ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「NTTコミュニケーションズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NTTコミュニケーションズ」に関する情報が集まったページです。

2020年にサイバー攻撃受けたNTTコムに聞く“当時の教訓” 反省を踏まえ、どう変わったか
2020年にサイバー攻撃を受けたNTTコムに当時の反省とセキュリティ改善の現況を聞く。(2024/2/26)

製造業IoT:
IoT端末の自律的なキャリア冗長化を可能にするSIMサービスを提供開始
NTTコミュニケーションズは、「Active Multi-access SIM」の商用提供を開始した。1枚のSIMだけで自律的にIoT端末の接続先回線が切り替えられ、回線の故障に備えたャリア冗長化を可能にする。(2024/2/14)

医療機器ニュース:
北海道の3病院を結んだ「視て触れる」遠隔視触診の実証実験に成功
NTTコミュニケーションズらは、「視て触れる」新しい医療通信システムを開発し、北海道内の中核病院3拠点を結んだ遠隔視触診の実験に成功した。視覚情報と診察動画を統合、伝送し、遠隔で触覚を再現できる。(2024/1/24)

「中古PCを買ったら、NTT Comの社内用設定画面が出て使えない」Xで話題 同社が事情を説明、謝罪
「中古PCを購入してWindowsを入れようとしたら、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)の設定画面が表示されてしまい、利用できない」――こんな投稿がXで話題になった。(2024/1/22)

モビリティサービス:
ドラレコ映像を意義ある規模のビッグデータに、特許技術で分散管理
NTTコミュニケーションズは、タクシーなど街中を走るモビリティから映像データを効率的に収集して利活用するプラットフォーム「モビスキャ」の提供を2024年度上期から開始する。(2024/1/16)

建機自動化:
約400km離れた場所から除雪車をリモート操作、NTT Com
NTTコミュニケーションズとARAVは、宮城県のコックピットから千葉県に設置した除雪車をリモート操作する実証実験を実施した。モバイル回線に最適化した映像伝送技術や、インターネットを経由しない通信処理技術を用いている。(2023/12/13)

衛星インターネットで、NTTがAmazonと協業 Starlink競合「Project Kuiper」を日本で提供へ
日本電信電話(NTT)、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、スカパーJSATの4社は、米Amazonが提供する低軌道衛星インターネット「Project Kuiper」との戦略的協業に合意した。日本企業や政府機関、自治体などにProject Kuiperを提供する。(2023/11/28)

ウェアラブルニュース:
RTKによる高精度位置情報測位サービス、ヘルメットに装着可能な超小型端末で
NTTコミュニケーションズは、RTK測位技術による高精度位置情報測位サービス「Mobile GNSS」の提供を開始した。建設現場にGNSSを導入しやすくなり、正確な位置情報による現場の安全性や生産性向上が期待できる。(2023/11/2)

ドコモグループもスターリンク提供へ 年内めど
NTTドコモは31日、グループ会社のNTTコミュニケーションズが、年内をめどに衛星ブロードバンドインターネットサービス「Starlink(スターリンク) Business」の提供を始めると発表した。(2023/10/31)

スカパーJSATが法人向け衛星インターネット「Starlink Business」を取り扱い ドコモも同社から再販を受けて販売
スカパーJSATが、米SpaceXの法人向け衛星インターネットサービス「Starlink Business」の取り扱いを2023年内に始める。同社から再販を受ける形で、NTTドコモとNTTコミュニケーションズもStarlink Businessを販売する予定だ。(2023/10/31)

FAニュース:
リアルタイム遠隔制御ロボットによるデータセンターの保守運用業務の実証実験開始
NTTコミュニケーションズは、リアルタイム遠隔制御ロボットを用いたデータセンターの保守運用業務の実証実験を開始した。保守作業前後の確認作業や故障時の一次切り分け業務など、同ロボットの有効性を検証する。(2023/10/19)

AWSの“オンプレクラウド”って実際どうなの? ラックを日本初導入したNTTコムに話を聞く
AWSの“オンプレクラウド”を使ってみた感想は? ラックを日本初導入したNTTコムに話を聞く。(2023/10/6)

現場管理:
NTT Comと竹中工務店、清水建設が労働時間を3割削減する「施工管理DX」へ 年度内に業務アプリを順次外販
NTTコミュニケーションズと竹中工務店、清水建設の3社は、施工管理で扱われるデータの粒度を標準化し、工程や作業調整、日報などの各種業務アプリの開発に、2023年度内の販売展開も視野に入れ着手した。(2023/8/29)

スマートアグリ:
稲作の中干し期間延長でJ-クレジットを取得し環境配慮と農家の収益拡大を支援
ヤンマーマルシェとNTTコミュニケーションズは、稲作農家などの生産者の新たな収益源としてカーボンクレジットの1つであるJ-クレジットの創出に関する取り組みを開始すると発表した。(2023/8/3)

今日のリサーチ:
企業のソーシャルリスニング、活用方法トップは「炎上やトラブル事案の早期の把握」――NTTコム オンライン調査
インターネットに投稿された一般の人々の声に耳を傾ける「ソーシャルリスニング」に関する調査です。(2023/7/20)

医療機器ニュース:
AIによる自動音声対応で医療用酸素ボンベを注文できるサービスを開始
NTTコミュニケーションズと帝人ヘルスケアは、在宅酸素療法の治療を受ける患者向けに、AI自動音声対応による医療用酸素ボンベの注文受付サービスを開始する。24時間365日対応可能だ。(2023/6/19)

製造業IoT:
ローカル5Gにおける無線区間でのスライシング技術の検証に成功
NTTコミュニケーションズは、ローカル5GにおけるRANスライシング技術の検証に成功した。5GネットワークからWANまでのE2Eスライシング検証で、異なるネットワーク要件が必要な複数の端末でQoS制御が可能となった。(2023/4/14)

医療機器ニュース:
5Gを活用し、救急現場の映像伝送とデジタル聴診器による遠隔診療の実証に成功
NTTコミュニケーションズは、愛知県刈谷市において、5Gを活用して救急現場の映像と患者の心電図を病院に伝送するフィールド実証と、デジタル聴診器を活用した遠隔診療のフィールド実証に成功した。(2023/4/11)

製造業IoT:
1枚で複数通信キャリア利用可能、障害発生時は自動で切り替えを行うIoT向けSIM開発
NTTコミュニケーションズは1枚のSIMで複数のキャリアを利用でき、一方のキャリアで障害などが発生した際にSIMで自律的にもう一方のキャリアに接続先を切り替えることができる「Active Multi-access SIM」の開発に成功したことを発表した。(2023/3/29)

通信障害が起きたら別回線に NTTコム、1枚で複数回線対応のIoT向けSIMを開発
NTTコミュニケーションズは1枚のSIMで複数のキャリアを利用できる「Active Multi-access SIM」の開発に成功。主にIoTへの利用を想定したデータ通信用SIMで、6月〜9月(予定)にトライアル提供を行う。(2023/3/28)

メタバースニュース:
NTT Com、デジタルヒューマンやメタバース活用で共創の在り方を次のステージへ
NTTコミュニケーションズは、事業共創プログラム「OPEN HUB for Smart World」において、デジタルヒューマンやメタバースを活用する新たな取り組みを開始した。(2023/3/10)

今日のリサーチ:
「ライブコマース」視聴経験者の過半数が商品購入を経験――NTTコム オンライン調査
SNSなどを通じた動画で商品をライブで紹介し、商品を販売する「ライブコマース」に関する調査です。(2023/3/5)

自動運転技術:
5GとVRで除雪車の遠隔運転に成功、豪雪地帯の負担軽減へ
NTTドコモ東北支社とNTTコミュニケーションズは除雪車の遠隔運転に成功した。(2023/2/27)

3Dアバターを生成できるプリ機、日本初登場 メタバース移行見据え
フリューが、3Dアバターを生成できるプリントシール機を3月のイベントで限定公開する。同様の取り組みは日本初という。NTTコミュニケーションズ、NTT QONOQと進めている共同事業「5Gプリイベント」の一環。生成したアバターはイベント会場の大型モニターに投影する。(2023/2/22)

今日のリサーチ:
バーチャルショップの認知度は3割でも利用経験者の9割以上は継続利用に意欲的――NTTコム オンライン調査
バーチャルショップサービスやそのサービスで提供されている購買体験について、国内の生活者はどの程度認知しているのでしょうか。また、どのような利用意向やサービスに対する期待を持っているのでしょうか。(2023/2/16)

製造現場向けAI技術:
AIを用いてプラントを自動運転する機能を提供開始、操作効率化でコスト低減効果も
NTTコミュニケーションズは横河ソリューションサービスとともに、日本初となる、運転員の操作を学習したAIを用いてプラントの自動運転を実現する「オートパイロット」の提供を開始すると発表した。(2023/2/2)

現在利用しているキャッシュレス決済手段 2位「スマートフォン決済」、1位は?
NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューションは、登録モニターである全国18歳以上の男女に「クレジットカード」について調査を実施した。(2022/11/18)

ドローン:
海中音響通信により1Mbps/300mの無線伝送に成功
NTT、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズは、海中音響通信技術を用いて、水深30m程度の浅海域で1Mbps/300m伝送を達成した。また、同技術を活用し、遠隔無線制御型水中ドローンを開発した。(2022/11/17)

MVNO/サブブランドの満足度調査、トップは「IIJmio」 評価ポイントは?
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは、MVNO/サブブランド業界を対象とした「NPSベンチマーク調査2022MVNO・サブブランド部門」の結果を発表。最もNPSが高いのは「IIJmio」となった。(2022/11/16)

プロジェクト:
延べ1万m2のサーバルームを設けるデータセンターを京都府で開発、NTT
NTTは、NTTグローバルデータセンターを通じ、総額約400億円を投じて、京都府内で「京阪奈データセンター(仮称)」の計画を進めている。なお、京阪奈データセンターでは、NTTコミュニケーションズが2025年度下半期にサービスの提供を開始する。(2022/10/27)

車載セキュリティ:
NTTコミュニケーションズ、「移動するIoT」向けのエッジコンピューティングを提供
NTTコミュニケーションズは2022年10月18日、コネクテッドカー向けの技術を2件発表した。(2022/10/19)

楽天モバイル、「Jアラート」の緊急速報メール配信できず 原因はNTTコムの設定ミス
北朝鮮が10月4日朝に発射した弾道ミサイルについて、楽天モバイルは、全国瞬時警報システム「Jアラート」の緊急速報メールが配信されなかったことを明らかにした。原因について、同社はJアラートを管轄する消防庁と共同で調査を実施。消防庁は、4日午後7時に保守管理を委託している事業者の設定ミスだったと発表した。(2022/10/4)

NTT、京都にデータセンター新設 400億円投じ関西圏でのビジネス拡大需要に対応
NTTが、約400億円を投じて京都府にデータセンターを新設する。2025年後半をめどに建設を完了し、グループ会社のNTTコミュニケーションズがサービス提供に活用する。関西圏でビジネスを拡大するクラウド事業者の増加を見込んだ施策という。(2022/9/30)

脱炭素:
欧州と相互接続可能なデータ連携基盤構築、OT領域でオムロンと共創
NTTコミュニケーションズはオムロンと製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)に向けた共創を開始すると発表した。NTTコミュニケーションズが得意とするIT領域と、オムロンが得意とするOT領域の技術を合わせて、サプライチェーンにおけるCO2排出量などのデータ連携基盤の構築を目指す。(2022/9/30)

製造業IoT:
IoTデバイス導入/運用の支援サービス機能を強化、初期費用は無料
NTTコミュニケーションズは、IoTデバイスの導入や運用をサポートするサービス「IoT Connect Gateway」の機能を強化し、提供を開始した。各デバイスのコンフィグファイルを遠隔で一括生成、更新できる機能などを追加している。(2022/9/28)

製造ITニュース:
AIマッチングで門真の製造業活性化、いずれは全国展開も視野
NTTコミュニケーションズは2022年9月20日、大阪府門真市の中小製造業が運営する門真プラットフォーム推進協議会(KPF)、門真市と提携し、AI(人工知能)を活用した受発注取引のマッチングシステムの提供を同年11月1日から開始すると発表した。(2022/9/22)

建物の窓に設置したカメラを活用:
車周辺の移動体をリアルタイムでマップ上に表示
NTTドコモ、AGC、NTTコミュニケーションズはトヨタ自動車と共同で、建物の窓ガラスに設置したカメラで撮影した移動体の映像を5G(第5世代移動通信)で伝送し、その位置を仮想空間のマップ上にリアルタイムで表示させる実証実験に成功した。(2022/9/13)

電気代高騰に揺れるデータセンタービジネス、事業者の対応は? “中の人”に聞く現状と対策
電気代高騰のあおりを受けるデータセンタービジネス。事業者はどのように対応しているのか。実際にデータセンター事業を手掛けるNTTコムの“中の人”に詳細を聞く。(2022/8/25)

脱炭素:
NTTコム、クラウド移行時のCO2排出量削減効果シミュレーション機能を提供
NTTコミュニケーションズは、同社が提供するクラウドサービス上で、このクラウドサービスへ移行した際のCO2排出量削減効果をシミュレーションできる機能などを追加すると発表した。(2022/8/12)

「OCN モバイル ONE」でセット端末のセール 1万円未満の機種も
NTTコミュニケーションズが、「OCN モバイル ONE」とセットで購入できるスマートフォンのセールを6月10日から30日まで実施している。iPhone SE(第2世代)やXiaomi、OPPOなどの機種が対象。申し込みは1人1セット限りとしている。(2022/6/10)

OCN モバイル ONE、MNPで500MB/月コースが2カ月間実質0円のキャンペーン
NTTコミュニケーションズが、6月10日から6月30日まで、「OCN モバイル ONE」のキャンペーンを実施する。対象となるのは500MB/月コースのみ。キャッシュバックにより、2カ月間実質無料で利用できる。(2022/6/10)

提供終了したアクセス解析ツールのドメインが他者の手に 不審なスクリプトが設置されている可能性も
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションが2020年に提供終了したアクセス解析ツール「Visionalist」で、使っていたドメインが何者かに取得された。情報セキュリティ上問題のあるスクリプトが設置されている可能性がある。(2022/5/18)

男女1100人にアンケート:
SDGsを「意識して買い物する」3割にとどまる 男女差も明らかに
SDGs(持続可能な開発目標)を意識して買い物をしたことがある人は3割――。そんな結果がNTTコムオンライン・マーケティング・ソリューション(東京都品川区)の調査で分かった。SDGsを意識した消費経験は男性より女性のほうが10ポイント以上高く、男女で意識の差が顕著であることも明らかになった。(2022/5/12)

OCN モバイル ONEが新品の「iPhone 13/13 mini」を発売
NTTコミュニケーションズのMVNOサービス「OCN モバイル ONE」が、「iPhone 13」「iPhone 13 mini」の取り扱いを4月11日に始めた。容量はどちらも128GB。価格はiPhone 13が9万6717円、iPhone 13 miniが9万4292円。(2022/4/15)

スマホで「ふるさと納税のワンストップ特例申請」 シフトプラスとNTT Com共同開発
 シフトプラスとNTTコミュニケーションズは、ふるさと納税のワンストップ特例申請に伴う、寄附者の申請手続きと、自治体の申請処理の負担軽減を実現するオンライン申請システムの共同開発に合意した。同システムは、シフトプラスより自治体向けに、5月より提供開始を予定している。(2022/3/22)

製造マネジメントニュース:
NTTコムとOKIが製造業DXで事業共創、IT/OT部門のデータを一元管理
NTTコミュニケーションズは2022年3月10日、製造業のDXを支援するソリューション提供に向けてOKIと事業共創を開始すると発表した。新ソリューションは、同年4月からの提供開始を予定する。(2022/3/11)

OCN モバイル ONE、無料の「5Gオプション」提供開始 5Gスマホのセールも開催
NTTコミュニケーションズが「OCN モバイル ONE」の音声対応SIMで5G通信が可能になる無料のオプションメニューの提供を開始した。これを記念し、goo Simsellerでは5Gスマホのセールも開催する。(2022/2/25)

IoTセキュリティ:
NTTコムがSIMのアプレット領域を分離、トレンドマイクロのセキュリティ機能を実装
NTTコミュニケーションズが、SIMの契約情報などが書き込まれている通信プロファイル領域と、アプリケーションなど通信以外の情報を書き込むアプレット領域を完全に分離して管理する技術を開発。同技術の活用サービスの第1弾として、アプレット領域にトレンドマイクロのセキュリティ機能を搭載したSIMのフィールドトライアルを開始する。(2022/2/15)

エッジコンピューティング:
エッジデバイスを遠隔管理するIoT基盤、NTTコムが「SDPF Edge」提供開始
NTTコミュニケーションズは2022年1月18日、データ利活用基盤である「Smart Data Platform」において、新たにエッジコンピューティングサービス「SDPF Edge」を提供開始すると発表した。SDPFのサービスなどをオンプレミス環境で実行可能にする。(2022/1/21)

メカ設計ニュース:
業務提携により、Smart Cityの実現に向けた取り組みを加速
NTTコミュニケーションズは、ダッソー・システムズと、日本で初めてSmart City分野での業務提携を締結した。3D統合技術と高度なデータプラットフォームを融合し、Smart Cityの具現化に向けた取り組みを加速する。(2022/1/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。