ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プロトコル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プロトコル」に関する情報が集まったページです。

既存のEV充電器をそのまま利用可能:
PR:EV充電器の電力量課金とOCPP対応を“後付け”で可能に EVサービス事業者注目のソリューションとは?
特定計量制度の開始を背景に、電力量課金を導入するEV充電サービスが登場し始めた。しかし、時間課金にしか対応していない既設のEV充電器で電力量課金に対応する方法に苦慮しているサービス事業者も多い。この課題を“後付け”で簡単に解決でき、国際標準のOCPPプロトコルにも対応できる新たなソリューションが登場した。(2024/2/22)

Bluesky、フェデレーション開始 Mastodonと異なるプロトコルの長所を説明
分散型SNS「Bluesky」で「フェデレーション」機能の早期アクセスが開始された。ユーザーは「AT Protokol」により、Blueskyのネットワークに接続する独自サーバを立ち上げられるようになる。(2024/2/25)

Apple、「iOS 17.4」の「iMessage」に量子コンピューティング攻撃防御の「PQ3」搭載へ
Appleは、将来実現するであろう量子コンピュータを使ったサイバー攻撃に備えるため、3月に予定するiOSやmacOSのアップデートでポスト量子暗号プロトコルの「PQ3」を展開すると発表した。(2024/2/22)

関西電力株式会社提供Webキャスト:
PR:脱炭素セミナーで学ぶ、気候変動対応を取り巻く世界情勢と日本企業の取り組み
温室効果ガス削減への取り組みが活発化する中、国内でも、国際的な基準であるGHGプロトコルによる温室効果ガス排出量の算定が進んでいる。関西電力のセミナーより、気候変動対応を取り巻く情勢や日本企業における環境目標などを紹介する。(2024/2/14)

IPFSの宇宙での有用性を実証:
地球と軌道上でファイルを往復させる実験に成功 分散型コンテンツ配信システムが活躍
Filecoin Foundationは、宇宙通信用に設計された惑星間ファイルシステム(IPFS)プロトコルを使用して、地球から軌道上までファイルを往復させるミッションに成功した。本記事ではミッションの概要を紹介する。(2024/2/10)

Bluesky、招待制終了で誰でも参加可能に 「フェデレーション」も間もなく可能に
元Twitter(現X)のCEO、ジャック・ドーシー氏が立ち上げた分散型SNS「Bluesky」の招待制が撤廃され、誰でも参加可能になった。「AT Protocol」も近く公開され、フェデレーションが可能になる見込みだ。(2024/2/7)

セキュリティニュースアラート:
SSHプロトコルを標的にした「Terrapin攻撃」 インターネットのSSHサーバの半数以上が脆弱だと判明
The Shadowserver FoundationはSSHプロトコルを標的とする新しいサイバー攻撃手法「Terrapin攻撃」に対し、インターネット上のSSHサーバの約52%が脆弱だと発表した。(2024/1/10)

UDPを使う攻撃と対抗法【後編】
狙われる「UDP」通信をネットワークで守る方法
攻撃を受けやすいと考えられる通信プロトコル「UDP」を保護するためには、どのような対策が必要なのか。UDPを危険にさらさない具体策を紹介しよう。(2023/12/22)

バンダイナムコスタジオがCEDECの講演資料を無料公開 「ブループロトコル」のAI実装に関するものなど
バンダイナムコスタジオが、ゲーム開発者向けイベント「CEDEC」で過去に実施したセッションの講演資料を無料公開した。オンラインゲーム「BLUE PROTOCOL」にAIを搭載するに当たっての資料など、6点を閲覧できる。(2023/12/21)

セキュリティニュースアラート:
SSHプロトコルを狙う新たな攻撃手法「Terrapin攻撃」を研究者が公表
SSHを標的とした新しいサイバー攻撃手法「Terrapin攻撃」が公表された。中間者攻撃として実施されるプレフィックス切り捨て攻撃の一種とされている。(2023/12/21)

Flipboard、「ActibityPub」サポートでフェディバースに参加
ソーシャルマガジンのFlipboardは、分散型ソーシャル・ネットワークプロトコル「ActibityPub」をサポートすると発表した。まずは25アカウントがフェディバース対応になり、Mastodonで投稿を表示できるようになった。(2023/12/19)

MetaのThreads、Mastodonとのクロス投稿のテストを開始
MetaのザッカーバーグCEOは、Threadsの投稿をMastodonなどの「ActivityPub」プロトコル採用サービスでも表示できるようにするテストを開始するとThreadsにポストした。実現すればMastodonでThreadsの投稿が表示され、「いいね」したりできるようになる。(2023/12/14)

UDPを使う攻撃と対抗法【前編】
通信プロトコル「UDP」はなぜ「TCP」より危ないのか?
動画や音声の送信に欠かせない通信プロトコル「UDP」はシンプルなことが特徴だが、だからこそ危ない仕組みだと言える。具体的には何が危ないのか。UDPを使った攻撃の手口を説明する。(2023/12/13)

IoTセキュリティ:
“将棋の封じ手”暗号プロトコルが量子コンピュータに対応、一方向性関数で構成
NTTは、量子コンピュータに対する安全性と通信効率を両立する「コミットメント」を、暗号理論における最も基本的な構成要素である「一方向性関数」のみを用いて世界で初めて構成したと発表した。(2023/11/7)

TDK HAL 3927:
アナログ出力/SENTプロトコルを搭載した3Dホールセンサー
TDKは、アナログ出力やSENTプロトコルを備えた、3Dホールセンサー「HAL 3927」を発表した。独自の「3D HALピクセル・セル・テクノロジー」を採用し、水平磁界成分、垂直磁界成分のX、Y、Z軸を直接測定できる。(2023/10/27)

株式会社ネットワールド提供Webキャスト:
接続性かセキュリティか、自社に最適なバックアップストレージを見抜くポイント
バックアップデータの格納先としてストレージ製品を選ぶ際、どのようなポイントに注目したらよいのか。単に製品仕様を比較するだけでなく、接続の方法や独自プロトコルの有無など、多角的な視点から自社の最適解を見極める必要がある。(2023/10/27)

安全なソフトウェアサプライチェーンの実現を支援:
OpenID Connectを拡張した暗号化プロトコル「OpenPubkey」とは Linux Foundationなどが発表
Linux Foundation、BastionZero、Dockerは暗号化プロトコルのオープンソースプロジェクト「OpenPubkey」を発表した。(2023/10/26)

Google、Cloudflare、Amazon、 HTTP/2悪用の史上最大規模DDoS攻撃について説明
Google、Cloudflare、Amazonは、8月に受けた史上最大規模のDDoS攻撃について説明した。「HTTP/2」プロトコルの脆弱性を悪用した攻撃で、「Wikipediaへの1日分のリクエストを10秒で受信する」規模としている。(2023/10/11)

プロトコルアナライザーとも連携:
12ビットオシロで高速/低速信号を測定
テレダイン・レクロイは、12ビット分解能のオシロスコープ新製品「WaveMaster 8000HD」を発表した。最新通信規格の物理層信号の検証/デバッグに向けたもの。高速信号と低速信号を1台で計測できるほか、プロトコルアナライザーとも連携可能で、開発期間を短縮できるという。(2023/9/21)

いずれ訪れるメモリとストレージの変化【後編】
次世代技術「CXL」がメモリだけじゃなくストレージさえも変える日
ストレージ分野に相互接続プロトコル「CXL」の影響が本格的に波及してくる前に、企業のIT管理者は、今後何が必要になるのかを考えておいた方がよい。CXLによる影響とは。(2023/8/21)

いずれ訪れるメモリとストレージの変化【中編】
「CXL 3.0」がストレージを速くする“次世代プロトコル”なのはなぜか?
「CXL」はメモリの使い方を変える可能性を持った次世代の相互接続プロトコルだ。これは今後、ストレージの使用にも影響する可能性がある。「CXL 3.0」を基に幾つか注目点を紹介する。(2023/8/14)

強みは透明性の高い設計プロセスとプライバシーの保護:
MozillaがMessaging Layer Security(MLS)プロトコルの準拠を発表
MozillaはMessaging Layer Security(MLS)プロトコルへの準拠を発表した。新しいMLSプロトコルは通信する際の機密性とプライバシーを確保し、グループコミュニケーションのための安全な環境を構築するという。(2023/8/7)

いずれ訪れるメモリとストレージの変化【前編】
PCIeの進化が生んだ「CXL 3.0」とは? 相互接続プロトコル「CXL」の新世代
相互接続プロトコルの「Compute Express Link」(CXL)の新世代「CXL 3.0」が2022年に登場した。CXLの影響が今後さらに広がる前に、CXLとCXL 3.0を理解しておこう。(2023/8/7)

産業オープンネット展:
i-PROのAIカメラがPLCと連携可能に、FAプロトコル実装サービスを提案
図研エルミックは、「産業オープンネット展2023」において、FAプロトコル実装サービスのユーザー事例として、i-PROのAIカメラとPLCをはじめとするさまざまな産業用機器との連携が可能になるデモを披露した。(2023/8/4)

組み込み開発ニュース:
ブロックチェーン技術をIoTに活用するための現実的なプロトコルを研究
ぷらっとホームと慶應義塾大学SFC研究所は共同で、「サイバーフィジカルワールドを実現させるための現実的なプロトコルの研究」を開始した。これまでの研究成果となる標準的プロトコルを、より現実的な課題に適用し、実用段階に進める。(2023/8/2)

Google、「メッセージ」でIETFの新E2EEプロトコル「MLS」サポートへ
Googleは、Androidのメッセージングアプリ「メッセージ」でIETFが承認したばかりのE2EE新プロトコル「MLS」をサポートすると発表した。MetaやCiscoもMLSのサポートを表明している。(2023/7/23)

MetaのThreads、Mastodonなどと相互運用可能に ActivityPubプロトコル採用で
MetaはInstagramアカウントでログインする新サービス「Threads」が今後オープンプロトコルのActivityPubをサポートし、Mastodonなど同じプロトコルをサポートするサービスと相互運用できるようになると発表した。(2023/7/6)

ITワード365:
【クイズ】「現在でも主流の32ビットの数値で表されるIPアドレスを使って、ネットワーク機器の識別を行うインターネットで使用される通信プロトコル」 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/7/6)

シリコン・ラボ FG28:
長距離通信プロトコル向け、デュアルバンド無線SoC
シリコン・ラボラトリーズは、デュアルバンド無線SoC(System on Chip)「FG28」を発表した。Amazon SidewalkやWi-SUN、独自規格のワイヤレスプロトコルなどとの接続を拡張する、長距離通信プロトコル向けのSoCとなっている。(2023/6/29)

Innovative Tech:
VoIP通話相手が見ているWebサイトを特定する攻撃 PCマイクからバックグラウンドノイズの取得だけで
米ジョージア工科大学などの研究チームは、VoIP(Voice over Internet Protocol)通話中の相手ノートPCのマイクから取得するバックグラウンドノイズだけで、相手が閲覧しているWebサイトを特定するサイドチャネル攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/6/23)

Innovative Tech:
大規模言語モデルは相関関係から“本当の”因果関係を推定できるのか? 40万個の問題で研究者らが調査
米ジョージア工科大学などの研究チームは、VoIP(Voice over Internet Protocol)通話中の相手ノートPCのマイクから取得するバックグラウンドノイズだけで、相手が閲覧しているWebサイトを特定するサイドチャネル攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/6/23)

ガンダムも巻き添え オンラインRPG「ブループロトコル」初日から緊急メンテ 「バンナムID」ログイン殺到で障害発生
楽しみにしていたのに。(2023/6/14)

SidewalkやWi-SUNとの接続を拡張:
AI搭載のデュアルバンド無線SoC、Sub-GHz帯にも対応
シリコン・ラボは、デュアルバンド無線SoC「FG28」を発表した。新製品は、長距離通信プロトコル向けに開発しており、「Amazon Sidewalk」や「Wi-SUN」、その他独自規格のワイヤレスプロトコルとの接続を拡張した。(2023/6/13)

メッセンジャーアプリ「Signal」が強固にプライバシーを守れる秘密 元Googleの開発責任者に聞く
メッセージアプリ「Signal」は、非営利団体のSignalが開発しているオープンソースのメッセンジャーアプリ。Signalで送受信されるメッセージは、Signalプロトコルを使って全て暗号化されている。Signalの代表者Meredith Whittaker(メレディス・ウィテカー)氏にアプリ開発の狙いを聞いた。(2023/5/26)

「RDP」の注意喚起と対策【中編】
「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)が“安全だ”と信じてはいけない理由とは?
エンドユーザーやIT管理者がテレワークをする上で「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)は役立つ技術だが、業務の安全性を保つためには注意すべき点がある。その理由を解説する。(2023/5/23)

キーサイト SL1550A、SL1556A、SL156XA:
CSS規格対応、EV/EV充電設備のテストソリューション
キーサイト・テクノロジーは、EVおよびEV向け充電設備のテストポートフォリオを拡充した。新たに提供するテストソリューションは、CCS規格で採用されている通信プロトコル全てに対応している。(2023/5/22)

APIの取り扱いミスが引き起こす問題【前編】
Booking.comの「Facebookでログイン」に実装ミス 起こり得た最悪の事態とは
宿泊施設予約サイト「Booking.com」に脆弱性が見つかった。「Facebook」などのソーシャルメディアのアカウント経由でログインするためのプロトコル「OAuth」の実装に問題があったという。その危険性とは。(2023/5/5)

ノルディックセミコンダクター nRF54H20:
第4世代のマルチプロトコルSoC
ノルディックセミコンダクターは、同社の第4世代のマルチプロトコルSoC(System on Chip)「nRF54H20」の販売を開始した。Bluetooth 5.4やLE Audio、Bluetoothメッシュ、Matter、Threadといった規格に対応する。(2023/4/26)

ジャック・ドーシー氏支援の「Bluesky」、Androidアプリも登場
ジャック・ドーシー氏が立ち上げた「Bluesky」のAndroidアプリが公開された。“ポストTwitterなSNS”の1つとみなされる分散型オープンプロトコルベースのソーシャルアプリだ。利用するには招待コードが必要。(2023/4/20)

東芝 TB9032FNG:
車載向けCXPI通信ドライバー、レシーバーIC
東芝デバイス&ストレージは、車載向け通信プロトコルの「CXPI」に準拠した、CXPI通信ドライバーおよびレシーバーIC「TB9032FNG」のテストサンプルの提供を開始する。CXPIはCANよりもコストを抑えられ、LINよりも応答性に優れている。(2023/3/31)

組み込み開発ニュース:
GoogleやAWSが推進する次世代通信プロトコルの組み込み機器向けライブラリ
ユビキタスAIは、Googleなどが利用を広める次世代通信プロトコル「QUIC」を組み込み機器やIoT製品などで使用するためのソフトウェアライブラリ「Ubiquitous QUIC」と、「Ubiquitous RTOS IoT Enabler」のQUIC対応版を提供開始した。(2023/3/29)

じっくり考察する「IPアドレス問題」【第3回】
IPアドレス「IPv4」と「IPv6」は結局何が違う? 数だけではないバージョン論争
インターネットへの接続時に欠かせない通信プロトコル「IP」(インターネットプロトコル)には、「IPv4」と「IPv6」というバージョンがあり、IPアドレスが異なる。2つは何が違い、IPv6には何が見込めるのか。(2023/3/20)

CrossSyncPHY:
PHY技術をUSB4信号に拡張、テレダイン
テレダイン・ジャパンは、PHY技術「CrossSyncPHY」をUSB Type-Cコネクター上のUSB4信号に拡張する。USB-CのPHY層とプロトコルロジック層を同時に評価可能になる。(2023/3/15)

じっくり考察する「IPアドレス問題」【第1回】
実は奥深い「IP」「IPアドレス」や「IPv4」 その仕組みを基礎解説
「TCP/IP」の基本である「IP」(インターネットプロトコル)や「IPアドレス」の役割を知ると、インターネットにおけるデータ転送の仕組みをより理解できるようになる。その基礎を解説する。(2023/3/6)

ITワード365:
【クイズ】「メールをサーバから受信する際に、メールデータを端末にダウンロードする方式のプロトコル」とは? 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/2/24)

組み込み開発ニュース:
Bluetooth SIGが電子棚札向け無線通信プロトコルを統一へ
Bluetooth Special Interest Groupは、電子棚札向けのBluetooth規格を発表した。Bluetoothをベースとし、拡張性があり、超低消費電力で安全性の高い規格となる。(2023/2/22)

組み込み開発ニュース:
Wi-Fi通信機能の評価と検証ができるMatter対応SDK
ルネサス エレクトロニクスは、Matterプロトコルをサポートするソフトウェア開発キットを発表した。Wi-Fi SoC「DA16200」搭載のWi-Fiモジュール開発キットと共に使用することで、Matterに対応したWi-Fi通信機能の評価、検証が可能になる。(2023/1/18)

スキマ時間にこっそり学ぶ「gRPC」入門(3):
C#でgRPCクライアントを開発する――.NETのgRPCクライアントサポート
第3回は、連載第2回で作成したシンプルな既定のサーバアプリケーションに具体的なサービスを実装し、それにアクセスするクライアントアプリケーションを作成します。サーバアプリケーションと同じくC#と.NET 6で開発していきます。プロトコル定義ファイルはサーバとクライアントで共有できること、クライアントは手続きの呼び出しのみに集中すればよいことなどを紹介します。(2023/1/13)

全Wi-Fi、BLE、Thread製品でMatter対応へ:
ルネサス、Matter プロトコル対応SDKを発表
ルネサス エレクトロニクスは2023年1月5日、全てのWi-Fi、Bluetooth Low-Energy(LE)および、IEEE 802.15.4(Thread)製品でスマートホーム規格「Matter」をサポートすると発表した。(2023/1/5)

BAS:
ジョンソンコントロールズ、OPC UAに対応したBAS新版
ジョンソンコントロールズは、「Metasysビルオートメーションシステム Release 11.0」の提供を開始した。米国政府情報処理標準に準拠したほか、通信プロトコル「OPC UA」にも対応している。(2022/12/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。