ニュース
» 2011年04月06日 13時03分 公開

日本オラクル、Exadataの需要増に応え専門技術者の育成を強化

日本オラクルはパートナー企業と連携し、Oracle Exadata Database Machineを扱う専門技術者の育成を強化する。対象者は研修および検定を経て実際の導入プロジェクトに参画する。

[石森将文,ITmedia]

 日本オラクルは4月6日、「Oracle Exadata Database Machine(以下、Exadata)」の導入を支援するプロジェクトリーダー(専門技術者)を、2011年内に50人規模で育成すると発表した。

 現在、Exadataの導入プロジェクトは、日本オラクルのコンサルタントが中心となり支援しているというが、パートナー企業と連携し専門知識を有する技術者を育成することで、各業種・業態におけるユーザー企業の需要増に応えるのが本取り組みの狙い。

 対象者はExadataの導入プロジェクトにおける設計、構築、テスト、保守運用、そしてユーザー企業への課題ヒアリングや提案、プレゼンテーションといったスキルを1カ月の研修を通じて習得し、検定に合格した上で、実際の導入プロジェクトに参画するという。

関連キーワード

Oracle Exadata | Oracle(オラクル)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -