの脆弱性の発見者に500〜1000ドルの賞金を提供した。同制度に基づいてこれまで支払った賞金の総額は、今回で10万ドルを突破したとしている。

 Chrome 9.0.597.107はWindows、Macなど各OSに対応。Chromeを導入済みのユーザーには自動的に配信される。

関連キーワード

脆弱性 | Google | Google Chrome


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -