ニュース
» 2011年06月06日 16時29分 公開

NTT Com、マイクロソフトの「Office 365」を提供へ

NTTコミュニケーションズと日本マイクロソフトは、クラウドサービスの協業体制を強化すると発表した。

[國谷武史,ITmedia]

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)と日本マイクロソフトは6月6日、クラウドサービス事業の協業を強化すると発表した。マイクロソフトが年内に正式版をリリースする予定の「Microsoft Office 365」をNTT Comが提供する。

 今回の協業強化では、NTT Comの「Bizホスティング エンタープライズ」とOffice 365を組み合わせたメニューを強化する。具体的には、ユーザー企業内のActiveDirectoryを利用して複数のクラウドサービスをシングルサインオン(SSO)で利用する「アクティブディレクトリ 連携 サービス」の機能を拡張し、Office 365もSSOで利用できるようにする。

 また、NTT ComではOffice 365をSaaSのメニューやSOHO向けのパッケージサービスとして展開することも検討。マイクロソフトは、PC管理のクラウドサービス「Windows Intune」などのサービスラインアップを強化していくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -