ニュース
» 2011年06月14日 13時11分 公開

専用クラウドを短時間で構築するアプライアンス、日本IBMが発表

日本IBMは、ワークロードパターンによるソフトウェアの自動構成で専用クラウドを短時間に構築できるという専用アプライアンスを発表した。

[國谷武史,ITmedia]

 日本IBM(社長:橋本孝之、NYSE:IBM)は6月14日、特定用途のプライベートクラウド環境を短時間に構築できるとした専用アプライアンス製品「IBM Workload Deployer V3.0」を発表した。16日から出荷を開始する。

 新製品は、特定用途に必要なソフトウェアや構成情報を「ワークロード・パターン」としてパッケージ化しており、このパターンの展開と、負荷に応じてミドルウェアを自動で拡張する機能を搭載する。専用のシステム環境を数分から数十分程度で構築できるという。また、運用・保守業務を一元的に行える専用のGUIも備えている。

 ワークロード・パターンは、Webアプリケーション実行基盤やキャッシング、ユーザーID管理などの機能をパッケージ化した「IBM Workload Deployer Pattern for Web Applications V1.0」と、使用環境の用途に応じてデータ量を指定するだけで最適な設定でデータベース環境を自動構成する「IBM Workload Deployer Pattern for DB2 Workgroup Server Edition V1.0」が用意されている。

 価格は、IBM Workload Deployer(アプライアンス製品)が886万6000円(税別)、IBM Workload Deployer Pattern for Web Applicationsが287万5000円(税別、100PVU時)、IBM Workload Deployer Pattern for DB2 Workgroup Server Edition が148万2000(同)。

IBM Workload Deployer V3.0

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -